2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 12/24 S オペラ座の怪人① | トップページ | 四季観劇総括 »

12/24 S オペラ座の怪人 ②

〔マスカレード〕
今日はチロリアンも花も見付けられたよ!
で、未だに蝶だけ見付けられないのですが。
やっぱりラウル達が出てくるなり、そっちに目が奪われて
しまうのがイカンのでしょうか?
蝶の捕獲は諦めて(あっさり)、今日はずっと気になってた
ラウルのマスカレード衣装をじーーっくりと拝見。
袖みたいなマント?は背中に斜めにくっついてるのね~。
取り外し可能なのかな?

〔支配人のオフィス〕
たまにピース☆状態にもなってる、北澤ラウル
「今度泣きを見るのは、お前の方ダ!」の二本指。
今日もビシィ!と決まってます。(でも隙間が空いています)
支配人ズと仲良く「最後は、勝利ダ!」の所は、たしか
一本指なんだよね。不思議。
椅子に座ったクリスの傍らに跪いて、ぎゅっと手を握って
彼女をまっすぐに見上げる北澤ラウルにときめきつつ、
後ろ足がピンと伸びてるのも気になるね…。

〔ドン・ファンの勝利練習中〕
立川レイエはよく音取りのピアノをミスタッチしますよね…。
半田ピアンジも「どの音で歌ったらいいのよ!」と大混乱。

〔墓場にて〕
毎回苫田クリスは2幕の歌の方が好きなんですが、
前半ソロパートが泣きそうなくらい震える声から始まって、
サビで寂しさが張り裂けんばかりに高音で響きわたった所で
満を持して高井ファントムとのデュエット。
「震えているのよ」なんて本当に声震えてたし!
エンジェル・オブ・ミュージックのメロディの部分の、
二人の歌声、もう凄くよかった~!!
高井さんの深く響く低音も本当に素敵で、ゾロゾロと
ダーエ家のお墓に駆け込みたい女性続出。

〔ザ・ポイント・オブ・ノーリターン〕
個人的に好きなのが、クリスがこの人ファントムだ!って
気づいた後の、二人の歌。
なかなか声の相性もいいようで!

マダム・ジリーとメグ・ジリーとラウルの会話シーン。
松元メグが「こんな風にね!」って手を挙げて見せる時、
北澤ラウルの肩をガシッと掴んで振り向かせるのが、
なんか力強かった…。キミなら戦えるよファントムと…。

〔オペラ座の地下室〕
「醜さは顔にはないわ~」と苫田クリスの歌を聞きながら、
視線は柵の向こうに。
そろそろ…ほらきた!
お尻が。
いや、北澤ラウルが。
いつも湖?から上がって、お尻から登場するよねラウル…。
でも、クルっとこちらを振り向けば。
肩出し+胸を思い切り良く開けた衣装が、今日もとっても
素敵なんですけどー!
ときめくんですけどー!
例のパーマ髪は、かなりもじゃっと度が下がって落ち着いて
ました。パーマ力が落ちてるのか、アレンジの仕方の違い
なのか。
うん、これなら割と普通!でももじゃっとしてるのも前回
観られた良かった良かった。

苫田クリス「悲しみの涙いま~憎しみに変わる~」!
最初の震えるような小さな声から、徐々に声に迫力と
強い感情がこもってくるのがイイです。
北澤ラウル「クリスティーヌ、許してくれ…!」
ちょっと震えるような辛そうな声で、胸が痛くなるよ…。
つか滅多に発揮されない自分の感受性が今フル稼働中ですよ。

ここから始まる3人の声のぶつかり合いは、常時素晴らしい声の
高井さんに、本日絶好調の北澤さんと苫田さんですから…。
もう、言葉にならないですから…。
自分、不器用ですから…(健さん)。

実は今回初めて、勇気を出して北澤ラウルから目を
ヨッコラショ!と引きはがして、怪人とクリスのキスに
注目してみたのですが…。
余所様のレポで読ませて頂いたとおりここの苫田クリス、
キスのあとに高井ファントムの背中を抱きしめるようにして
ポンポンってたたいてました…ウルル(涙)。

ちょっとここで涙腺刺激されたよ私…。
こう、母性愛を感じる手つきなんですよ!
キスもそうだけど、ファントムはこんな暖かい人の手を
感じたこともなかったんだろうなって思ったら…!
目の端で見ていた北澤ラウル(結局観てたらしい)は、
2度目のキスの時に辛そうに顔を背けてました…。
こ、こっちの人もセツナイー!!
もう切なさ乱れ撃ち(刹那五月雨撃ち)だよ!
かなりキましたここー!怪人と、クリスと、ラウルに!
つまり、ミンナ!本当に凄かった!

