2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 月曜恒例キャストチェック~信じて僕の言うことを | トップページ | 四季の扉はいつでも開いています »

「異国の丘」10/22 S

マチネとソワレの間にいつもお世話になっている静馬さん
akiさんにお会いしました。
お二人のミツヲ話の合間に北やんネタ入れて申し訳ない(笑)
でも凄く楽しかったです。また機会がありましたらぜひ!

ソワレは2回目になる「異国の丘」観劇。
LK見た後に見る演目でもないですわ…ハハ…ハ…。
家族連れの客が多く、生命力溢れる物語のLKと、
暗く重い話で観客平均年齢も高い「異国の丘」。
しかも今日は3列目どセンターでした。
絶好のシモビュー席にてシモボチを堪能させていただき、
もう一生分のシモスマイル見た気がします…。
お腹いっぱい。げふ。

前回は下村ボチにすべてを持っていかれたので、今回は
なるべく下村さん以外の所に目を向けるよう努力しました。
(あくまで努力目標ですが)
ただマチソワをしたものであまり記憶がなく、ちょっと
走り書きみたいになってますがすみません。
お話はこのへんに。

最初のNYの若者達のダンスシーン。
ここカットしていいんじゃ…?と大評判のシーンですが、
この作品、せめて回想シーンで明るいダンスや歌がないと、
全編通して暗くて重ーい歌・シーンのみになってしまうの
もまた確か。
だって抑留兵士たちが楽しげに歌って踊って、挙げ句コーラスで
「うーまい♪くーいもの♪まーいにち♪くーいたい♪」って
わけにはいかないですし(それハイエナダンスです!)

個人的には、初演時にアンサンブルだった北澤裕輔さんも、
金髪ヘアでこんな激しくダンスを踊らされちゃったのかよ!
やっぱりマスカレードみたいにカチコチだったの!?
とか想像するだけで大笑いできるのでいいのですが。
女の子たちもパンツ丸見え状態。
後の愛玲も含め総じて女子はパンツ丸見え率高し。
しかし当時のアメリカの若者ってみんなあんなガンガン
足上げて踊ったり宙返りしたりして踊れるんだ…。
私、とても向こうじゃ暮らしていけませんっ(悲痛)!

ちなみにここのシーンの神田、秀隆が店に来る前にすでに
下手奥席にて女を一人を確保済み。
どこが「シャイなヤツだ」なのか親友に聞きたいです。

「ミスターボチって何系かしら?」
それを言うなら「ミスターボチって本当に大学生かしら?」
だと思いますよ坂本花蓮
シモボチはせめて紺ブレじゃなくて普通のスーツにしたら
いいと思いました。あとセンター分けもどうかと思うので、
NYシーンでも防寒帽子をかぶるというのも手かと。
防寒着は似合ってるし。
そして木村愛玲は今日も可憐でした!
かーわーいーいー!チャイナ服似合う~。
歌声も綺麗だしね!

「今夜は難しいことは考えないで楽しみましょうよ。ね?」
「ああ、そうだったね」
みたいな会話をしてるっぽい坂本花蓮青山劉玄の恋人同士
らしいやりとり(台詞はイメージです)が好きです。
愛玲に「恋人同士じゃない。踊ってきたら?」と薦められて
青山劉玄と坂本花蓮が互いに優しい表情を見せるのも好き。
数少ない劉玄の人間らしい感情が垣間見えるところかも。

あと下村ボチのNYシーン、特に愛玲との会話シーンは、
イチイチ首を傾げすぎです。
「ボクと踊ってくださったから?」コクリ!(首かしげ)
「嬉しいです!!」コクリ!(首かしげ)
えーっと、それは若さと可愛さのアピールですか?

一方のシベリアシーン。
関西人の西沢と九州人の大森がモロにステレオタイプの
地方人でなんか笑えます。
やたら「日本男児たるもの~タイ!」を連呼する大森と
「喋りすぎた男」的に一言多い口が災いの元になる西沢。
なんか「関西人」「九州人」ってイメージだけで作られた
いかにもなキャラのようで、わかりやすすぎる…。
でも深見さんも江上さんもうまく演じてくれてるので、
キャラにリアリティがちゃんとあるのですが。

このシベリアシーン、もっと兵士一人一人にスポットを
あてて見ても面白いと思うのですが。
まぁ全員に当てすぎると「李香蘭」の遺言シーンのように
長くなってしまうので、程々に。
抑留兵士F様「日本に置いてきた恋人がいるんです。
      帰ったら結婚しようって約束していて…」

(そっと見せる、彼女がくれた小さなお守り。)
下ボチ「きっと帰れますよ!!」(小首を傾げつつ笑顔)
ってこれ、どう見ても死亡フラグ!この後F様死ぬな…。

「からかうのはよせ!」
「俺は好きとは言ってない!」
神田で遊ぶの楽しそうですねボチさん。私も混ぜて下さい!
神田ラーブ!!

