2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ライオンキング復習中(知っとるけのけー) | トップページ | マチソワしちゃいます »

四国旅行

金曜日から2泊3日で愛媛・高知旅行に行ってきました。実は四国のうち徳島と香川には去年の同時期に行っているので、今回残り2国を回れて、ようやく四国制覇できました。

まず初日はしまなみ海道へ。しまなみ海道というのは本州と四国を結ぶルートの1つで、愛媛県から広島の尾道まで9つの島と10の橋を渡る海の道です。全長役60km。

ここがサイクリングコースにもなっていまして、晴れ渡る晴天の下で自転車をこぐとこれがまた気持ちいいんですよ~。海風は心地良いし、海と島からなる眺めは絶景ですし。しかし、島を1つ通過するためには一度海上を渡る橋から島へ降りて島内を通過し、また坂道を上って次の島へ渡るための橋まで行かなくてはならないのです(うーんわかりにくいかしら。つまり、1つの島を渡るのに結構急な坂を降りて昇って…としなくてはならないのです)。

これが結構キツイものでして。橋の上を渡ってる間は平坦な道だから気持ちいい!の一言なんですがね。結局時間の関係もあり、島を2つ渡ったところでくるりと方向転換し、スタート地点まで戻りました…ははは。さ、島の中の坂道さえなければ結構行けたと思うんだけどね、うん!(当初は愛媛から尾道まで自転車で行く気だったなんて、口が裂けても言えない…)。

夜は道後温泉へ。あの「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったと言われる、歴史ある温泉です。中に入ると本当に和風でレトロな感じがあのアニメを彷彿とさせる感じで、かなり私好みです。「札止」って言葉もなんかいいですね。

温泉にはコースが4つありまして、1階のお風呂に入るだけのコースもあれば、3階の個室で入浴後に又新殿(ゆうしんでん:天皇が道後に来た際、作られたお部屋。天皇のためだけのもの)の間などを観覧でき、お煎餅なんかがついてくるコースもあります。私はお金がなかったんで(舞台貧乏なので!)、一番お安い300円代の1階お風呂コースのみにしましたが、それだけでも道後温泉の風情を楽しめて大満足でした。ほんと、千尋やハクが出てきそうな建物でしたよ!

あと道後と言えば「坊ちゃん」なんですが、ずいぶん前に読んだきりなのでいまいち記憶が…。読み返してから行けば良かったなぁと。道後温泉にある「坊ちゃんの間」には赤シャツや校長のモデルになった人の写真も飾ってあったりするそうです。

2日目はバスツアー。松山・足摺を観光です。ひゃっほー!前日あれだけ自転車で無理したのに、今日は座ってるだけ!楽チン!でも座ってるだけだと寝ます。マジで。ガイドさんにもらったポンジュースに睡眠薬でも入っていたのか、その後に無理矢理ビデオで見させられた「ポンジュースができるまで」にサブリミナル効果でもあったのか?

そして最終日は四万十・桂浜の観光。四万十川の遊覧は楽しかったですよ~。風が気持ちいいし、新緑が綺麗でね。別の時期に行くと夜の遊覧があって、蛍が見られるんだとか。それも幻想的でいいですね。遊覧中、小舟に乗って伝統的な漁法を見せてくれるおじさんがいるんですよ。おじさんは私たちの船が近づくと、持っていた網をふぁさっと広げて川に投げ込みます。おおーっ湧く拍手。少ししておじさんはいそいそと網を引き上げるのですが、中身はさっぱり。おじさん、ガックリと肩を落とします…。私たちはその様子を見て笑い、船はおじさんの小舟から離れていきます。

そして次の遊覧船がおじさんの小舟に近づき、おじさんはまた網を川へ投げ込み…

こ、これってやっぱりおじさんの芝居?演技?というか一人公演?なんだろうなぁ(笑)。生活かかってる漁業とかじゃなくて、私たちのような観光客に見せるための振りとういうか。いったい一日何公演なんでしょうか(笑)?ちゃんと他のキャストはいるの?やっぱり月曜日にキャスト発表なの?とかいろいろ考えてしまいました。

そして最後は坂本龍馬像のある桂浜へ。歴史上の人物として坂本龍馬は結構好きです。と言っても、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」や漫画の「お~い、竜馬!」、昨年の大河「新選組!」の龍馬(江口洋介)や三谷幸喜脚本・浜田雅功主演の「龍馬におまかせ!」や「幕末恋華 新選組」に出てきた龍馬くらいしか知らないんですけどね。

そもそも今回の四国旅行は去年末だったか年始だったか、上川隆也主演でやった長時間時代劇ドラマ「竜馬がゆく」を見て思い立ったものだったので。コースには入ってなかったんですが、本当は桂浜だけでなく龍馬記念館とかも行ってみたかったんですけどね、それはまたの機会に。(ちなみに前回の四国旅行は昔「鎧伝サムライトルーパー」水滸の伸が目覚めた鳴門の海の渦潮を見てみたかったら計画したものです。オタクだな。つかよく友達がついてきてくれたな)。だからとりあえず龍馬像を見られて良かったです。

やっぱり短い一生を駆け抜けた人の人生っていうのは、ちょっと切ないですね…しんみり。

ばかでかい龍馬像の写真を撮ったのですが、逆光で午前中に撮ったジョン万次郎像と見分けがつかないのがちょっと寂しい。

明日からまた仕事です。それから週末は「ライオンキング」観劇です。うぉ~!

« ライオンキング復習中(知っとるけのけー) | トップページ | マチソワしちゃいます »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/4144805

この記事へのトラックバック一覧です: 四国旅行:

« ライオンキング復習中(知っとるけのけー) | トップページ | マチソワしちゃいます »

最近のトラックバック