2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

「髑髏城の七人」の捨之介と霧丸についてもう少し考えてみた

前日に観た「髑髏城の七人」の捨之介と霧丸の関係について、前に
ワカドクロで捨之介と沙霧の時よりぐっと来たのはなぜなんだろうって
考えてたんだけど、単純に前の記事で書いた通り、少女から少年に
性別が変更された結果、戦闘参加が可能となり(百人斬り)、捨之介に
与える影響も大きくなったって言うのが一つ。
あと、これは他の方の感想を読んで確かにって思ったんだけど、今回の
捨之介って天魔王を殺そうとはしてないんだよね。止めるって言ってる。
でも天魔王は自害するような形で死んだし、蘭兵衛も一瞬でも身を投じた
悪夢に殉じて逝った。捨之介は誰も助けられなかったし、あんなに「信長
亡きあと、自分たちは自由に生きていいんだ」って言ってた声もまた過去を
共有した友人達には届かなかった。最後まで彼らの頭上の「天」を振り払う
ことはできなかったんだよね。
それは、天魔王を倒せばとりあえず目的は達せられたワカドクロまでの
捨之介に比べると、あの城でより深い絶望を味わったことになるわけだ。
というか、これまでの捨之介がおそらく物語が始まる前に抱えていた絶望を
あの場でやっと得たという感じかな。マモの捨之介、確かにあまり影がない、
性善説信じてる感じの捨之介だもの。彼の中では上手く心で折り合いを
つけられていたものだったんだろうね。でも、天魔王らにとってはそうでなく、
改めて「天」の重さを知り、改めて捨之介はあの場で「天」にとらわれた。
だから、脱出時に自分が囮になろうとしたり家康に首を渡そうとしたりと、
仲間を助けるためとは言え、ちょっとヤケ気味だったのかもしれない。
でも、そこに来て、捨之介の横っ面ひっぱたいて前を向かせたのは、彼自身が
助けた霧丸だったんだよ。
太夫も言ってじゃん「あんたを助けにここまで来た霧丸の気持ちを考えろ」って。
あれ沙霧だと彼女の恋心を汲んでやれっていう女性の先輩かららしい言葉
にも聞こえたけど、男の霧丸だとなんか濃く感じるねえ。いいねえ。
命を救われ、前を向いて歩く霧丸の象徴する「守られた未来」は、捨之介が
これまで信じてきたものの肯定であり、霧丸こそが捨之介の上の「天」を
本当に払ってくれたんだよね。

うーんある意味、ZERO最後の切嗣と士郎かもしれないな

宮野捨之介が大きな手で松岡霧丸の頭を撫でるの、保護対象って感じが
滲みでてて良かったなあ。

12/9M「髑髏城の七人~下弦の月」

[作]中島かずき [演出]いのうえひでのり
捨之介:宮野真守 天魔王:鈴木拡樹 無界屋蘭兵衛:廣瀬智紀
霧丸:松岡広大極楽太夫:羽野晶紀 兵庫:木村了 
狸穴二郎衛門:千葉哲也

                  

2011年、小栗旬や早乙女太一、森山未來らが演じたワカドクロからまた
今年、花鳥風月の4パターンで新たに「髑髏城の七人」が帰ってきました。
しかもシーズン最後を飾る月はキャストを上弦、下弦で変えてくる仕様。
会場は本公演がこけら落としとなるIHIステージアラウンド。

噂に聞いてたとおり周囲には何もないIHIステージアラウンド。観劇前後の
お茶や食事は豊洲など別の場所に移動してからがいいみたいですね。
360度回る客席のある劇場と聞いてキャッツシアターみたいなものを想像
してたんですが、あれのもっと規模の大きくなった感じですかね。
とにかく円形状にぐるっと色んなセットが組んであって、必要な部分(セット)
だけを客席に見せて、それ以外を大きな緞帳替わりのスクリーンで覆う。
キャラが敵から逃げる際などはセットチェンジする必要無く客席と客席に
見せるスクリーンの開放部分だけを動かせばいいわけです。
回るステージってこう使うのかー!って感心したし、特にバウでの演出、
客席をぐるぐる回してそれぞれのキャラがなじみ深い場所(セット)でお辞儀
するの、エンドロールみたいで良かったなあ。

