2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

ミステリーナイト

ミステリーナイト
ミステリーナイト

今年も行ってきましたミステリーナイト@メトロポリタンホテル!
結果は…微妙でした!(笑)。来年また頑張りたい!

ところで今回斎藤洋介さんが出演されてたのですが、自分の印象って
スマスマの頃で止まっていたので、久しぶりにお姿を拝見したら何と
いうか、思ってたよりお年を召した感じで驚きました。後でwikiで見たら
まだ60代だったんですが、表彰式でも座ってること多かったし、だいぶ
カツゼツも悪くなってたので…。


松井優征 「暗殺教室」

ある日突然、月の7割を消滅させ、来年3月には地球をも爆破すると宣言した
超生物の要求は椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の担任になること。
人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、各国首脳は
やむをえずその3年E組の生徒たちに託すことにする。
奇妙な担任教師「殺せんせー」と3年E組の生徒たちは、特別授業と暗殺の
ミッションを通じて不思議な絆を築いていく…。

暗殺教室はアニメを1クール目は見てたんですが、2クール目に他に見たい
番組が同時間帯に放送が始まってしまったので(2番組同時録画ができない)
そこまでしか見てなかったんですよね。
今回一気にファイナルシーズンまで見ちゃったんだけど、これちゃんとリアル
タイムで見とけばよかったな~。2クール目後半の合宿編辺りからぐっと引き
込まれました。特に私、RPG的な異なる力を持つ人間が力を合わせると強大な
力になるって展開が好きなので、クラスメート達が個性を活かして困難に立ち
向かっていくの燃えたな~。個人的に生徒で一番好きなのは主人公に友好的な
天才肌の業です。実は前から渚とは結構仲良かったらしいのは意外だったけど、
終盤の暗殺を続けるか先生を助けるかの一騎打ち後なんか、お互いに下の
名前を呼び捨て合うだけじゃなくて親友ポジに落ち着いた感じよな。
あと、堅物&男たらしカップルな烏間先生とイリーナ先生。二代目死神との戦い
のあと、普段は固めている前髪を下ろしてイリーナに薔薇を差しだすところとか
烏間先生イケメンすぎたし、まさか本編中にプロポーズみたいになことまでする
とは…。イリーナ先生良かったね…!
ラスボスかなって思ってた理事長もいい人だったし、でも個人的に楽秀は
殺せんせーの薫陶を受けずにE組やカルマとの戦いから自力で前に進んで
るので、彼こそ有望株なんじゃんないかとも思ってますが。
ラスト周辺は泣きました…。死神と呼ばれる人間の殺し屋だったときの殺せん
せーめっちゃイケメンでCV福山潤の力を正しき発揮してました。二代目死神が
最初に渚たちに近づいた時に花屋だったの、前に死神のテーブルに花を飾って
珍しく褒められたのずっと覚えてたんだろうなとも思う…。

もともと3年生卒業までの1年って期限があって、個々の成長とクラスの団結、
A組や理事長に立ち向かって乗り越えて行く試練、最後に先生の想いを受け止め
ての暗殺っていう要所要所がしっかりあったから、ダラダラせずまとまりもあって、
殺せんせーも助かって完全ハッピーエンドにしなかったのも良かったと思う。
ギャグも結構好き。あのコードネームで呼び合う回とは笑えたな~。

8/5S「ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~

【原作】「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプ  コミックス刊)
【脚本・演出】児玉明子 【音楽】和田俊輔
【出演】
松岡広大(うずまきナルト役) 佐藤流司(うちはサスケ役) 伊藤優衣(春野サクラ役)
君沢ユウキ(はたけカカシ役)  藤田 玲(ヤマト役) 北村 諒(サイ役)
岡田亮輔(薬師カブト役) 大湖せしる(綱手役)  萩尾圭志(鬼灯水月役)
七木奏音(香燐役)  山口智也(重吾役) 林野健志(干柿鬼鮫役)
辻 諒(デイダラ役) 片山浩憲(トビ役)
白崎誠也 寒川祥吾 宮川 連 野間理孔 松林篤美  知念紗耶
悠未ひろ(大蛇丸役)良知真次(うちはイタチ役)
演奏:土屋玲子(二胡) 加古臨王(和太鼓)

NARUTO東京凱旋公演を観てきました。今回は真ん中より少し後ろの席だったので
全体が良く見えました!前回は前過ぎて眼福ではあったんだけどね(笑)。
前回観劇の後にアニメを少し観て、トビを名乗りうちはマダラを語るうちはオビトの
こととかわかりながらではあったので、トビの時の陽気な弟分みたいな振る舞いは
オビトの時の本来の気質なのかなーとか思ったりもしました。
あと、最後の「許せサスケ。これが最後だ」のときのイタチの顔が優しい笑顔から
苦しそうに歪められる感じとかマジマジ見ちゃったね!
あと私、伊藤優衣ちゃんのサクラちゃん可愛くて凄い好き。あの衣装似合ってるし、
上はタイトで体のライン出しつつ下はショートパンツにミニスカートみたいに広がる
フォルムとそこから伸びる足が綺麗だよ~!客席降りで近くに来たときめっちゃ手を
振ってしまった。
最後の挨拶が良知さんだったんだけど、2.5次元舞台に対してとても真摯な想いを
語ってくれたので、ネタではない「鳴りやまない拍手」状態でした。
そして最後に捌ける時、イタチの方からサスケに手を伸ばして2人で手を繋いで去って
行きました…うっうっ。サスケが小さい頃はこうやって幼いサスケの手を引いて家路へ
帰ったんだろうなぁ

