2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

「マジカルナンバー7」

【脚本・演出】冨士枝千夏
【キャスト】(五十音順)
越中優人 河合国広 小森かな 今沙栄子
野崎翔 平野隆士 (Drop by) 冨士枝鈴花
山本愛莉

高橋由希 戸川真 松本真愛 森薗尚也

脚本・演出を担当されている方のジョジョの二次小説が好きだったので、
いつかその方の作るお芝居も見にいってみたいものだなあと思っていたところ。
ちょうどいいタイミングで運よく前回公演がyoutubeで配信されました。

アンドロイドが普及し、人類の総人口を最適数である70億に制限する
ため、8人の男女のうち1人だけが投票で「削減される」。
生き残る価値があるのは誰なのか。その人間性を暴かれていく様子が
アンドロイドの手によりデスゲームショーとして公開される。

私の好きなデスゲーム物です。
アンドロイド、クローン、自分殺し、自分探し。
こういうデスゲーム物って大抵運営は国や大金持ち連中(娯楽)だったりと
とにかく規模がでかくて、俺たちの戦いはこれからだ!になることが多いん
だけど、ちゃんとお話として一つ完結してて良かったな。
殺人鬼くん、かっこよかったね。OPや演出、特に8人の日常を時間ごとに描く
ところとかかっこいいというかスタイリッシュで良かったな。
ラストに電気羊のネタってのも、ジョークのわかるようになったアンドロイド
って感じで余韻がいい。

私は読んでないんだけど、この脚本の方がワンピの夢小説も書かれていて
そのヒロインがお嬢様とのことなので、このお話の財閥令嬢と似た感じ
なのかなーなんて。

高田郁「みをつくし料理帖」シリーズ

小関裕太くんの映画出演が決まってから少しずつ読み続けていた
「みをつくし料理帖」シリーズ、やっと最終巻まで辿りつきました。
長かったけど短編中編の連作だし読みやすかったです。
ほんともう次から次に澪やつる家には困難が降りかかるし又次さん
死んじゃうしなー。又次さんと澪が料理人トークしてるの好きだった
んだけどな。又次さんも後に入った政治さんも澪を女の料理人だから
ってバカにしないでいてくれるのも良かった。
でも最後は大団円で良かった!
澪は凄いよね。本当に吉原一の花魁を見受けしちゃうんだもん。
でも澪が目先の儲けや楽さに逃げずに、自分がやりたいことと目指す
こと(心星)を真摯に追い続けて、そんな澪の決断を暖かく見守る
周囲の人たちがいて。
何より澪の心星を澪以上によく知り見ていてくれていた源斎先生の
想いが報われてよかった~。澪が源斎先生の大きな愛情に包まれて
いたことを自覚するところ、二人が両思いながら気持ちを相手に伝え
られず飲み込んでしまうところ、夫婦になって欲しいと告白するところ、
みんな善きよな~!
リアルタイムで読んできた人は小松原様と澪と源斎先生の三角関係で
ヤキモキしたとは思うんだけど、私は全部知った後に源斎先生=小関
くんを思い浮かべながら読んでたので、完全に源斎先生派でしたw
いや源斎先生凄いよ澪はいい人を選んだよ。江戸時代に妻が医者の夫の
手伝いもせずに一人で女料理人として料理屋を切り盛りして子供もいない
って環境、当時はなかなか許されなかっただろうに、全部それが澪の
生きる道・心星だと理解して応援してくれるんだもん。
野江ちゃんも幸せになりそうで良かったし、澪と源斎先生の新婚いちゃ
いちゃもっと読みたい。小野寺家も穏やかな愛情で包まれた家族に囲まれ
てたし、最後に種市たちが澪の店に来てくれるところで涙ぐんでしまった。

最後の一文、「蒼天が遠景ごと、四人を抱きしめていた」っていうの
雲外蒼天の運命を持った澪の人生を現しているようで良かったなあ

「グノーシア」

130ループ目くらいでクリア!(以下ネタバレ有)