大まかなお話としては大きくは変わらないんだけど、微妙に設定が違う部分も
あります。捨之介は信長の影武者ではなく信長の配下で天(信長)を支える
地(市井で情報収集とかする感じ?)の男、天魔王は人心を掌握する人の男。
贋鉄斎と霧丸は男性キャラになったし、蘭兵衛と極楽太夫は前より恋人同士
みたいな雰囲気が濃くなったかな。
あ、私の好きだった捨之介と刀を研ぐ兵庫がペアになって戦うシーンは、捨之介と
刀を研ぐ贋鉄斎とそれを受け渡しする霧丸のトリオでの戦いになってました。
ちょっと動きのテンポ悪くなっちゃって前の方が私は好みですが、これってきっと
2人が男性キャラに変更されたからからこその演出変更(戦闘参加)ですよね。
沙霧が霧丸という少年キャラになったことで戦闘参加が可能になり(弱いし集団戦
ではだいたい捨之介が背中に庇い続けてるけど)、つまり主役の捨之介と一緒に
行動できる時間が増えたので出番も、そして捨之介に与える影響も増えた気が
する。広大くんがそれに応える芝居をしてくれてたのも良かったなあ。
しかし、前は沙霧は捨之介にほのかに恋してる感じだったからあれだけ捨之介に
こだわるのも理解できるけど、霧丸という少年に置き換えられるとなんかすっごく
捨之介のこと好きなんだなってなるね(笑)。
だけどこのお話って捨之介、天魔王、蘭兵衛の3人がそれぞれの形で信長という
絶対的存在の居た青春に落とし前をつける話だから、要は過去なんだけど、
それに対峙するのが霧丸が象徴する未来だよね。そういう意味では霧丸はメイン
3人に次ぐ準主役だったなあ。広大くん、ほんといい役もらったよね。
そして言い方悪いと言うか変だけど、こんなにお金と人でがかかった、つまり期待
されている舞台に広大くんが出演で来ていること嬉しいです。

相変わらず最後に生き残った7人が逆光のシルエットで浮かびあがるのかっこ良かった
なあ。

初めてのIHIステージアラウンド

初めてのIHIステージアラウンド
確かに周りに何もない…。

恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」

恩田さんのお得意とするパターン、といいますか。
明日には別々の道を行くことになる男女二人が、とある男の死の真相について
語りあっていくうちに、お互いの関係性がまた全く違うものになっていくというもの。
複数の人間が集まってある人の死の真相についてひたすら語りあっていく形式
は恩田作品には多いんだけど、これは語りが男女2人だけだし、関係性もわりと
シンプルに恋愛関係(基本は)なので、わかりやすいっちゃわかりやすいし、これ
までの恩田さんのこの系統の作品の色々な部分を削ぎ落とした作品ともいえる
かな。
男の死については一応の真相とおぼしきものが提示されるんだけど、それも
またあくまで一晩の語りのうちからの推論であり、それが唯一の真実である
とも断定できない。

12/2S「バグバスターズ3」

【脚本・演出】
米山和仁
  【出演者】
林明寛・ 渡辺和貴・ 反橋宗一郎・ 樋口裕太・ 中尾拳也・ 小林涼・ 大海将一郎・
山中翔太・ 丸山泰右・ 新井雄也・ 松本ひなた・ 成瀬隆典・ 遠田翔平・ 荘司真人・
岡本笙・ 磯貝龍虎/山﨑雅志

いや面白かった!1は見て2は見てないんだけど(登野城くん出てなかったから…)
3のが面白かったよ。
バグバスターズ1も若手俳優のパワー推しの面白さがあったけど、ちょっと内輪受け
多いと言うか、役者の力に頼り過ぎてるところあったけど、3は泣かせ所との落差が
メリハリになってたし、追加の女性陣やベテランの有川さんの存在が効いて凄い引き
締まって見やすくなった感じ。
2で眠りに落ちた赤木が目覚めて、敵に意識を囚われたままのバグバスターズの
メンバーを社長や徳山や赤木父と一緒に助けに行くんだけど、そえぞれのメンバーの
過去のトラウマになった事件を掘り下げて行く中で、ブルーの純情恋話とか普通に泣けた…。
打ち上げ花火下から見るか横から見るかみたいな。目覚めた後に赤木から敢えて彼女の
行方を聞かないのも、なんか良いよね。
あと前回も出来てた赤木の女装がめっちゃぶさいくで反橋くんツボに入ってたね。
青柳くんは反橋くんの低い声のよく合うクールで冷静な役だから、くしゃってわらっちゃう
素の反橋くん見ると可愛いなと思ってしまうんやで…。
反橋くんのブロマイド追加しようかなーと思ったら買ったランブロで反くん来てラッキー!
登野城くんは今回、緑川のエピソードに出てきたかつて一緒にバッテリーを組んでた
親友役。ラインやTV番組のワイプでも「野球やろうぜ!」って入ってくるの受けた(笑)。
緑川が戻ってからアンドロイド役でもう一度出てきてスイッチ切られた後、座り込んで
目を閉じる横顔のラインが美しかったわ…。
しかし私が見る時(バグバス1も)いつも冒頭の部活シーンで登野城君に振られて彼が
やけどしてる気がする!