鉱石ラジオスケジューラー8月

・NARUTO
・キャプテン翼
・旅人のコンサート

ブックカバー

ブックカバー
先日、土方歳三資料館に行った時に記念に買ったブックカバー。早速使ってます!
これ、豊玉発句集からの俳句の抜粋が書かれてるんです。豊玉、というのは土方歳三の俳号。つまり彼の俳句が達筆な書で書かれてるブックカバー!
白地に青のだんだら模様が薄く見えるのも良いですね。

貴志祐介「クリムゾンの迷宮」

所謂デスゲーム物が読みたくなって、ネットで「デスゲーム 小説」で検索して
探したら紹介されていたこの一冊。
言っちゃ悪いんだけど昨今のデスゲーム物の小説って設定の奇抜さありきで
文章イマイチな新人作家作品が多いなか、貴志さんはミステリーやホラーで
ヒット作多いし著作を読んだこともあるので安心してチョイスしました。
そしたらさすがだったー。先が気になって1日で読んでしまったよ。

自然と人間を相手にしたサバイバルホラーという感じかな。
デスゲーム設定としては必須な主催者側のチープなお遊び感と知識に基づく
サバイバル、後半のグロさ怖さ!食糧ルートを選んだ人達への罠がじわじわ
お腹が冷えてくるような主催者の底意地の悪さを感じさせて醜悪でしたわ。
主人公は頭もいいし観察力もあるし冷静さもあるけど運にも恵まれたね。
個人的には昔大好きだったゲームブックというモチーフが使われていたのも
良かった。このゲームブックに似せて行われるゲームと、アイテムやルートを
選択しつつ進めるのがいかにもなゲームっぽいんだけど、後半のグール関連
はホラーを書かれてきた貴志さんの得意分野らしさが活かされて緊張感あった
ぜ…。
藍が女流エロ漫画作家ってのも斬新で、まあ普通ヒロインに持ってこない職業
だねって感じ。読み手としてはまあなんかあるんだろうなとはわかりつつも、そこ
まで露骨な「やたら主人公に懐く守ってあげたい系女性」感が出てこなくて、
不思議な存在感を醸し出していました。
正直設定とオチはよくある感じというか、まあいま読んだからそう思うだけで
これ奥付見たら1999年だよ初版。バトロワとかもこの年じゃなかったっけ?
だからむしろこれはさきがけでむしろ後発のデスゲーム物の方がこの作品や
バトロワに影響受けてるんだと思うけど、まあ後発物と比べても力のある作家
が書くと似たような設定でも面白さが段違いだなって思いましたわ。

コメダ珈琲

コメダ珈琲
コメダ珈琲

近所、というほどではないのですが駅前にコメダ珈琲ができたので、
最近お勉強などを渋々嫌々せざるを得ないときにここを利用してます。
お気に入りはたっぷりアイスコーヒー520円。数時間滞在してもお代わり
を買わなくていい量が入ってます。あと名物のお豆さんもセット。これが
適度にしょっぱくて上手いんだな!
そしてランチで食べたポテサラトースト!サンドイッチをホントサンドに
したやつですが、これがでっかいのな!下に比較用にペン置いたけど、
これ薄切りとはいえ食パン何枚使ってんのって感じよ…。コメダの
フードはわりとシンプルなテイストで食べやすいです。
ここの1人用の席が本当にお勉強しやすいんで、また今後も渋々嫌々
勉強しなくちゃいけないときには利用したいなと思ってます!

超歌劇「幕末Rock」

[キャスト]
出演:坂本龍馬役:良知真次 高杉晋作役:太田基裕 桂小五郎役:矢田悠祐
土方歳三役:輝馬 沖田総司役:佐々木喜英 / 井伊直弼役:小谷嘉一
お登勢役:山岸拓生 近藤勇役:友常勇気 / 徳川慶喜:Kimeru /
アンサンブル:斎藤准一郎・山沖勇輝・阿部直生・風太・福野麗生馬・仲田祥司
池田謙信・新開理雄 / 吉田松陰(声の出演):中尾隆聖
[スタッフ]
原作:『幕末Rock』(マーベラス)/脚本・演出:吉谷光太郎

