2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

ペルソナ5巡り~渋谷

渋谷は渋谷でいいんだけ?(笑)。

バイト先やらショップ、一時期は怪盗団のアジトもあった渋谷へ
三軒茶屋から田園都市線で移動しました。この移動ルートもゲームと
同じだね。しょっぱなは通学に迷いまくったものだよ…。

改札を出るとすぐ見えるのが、祐介がいつも立ってる広告板。今日は
いませんでした!残念!
Dsc_0043_2
ゲームだと田園都市線の改札の正面にあった気がするジューススタンド。
もしかして移動したのかな?私が行ったときは改札の正面にはローソンの
ショップがあって、ジューススタンドはさらにその後ろにありました。
Dsc_0045_2
買っちゃいました青汁ミックス350円。日曜日だったら5000円の
めちゃくちゃ効果ある青汁飲めたかな(笑)?350円のも美味しかったよ!
Dsc_0046_2
こちらは怪盗団のアジト。ゲームやってる時から思ってたけど、
確かに人多いからまぎれて秘密の話もできやすいかもしれない
けど立ちっぱなしだし落ち着かないんじゃないかなー笑
Dsc_0036_2
地下モール。奥に花屋が見えますね。もちろんここでバイトしたし
植物栄養剤買ったよね!店員さんは綺麗なお姉さんじゃなくて
年配の男性の方っぽかった!
Dsc_0049_2
渋谷のセンター街。ここは店なんかはちょいちょい変更されてるんだけど
構造はほぼゲームまんまですよね。特にこの入口周辺(本屋、CD屋、
青の自販機)とか!
Dsc_0057_2
センター街から一本入ったところなんだけど、これ絶対岩井さん
いる所でしょ…アンチャッタブルの店舗あるでしょ…。たった
一本裏道に入るだけでも少し怖いなって思ったから、そりゃ
真とか一人で入らない方がいいよ~。
Dkzcwtuu8aajkab
渋谷はともかく、三軒茶屋の方はめっちゃ周囲に気を使いながら
撮りました…。平日の午前中だから元々人通りは少ないんだけど
住宅もあったしね。
でも、散々歩き回ったルブラン周辺や渋谷を散策出来て、ペルソナ5の
世界の中に入ったようで楽しかったです。こうして何気なく歩いてる側でも
怪盗団が秘密の作戦会議してるのかも…?なんてね!

ペルソナ5巡り~四軒茶屋

ゲーム「ペルソナ5」に出てくる主人公が住むまち、三軒茶屋…ではなく
四軒茶屋(笑)。そのモデルになった一角に行ってきました。以前から
話題になってたんですが、ほんとゲームそのまんまなんですよね。
所謂、聖地巡礼ってやつです。

駅方面の大通りから一本入るとまず見慣れたスーパームラマサ、こと
肉のハナマサが見えてきます。
Dsc_0026_3

ゲームと同じように2階はバッティングセンター。そういやゲーム中は全然
ここ利用しなかったなあ。ちなみにリアルのバッティングセンターは朝の
10時頃はまだ半分シャッターが降りてました。開店してたら利用して
みても良かったなあなんて。元ソフトボール部っす!
Dsc_0025_2

突き当りを左折していくと、ここもお店の名前は違うけど、ゲーム中に
出てきましたね。(ゲーム中では「らくまる」)
Dsc_0016_2

見えてきましたルブランー!双葉が座り込んでる姿が見えてくる
ようです。こうしてみると、ルブランって結構駅近物件でいいですよね。

Dsc_0027

ルブランの奥の異国料理屋さんとかもそっくりそのままですっごい!
Dsc_0019

 Dsc_0021

お向かいは銭湯ですよ!こここそ、マジでそのまんまですよね。
利用者以外入れないとのことなので遠めに撮影。気になるな~
入ったら魅力上がるかな~(笑)。自販機もばっちり在りますね!

Dsc_0024

Dsc_0029
こんなところまで…再現度100%!

