2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« TOKIOってどんなお茶? | トップページ | ライオンキング舞台レポ(5/6 名古屋) »

名古屋「ライオンキング」リハーサル見学会レポ

行ってきました、名古屋!なんかもう、この記憶だけで飯3杯はいけます!思い出すだけでもうもう!
っていうか、3週間くらいぶっ続けでこの日記、今日のことを微に入り細に入り書き続けても足りないくらい、滅茶苦茶楽しい、充実した名古屋「ライオンキング・リハーサル見学会」でした。
みんな、リハーサル見学会とか行く機会があったら、本当に行っておくべきだと思う!マジで楽しいから!私はあの日、名古屋行きを決めた自分を褒めたいもん。
とりあえず、今日はリハーサル見学会のことを書きます。基本的にここの日記は、四季のことをあまり知らない人が読んでもわかるように書くよう心がけているんですが、今日だけはごめん無理!
四季の、しかも北澤裕輔さんのことを好きな人しか読みがいがないかもしれません。許してちょー(無理矢理覚え立ての名古屋弁)。

進行はスカー役の栗原さんでした。
リハーサルで見れたのは、東京でのリハーサル見学会と同じく「お前の中で生きている」のシーン。このシーン、個人的に大好きだから嬉しいんですが、物語上やはり重要な所だからか、ダンスの動きや歌い方について、様々な指示が出てました。歌に関しては「マメラ…とは聞けよという意味だからもっとシンバを応援するような気持ちで」など感情の込め方についての話もありました。
ふむふむ。カラオケで歌う時に参考にさせていただきます!

その間、北澤さんは黒のポロシャツっぽい服にグレー地に水色のラインの入ったジャージ姿で客席最前列に座っていました。(私たち見学者はさらにその後ろのN列の辺りからそれを眺めているわけです)
北澤さんはリハの様子を見ながら時々お隣の…誰かな?たぶん役者さんだと思うんだけど、男性の方の方に
終始ニコニコ笑顔で話かけていました。

あの~、そんな笑顔を見せられたら、リハを無視してときめいちゃうじゃないですか!
っていうか、北澤さんは話すときに必ずそのお隣さんの方を見て話すので、笑顔の横顔が後ろからでもすごくよく見えるんだけど、お隣さん自身は前を向いて話してるようで、後ろからでは顔が見えないんですよ。北澤さんの笑顔を一身に受けてる羨ましい貴方はどなたなのでしょう?このリハ見に行った方で、わかる方ご連絡をお待ちしております。とりあえず、北澤さんがお隣さんの事を大好きなのは、よーくわかった!(ちょっとねるとんのタカさん風に)でもたぶん、リハ舞台に集中してるお隣さんの方が正しいと思うよ北澤さん!(笑)。
最後に北澤シンバと平田ラフィキも参加して、通しで「お前の中で生きている」をやって場当たりは終了~。
さっきまでニコニコ笑ってた人が、顔付きと動きはすっかりシンバになってました。さっすがプロ!

私は今まで、リハーサル見学会というものに過去2回参加したのですが、「夢から醒めた夢」の時は質問コーナーは無し、東京「ライオンキング」の時は原田ラフィキとダンサーさんのお二人が質問に答えてくれていたので、今回も司会の栗原さんとダンサーさんが質問コーナーを担当されるのかな、と何となく思っていたら。

き、来た…。北澤さんが!!め、め、目の前に来た(動揺しすぎ)!なんと今回はスカーの栗原さん、ラフィキの平田さん、シンバの北澤さん、シンガーさん(関口さんかな?)、ダンサーキャプテンさんの5人総出で質問に答えてくれるのだそうです!そして今見たリハーサル風景について早速説明してくれたりしてるんですが…すみません栗原さん、それより目の前でニコニコ笑って笑ってる北澤さんがごっつ気になるんですけど!
北澤さんはこっちに近づいて来るときも客席に笑顔で一礼してくれて、オレ内部好感度5UP(ピロリン♪)!
正直言って、あまりに北澤さんが近すぎて、緊張で若干足が震えてたかもしれません。いやだって近すぎるんだってばよ!心臓バクバクいってて、私どんだけ乙女チックなのサ!と自分にツッコミを入れつつ、内心すごいハイテンションです(笑)。ハイテンションの常時接続、ハイテンション・ブロードバンド状態です。

