2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 未来予想図 | トップページ | 吉原光夫主演「トリビアの泉」について »

キャッツ観劇②&アルプ感想

ようやく我が家にもアルプが届きましたよ。
LKのCM撮影風景や吉原さんの「四季第二章」など見所は沢山ですが、
「キャッツ」観劇直後なので、「キャッツ」ポスター撮影風景に注目。

まずは福井さん。今回はマンカストラップじゃなくてタガーなのね。
福井さん→キャッツメイク福井タガーとなっていく姿が
写真満載で掲載されているのに、
え?どこでタガーになったの!?さっぱりわかりません。
スローでもう一回お願いしたいところです。
さんはなんというか…4限さぼっちゃった大学生みたいな格好で
階段でポーズをとってる姿がミストより数段バカっぽくてカワイイですな!君はキャッツメイクしない方がお姉さん好きだなぁ。
鈴木さんのスキンブルはあなた、どんなにキャッツメイクが凄かろう
とすぐわかりますよ。だって鈴木さんだもん。その笑顔が。

ところでメイク途中のスキンブルミストマンカスが楽屋で
楽しそうにお話ししている絵ヅラはとっても珍妙ですな。

さて猫さんたちの感想の続きをば。

グリザベラ=金 志賢
名曲「メモリー」は劇中、計4回くらい聞いた気がしますが、
やはり最後の熱唱は圧巻ですね。熱いよさん!
さんはグリザベラといいラフィキといい、歌の人だとばっかり
思っていたので、カーテンコールのラインダンスでおみ足を高々と
上げて踊る姿に愕然としました。グリザベラ、お前もか!
最後には金斗雲に乗ってドライアイスの中に消えてしまいました。
いっけーきんとうーん!と言ったとか言わないとか。

オールドデュトロノミー=種井静夫
ああ、名前が読みにくい!(開口で練習してください 代表より)
悪党に攫われてしまう、見かけによらずお姫様ポジション。
結構お茶目。
ラストの「猫からのご挨拶」はあれですか、
これからお前らの所にうちの猫たちが握手に行くが、
調子にのって粗相すんじゃないぜ!というメッセージでしょうか?
えっとお行儀良くしてたけど私の所には来なかったよ。残念。

スキンブルシャンクス=鈴木涼太
鈴木さん、いつもライオンキングのCMで見ています!
カワイイね~スキンブル。ひたすら笑顔笑顔笑顔
てっちゃん且つみんなのマスコット的存在なんて、
全国の鉄道オタク垂涎のポジションですよ。
あり合わせのセットの一部でみんなで列車を作ってしまうのは
うまいな~と思いました。あそこみんな楽しそうでいいよね。

タントミール=工藤伸子
…モンチッチ?いやオサル?(他に言うことはないのか?)

ジェリーロラム=グリドルボーン=木村花代
残念ながらジェリーロラムの時は見分けがつかなかったのですが、
シャム猫グリドルボーン登場で、おお…ピコ!と膝を打つ。(先週見たんで)
小悪魔的な可愛さ、可愛さの中にある色っぽさ。上手いです。

バストファージョーンズ=アスパラガス=グロールタイガー=キムスンラ
なんかキムスンラまで含めて1つの名前みたいですが、それぞれ別個の
役です(キムスンラさんは役じゃありません!)。
ガスは歌声が意外と中性的というか女性っぽくてびっくり。
ジェリーロラムに向かって時々照れた笑みを見せながら歌う姿が
なんともカワユイおっさんという感じです。
でもグロールタイガーになってからは一転、声も立ち振る舞いも
雄々しくなり、悪女グリドルボーン(カワイイよ~!)にコロっと
騙される単純っぷりも素敵。

この役を北澤裕輔さんがやりたいって言ってたんだよね…。
うん…あの
スキンブルシャンクスとかどうかな!(コラ)
あといっそマキャヴィティとか似合うと思うんだが。
ガスがハニカミながら歌う姿とかはすごく似合うんじゃないかと思うけど、
グロールタイガーが…あまりイメージ湧きにくいかな。
シンバでさえノーブルになってしまう方なので、あまり野生的な
イメージがないんですよね(私の中で)。
しかもグリドルボーンに騙されそうもないよこの人!
もっとこう、単純そうな騙されそうな…
ああ、吉原さんとか?(あなた失礼です!)
そうだ、ガス北澤さん、グロールタイガー吉原さん、
バストファージョーンズは二人で中に入ってやればいいんだよ!
太った役だから二人で入っても問題ないでしょう!
ああ良かった、解決だ。
北澤さんのキャッツデビューが待ち遠しいですね。
その際には吉原さんにもご協力も深くお願い申し上げます。