好きでずっと見ているゲーム実況者レトルトさんの動画で知って、
面白そう!と自分でもDL購入してしまったこのゲーム。
ざっくり言うと宇宙SF系人狼ゲームって感じで、宇宙船の乗員の
中に紛れ込んだ人狼ことグノーシアを議論で見つけ出し眠らせる
ゲームです。
人狼ゲーム自体は自分では未経験だったものの、舞台で見た事は
あるので基本的なルールや配役はすんなり理解できたものの、
果たして対面してなんぼの人狼ゲームをAIと一人でやって楽しいか?
と思っていたら…めちゃ楽しいのな!
短い周回を重ねていくループ要素とそのたびに経験値を得て主人公の
スキルを成長させていくRPG要素もあって、人狼ゲームと同じように
エンジニアやドクターなどいろんな役職やグノーシアの数も自分で
選べてプレイできるのも良かったです。
ノーマルエンドから真エンドへの流れも良かったな。
主人公は目覚めた時からずっと親切にしてくれたからセツに特別な
思い入れが生まれて0ループ目の時に鍵を使ってセツを助けたわけ
だけど、それがセツに自分を助けてくれた主人公を助けたいって
想いに繋がるわけで、卵が先か鶏が先かみたいな話になるけど
面白いよね。
真エンドまで見るとククルシカとレムナンが残ると虐殺が起こるの
とかこっわいし!
っていうか、真エンドの「違うスロットでゲームを開始する」ことが
「別次元から意識だけを繋げる」ってなるの凄いな!うまい!
真エンドクリアするとスタート画面の絵にセツが加わるの良いよ~!

「銀の鍵」というワードが出てからは乗員の特記事項集めに奔走
したんだけど、セツやラキオはヒントの少ない1日目から疑われ
やすいので、一緒に生き残るというのが条件のイベントが結構大変
だったなあ夕里子様のとかw
キャラクターとしてのお気に入りは、立場は変わっても大きな目標の
ためにずっと相棒でいてくれたセツ、目まぐるしく変わる表情と
背負ったものにこちらも翻弄されてしまうSQ、いつも真摯なジナかな。
ラキオも中盤以降は協力者みたいになってくれるし、エンディング後で
レムナンと一緒にいるのも結局イイ奴なんだよねって。

汎でプレイしてたから恋愛イベントみたいのは見てないんだけど、
そっちも見てみようかなー。

鉱石ラジオスケジューラー1月 

・舞台『遙かなる時空の中で3十六夜記』
・モンティパイソン
遙か3十六夜記はゲーム的には以前上演した無印遙か3のif続編というか、
無印で決着が着かず史実のように義経一行が平泉へ逃げ延びる話なんですが、
平家とは決着が着いた後なので頼朝に追い詰められる九郎や、平泉で
出逢う知盛に瓜二つの銀という青年にまつわるエピソードなどが中心となり
遙か3で九郎と銀が好きな私的にも楽しみな公演です。
しかしこの舞台、東京公演が1月下旬で2月に大阪公演なんですけど、大坂
公演の方が先に公演中止になっててびびった。カンパニーの大阪への移動時の
感染を危惧しての中止みたいで、確かに東京公演なら役者たちもみんな自宅と
劇場の最低限の移動しかないだろうけども。こうやって先の遠征公演から
中止になるパターンもあるんだな。
モンティパイソンは小関くんの舞台。「4月は君の嘘」が公演中止になった
ので、それ以来の舞台なんだけど、コメディなんだよね。どんな感じかなー。
ビッグキャストとも共演なので楽しみ。

謹賀新年

2021.

善き1年になりますように

2020総括

◆舞台
ミュージカル「新テニスの王子様」

カナタ10周年記念公演『あぶな絵、あぶり声〜祭〜』
「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Après la pluie」
「富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE」
「PERSONA5 the Stage #2」
「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」
ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 後編
ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 後編
ミュージカル「フランケンシュタイン」

◆ライブ
15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE「JUMP↑with YOU」

◆配信・ライビュ視聴
MANKAI STAGE『A3!』〜Four Seasons LIVE 2020〜@ライビュ
「PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice2」

テニミュ3回、それ以外の観劇5回。音楽関係だとハンサムライブ。
ライビュではエーステのライブ、配信でサイコパス2を。
ちなみに去年はテニミュ関係11回、それ以外の舞台16回です。
コロナ、マジ滅びよ…。

コロナの関係で舞台関係が自粛になったの2月くらいからなんだけど
ハンサムライブくらいまではぎりぎり普通にやってて、2月末の
カレイドスコープの辺りは半分くらい公演中止になってましたね。この
後、次に舞台を生で見たのは10月のペルソナ5なので、半年近く全く
生の舞台を見てなかったわけです。3月のヒロステは7月に延期になり
それもまた感染者が出て公演中止。3rdテニミュの〆となるドリライも
最後まで判断を待っていたけどやはり中止に。アリーナクラスでのライブは
さすがに厳しかったよね、あの時期。最後だからドリライの舞台で卒業さ
せてあげたかったよ、テニミュっ子達…。