そして質問コーナーがスタート!思い出す限り怒濤のように書いてみる!もちろん北澤さん中心で!
質問「アンサンブルコーラスが東京より名古屋は一人少ないが、違いはあるか」
回答「一人男性が少ないので、もう一人いる男性に2倍頑張ってもらってる(笑)。一人一人の責任が重要です」
質問「シンバやムファサの被るライオンの頭は重くないのか?」
北澤「重くないと言ったら嘘。最初は頭をしめつけられてるし。でも段々、逆に安心してくるようになって、無いと不安に(笑)。あんまり重いとか、今はないです」
質問「アンサンブルは何種類くらいあるのか?」
回答「着替えは10回くらい。本当に出てるのは12,3くらい。動物とか、同じのにまた着替えたりするので」
北澤「本当に着替え等で間に合うか間に合わないかというところでみんな勝負(笑)。こんな忙しい舞台があるんでしょうか(笑)
質問「(夢の配達人からシンバなど)役の切り替えはどうしてるのか?」
北澤「パッパパッパ切り替える技量は僕にはないので、落ち着いた役の時は普段から落ち着いて、というように。僕は舞台に出る瞬間から変わることはできないですね。かなり何日も前からそういう気持ちで過ごすように  してます」
質問「生オーケストラと録音で違うことは?また、みんなが拍手してないシーンでも拍手してもいいのか」
栗原「(拍手しても)いいんです(笑)!舞台は生物なので、皆さんが感じたままで拍手していただければ。オーケストラも録音もそれぞれ良いところがありますが、僕たち役者のわからない経営上の経費のことも(笑)。はぐらかしちゃってすみません」
質問「1幕最後まで出てこないシンバや2幕になって出てくるナラは何をしてるのか?」
北澤「本当に何年間もお客様だけでなく見てる人にもそう言われて、僕はもう慣れっこになっちゃってるんですが(笑)。一幕で廊下をフラフラ歩いてると、出てる人たちに『まだなの~?』とか(笑)。それでコーヒーとか飲んでた日にはすごい嫌な顔されちゃったり(笑)で、楽屋でじっとしてたいというのがあるんですが、それもあれなんで。本当はキリンの手足を取ったりとか、スカーさんの手伝いとか。実際舞台には出てないんですが、いろいろ細かいことを」
栗原「演じる力を溜めてるんですよね?」
北澤「(笑)。2幕で全部出せるよう頑張ってます(笑)」
栗原「キリンが休憩する時の脚立などを、彼が一生懸命運んでるわけです。キリンが行くところ、彼の姿あり。キリンによしよし、とやって、また頑張ってこい、と」
北澤「そうです(笑)」
栗原「僕が高い所に出るときなど、命綱を付けるんですが、それを僕がひっこんでる間に彼が僕の所に来てつけてくれるんです。だから僕は(北澤と)ケンカできないんですね、危険が伴うんで(笑)。そういうことをやってます」
北澤「やってます(笑)!」

本当はもっと質問もあったし回答もあったんだけど、記憶の限界がぁ…。ああ、この脳内メモリの映像をそのままここに添付ファイルで掲載して、みんなに見て欲しいよ!でも私のメモリもフロッピー並の容量なので記憶力だけではこれが限界っす先輩!