とにかく、物語を楽しむというよりはショーに近い、でもまさに
上質のザッツエンターテイメント!という感じでした。
初回だったので、1つ1つの歌で中心になってる猫を見るので
精一杯でしたが、また少なくとも秋に見に行く予定なので、それまでに予習復習をしておきます。さ~てまずは単語帳買って猫の名前覚えるところからだ!

« 未来予想図 | トップページ | 吉原光夫主演「トリビアの泉」について »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

きゃはははは~☆(〃▽〃)
キャッツ②もナイスレポですね!
オールドデュトロノミーのお姫様ポジションに爆笑です!確かに・・・あれだけキュートな雌ネコがそろってるっていうのに。。
あとラストの歌は私もそのメッセージで受け取っちゃいました。“しばし努力”してみたんだけど、受け取り間違いでしょうか??(笑)
劇場で500円くらいで売ってたネコ帳みたいのを買えばよかったと後悔・・・。あれがあれば電車でも予習復習が手軽にできます♪

さて今月の「アルプ」はホント豪華でしたね!
ミツヲさんとこなんて、思わずウルウルしちゃいましたよ。私・・・。(;_;)

私もちょこさんの所のレポや曲紹介を見てたら「キャッツ」CD欲しくなっちゃいましたよ~。今度劇場で買おうかなぁ。それまでは携帯着メロで我慢我慢。
今月は本当にミツヲさん満載のアルプでしたね。
ライターの詩情入りまくりの記事の書き方がなんとも言えず、壮大な物語を繰り広げていました。ミツヲさんますます応援したくなりますね!

二人でって二人羽織か!それは。
しかし第二章はいつもよりさらに向こうの世界へ
行ってましたね。多分インタビュアーさんがミツヲの
熱さに感化されて、さらに熱くなってしまったのかもしれません。インタ時のミツヲくんはとにかく熱血らしく、顔は近いわ、身振り手振りは激しいわ、ポエム語るわ、そりゃあすごいらしいそうなんで。北澤・鈴木・ミツヲ3人で仲よし対談企画とかしてくんないかなぁ。もちろん写真はお花畑で明星ポーズをとる3人。

mariさんの初キャッツ、いいキャストでしたよねー。
まさに、ビギナーズラック!
北澤さんのスキンブルいいかも~♪あのさわやか笑顔、ぴったりじゃないですか?グロールタイガーよりあってる感じしますよねー。でも、北澤さんのタイツ姿ちょっと想像できないかも^^;

みなさんの「ミツヲ」さんっていう呼び方面白いですね(笑)今回のアルプ、ミツヲさんがいて嬉しかったけど、どうせなら対談企画が良かったですよねー。是非ミツヲさんもキャッツデビューして欲しいものです☆

>静馬さん
「四季第二章」ではしみじみと「ミツヲさんって見たまんまの人なんだ…」と思いましたよ、はい。ライターもミツヲさんもポエム入りまくりで、ほんと「普通の人間にもわかるように話してください!」と何度思ったことか。
明星企画、いいですね~。水着姿で海辺でジャーンプ!とかいう写真でもいいなぁ。あ、その際ミツヲさんにはぜひ似合うと評判のふんどしを着用いただきたい!

>うさこさん
申し訳ないくらいいいキャストでキャッツを堪能させていただきました♪また行きたいなぁ。
猫…やると当然タイツになるんですよね…。私またパンツ線とか余計な物を見ちゃいそうで怖いんで、衣装がごちゃごちゃしたガスかマキャビティあたりで勘弁してもらいたいものです。
ミツヲさんならタガーかな?やっぱりでこちゅーしちゃうのかな?
あ、ミツヲさん呼びは静馬さんの影響ですよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/4357361

この記事へのトラックバック一覧です: キャッツ観劇②&アルプ感想:

« 未来予想図 | トップページ | 吉原光夫主演「トリビアの泉」について »

最近のトラックバック