秋以降舞台上演が再会し始めて、配信等も併せて実施しながら、感染症対策を
敷きつつも、やはり出演者関係者に検査陽性者が出たらすぐ中止の判断を
してっていう手探りのやり方で今なんとかまた舞台が見られるようになった
けど。まだまだ油断ができないよね。
私も今年は配信なんかで見た舞台もあり、一概にまとめての感想はしにくい
けど。

良かったのは富豪刑事かなー。舞台再会直後にしては結構攻めてる演出で
(通路芝居やステージ縁芝居があった)けど、円形ステージで限られた演出
条件の中で作品の世界観、特にアニメ本編後の物語というのを違和感なく
作ってたなと。神戸役の糸川くん、ふと黒ステで糸川くんが演じた赤司君の
未来ってこんな感じかなって思ったり。神戸と加藤のべたべたしすぎないバディ
がアニメの雰囲気をそのまま持ってきたようで良かったです。
新テニで新しいテニミュを見られたのも新鮮な風だったな。

あとハンサムライブ!センター最前列でハンサム達を率いて歌い踊る小関くんを
見られたのが最高でした。推し関係は今年はカレンダーイベントとかも中止に
なってしまったけど、映画「みをつくし料理帖」も見られたしね。

今年は映画をたくさん見た気がする。羅小黒戦記なんか3回見たもんね。

「監獄少年」

SEECの脱出アプリゲームシリーズを引き続きプレイ。
関東大震災の起こらなったifの大正時代で、特高として
反政府主義者の取り締まりに従事する少年と、その近辺で
起こる不可解な事件の謎の物語。
キャラビジュの主人公も結構目が怖いのもあって、いつ
狂気豹変するかと思ったけど、可笑しいのは黒幕1人だった
ので良かったです。充先輩は癒し。大和はそういう役回りの子
だろうなと思ったから、思った通りの着地点についてくれて
よかったです。
遙か6もだけどやっぱり大正時代物って凌雲閣がキーに
なるんだなぁ。関東大震災で倒壊して現存してないって
のも捜索に使いやすいのかもしれないけど。
しかし特ストはやってないんだけど、あの史実の世界線知ってる
おばあさん何なの!if世界線とは言えやはり世界は収束していくと
いうか時期がズレただけで関東大震災は起こるし第二次世界大戦にも
日本は突入していくんだけど、哲以外のあの時を生き抜いた仲間達は
先に逝ってしまったんだなぁ。

充先輩は癒し。気になってた草間さんは充先輩が救出してたようで
(ネタバレ感想を見た)良かった。そこだけ気になってたんだよね。

「羅小黒戦記」原語・日本語字幕版

今日は川崎チネチッタで「羅小黒戦記」の原語・日本語字幕版を観てきました。
今回の字幕は吹替版の初期版とは違う最新版というやつでセリフとほぼ近かったけど、
去年公開された「初期字幕版」というのはまた微妙に訳が違うらしいので、そっちも
見てみたいよ~!
実はこのチケット取りがなかなかの激戦で、この日の販売が3日前の0時開始で
15分で完売してました…まじか。私、頑張ったな!

今日見たサウンドレボリューションという音響さすがに良くて(絶対領域音響は未経験)、
最後の風息の荒い息とか師父ー!と呼ばれてから振り向くまでの深呼吸までしっかり
聞こえたので、吹替版もここで聞いてみたい。でも逆に師匠の「必ず助けにいく!」は
聞こえなかったような気もする…?

山新小黒は花澤小黒よりやんちゃな少年感あるなー!キャンキャンしてる。原語版の
無限師匠はマモ師匠より声が低め且つ感情抑え目なんだけど、普通に「風息」って言う
時と怒りの「フーシィィィィィ!!!」のアクセントがちょっと違うよね。あとロジュの
笑い声は原語と日本語吹替版の声がそっくり!
原音無限師匠が感情抑え目って感じたの、比較になるマモ無限師匠が小黒が風息達の仲間
じゃないと理解して以降わかりやすく声色優しいからなんだよね。原音無限師匠はその
あたりの変化は抑え目なんだけど、怒りの「フーシィィィィィ!!!」での爆発での
ギャップが凄いというか。
あと関係ないけど、やはりラストの師弟共闘好き。
師匠は冒頭から中盤以降までずっと無敵で最強で、何なら複数の敵も片手で軽くあしらう
ように戦うシーンばかり見せられてるから、小黒が傷つけられて以降の必死で余裕のない
戦いぶりがまた胸を打つよね