それと…これ書くと私のこともバレそうなんであまり書きたくないんですが、実は私も1回だけ調子にのって質問をしちゃいました。ははは(乾いた笑い)…折角の機会だしね。質問には北澤さんが答えてくれたんですが、他の役者さんは、質問を聞く時と最後だけ質問者の方を向いて、答えてる最中は全員というか全体の方を向いて話すんですよ。
でも北澤さんは、あくまで質問した人の顔を見て答えてくれるんです。わーい北澤さんの笑顔を独占した気分です!とかじゃなくて、こっちがウンウン頷きながら聞いてると、北澤さんも頷き返してくれたりするんで、質問しがいがあるなぁ。ようし、好感度さらに10UPです!そろそろ、何か撃てそうなくらい好感度が充填されてまいりました(笑)。

本当に最初から最後までニコニコ笑顔の北澤さんでした。私、前に「北澤シンバの笑顔が嘘くさい」と書きましたが、あくまでシンバとしての笑顔をそう思っただけで、カーテンコールの時とかこういったリハーサルで見せてくれる笑顔は自然で大好きです。いや、シンバの嘘くさい笑顔でさえ好きですけどね(笑)。
それと、栗原さんがすごく北澤さんを可愛がってるのがよくわかりました。最初の紹介からして北澤さんのこと「スカー役の北澤です」って紹介してたしな(笑)。からかい甲斐のある可愛い後輩なのかもしれませんね。

かーなーり痛いレポになってることは何より私が承知してるので、ご容赦を。でも私の楽しかった記憶が少しでも伝われば幸いです。

« TOKIOってどんなお茶? | トップページ | ライオンキング舞台レポ(5/6 名古屋) »

北澤裕輔」カテゴリの記事

コメント

熱~いレポ、ありがとうございます!
とっても楽しかった様子が伝わってきましたよー。
私までリハーサル見学会に行ったような気がしてきました♪
mariさんのレポを見たら、みんなきっと行きたくなりますよ!
やっぱり質問コーナーがあると俳優さん達の良い関係なんかも
垣間見ることができていいですね!
「何か撃てそうなくらい好感度が充填」笑っちゃいました~。
名古屋行き決めて大正解でしたね!


素敵なレポありがとうございます。
私も昨日の名古屋行き悩んだんですけど、明日からの信州・東京旅行へ備えて体力温存の為諦めました。
4日の山陰へのドライブの疲れが取れてなかったというのもあるんですけど(年齢がっ)
mariさんのレポを拝見させて頂いていると、北澤さんの笑顔が頭に浮かんで浮かんで…どうしょうもない状態になってます。
今、めちゃくちゃ幸せな気分になってます。
素敵なレポ本当にありがとうございます♪

アホなレポにコメントありがとうございます!こんな北澤さんしか見てないレポで本当に申し訳ないです…。というか北澤さんにも申し訳ないです(笑)。

>うさこさん
そうですね、質問コーナーがあると、私たち観客が日頃疑問に思ってることなどもわかりますし、本当にちょっとしたやり取りで役者さん同士の仲の良さなんかも垣間見えて楽しいですね♪

>よっし~さん
ほんと北澤さんは終始笑顔でしたよ~。話し方も優しいし、短い間でしたが、お人柄が伝わってくるかのようでした。私も名古屋の記憶を思い出してはにやけています!信州・東京旅行、どうぞお気をつけて楽しんでらして下さいね。

はじめまして。同じようなニオイを感じてたどり着きました(笑)
行ったんですね!!仲良し親子のライオンキングに!
リハ見の隣に座ってた北澤子ライオンの愛を一身に背負ってたオトコはやはり吉原ヤンパパらしいですよ。クーーーーッ見たかった見たかった。北澤シンバみたことなかったので、タレ目でなんか勝手にカワイイイメージでみてたんですが、先日クールな北澤配達人に出会ってしまい惚れました。
いつか北澤ラウルとか見てみたいですね。絶対イケルと思う。

初めまして静馬さん。コメントありがとうございます!やはり
吉原さんでしたかー!そんな気配、空気は本能で何となく感じていましたが(笑)、吉原さんもこっち向いて話してくれれば良かったのにぃ。二人がどんなことを話しているのか、すごく気になりますね。まさに「父と子の宿命の物語」です!<仲良し親子ライオンキング

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/4016142

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋「ライオンキング」リハーサル見学会レポ:

« TOKIOってどんなお茶? | トップページ | ライオンキング舞台レポ(5/6 名古屋) »

最近のトラックバック