ハイタッチでは青柳くんのエピソードで彼女役だった高橋さんがいたので「感動しました!」
って告げたら「ありがとうございます!!」って答えてくれたのでやっぱり女子がいるのは
いいなと思いましたね…!

12/1S「超歌劇『幕末Rock』絶叫!熱狂!雷舞」

原作:『幕末Rock』(マーベラス)
構成:吉谷光太郎
坂本龍馬:良知真次  高杉晋作:糸川耀士郎  桂小五郎:三津谷亮
土方歳三:輝馬  沖田総司:佐々木喜英  お登勢:山岸拓生
勝海舟:岩﨑大  井伊直弼:吉岡佑  徳川慶喜:KIMERU
マシュー・カルブレイス・ペリー・ジュニア:兼崎健太郎

幕ロはアニメの噂は聞いてて(主に服がパージする件)、舞台化も続編の
黒船の時は行く気満々だったんだけど、どうしても日程が合わなくてねえ。
良知さんを認識して以来円盤と配信では見たんだけど、このライブで初めて
の参戦となりました。楽しかったぜよ~!

良知さんはやっぱりソルシエのテオが自分の中で彼のベースとしてあるし、
NARUTOのサスケもクールキャラだったけど、龍馬はめっちゃ明るくて能天気で
エネルギッシュだよね。みんなを振りまわすおとぼけキャラでもあって可愛かったな。
というか、良知龍馬は全体のフォルムが可愛い。赤似合うね!
途中龍馬の夢の中でキャラがお伽噺のキャラクターになって歌うというナイス演出が
あるんだけど、龍馬の帽子屋、土方のフック船長とか最高でした。帽子屋のRの飾り
のついた杖とフック船長のトランシーバー型のマイクとかオタク大好きなやつや…。
他の衣装も良かったけど逆にシンディのピーターパンもっと何とかしてあげてほし
かったわ(笑)。糸川くんのシンディはバンド曲よりソロ曲の方が上手いんだけど、
なんでなんだろね。
桂さんの三津谷くんキューティだし、土方の輝馬についてはいつもありがとう輝馬
ありがとうって思ってしまう。怪我が心配された佐々木くんですが、少しですがダンスも
こなしてましたし、大事に至るようなものではないようにお見受けして安心しました。
キメ様はさすがの魔女の美貌かつ歌唱力でしたね。

円盤で観て聴きたかった曲たくさん聞けて良かったな。
幕末ロックシリーズはこれで最後なのかな?ラストとかなんとなくお別れっぽい雰囲気が
あってしんみりしてしまいました。初見なのにね!

鉱石ラジオスケジューラー12月

今年の観劇納め。

・超歌劇『幕末Rock』雷舞
・バグバスターズ3
・髑髏城の七人
・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS比嘉

幕末ロックはずっと行きたくてなかなかタイミングが合わなかったんですが、
やっと良知龍馬に会えます!
バグバスは去年やったバグバスの続編。登野城くん出てないから2は見て
ないんだけど、話わかるかな?
髑髏城は下弦の月バージョン。広大ちゃんや宮野のマモさんが出るよ。そして
回転するステージが評判のIHIアラウンドシアターですよ!初めて行くな~!
そしてテニミュ!比嘉は12月はこの公演した手に入らなかったんですよ。
まさかの9代目卒業公演になるとは。

アイアの横

アイアの横
綺麗だったぜよ~!