太田もっくんさんと矢田ちゃん、さすが歌上手いっすね!歌の上手さは初演メンバー
が断然上だなあ。声の相性もいいのか聞いててきもちいい、これがパッション…?
というわけで、良知さんが出ていた幕末ROCKの初演バージョンの配信が始まった
ので、見てみました!先にこの続編にあたる公演の黒船来航編は見たのですが、
それはもうメインの5人が集まった後の話なので彼らの出逢いからウルトラソウルズ
結成の話です。
実はいまいちこの作品における土方と沖田の関係性がわからないんだけど、それは
他作品で2人とも近藤のことは大好きだけどお互いに喧嘩仲間ぽいっていうのを
見過ぎたせいなのかな?この作品だと普通に仲いい感じなのかな?
10代ショタを演じるキメ様のメイクがすっごい…塗りが厚い…。終盤のド迫力のドス
効いた歌はさすがでございました上様キメ様。
近藤勇の友常くんは「この顔見たことある」って思いながらみつつもクレジット見る
まで彼だと気づきませんでした!

ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神

[キャスト]
出演:松下優也 田中偉登 / 良知真次 中河内雅貴 植原卓也
井出卓也 輝馬 / 鷲尾 昇 河原田巧也 松田沙紀 高木 俊
寺山武志 / 和泉宗兵 / 佐々木喜英 ほか

[スタッフ]
原作:枢やな (掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本・構成・作詞:岡田麿里/演出・構成:福山桜子/音楽:岩崎 琢
作詞・作詞監修:森 雪之丞/振付:MIKIKO

これ劇場で見たんですが、良知さん出演してたんですよね。このときは
オリジナルだという物語の展開の方が衝撃的で…あの…ホモ的な意味で
あまり良知さん自身を記憶が(笑)。
いま改めてみても、エリックと二人きりになった時のアランの甘えっぷりと
「死んだお前の頬にキスを」みたいなこと歌ってるエリックさんほんと…
ですよね。最後に坊ちゃんも「とんだ事件に巻き込まれた…」って言ってた
もんね。
でも良知エリックのラストバトル周辺の絶望フェイスとても良かったのでOK
です!
それとこの時ってまだ音楽を岩崎さんがやってらしたんですよね。あの
伝説のJOJO2部やグレンラガンの音楽を担当されていた方で、今回も
とても美しい楽曲でしたね。
セバスはこの間初めて古川セバスのサーカス編を見たのでこれまで見た
回数は松下セバスの方が全然多いんですが、こうして見ると懐かしい気が
しますね。松下さんって素の要望は全然セバスっぽくないというかむしろ
野性的にすら見えるんだけど、こうして観ると「そういうセバス」に見えるから
凄いですよね。
偉登シエルはだいぶ身長手足伸びて、大人っぽいシエルですよね。でも
冒頭のミサシーンの顔のアップと剥き出しの肩美しかった…。

実写版「銀魂」

「銀魂」はアニメをちょくちょく見てたのと、劇場版は2作とも観に行ってるので、
ファンを名乗れるほどではないですが好きな方です。今回も我慢できずに
公開から3日目で映画館に足を運んでしまいましたよ。

今回の実写版のお話はTVアニメ、劇場版でもやった「紅桜編」です。最初に
新八との出逢い、カブト狩りを経ての紅桜なんですが、さらにそこに真選組を
絡めていく感じで、原作ではほぼ出番のない真選組の出し方上手かったなと
思います。
レディースデーでも映画デーでもない普通の日に一般1800円払って観に行き
ましたけど、その価値はあったと思います。
特にギャグパートのレベルが高くて、OPとか結野アナのとことかカウントダウン
TVのパクリとか1000年に1人の美少女神楽ちゃんとか声だして笑いそうになり
ました。後半のシリアスな戦闘シーンも良かったけどね。
あ、終盤の展開がちょっと変わってて、銀時と高杉が一騎打ちします。まあ
原作通りだと高杉は攘夷浪士と天人の戦いの最中に姿を消しちゃうんだけど、
それだとせっかく高杉を持ってきた話なのにもったいないしね。高杉ってギャグ
できないし、おそらくラスボスだから下手に強さも弱さも見せられない難しさが
あると思うんだけど、銀時が押し勝ったけどとどめをさすのに迷いが生じた隙に
舟が爆発してその隙に乗じて高杉が逃げるっていうところに落ち着いてました。
アニメで見た銀時と桂の無双がカットされちゃったのは残念だったな。あそこ
実写で見てみたかったよ~。
あと新八もっと活躍させてほしかった感はある。

個人的に再現度たけーなオイ!ってなったのは菜々緒さんのまた子。スタイルの
良さもそうだし声のちょっとハスキーっぽさも武市先輩にぎゃんぎゃん噛みつく
感じも凄く良かったな。
私の場合、銀時×お妙のカップリングが好きなのでこの「紅桜編」も元々大好き
なんだけど、実写であの「かわいくねー女」「馬鹿な人」が見られたし、銀さんが
行っちゃった後にしんみり銀さんが寝てた枕を見つめるの切ないしラストの
お妙さんと定治が待っているところに3人が帰ってきて、銀さんがお妙さんに
笑顔で手を上げて見せるのとか見られて嬉しい。

«7/14MS ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海

最近のトラックバック