三軒茶屋の「nukumuku」でパン盛り合わせモーニング

三軒茶屋から少し歩いたところにある1階がパン屋、2階はカフェに
になっている「nukumuku」に行ってきました。お目当てはパン盛り合わせ
のモーニング。

選べる3種類のパンのお供は発酵バター、メープルバター、自家製ベリー
ジャムをチョイス。

こちらがそのパン…めっちゃ多い!!クロワッサン、豆パン、
チョコパン、チョコチップパン、トースト、あと目玉焼きパンと
もう1種類チーズパンかな?



これにドリンクがついて980円です。
もちろん食べきれませんでした!(食べきれない分は持ち帰りが
できます)。私のほかに男性の一人客と男女カップルが来てたんです
が、どちらもパン食べきれなくて持ち帰ってたので、男同士カップルなら
完食できたのかもしれませんねえ。
食べられたのは2,3種だけど、美味しかった!

帰りに1階でパンを買って帰ろうと思ってたんですが、もう持ち帰りパンが
あったので断念しました。次回は1階のパンも食べてみたいなあ。

榊健滋「ラブデスター」

最近アプリや公式サイトで人気漫画の無料公開とか多くて、気になってたけど
読めなかったーって漫画を読む機会も増えました。有難いことです。
「ゴールデンカムイ」とかもおかげ様で100話読めて面白かったなー。
さて、そんな中でたまたまネットでデスゲーム系作品を検索したら出てきた
榊健滋「ラブデスター」。謎の異星人により、告白して成功したら生還、失敗
したら爆死、何もしないまま期日を迎えても爆死という無茶ぶりデスゲームを
仕掛けられた中学生たちが、真実の愛をかけて戦う物語。
めっちゃB級感あって実際序盤はそうなんだけど、終盤大化けするんでやばいです。
作品に出てくる愛は男女愛だけでなく同性愛、友愛、母性愛、慈愛、偏愛と実に多彩。
もちろんデスゲームらしく失敗するとボンボン人が爆死していくんだけど、やっぱり
真実の愛を実らせて生還(帰還)していくカップルの姿は素敵です。
ただ、告白成功の条件が異性間の恋愛に限定されてて(そこが「愛」を知らない
異星人の限界)、デスゲームを仕掛けたはずの異星人たちが、当初もっとも激しい
と考えていた「恋愛」を超える、憎悪すら相殺できるミクニとジウの「友愛」に惹かれ
心を動かされていくんですよね。異星人ファウストは最初こそ敵だけど真の意味で
の敵ではなく、むしろ読者と一緒にミクニ達の愛を見守っていく存在ですね。
心揺さぶるそれらを「嵐」と例えるファウストなかなかの詩人です。
好きなキャラはジウと姐切さんです。ラブデスター読んで姐切さん好きにならずに
いられる…?無理じゃない…?恋心を自覚してからも暴走せず、ジウが精神的に
追い詰められた時は常に発破をかけ続け、ジウが超えてはいけない一線を越えて
闇落ちしてしまった時も仮想空間でただただ彼を独りにせず、彼自身が答えを
見つけるのを待つだけっていうの、一生分の時間を費やして彼の呪いを解いて
あげたんだよなって。強いよね。それに、ジウが女生徒たちの「好き」で追い詰め
られてきたの知ってるから、姐切さんは最後まで告白しないんだもんな。
仮想空間とはいえ、現実に戻ったらその分精神は生きて疲労して死んじゃうだから
普通に一生を生きたと同じことだよね。
で、戻ってきた後の二人のシーンがめっちゃ美しいの!死んでしまった姐切の元に
残ることを決めたジウがミクニを「大好きだぞ、親友」を笑顔で送り出してから、眠る
姐切の肩を抱きながら「後悔はないよ。お前と十分に生きたから。こんな晴れやかな
気持ちは初めてだ」
「お前に伝えたいことがある。仮想空間の中でも何回も伝えようとした」とした上で
「月が綺麗だな、姐切」ですよ!優等生のジウが「月が綺麗ですね」の意味知らない
わけないし、最後までお互いに「好き」「愛してる」っていう告白をしないの凄いし、
それでもお互いを想い合ってる絆が伝わるのも泣ける…。尊い…。