高井怪人がロープを切ろうとラウルに近づいたときは、
北澤ラウルは、怪人を警戒するようにちょっと睨んでました…。
でも前回の時より睨む目力が強くないのは、怪人とクリスの
キスに、怒りとは別の感情が生まれたからなのかな?
細かいトコだと、解放されたラウルとクリスが抱き合うとき、
苫田クリス北澤ラウルの首のあたりに顔を埋めてるのも
なんか好きだったりします。
ラウルの無事が嬉しいのと、怪人のことを想って辛いのとで
ただただラウルに身を預けることしかできない感じで。

高井さんの最後の「行け!行ってくれ!」の絶叫も、前回
観たときよりも悲痛で壮絶で、かなりの大絶叫。
ここでまた涙腺が…ううう。

怪人のひとり「マスカレード…」でまた泣きそうに。
こんなに涙腺刺激されたオペラ座は初めてでした…。

この日はオケもいつもより良かったし、何が良かったって
メイン3人の歌が気合い入りまくりの響きまくり!
歌のオペラ座ここにあり!って感じでした。
今から思えば、北澤さんと苫田さんは翌週からお休みだから
気合いが入ってたのかな、なんて思ったりも。
特に苫田クリスがこの日はすごくよかったな~。
北澤さんも9週間やったラウルの総決算って感じで良かったし!
高井さんなんて、いつも言うこと無しだし!
役者さん達が素晴らしかったからこそ、逆にオペラ座って
演目そのものに引き込まれたこの日でした。
今年観たオペラ座で一番凄かった公演でした~。

今年一年の観劇のシメに相応しい、素晴らしい舞台!
クリスマスカテコもあったし!
幸せな気持ちのまま年越しができそうです。

« 12/24 S オペラ座の怪人① | トップページ | 四季観劇総括 »

北澤裕輔」カテゴリの記事

コメント

だ、だめだ~こんな素敵レポ読んだら...。
猛烈に行きたくなったじゃないか~。
是非、来年は遠征を視野に入れたいと思います!
ではmariさん、良いお年を(これにて実家に行きます)

mariさんのレポ読んでるだけで涙が出てきそうよ。
クリス役は3週で交代が続いていたし、北澤ラウルは最終週だったから力入ってましたよね。
私は25日に観劇だったのですが、24日と同じくらい素晴らしかったです。
苫田さんのトントン、ご覧になりましたね~?
母性を感じさせるあのたたき方。涙がドーって出ちゃいますね。
25日は1回背中をなでてからトントンってされていて。新しいバーションでした。
これだから止められんのですよ、オペラ座が!

ダーエ家のお墓に駆け込みたい女性の列に私も並んでいいでしょうか?

1月に夫を連れて行くので、
現在「マスカレードダンサーの見分け方」特訓中です!
前回、連れて行ったときには「猿と男女はわかった」
と言っていたのでそれ以外を(^^)
なーんて、実は私も猿と男女くらいしか覚えていないのですが・・・(笑)

蝶? 蝶ってマダムジリーやメグ達よりも先に出てきて踊ってるよん。
「誰が誰かわかならい 王様の顔や道化の顔♪」ではメグの右隣で一緒に歌ってるし。
2週ぐらい前までは石野寛子さんだったけど換わったようです。クルクルクルクル回るところ、すごいですよね。次回観て欲しいけど観劇予定ってあるのでしょうか?
松元メグのXmas in SHIBUYAって感じの衣装もスキです(笑)

こんばんはー!やっぱり苫クリス、ファントムの背中ぽんぽんってしてましたよね!ヨカッタ…見間違いじゃなくて…(T^T)
それまで割と平常心で見てたのに、あの瞬間涙腺が決壊して苫クリスブラボー!になったのでした。ファントムとクリスとラウル三つ巴のあの場面はホント刹那五月雨撃ちです♪(笑)
クリスマスカテコも羨ましいです。私ももう一週観るの遅らせればよかったー!ジタバタ。