「ボチの大ファンのお出ましだ」
昨日初めて逢ったばかりだがな。
ボチさんはシベリアにもファンクラブがあるので、ワールド
ワイドで大人気です。

というわけでシベリアでの「虐げられて」と、神田とボチの
再会を経て、再びNY。再び若者のダンス(またか!)。
そして下村ボチ木村愛玲のワシントンスクエアでの逢瀬。
「下村部長!」
「すまない木村君。必ず妻とは離婚するが少し待って欲しい…」
そんな怪しい上司と部下のやりとりが聞こえてきそうな、
午後のワシントンスクエアです。
えっと「許されない恋」ってそういう意味なんでしょうか?
あと、登場するなり劉玄を背負い投げする神田はスゴイと
思います。神田というか深水さんもスゴイ。

二人で「嘘は罪」を歌ってはけていくところ大好きです。
「アメリカ嫌いは構わんが、音楽に罪はないだろう」
ここでふっと力を抜いたように笑う深水さんがすごくいい顔。
深水さんは石丸ボチと組んでも下村ボチと組んでも、
どちらとも違和感なくバランスを取れてます。
で、アメリカ嫌いの神田はなんでプリンストン大学に留学して
るのでしょうか?

一幕ラスト。
私は石丸保坂コンビの舞台映像「異国の丘」を事前に見ていた
のですが、ここのシーンは映像だと石丸さんや保坂さんの
アップ映像が多くなっていて、あの船のオモシロ演出の良さが
表現しきれていません!(巧妙にカバーしてるとも言います)
やっぱりこの演出は生で観てこそだと思いました。
私は前の列だったので首が痛くなりそうでしたが、2階席の
方々には役者さんの顔がちゃんと見えていいかも。
ちなみに初日に一階席で双眼鏡で見てた友人は、
船がドンドン前に出てくるからシモの顔が双眼鏡一杯に
広がっていった…

と後にその恐怖を語っていました。

二幕のシベリアシーンは、兵士達の輪から少し離れた所で
興味なさそうな顔をしている深水神田
でもみんなで「異国の丘」を歌う所では下村ボチ一緒に
立ち上がって歌うし、平井の遺言シーンではノソノソ
と中央に自分も寄って、聞き入ってます。
平井のシーンはまた泣きそうになってしまったよ…。
なにせこの日は真正面から平井の遺言を聞いて
しまったからね…。
思わず一緒に「お母さん…」とぶつぶつ暗記しようと
してしまうところでした。
「わしの仲間に指一本でも触れたら…!」って西沢を
庇うところも好き。

下村ボチと木村愛玲のラブシーンは、
「花代ちゃん、逃げてー!超逃げてー!!」という
「志村うしろうしろー!!」的観客の声が聞こえてくる
かのようでした。
今日の木村愛玲は半ケツというか赤いレオタード部分?が
しっかり見えてました。というか見ちゃってごめん。

将校、軍人、新聞記者達?が歌う「向かうところに敵は
なし」。記者みたいな人がわかりやすく「報道」って
腕章つけてるんですよ。
それから死んだ愛玲を抱きしめてる秀隆の周囲に不気味に
近寄ってくる日本兵も確か「兵士」だか「兵隊」っていう
腕章つけてるんですよ。
なんでも説明してくれる魔法の腕章!
下村ボチのNY時代にも「17歳」って腕章つけた方が
いいのではないでしょうか?わかりやすくて。

最初に「九重は必ず落とす!」とか言ってるナターシャ
ラストのナターシャは随分違います。
もう秀隆に話しかける声色が違うもの。
石丸ボチさん相手だと「ナターシャ…お前が落ちたな!」
って感じで、ナターシャ→石丸ボチへの恋愛感情、
お、LOVEか?LOVEなのかい?ってのを若干感じるの
だけど(オヤジか私は)、
下村ボチが相手だと…なんというか、互いに立場は
違ってもそれぞれの祖国を想う者としての同志愛、尊敬
みたいなものを感じます。

で、また最後の明日への祈り」で泣きそうに。
どセンターだったもんで、兵士達の歌声が真っ正面から
ぶつかってくるんですよ。迫力でした。
オケも近かったので、なんかいつもよりよく聞こえた…。

私は昭和三部作の中で「異国の丘」が一番好きなんですが、
なにが好きってたぶん音楽が一番好みなんだと思います。
「明日への祈り」、「出逢い」、「運命のとき」、
意外と「オーヴァチュア」もみんな好きだし。
あ、あと「虐げられて」ね!!