8/11「小野大輔 Live Tour 2018 DREAM Journey」

STAR TRAIN
Magic World
Can't go back
Missin D
Brigten up
NIGHT SAFARI
まっがーれ↓↓スペクタクル
月夜の円舞曲
オリオンの夜
Kiss Kiss Kiss
ROSA
DELIGHT
まっがーれ↓スペクタクル
Dancin ’ Groovers
Endless Happy World
花火
Shinin' Days
ヒーロー


小野大輔さんのライブ!行ってきました。
小野さんのライブは前回、2年前の冬の武道館公演以来かな?あれは初のワンマン
ライブだったはず。私の場合、声優としての小野さんの活動は割と追ってるのですが
個人名義の音楽活動はときどきアルバムを買うくらいで。おれパラとかも全然いったこと
ないんだけど、今回、やっぱり新アルバムを引っ提げての初のライブツアーということで
思い切って参加してきました。
アルバム曲は数回しか聞いてなかったんだけど、ジャジーな大人ぽい曲や爽やかで
元気な曲、夜空をイメージするような綺麗で切ない曲もあって、生でいろいろ聞けて
満足です。生で聞くと好きになる曲とかもあるよね。
私は実は「ひねもす」とかの初期のピュアラブ曲が好きだったので(歌い方も今より
初期・又は相手がいるから個性控えめのDGS曲の歌い方のほうが好きなんだ・笑)
そっちも聞きたいんだけど、まあ今回はアルバム発売記念のツアーだもんね。
しゃーないね。またの機会に「ノスタルジア」お願いします!
「NIGHT SAFARI」の後に夢の世界に行っちゃいましたって設定で、毎回キャラソンを
歌ってくれてたみたいんなんですが、これまで「ネオアンジェリーク」のヒュウガの
「凛華の如く」、「みなみけ」の保坂の「No Problem」、「黒子のバスケ」の緑間の曲を
経て、「涼宮ハルヒの憂鬱」の古泉一樹の「まっがーれ↓↓スペクタクル」でしたよ!
最初MCでスプーンを出したので「カレースプーン?また保坂?」って思っちゃったん
だけど、周囲から悲鳴が上がり、そして久々に聞いた古泉のイケボ「困ったものです」
で、後ろの席からはお姉さん方が膝から崩れ落ちて支えにしたらしい椅子のガタガタ
する音が(笑)!やっぱ古泉すっごい。ハルヒ小野さんの出世作だもんなぁ。これで
小野さんを知ったってファン多いし。まあ、私はそのちょっと後なんでハルヒブームには
乗れてなかったんだけどね。でもライブイベントの激奏の様子とかは映像では見たので
生でこれが聞けた!っていう感動はやっぱりあったな。あの時代、ハレ晴れとかも
含めてハルヒって一世を風靡してたもんねえ。

でも小野さんがどんなチョイスで今回のキャラソン選んだんだろうってのあるけど、
ネオアンのヒュウガは初めてのキャラソンらしいね?最近の小野さんの代名詞的な
クールでストイックなキャラの先駆けキャラでもあった気がするヒュウガ。同じ曲の
アレンジ違いを「ダイヤモンドダスト」として個人名義でも歌ってるのに、ここは敢えての
「蓮華の如く」を選んでくれてたようです。ネオアン好きだから嬉しいな。
保坂は男性にも人気キャラだったし、黒子の緑間は比較的最近だよね。なんか最近の
アニメってキャラソンあんまり出さないイメージ。小野さんの代表作って言ったら私は
JOJOの承太郎か黒執事のセバスチャンかなって感じだけど、JOJOはキャラソン無いし
セバスはキャラソンの知名度低いかなあ。最終日の明日何歌うかって予想するだに
この日と同じ古泉か、あとはデュラの静雄の「津軽海峡冬景色」くらいかも。
そう、今回も神谷さんが明らかに金のかかっていることがわかる大きなお花を贈って
くれてたんだけど、前回も今回も青色のお花なのね。まあ小野さんの好きな色が青って
のもあるんだろうけど(ペンラも固有曲以外はずっと青)、後はDGSの配色なんだな。
神谷さんが黄色、小野さんが青だもんね。さっすがだわー。
私はやっぱり小野さんのお芝居(と神谷さんとのラジオ)が好きなので音楽活動は
そんなに集中して追っていけないけど、行くとやっぱり楽しいし、機会があったらまた
参加したいなと思いました。