「Dear Girl~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI~6人の龍馬編」

ラジオなのに映画化しちゃうDGSの劇場版第3弾、しかも今回は前後篇での上映!
公開翌日の今日、早速観に行きましたよ。ちなみに公開2日目だというのに
ランダムブロマイドは完売でしたうっそまじか…。でもパンフとサントラCDが買えた
ので満足です!もし2回目観に行く機会があったらランブロ買おっと。

今回は小野大輔聖誕祭でDGS御一行が高知に行った際の映像です。ラジオで
ネタバレは知ってるとは言えやはり入国審査とZEYO通貨の辺りは仕込みが凄くて
笑っちゃいました!土佐犬のところはラジオではカットされてたから初出しだよね?
あとはやはり、小野家。おの家具店思ったより大きくて立派だったし、小野さんの
御実家も内装と小野さんの部屋しか出てこなかったけど立派な作りだったし、プレイ
ボーイはデスノート方式で収納法されてたし、何より振舞われたハツヨママの手作り
料理と、わりと寡黙そうなのに新高梨送りマシーン2号の仮面を被ってでてくれた
お父さんの姿に、小野家の温かさを感じました…つくづく。
お母さんも料理を男性6人分も用意するの大変だったろうにね。
映像では出てこなかったけどラジオでは神谷さんも「今日何回かカツオの叩きを
食べたけど、小野くん家で食べたのが一番美味しい。やっぱりご飯は誰と食べるか
だね」みたいなことを言ってたんだよね…。神谷さん昼食の時はそうでもなかったけど、
やっぱり小野家で食べる時は口に入れてすぐ「うまい!」って反応をしてたし、そういう
のもろもろね…。
甘めの玉子焼きとか、混ぜ寿司とか、神谷さんのためだけのハンバーグとか全部
美味しそうで、上映終わった後に周囲の観客みんな「お腹すいた…飯テロ映画か」って
言っててほんとその通り(笑)。

後篇も楽しみ~!二日目の様子はラジオではほとんど出てこなかったからね。

11/26S「LIVE!! アイ★チュウ The Stage ~étincelle~」

原作:恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント) 
【出演】
飯山裕太、丸目聖人、小波津亜廉、石渡真修、小塚亮輔、佐川大樹、結城伽寿也
登野城佑真、辻凌志朗、田中晃平、綾切拓也、古畑恵介、八島諒、山内圭輔、
荒一陽、中島拓斗ほか

9月に見たアイ★チュウ舞台のライブです。わりとシンプルにひたすら曲を聞かせて
くれる構成で、舞台で歌った曲各ユニット2曲ずつ、「We are I☆CHU」「Brand new days」
と、新規で各ユニット1曲ずつ新曲披露がありました。
新曲はこれ。
「深海マーメイド」
「オレンジピールと恋の味」
「ちょっとまってよGive me a break!」
「イっちゃいそうだよ」
「ちゃちゃめっちゃI love you」

2列目という良席で代わる代わる目の前に来てくれるキャストを観てましたが、特に虎ちゃん
は目線の高さがちょうどおへそ辺りにあったので、来るとつい彼のおへそ見つめあってし
まいましました…。
「深海マーメイド」聞きたかったんで嬉しいな。ノアも言ってたけど楽器無しだったけど、その
分、ダンスが見られたしね。基本IBの振付可愛くて好きです。
Twingle Bellは今回睦月不在ということだったんだけど、ユニット曲を歌う時は皐月の心の
中の睦月という設定で今回だけ小塚くん演じる睦月が睦月を演じてくれましたヨ!
そして今日もリュカとレオンがとてもコンビ営業してまして、その時上がった歓声がもう
「きゃ~」じゃなくて「ひゅ~♪」だったので、このコンビ末期だと思いました!
そう言えば登野城くんは控え目で大人しい朝陽を演じてると彼の中で何かが溜まるのか、
トークではとても弾けてるな!今日も最後の挨拶で「これから2時間ほど喋りますので皆さん
座って頂いて…」みたいなうちの上司が宴会の乾杯前挨拶で言うようなネタ言ってて、との
おじさん…って思ってしまいました。

それでこれは最後に発表されたんですが、今回で星夜、ラビ、恭介、アキヲ、楽が、来月
のイベントで睦月のキャストが卒業し、2月の舞台では新キャストで上演されるそうです。
睦月…小塚くんじゃないんだってのもあるんですが、各ユニットから最低一人はキャスト
卒業があり、しかも座長の飯山くんが卒業してしまうのが意外でした。やっぱり「We are
I☆CHU」は飯山くんからの歌い出しで聞きたい気がしてしまう。
まあでもこうして卒業挨拶させてもらえるのは良かったなあ。しれっとキャス変もあり得たし。
あと強いて言えば最後に、今日いなかった大海くんの睦月がもう一度見たかったな。
来月のイベントは平日で絶対無理だし。

2月の舞台は内容的には再演だけどシャッフルユニットが登場するみたい。♡が可愛い子
揃い出来になるなあ!

«京都旅行~幕末維新150周年記念旅③

最近のトラックバック