2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 11/1「アスペクツ・オブ・ラブ」① | トップページ | ミステリーツアー'05秋『青い真珠の悲劇』 »

11/1「アスペクツ・オブ・ラブ」②

2幕。
12年の月日が経ち、石丸アレックスには髭が生えていた…。
残念です。私にとっては個人的な大きな損失です(スカー)
すっかり大人になって落ち着いた石丸アレックス
さすがに石丸さん、17歳のYアレックスよりも12年後の
2幕の方がしっくりきます。
イシンバ「はやく30代に、なりーたーい♪」
まぁどっちも素敵なんですけどね!

アレックスは芝居を上演してるローズの楽屋を訪ね、
二人は12年ぶりの再会を果たします。
喜びを隠さず、ジョージと愛娘ジェニーと暮らす
例のピレネーの家にアレックスを誘うローズ。
昔あんな別れ方をした男を、いま夫と娘と暮らす
しかも思い出のあるピレネーの家に呼び寄せるローズの
神経がわからないよボク…。
もちろんアレックスは未練アリアリです。

でもこの「アルマニャックを飲めたら行ってあげよう」
って昔のやりとりの再現は、あの純情だったアレックスも
気がきいたこと言えるようになったじゃん!って感じで
ニヤリとさせられます。
「○○って何者?」って互いにからかい合う会話も、
ローズに振り回されるだけだった昔に比べて、対等に
会話できるまでに成長した、アレックスの月日を感じさせ
ます。

そして、さりげなーーくいつの間にかいるヒューゴ(鈴木聡)。
ほんとさりげなさすぎて、いつからいたのか気づきがたい!
一体ローズのナンナノサ!って感じですが、
「シャンパン持ってきて」「席外して」「車呼んで」
えーと、パシリみたいなもんでした!

ピレネーの家に行くアレックスとローズ(と何故かヒューゴ)。
そこでジョージとローズの娘、ジェニー(紗乃めぐみ)
出逢います。
この子突然「私は人魚姫~♪」とか歌い出すので、観客は
ちょっと弱い子なんじゃ…?不安に陥るのですが、可愛い
ですよ紗乃ジェニー~。声も綺麗だし。
まぁ短パンに帽子、闘牛ごっこの12歳はどうかと思いますが!
しかも自分が闘牛役なんだ…。アレックスの上着に足つっこんだり。
十二歳の時、私はそんな遊びしなかったけど、さすが
ヨーロッパ!お国柄の違いか?
ジェニーが髪を下ろして短パンからドレス姿になるシーン、
ふぁさって髪を広げるところが好きです。茶髪も似合ってます。
母の形見のドレスはローズよりも似合ってるんじゃないかな?

ちなみにジュリエッタは、ローズの家に一家団欒に呼ばれつつも
行きません。仕事が、と手紙を書くシーンの大平さんの綺麗な
こと!
でもジュリエッタには、役者の揃ったローズ家でどんなことが
起こるのか予想できてる感じがするな。

さて、ジェニーはアレックスにファーストラブ真っ盛り。
ジェニー15歳の誕生日の夜。
アレックスがジェニーに手を出すんじゃ…?と気が気でない
ジョージですが、ジェニーの寝室にアレックスの気配を感じ、
ショックで倒れてしまいます。
今!まさにその男、娘さんに手を出そうとしてましたヨー!
ふー危ない危ない。
ここの石丸アレックス、寝込み襲っちゃおうかなー、イヤイヤ!
でもなー…と迷ってました。襲っちゃうのか!?とドキドキ。
でもジョージはそのまま帰らぬ人となります。
あれだけ心に余裕を持って過ごしていたジョージも、最愛の娘
ジェニーに関してだけは余裕がなかったみたいで。

そしてジョージのお葬式。
いくら故人の遺言だからって、その激しいダンスと歌
どうかな!だってみんな喪服だよ?
ジュリエッタの弔辞も途中からこう、ビートを感じるよ。
「ジョージも喜んでるだろう」
そう?ジョージはこんな激しいダンスがお好みか?
葬式の場で出逢ったアレックスとジュリエッタ。
二人は急速っていうかその日のうちに惹かれあい、
その日のうちにやることをすませてしまいますが、
それを紗乃ジェニーがしかと見てました。

アレックスは翌朝、ジュリエッタと共に旅立つ決心を。
あなたが私のママに恋したのは17歳の時。
どうして待てないの?時はすぐ経つのに!

と、必死でアレックスを引き留めようとするジェニー。
うーん10年後にはジェニーの方がいいのかもしれんが。
そして、ジョージを失い孤独に怯える保坂ローズの、
魂を引き裂かれるような「行かないでぇ!!」
ああ、ついに言っちゃったその台詞って感じで。
こぶしきいてて、ここの保坂さんの歌は凄かった…!
しかしアレックスはローズの懇願を振り切り、
ジュリエッタと共に旅立つのであった…。
いやしかしヒューゴって本当になんだったんだろう…

こんな話でした。
でもまだ話はこれで終わらなそうだよね。
アレックスがずっとジュリエッタと共にいるかわからないし
(ジュリエッタは自立した女性だし)、母の面影を強く宿して
成長したジェニーにアレックスはまた惹かれるかもしれないし。
まさに「恋は巡る」。
でも「恋は巡る」より「因果応報」という言葉が浮かんだよ。

これはまた時間を経て見ると、違った感想になりそうですね。
誰に感情移入するかによって、見方が違ってくると思うし。
私としては自立してて恋を一歩引いて楽しむ心の余裕のある
ジュリエッタがかっこいいなと思うんですけど、一幕の頃の
アレックスやジェニーのような一途な想いは応援したいし、
ローズの孤独に耐えられない、常に自分を見てくれる人が
いないと生きていけない(女優って仕事も関係あり?)
生き方も、今後の行く末が気になるというか。

これはもう一回見に行く予定があるので、楽しみですわー。

劇場内の「石丸さん完投して!」という逆風を受けながら、

北澤アレックスも見てみたい!!!