井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」

私にとっては未だに「岡嶋二人」だった人、という枕詞がついてしまう
井上夢人(個人名義の作品も何本も読んでるのにねえ)の短編集です。
1990年代の作品ばかりで、携帯やコンピューター技術の進化に伴い
時代遅れとなってしまった小道具もありますが、あくまで小道具の一つ
なので、お話のキレや旨味は十分楽しめます。短いお話の中で、
まあ先が読めてしまうのもあるけどどんでん返しもあって、最後に
ぞっとしてしまう話も。トリックとか仕掛けとかより、わりとシンプルに

一番最初の「あなたをはなさない」なんて夏の怪談にぴったりな気がします。
オカルト的な怖さじゃないんだけどさ。逆にミステリーっぽさなら「書かれ
なかった手紙」かな。まあこれは小説でしかやりにくいけど。

巻末対談の大沢在昌さんとの会話の中で、小説を書くにあたってキャラクター
ありきか、物語の構造ありきかっていう話で井上さんが後者だっていうの
すっごくわかるなぁ。今回短編ばかり読んだせいか、星新一っぽさも感じて
しまったわ。あれなんか完全にエヌ氏だもんね、キャラは記号に近い。

ミステリーナイト2018

ただでさえ今回客席とステージが近いのに、友人が最前列ゲットしてくれてんで
斉藤兄弟の顔を観まくった結果、双子の顔が脳内でゲシュタルト崩壊起こしそうに
なりました。
推理は全然ダメでした…。昔はわりといいとこまで食い込んだのに!

劇場版「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜」

「僕のヒーローアカデミア」の劇場版を観てきました。
音楽を担当されてるのが林ゆうきさんなこともあって、ヒロアカはずっとアニメは
見てたんですが、今回初の劇場版にしてオリジナルストーリーです。
写真は先着の入場特典の冊子と、見終わった後に食べた抹茶スモアフラペチーノ。
デクくんイメージのみーどーりー。
親子連れとか小学生同士くらいで来てる子もいて、そんな少年少女たちも
楽しめる真っすぐで清々しい王道ヒーローストーリーでした。映画オリジナル
キャラのディヴィッドとメリッサを演じた生瀬さんと志田さんも声のお芝居上手くて
全然違和感なかったね。まあヤング・オールマイトを現在と同じ三宅さんが演じて
るなら、ディヴィッドの青年時代を木村良平さんと分ける必要はなかった気もする
けど(笑)。

