2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« イタリア紀行~⑤ | トップページ | 実は今月1度も観劇予定が入ってないんです(告白) »

イタリア紀行~⑥

<第7日目>

ミラノ

さすがモード発信地!みんなお洒落~。
女の人も綺麗な人が多いんだよね。
そんな人混みとドォウモやスフォルツェスコ城の
ような古く重厚な建築物がしっくり馴染んでるのが
とても不思議な古くて新しい街でした。

・スフォルツェスコ城
italia_103

なんとなく東大っぽくない…?
レオナルド・ダ・ヴィンチも建築に
関わったという要塞。
当初の予定には無くかったんだけど
時間があったから立ち寄っただけという
だけなので中の博物館には入りません
でした。
広大な中庭は緑豊かで爽やか。

・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリア
・スカラ座
italia_105
これが有名なスカラ座ですかー!
残念ながら、この時期の上演はない
んだけど、2階がスカラ座博物館
なっていて、展示と共にボックス席の
一部から劇場内部を覗くこともできます。
が、今回は時間の都合で泣く泣くパス。
うーんボックス席に入ってみたかったよー!
北澤ラウルみたいに「ブラァァバァ!」って笑顔で拍手したり、
「イル・ムート」に合わせて指でトントンとリズム取ったりして
ラウルごっこして遊びたかった!いや遊ぶなよ!って話なん
ですが。
いつかこのスカラ座で、本物のオペラを見られたら最高だろうなぁ。

italia_106スカラ座は最近工事が終わり、屋根の
上にあるドームみたいな部分やその右に
ある建物が増築されたそうな。(写真参照)
ドームの部分はダンサーたちの、
「お稽古ばっかり。ロンデジャンブね」の場所。
その隣の建物は舞台裏だとか。

で、現地ガイドの説明そっちのけで添乗員さんに
「Bravo!ってイタリア語ですか?」
とか小学生並の質問してしまう私を許して下さい。
本当にイタリア語もオペラのことも知らないんですよ…。
「男性に向けて言うときはBravo!
女性に向けて言うときはBrava!って言うんですよ」

との説明を聞いて「ああ、なるほど!!」と手をポンと
打って大いに納得。異様に納得。
北澤ラウル「ブラヴォー!」じゃなくて
「ブラァァヴァ!」って言ってた気がするもん。
女性のクリスに言ってるから「ブラァァヴァ!」
なんだね。なるほど!勉強になりました!
って思い出したらなんだか、北澤ラウルをまた
観たくなっちゃった…とミラノの空の下で思いを
馳せる私だったんですが、まさかその頃本当に
日本で北澤さんがラウルやってるとは思わなんだよ…。
テレパシーとかモールス信号とかメールとか送って
くれた方、ありがとう!
なんかビビっとキタよ!

・ドォウモ
italia_001ドォウモ正面は修復中で、写真は
側面から撮ったもの。
中は旧約・新訳聖書の場面を描いた
美しいステンドグラスで飾られています。
これが本当に色鮮やかで、一枚一枚の絵が
合わさってまるで1つの大きなモザイクのよう
italia_109 に綺麗なの。昼に行くと太陽の光が別の
輝きで上から降ってくるみたい!
描かれた絵自体も一枚一枚をじっくり見た
かったな~。

あと私の心を捉えたのは…星座カレンダーとでも言うのかな?
天井部分にポツンと空いた穴。
床に不思議な間隔で描かれた十二星座の絵。
一年の日の高さが計算されていて、例えば私が行った9月6日
なら、床に描かれた乙女座の絵の部分に陽の光が差すよう
になってるの。
ちょっと感動したよ。こういうのに弱いんだ私。

昼食 ミラノ風リゾット カツレツ ケーキ
く…このリゾットは苦手かも。なんかお餅みたいに
もっちり感が…。

午後は自由行動。グッチやプラダを覗いたり、
ジェラートをまた食べたり、高級食料品店を冷やかし
たり。ミラノ散策を堪能しました。
歩いて、疲れたらお茶して(ドォウモの目の前にある
百貨店ラ・リナシェンテの最上階のテラスのカフェにて
エスプレッソを頂く。ドォーモの屋根の部分が道路を挟んで
目と鼻の先。地上からでは見られない細工の細かい
部分までのんびりお茶しながら楽しめます)、また歩く。


本当はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
「最後の晩餐」を見に行きたかったんだけど
もう予約がいっぱいで入場は無理と聞いていて
断念。日本で予約して行くべきだったぁ!
見たかったの…柳瀬ジーザス吉原ユダ
北澤ペテロが仲良く1つの食卓を囲む姿を!

翌日・翌々日は日本への帰国に費やしてしまうので
イタリア観光はこの日まででした。
あーん…色々見て楽しかったよ~!!!

« イタリア紀行~⑤ | トップページ | 実は今月1度も観劇予定が入ってないんです(告白) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほんっとにmariさん、レポ力(って言えばいいのかしら??)素晴らしいですね!
私、実際イタリア行った時よりも観光した気分です。
「へー」とか「ほー」とか思うトコ盛りだくさん!
私は、もともと知識欲がかりたてられにくい人間なので
旅行しても、キレイ!とかスゴイ!とか「感覚」だけで満足してしまうんだよな・・・
なので今回、mariさんにいろいろ細かくガイドしていただけたおかげで、思い出に知識がプラスされましたよ~!感謝!

どこにいても北澤ラウルが入り込んでくる
そんなあなたが好き。それにしても観光しまくり
ですねぇ。これで帰国早々お仕事とは。
あぁ私もどこかへ行きたくなってきましたよ。
…とりあえず今年はむりだぁ。私の神様とユダは
福岡在住なので。

>まみママさん
このレポ、「何年に誰が何のために建てた」みたいな基本的データがサクっと抜けてるあたり、ガイドとしては使えなさ抜群というか。
私は「歴史の裏側の小咄」みたいなネタが好きなんで、ガイドさんの説明が色々聞けるツアー旅行にして、今回正解でした。もしもう一度イタリアに行く事が出来たら、今度はイタリア史をもっと勉強してから行きたいと思います。

>静馬さん
私もそんな自分がカワイイです。いや、我ながらアホだなぁと。ペテロと言いスカラ座と言い最後の晩餐といい、不思議と北澤さんと縁の深い旅でしたよ。そんなこと考えつくの私だけだとは思いますが(笑)。
帰国後は土日出勤→毎日残業です。
ははは…いいの…お金は大事だよー…(力無く)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/5950731

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア紀行~⑥:

» プラダ [プラダ買いたい人集まれー!]
[続きを読む]

« イタリア紀行~⑤ | トップページ | 実は今月1度も観劇予定が入ってないんです(告白) »

最近のトラックバック