と言っておく(笑)。実際に劇場内で言ったら周囲を敵に回しそう
なのでこっそりと。おうさまのみみは、ろばのみみなんだぞー。
一日ぐらいやんないかなー?「今夜は北澤アレックスDAY」とか。
プラカップ入りナンプラーとパクチーのおつまみで、大人のアジアな
イベント付き。ナンプラーって調味料じゃ…?
「失敗談を教えて下さい」
北澤「ズボンのチャックが壊れてしまって、通りすがりの紗乃さんに、 短パン借りて舞台に出ました!」
って短パン!一日限りなんだから、その日の舞台かよ!
もう「私は人魚姫~」とか歌うといいよユーチャンも。

« 11/1「アスペクツ・オブ・ラブ」① | トップページ | ミステリーツアー'05秋『青い真珠の悲劇』 »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

正直短パン紗乃さんより似合うと思う…
ドンキーくんも似合うと思う…
むしろジェニーがみたい…と思ってしまう私は
邪道でしょうか。でもラウルも評判いいし
アレックスの稽古がいい感じにプラスに
なってるんですね。

>静馬さん
あの「お稽古ばっかり」期間は、結局自由劇場に
いたのか海にいたのかわからないけど、どっちに
しろじっくり腰据えて稽古に集中できたのかな、
って気はします。(しんみり)
アレックスは今回見られなくても、いつか見られ
るといいなと(しんみり)。
短パンは捨てがたいですが(台無し)。

ロン毛&短パン姿の北澤さんが頭から離れなくなってしまいました(笑)
北澤さんのアレックスも観たかったですねー(なぜに過去形・・)
付け鼻姿も・・・。

>ゆんさん
ああ、そう言えばドレスも着ますもんね、ジェニー。そんな北やんジェニーを見てジョージが、亡き妻にそっくり!と驚く…どんなディリアだったのか問いつめたい…。
いやいや、まだ完全にアレックス諦めたわけじゃないですよ(あきらめが悪い私)!

いつもながらまた観たくなってしまうような楽しいレポ、
ありがとうございました。
保坂さんの最後の絶唱には毎回泣かされます。
観た後も「その後」を想像させてくれますよね。
ジェニーとは勿論、ローズともありえるかもだし、
そうなることをジュリエッタはわかっているようだし。

来週キャンジファンの友人が遠征してきます。
彼女、アクツは先月見たのでキャンジボチを
熱烈御所望でして、昨日届いたメールには
『北澤さんならあのジェニーが足突っ込む
 上着も”ジャンバー”じゃなく”ブルゾン”に 
 なるのになぁ~やってくれへんのぉ?』と。
そ、そうかな…?あれは誰が着ても…と
携帯の画面に向かって苦笑いな私でした(^-^;)

ここに今日の北澤ラウル・シャニュイ子爵の事書いてもいいでしょうか?

「北澤ラウル、ボックス席から落ちました!!」


ってありそうなウソ言ってゴメンナサイ(爆)
先週に続いて今週もまた北澤ラウルを観に行って来ました。村ファントムになったらどんな感じかな~って思って。
たった2週間なのにすご~く落ち着いていてビックリ!しゅご~い!!さすが!!!
mariさんのレポをよぉく読んで行ったためか北澤ラウルから目が離れません。
笑顔がとても増えましたね。
北澤さんってキリッとしたお顔のときは二枚目さんなのに笑うと「だれ、これ?」って思っちゃうくらい変わりませんか?
でもこれもステキ☆
カテコの時も「ぼく、やったよ!」から「クリス、今日も楽しかったね~♪」とだいぶ成長と余裕を感じられましたし。
笑顔の大サービスだしo(≧▽≦)o
ラウルとクリスって本当のカップルみたい?

それにしても今日は何もなくて良かったわ~ってホント???

>びびさん
ジャ、ジャンバーとブルゾンの違い…(笑)。
でもあのジャンバーは、誰が着ても工場のおじさんがよく着てる社名入りの作業用ジャンバーに見えるのですが…いくら素敵なキャンジシャンと言えども(笑)。
キャンしシャンファンならアレックスもボチも両方見たいですよねきっと。ええ、本当に私もびびさんのご友人が石丸ボチを見られるように、アレックス役をもう一人の方に変えて差し上げたいです!!(…アスペファンには殴られそうです)

>キイロさん
リアリティがありすぎますがな(笑)!
ほんといつ落ちてもおかしくないくらいの、前傾姿勢でしたよねあのラウル子爵様。
あれは北やんラウルの演技なの…?素なの…?
あとキイロさんの仰るとおり、北澤さんって笑うと目がタレ目になるので、凛々しい顔してる時とのギャップが結構ありますよね。
はぁ~落ち着いてましたか北澤ラウル。うーキイロさんの話聞いてたら、また見にいきたくなっちゃいましたよー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/6874577

この記事へのトラックバック一覧です: 11/1「アスペクツ・オブ・ラブ」②:

« 11/1「アスペクツ・オブ・ラブ」① | トップページ | ミステリーツアー'05秋『青い真珠の悲劇』 »

最近のトラックバック