2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 月曜恒例キャストチェック~焦らしちゃいやよ | トップページ | 4月9日オペラ座の怪人観劇② »

4月9日オペラ座の怪人観劇①

初見の母と一緒だったせいか、自分もなんだか改めて新鮮な
気持ちで見ることができたこの日のオペラ座。
個人的には初めての柳瀬ラウル、宮内メグ、寺田アンドレ、帰って
きてくれた岩本カーラと秋山ジリーが嬉しかったのですが、メインの
3人については、連投が続いていて少しお疲れモードかなって感じも
しつつ、でも2幕以降は気合のこもった演技を見せてくれました。

〔オークション〕
林オークショナーは言い回しがとてもハキハキしてて、商売人
っぽいです。オークションを切り盛りするのもうまそうで。
この役も違う人がやると、やっぱり新鮮だねー!
そして「…25フラン」
マッダーム!秋山ジリー、久しぶりー!!
フランク永井のごとく、低音魅力の迫力がもうたまりませんよ。
やっぱり好きだな、秋山ジリー。もうマダム・ジリーそのもので。
…もう一回言ってぇーん!(シェンジ)
「…25フラン」
アンコール!アンコール!
「…25フラン」
ふぅ(脳内リピートで満足)。
この一言で、ちょっとオークションの空気が変わる気がします。

〔ハンニバル〕
こちらも久しぶりの岩本カーラ
可愛くてパワーがあって声がクリアに伸びて、大好きです。
岩本カーラから生首受け取ってにこっ笑顔向けられてる、
九條マーティンさんも確認。…デカイね相変わらず!

宮内メグは、結構気の強そうなメグでした。
荒井メグだと「クリスティーヌ、しっかりして?」って、相手を気遣う
感じなんですが、宮内メグは「しっかりしてよ!」って感じ。
母だけでなく、娘の方にも怒られたのかしら…?
小林フィルマンに「いい加減にしてくれないか!」って怒鳴られ
るも、荒井メグがビクっと身を縮ませる所を、軽く身をすくめる
程度で。
「今にわかるわ、今にね…」って言いそう。(それ月影先生)。
でもクリスのことを心配してないわけじゃなくて、ラストでラウルに
「私も一緒に行きますわ!」って言う声、力強かったです。

そして寺田アンドレ。なんか目尻が下がりっぱなしのアンドレに
見えました(笑)。カーラ大好きなんだな!
おねえっぽいというのには、ちょっと賛成(笑)。
でも困ってあわあわしてるのも可愛かったし、優しそうなアンドレ
でした!

〔スィンク・オブ・ミー〕
ボックス席で立つと大きいねー、柳瀬ラウル
支配人ズと話す仕草も大人っぽくて、気品…というかMIYABI
感じの子爵様。微笑みも穏やかで。
歌声がまた綺麗なんだな~。いい声してるよね本当に!
ラウルだって歌える役者がやってるのに、ソロがないのは本当に
もったいないと思います。
別にここではパツンパツンとは、思わなかったよ…(笑)?

〔リトル・ロッテ〕
ここにきて、柳瀬さんが熱血ラウルだってのを実感。
セリフの一言目をわりと強めに言うのかな?それが、溢れるクリス
への愛情を押さえきれない感じがよく出てました。
柳瀬ラウルはわりと佇まいとかは大人っぽいのに、クリスへの愛情
表現がとても素直でわかりやすいです。なんか不思議。
クリスを抱きしめるのも、北澤ラウルや石丸ラウルはそ…っと包み
込むような感じだけど、柳瀬さんは結構ガバッといくよね。
苫田クリスとだと身長差もあって素敵でした!
キザなセリフも、もう完全に自分のモノにしてるね~。さすがです!
別にここでもパツンパツンと(しつこい)

〔オペラ座の怪人~地下室〕
「オペラ座~」のラストは、苫田さんちょっとキツそうだったかも。
そして、そこから先は高井さんリサイタルだよ~。
えっと、ちょっとどこだったか忘れたんだけど(レポの意味なし)、
「心は空に高く」か「心の赴くまま」?最後の音が伸びる伸びる。
もうどこまでも伸びていく声にうっとりしました。