こんばんは!
マスカレードの上着のようなマントは『マダムジリ~!』と
追いかけてくる時は消えてるので、袖でアタフタと外してる
子爵様のお姿が想像できますね(笑)
今年最後に最高の舞台が観れて良かったですね♪
来年も良いことありそう^^

北ヤンの「今度なきをみるのはおまえのほうだ!」は上手からみると、2階席の方にピースをしているように見えます・・・。
でも、そんな北ヤンが好きです。

>よっ子さん
オペラ座は歌もセットも凄いし、やっぱりこう物語がセツナイんですよ~!怪人、クリス、ラウルの関係は役者さんや観る人によって違って見えたりして、何度でも観たくなってしまいます。
個人的には北澤さんの歌が聞きまくれるのもポイント高いんですが(笑)。
よっ子さんも、よいお年を!

>キイロさん
トントンする苫田クリス、される高井ファントム、それを観ている北澤ラウル。うう…思い出しただけで泣きそうです。
私、オペラ座で本当に泣きそうになったのはこの日が初めてでした。役者さんたち、気合入りまくりで素晴らしかったですね。
お墓に駆け込んでくるなんちゃってクリス達に、眠っていた「いつもヴァイオリンを弾いていたパパ」もびっくりですね…。

>みっしーさん
最初の頃は階段にマネキンが紛れ込んでることにすら、気づかなかった私です…。
猿と男女は目立つのでわりと記憶に残りやすいですよね。アルプの特集がなければ、こうして他のダンサーさん達まで目がいかなかったかかも…(笑)。あれはなかなか面白い記事でしたね~。

>キイロさん
うーん私の目は節穴なんでしょうか…。
石野さんは11月のリハ見でダンスキャプテンをやってましたよね。一番踊りの綺麗な人を捜せば見付けられるかも!?
私の次のオペラ座は1月12日の汐留オペラ座の1周年記念日です。蝶々、探してきます~。

>クレールさん
見ましたよー苫田クリスのポンポン!クレールさんと同じく、あそこでダー!!とキました涙腺に…。だって、3人が3人とも切ないんだもん…!刹那五月雨撃ちで、胸に矢が刺さりまくり!!
私はクリスマスカテコ、もう一回観たいー!と思っちゃいました。こうなったら、正月にはファントムの仮面が獅子舞になってみんなで「とーしのはーじめのためし~とて~」とか歌うカテコやればいいと思います!

>ゆんさん
こんばんは~!
あのマント、マジックテープかなんかではがれるんですかね…?次回リハ見があったら、誰かに服の仕組みと、ラウルが袖でどうあのマントを脱いでるのかを質問してきてほしいです誰かに←他人まかせ。

>MayuMayu さん
私にもピースに見えます…。同じく2階席からでしたが。勘違いでも喜んでおきます。
そして私もそんな北澤ラウルを応援していきたいと思っています(笑)。

mariさん、石野さんは12/13の週から蝶ではなくておサルさんになってるんですよ!!
蝶でも凄かったけどおサルさんでも動きが凄いの!!
リハ見の時に拝見したノーメイクでもハッキリしたお顔だったけど、メイクしたら日本人ではないみたい。ハンニバルの時やバレーの時もキリッとしてますし。
好きだからいつも観ちゃってます。
1/12はまだ何の役か分からないですね。1/9に観劇予定なので観てまいります!
1/12、私も行っとくかな??

>キイロさん
石野さんアンサンブル枠は一緒だと思ったのに、マスカレードの枠は違ったのかしら…。お猿さんあんなに可愛いのに、動き素早いんですね(笑)。12日にいたら、絶対見てきます!
12日は1周年のご挨拶があるかな?と踏んでます。キャストもこの日までは変わらなそう。(特に高井さんと石丸さん)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/7870348

この記事へのトラックバック一覧です: 12/24 S オペラ座の怪人 ②:

« 12/24 S オペラ座の怪人① | トップページ | 四季観劇総括 »

最近のトラックバック