12/13Sミュージカル「新テニスの王子様」

中学選抜メンバー
越前リョーマ:今牧輝琉 手塚国光:山田健登 桃城武:寶珠山駿
橘桔平:GAKU 跡部景吾:高橋怜也 切原赤也:前田隆太朗
白石蔵ノ介:武本悠佑 千歳千里:松島博毅 遠山金太郎:平松來馬
リリアデント蔵兎座:新谷デイビッド

U-17(アンダーセブンティーン)選抜メンバー
徳川カズヤ:小野健斗 鬼十次郎:岡本悠紀 入江奏多:泰江和明
中河内外道:チャンヘ 大和祐大:松島勇之介 都忍:鈴木凌平
松平親彦:田内季宇 鈴木惷:高橋駿一 鷲尾一茶:釣本南

コーチ
黒部由起夫:村上幸平 齋藤至:和泉宗兵 三船入道:岸祐二

テニミュボーイズ
飯島康平、小黒直樹、中西智也、福冨玄刀、古田伊吹、持田悠生
山野光、吉川康太

うわ~テニミュの新作を観られるって新鮮だああ!
無印テニミュの続編、新テニこと夏の全国大会後の合宿編です。
新テニは学校対抗じゃなく色んな学校の選抜メンバーが出てくるので
どう舞台化するのかなって思ってたんですけど、そこでテニミュボーイズ
ですよ。要はアンサンブルさんで、主要キャスト以外の真田とか柳とか
高校生たちとかをまとめてアンサンブルさんたちが演じています。
アニメではリョーマのいる負け組にエピソードが絞られてましたけど
舞台では勝ち組のシャッフル試合の様子も描かれていて、3rdテニミュ
から引き続き出演してる赤也と金ちゃんがちゃんと勝ち組と負け組に
経験者として配置されてるのも納得です。そしてこの二人の安心感ね。

全体的に高校生と大人の歌が上手すぎるんだけど、さすがに岸さんだけ
帝劇クオリティなのでコートが割れそうでしたw岸さん演じる三船が
松明を掲げて「革命じゃああ!」って叫ぶ姿をどこかで見たことあると
思ったら、私は岸さんをアンジョルラスで見てるんだった!絶対革命
成功させそうなアンジョルラスやで。
高校生や大人たちを見ると、無印であんなに大人に見えた3年生たちも
まだまだ子供なんだなって思ってしまうから不思議。
無印は学校ごとのチーム感で仲間の絆とかが描かれてたけど、今回は
VS高校生、大人って感じで選抜メンバーの絆も面白い。赤也と白石
とかさ。

あと個人的にリョーマ達がお酒を持ち出しに合宿所に潜入する話と、
負け組が崖上に上った直後に乾と柳が連携して土の凹凸と反射角を
記憶・計算してテニスするシーンは観たかったな。まあ後者は乾も柳も
配役されてないので無理だったとは思うけど。頂上に辿り着いた瞬間に
落ちていくアンサンブルの真田はいましたね!


ちなみにロビーでも客席でも私語厳禁なので、友達と見にいっても
基本無言ですw1幕終わった後とかもTwitterに感情をぶつけるしか
ないという。

「アリスの精神裁判」

「紡ロジック」「ウーユリーフの処方箋」「誰ソ彼ホテル」シリーズの
制作陣の、初期のゲームです。部分的に記憶を失った少女アリスが
親友の死の謎を追い、「不思議の国のアリス」と学園裁判の混在した
世界観のお話でした。
これ、読み切りなんですね。チケット制かと思って最初の方だけ
チケット無しで読めるのかな~と思って読み進めてたら最後まで
言ってしまったw
チェシャ猫可愛いね。赤の女王も。
白うさぎちゃんは闇が深いけど、アリスもその一端を担ってたんだよなぁ。
友だちが自分だけを見て自分だけを頼ってくれるという優越感から、
チェシャ猫と出会って変わって、改めて白うさぎとの関係性を見つめ直す
チャンスでもあったんだよね本当は。

しかし望み通りアリスの心に白うさぎの存在は残り続けるのだろうけど
チェシャ猫ちゃんと前を向いて歩いて行って欲しいな。

«「誰ソ彼ホテル」