« 月曜恒例キャストチェック~信じて僕の言うことを | トップページ | 四季の扉はいつでも開いています »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

あの下ボチさんの首かしげスゴイですよね…。
下村さんのここぞ!という時のクセっぽいですが(笑)、
異国では連発しすぎ…!双眼鏡泣かせです(涙)
船のシーンおもしろかったですー!(コラ)
2階席だったので、ちょうど目の高さで
凄い迫力でした(下ボチさんが)。

>shikiさん
あの首かしげ、下村さんの癖なんですか~!
スカーもペロンも見たのに気づかなかった…
というか、それらの役は違和感なかったし。
もしかして今回のボチさんは双眼鏡では
見ない方がいいのかしら…?

こちらこそ先日はミツヲ、ミツヲと連呼してしまいほんとすいません。。。(--;
北やんも大好きなのでいろんな話が聞けてうれしかったです☆
またいっぱいお話したいです!
店での神田、後ろの脇の方にいるのに目を引きますよね~。あまりのカッコよさに心の中でキャーキャーいってました。
わたしも異国が三部作の中で一番好きです。とても切なくなるんですけど、曲がいいんですよね~。

え?首かしげって17歳の役作りじゃ
なかったんですか?でも要するに
かわいさアピールなのは間違いないですよね。
…かわいくないけどね。
いやでも三部作にまったく興味のない私を
ここまで楽しませてくれた下様に感謝したい。
アリガトウ下様!

首かしげ、どこかで見たような気がしたんですが…
違ってたらスミマセン(汗)
もうあの首かしげ+ものすごい笑顔が頭から
離れなくて困ります~!!

>akiさん
ミツヲさんの色々なお話聞けて、すごく楽しかったですよ~!ほんとまたぜひ!
神田は全編通して好きなんですが、なぜかシモ様の17歳に比べて違和感がないんですよね。
シベリアシーンもNYシーンもかっこよかった。
曲は私も大好き!吉田さんがらみのせいか、
三木さんも力は入ってんなーと思いました

>静馬さん
静馬さんにとってはシモ様で見られてかえって
良かったかも?
やっぱり可愛さアピールかぁ。でもヒノデロの
方が可愛かったと思う!あれも人外だけど!

>shikiさん
初日でシモボチを見た日は私もまさしく、
今日は忘れられない日になりそう…!という
感じでした。
目を閉じれば浮かぶあの濃い笑顔…。

遅くなりましたが、先週の「異国」レポTBさせていただきました。
北やんラウルも観に行きたかったのだけど…時間とお金が(><)
石丸ボチもいつか是非観てみたいと思う今日この頃です。

>みわこさん
みわこさんの異国レポ楽しみしてまーす!
北やんラウル、7月に我らが観たときよりも
凄くよくなってたよ~!
あと私も石丸ボチは私もみれなく見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/6556511

この記事へのトラックバック一覧です: 「異国の丘」10/22 S:

» 10月22日 異国の丘 [ちび図書館。]
先週、異国の丘に行ってきました。あまりに重くて、なんだか感想を書くのも延び延びになってしまいましたよ…。初見でうろ覚えなところ多々、ストーリーもなにもあったもんじゃないって感じですが、『明日への祈り』を聴いて気分を高め?つつ、忘れないうちに感想を。 幕が開いて即、劇場は極寒の地に。抑留兵の中心に立つは下村ボチさんですな。あー冒頭の『明日への祈り』からしてもう、ずーんとくるものが。この雰囲気で最後までずっと行くのですか…?と正直腰が引ける(汗)しかしその後舞台は一変、ボチさんのニューヨーク学生生活回... [続きを読む]

» 劇団四季ミュージカル「異国の丘」:その1~嘘は罪 [みわこ徒然袋]
さてさて、ようやく本来の予定「異国の丘」ですよ。 気づけば観劇から一週間以上経ってます。 亀レポで申し訳ないのですが。 [続きを読む]

« 月曜恒例キャストチェック~信じて僕の言うことを | トップページ | 四季の扉はいつでも開いています »

最近のトラックバック