キャラ萌え的にも、今回耳郎ちゃん活躍してて可愛かったなー。もともと索敵向きの
能力だもんね。メリッサも一生懸命で良い子で見てて見てて気持ちよかったよー。
あと個人的に一推しキャラの轟くんがめっちゃ良くて大満足です。デクとメリッサを
跳ばせるためにかっちゃんにライン上へプロペラを誘導させた後、爆風起こすシーン
頭のキレもさることながら、デクも言ってたけど仲間のためにかつては完全に封じ
ていた左手の火の力を使ってくれたのも、デクがちゃんと「轟くん、左を使って…!」
ってそれに気づいてくれたのも善きだよ。そして単純に轟くんの氷結発動モーション
(屈んで地に氷を走らせるみたいな、ボーリングの玉投げるみたいな)かっこいいし、
氷って足場にもなるし敵を拘束もできるし汎用性高いっすね。
デク達を制御室へ行かせるためにみんなが個性活用したりその場に残って敵を
足止めしたりするのや、ラストのデクとオールマイトの共闘とそれを援護する
1-Aの面々の姿には胸が熱くなりましたね…。
かっちゃんは、私なんというか主人公に当たりの強いキャラってあんまり得意では
ないのであまり琴線には触れないんだけど、ああいうキャラが好きな人は多い
だろうなっていうのは理解できる。ド性癖です!みたいな人に刺さると思う(笑)。
だから彼と友人やってられる切嶋くんはすごいっすわ(笑)。でも、麗日さんの
ピンチにかっちゃんが敵をふっとばし、轟くんがすぐそばに降り立って「けがはないか」
って聞いてくれるところはかっこよかったし、最後の最後、デクとオールマイトの道を
2人が切り開いて揃って「いけー!」ってなるのはテンション上がりました!

鉱石ラジオスケジューラー8月

・ミステリーナイト
・小野大輔ライブ

・幻想水滸伝コンサート
今年も行ってきますよ夏の恒例ミステリーナイト。今年こそ名探偵に…
江神さんみたいな…。
そして小野大輔さんの2度目のライブ。あんまり個人曲は知らないんだけど
CDは買ったので聞きこんでいこ!
幻想水滸伝の単独コンサートも開催されます。1年前のゲーム音楽
コンサートのプログラムに幻想水滸伝があってものすごく嬉しかったのですが
ずっとこの手のゲーム音楽コンサートのアンケートでは「幻想水滸伝の
コンサートをやってほしい」って書き続けていたので、作品単独コンサート、
1~5まで網羅した内容で開催されて念願叶ったりです。なんかワイルド
アームズの麻生かほ里さんのコンサートも予定されているということで、
大学時代の私が泣きながら喜んでいますよ…大人になって良かった…

舞台「ジョーカーゲーム」

 
[スタッフ]
原作:TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』/脚本・演出:西田大輔
出演:鈴木勝吾 / 山本一慶、木戸邑弥、奥谷知弘、松本岳、才川コージ
阿部快征、前田剛史、大海将一郎 / 山﨑雅志、光宣、オラキオ / 谷口賢志

配信で見ました。
大元の原作は小説だったはずなんだけど、この舞台はあくまで小説を元にした
アニメが原作になってるんだね。一応アニメは見てたんだけど、舞台版もアニメと同様、
最後までキャラの見分けがつかなったな(笑)。エピソードとしては前半は佐久間の
話、後半は三好のドイツでの死の話。ドイツの話は三好以外のD機関のメンバーの
動きのつながりもよくわかっていません…。
演出脚本は西田さん。佐久間がゴードンの機密の隠し場所に気付いた瞬間、
三好が実は既に結城へ報告済みだったと敵が気づいた瞬間、アニメのテーマ曲が
流れるのはたぶんアニメ見てた人的にはテンション上がると思うな。シュタゲ舞台
でもまゆりが最初の殺された直後タイムリープマシンで岡部が飛ぶ瞬間、主題歌
流れたの胸熱だったもんなぁ。そういう取り入れ方西田さん上手いなって思う。
逆にゴードンのアドリブ的なお笑いシーンは冗長で、そういう身内受け的なのが
多いのも西田さんなんだよなぁ。ソルシエはそういうのほぼ無くて原作の雰囲気を
大事にしてくれて良かったなって思う。
しかし今回の事件すべてどっちにしろ結城への恨みが根底にあるのでは原作…?
顔の見分けがつかない中でわかった数少ない一慶さんかっこよかったな。あと
佐久間が大海くんてのも意外性あった。大海くん未だに素顔がはっきりしないや(笑)。

«「いのまたむつみ展」