〔支配人のオフィス〕
ご機嫌を取ろうとしては、悉く撃沈してる支配人ズが可愛い。
「お前行けよ」「ヤだよお前が行けって」って譲り合ったり、
泣きながら戻ってきた小林フィルマンを寺田アンドレが慰めたり。
目が離せないですここの二人。

〔イル・ムート〕
ここ、上手の支配人ズ見ようとして、いつも忘れちゃうよ~。
下手のラウルとマーティン・アティーリオ見るので手一杯で。
柳瀬ラウルの「心配するな、僕がいる!」は本当に頼りになりそう
で、安心感というか説得力ありますね。

〔オール・アイ・アスク・オブ・ユー〕
なんだか兄妹みたいな柳瀬・苫田カップル。
頼れる柳瀬兄貴ラウルの包容力はさすがです。
なんかこのラウルに任せておけば安心って、クリスじゃなくても
思いますよこれは。
苫田クリスは怯え方とか、沼尾クリスとちょっと似てきたかも。
柳瀬ラウルのクリスラブっぷりを堪能しつつ、リプライズの
高井さんの歌に泣きそうにもなり。

いや~しかし柳瀬ラウルは今まで私が見たどのラウルよりも
熱い熱血系ラウルだね!
はみだしラウル情熱系。みたいな。
あ、ごめん柳瀬さん。別にはみ出しては…ないよね…。

« 月曜恒例キャストチェック~焦らしちゃいやよ | トップページ | 4月9日オペラ座の怪人観劇② »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

一瞬、バストファのようにはみ出すラウルを想像した私…ああ見たい…

レポお待ちしてました~!
柳瀬ラウル、確かに熱いラウルですよね~
ほんとに「ものにしてる」って感じで。

イル・ムート、ぜひ支配人ズもチラ見してくださいねぇ~!って支配人ズを何気におしてみたり(笑)

地下室で伸びたのは心の赴くまま~の後の「きみは~わたしのもの~~~~~~」と所だと思います。
ただ伸ばしただけじゃなくてどんどん声も大きくなっていたでしょ?
私もビックラいたしましたですわ。
この日は高井さんが来週は交替か!?と思わせるような迫力満点でしたよね~
こんな時に限ってC席だったなんてホント悲しかった。。。。

25フランの声を聴くと、始まるーと、ゾクゾクします。CDの光枝さんの声もいいですよね。
柳瀬ラウル痩せられたんでしょうか。パツパツ見たかったなぁ。

>eminemさん
ラウルは膨張しちゃ嫌ですー(笑)!でも柳瀬バストファジョーンズさんは、美声だし素敵かも!そうなると、柳瀬グロタイになるんですよね。うーんそっちは見たいなーなんて(笑)。


> matsu さん
いっつも見よう見ようと思ってて、忘れちゃうんですよードン・ファンの上手ボックス席!今度こそ!今度こそ見たいです!
柳瀬さんは今まで見たラウルのうち、一番熱いラウルだと思いました!

>キイロさん
私はSだったんですが、オペラグラスを母に譲ってしまったので、細かい表情などまでは見えず。
でも聞こえてくる歌は本当に素敵でした。高井さんが伸ばした箇所は「君は~私のまま~」でしたか!ありがとうございます。
まだか!まだ伸びるんか!ってくらい素晴らしかったですね!

>茶トラさん
マダム・ジリーの「…25フラン」は、オークショナー以外の人が初めて声を出すところですよね。今までオークショナーが一人で喋り続けてきたところで、低いミステリアスな女性の声が入ることで、空気の流れが変わる気がします。
柳瀬さん、初めてだったので痩せられたかどうかはわからないのですが、野獣やってた頃よりは痩せたのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/9514838

この記事へのトラックバック一覧です: 4月9日オペラ座の怪人観劇①:

« 月曜恒例キャストチェック~焦らしちゃいやよ | トップページ | 4月9日オペラ座の怪人観劇② »

最近のトラックバック