2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 「夢から醒めた夢」5/21レポ | トップページ | ライオンキング 5/21レポ ② »

ライオンキング 5/21レポ ①

こんにちは、みなさん!ようこそ…(ニヤリ)←北澤裕輔配達人風
配達人のおじさんは、今日もうちに夢を届けに来てくれなかったよ!
やはり劇場でしか会えないらしいです。
我が家でも結構、夢の花開かせてるんだけどなぁ。
むしろmariの夢は夜開く感じで(古)。

今日は「夢から醒めた夢」の後にソワレで見た「ライオンキング」について書きます。一言で言う。
すっっごかった(いろんな意味で)!!!
事前にシンバが吉原光夫さんで、吉原シンバがこんな感じで…って色んなレポを読ませていただいて、予習しておいて本当に良かった!
いやぁすごいよ、吉原シンバ。ぶったまげたね。

「夢から醒めた夢」マチネでは結構すぐ劇場内に入ってしまったので、見ることができなかった足の長~いピエロさんを、「春」劇場に入るついでに堪能。二人のピエロが私と友人の間を引き裂くように横断。うあわ、踏みつぶされるかと思ったよ!!でも西尾暴走族の笑顔がプリティ。西尾さんカワイイなぁ!

今回は「ライオンキング」初見の友人のために、1階通路側の席をご用意させていただきました。初見なら1階通路側でしょう!
さぁ、原田ラフィキの歌声と共に、サバンナに日が昇ります。
様々な動物達がすぐ脇を通り過ぎ、その臨場感に毎度のことながら
一気に東京砂漠サバンナに引き込まれてしまいます。
友人は数人がかりで動かす、巨大象に驚いている模様。うんうん、すごいよね、あれ。
その巨大象に続いて、子象兼ヤングナラの小林あずみちゃんが、「いごにゃ~ま」と歌いながら(歌詞不明)笑顔ですぐ横を通り過ぎていきます。うわ~なんてかわいいの~。
前の席に子供がいたので、そのおこぼれであずみちゃんスマイルをもらってしまい、一気に子象に落ちる我ら。後でまた会おう、ヤングナラ!
舞台ではプライドロックがせり上がり、頂上で田村ムファサとサラビが微笑みながら下を見下ろしています。二人が深々と礼をすると、一斉にひれ伏していく動物達。ここ、大好きです。
生まれたてのシンバをラフィキが高々と掲げ、感動の「サークルオブライフ」終了です。

そしてヤングシンバ&ヤングナラ登場!
今回は本当にヤングナラの小林あずみちゃんが大当たりでした。歌の上手いヤングナラとかは結構見るんですが、こんなに演技のしっかりできる子は初めてです。なんつーか、あの年齢にしてすでに女優の貫禄あり!
「夢から醒めた夢」CMにも出てるし、これから期待大ですよ。

そしてヤングシンバの増田嵐樹くん。とにかくもう可愛い!
「星のしずく」のシーンなんて、そりゃこんな可愛い子を叱れるわけないよ!星を掴む仕草をしてみせ、その拳を自分の胸にあてるヤングシンバ。ムファサも、自分はずっと「お前の中に生きている」と自分の拳をそっと息子の胸に。シンバがぎゅうと父親に抱きついちゃうのが、もう…!
ムファサ父さんも翌日「なんであの子を叱ることができよう。むしろ好奇心を褒めたい
と開き直って、息子に甘い親馬鹿っぷりを披露してました。
ほんとここのシーン、ヤングシンバが可愛くて、ムファサ父さんが切なくて。最後に二人仲良くシコふんじゃった状態になるのも素敵ですね(?)!
でもこの感動のシーンで、我らの前の席で見ていた少年がぽつりと

「シンバって誰?」

と母親に聞いていたのを、僕は忘れないよ(笑)!
君、1部も終盤にさしかかろうとする今の今まで何を見ていたー!!
で、でも北澤さんも「動物園に来たみたい~という感想でもいい」って言ってたんで楽しんでくれたなら、いいかな(笑)。

そのヤングシンバも父の死、ティモン達との出会いを経て、「ハクナマタタ」で上手に消えていきます。
「ハクナ!マタタ!ハクナ!マタタ…」
音楽のボリュームが上がっていき…

「シンパイナイサー!!!」
で、で、出たぁーーーー!!!

「ハクナと言えば!」「マタタときた!」「ハクナマタタァ~♪」
デカイ!声大きい!空気びんびんする!なんかガラ悪そう(笑)!!ジャイアンっぽい(笑)!!つか声が堀内賢雄に似てねぇ?
様々な思いが胸を去来するなか、一部終了。
そんで客電が付いた瞬間、大爆笑の我ら!!

いや…育ちすぎだろ!!どんなメタモルフォーゼよ!?
っていうか、ティモンに「同じ物を食うこった」って言われてんのに、絶対に虫以外にいろんな動物肉食べてますねあれは!ティモンの仲間の種族とか、絶対食われてるって!

「お前、また肉食ったろ!」「もしゃもしゃ…食ってません」「口の周りで赤ぇんだよ!!」
ティモンと吉原シンバそんな会話をしてるはずです。だって虫だけであんな立派に育たんよ君。
あの小さくて可愛いヤングシンバですら、「シマウマを丸ごと食べられそう」とか可愛く言っちゃうんですよ?これだけでかい吉原シンバだったら…象くらい軽くいけるね絶対!ああ、だからエンディングに巨大象がいなかったのか、なるほど~!シンバか…!

私、もう何回もライオンキング見てますけど、こんなに笑ったの初めてです。私のシンバのベースになっているのが北澤裕輔さんなんで、あまりの違いに、困惑を通り越してもうオモシロおかしいんですよ
いやぁ、笑った笑った!これは2部が楽しみだわ。

ちなみに堀内賢雄(けんゆう)さんという方は、海外ドラマ「フルハウス」や洋画の吹き替えでお馴染みの声優さんです。私にとっては炎の守護星オスカー様です。
最初名前の読み方を勘違いして「堀内タカオに似てるよ!」と告げたところ「ありがとぉ~う!の人?」と聞かれました。そりゃ、堀内孝雄でしたね。
それと思い出したのはね、映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」のビル?だったかな?主人公の父親のライバルの人。あの人に雰囲気が似てますな。友達にこの映画の名前出しただけで「皆まで言うな」と言いたいことを理解してもらえたようなので、とりあえず賛成票1票は確保です!
もし吉原シンバを未見の方がいらっしゃったら参考にしてください。

さて、続きはまた明日。お楽しみはこれからだ!

« 「夢から醒めた夢」5/21レポ | トップページ | ライオンキング 5/21レポ ② »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

ついに禁断の扉をあけてしまいましたね…
ミツヲシンバ登場時、
「どうしたらいいのこんな怖い夢を~くれるなんてー
配達人のおじさーーん」と叫びたくなりませんでしたか?
スクスクノビノビ育ちすぎた吉原シンバ。
ほんとまったく「心配ない」と思います。君は。
あぁ2幕もきっとカワイイんでしょうね。

>静馬さん
そしたら北澤配達人は歌ってくれました。
「聞いておあげ、mari。(僕の)友達の話を。現実を越えた夢の世界に君を導く…♪」
本当に現実を越えた世界に導かれてしまいました、配達人のおじさん!
吉原シンバがターザンのようにロープから着地した瞬間、四季「春」劇場に震度4の地震が発生しました…。

静馬さんのところにちょくちょく顔出させて
いただいているミツオファンのびびです。
北澤さんのシンバを見慣れてると
ほんとカルチャーショックですよね~。
しかしこれが案外クセになるんですよ(笑)
引き続きのレポ、楽しみにしておりま~す!

今朝偶然見たアニメに出てくる声優さんの声も
振り返って画面を見てしまうほどにミツオに似てました。
いつ「その毛玉野郎はワシの息子で…」と
言い出すかとヒヤヒヤでしたよ。
メルへブンってアニメだったんだけど、
声優さんの名前はわからずじまいです。

>びびさん
こんにちは、初めまして!
確かにクセになりそうな病みつき感がありますね…吉原シンバ。かっこいいのに…なんというか珍味(笑)?
その吉原さんは今週はお休みのようですね。先週に行っておいて良かった~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/4235742

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンキング 5/21レポ ①:

« 「夢から醒めた夢」5/21レポ | トップページ | ライオンキング 5/21レポ ② »

最近のトラックバック