2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 月曜恒例キャストチェック~濱田アイーダ、濱田アイーダ、いーーまぁーー | トップページ | おなかの弱い子 »

三越歌舞伎観劇

三越劇場って初めて行ったんですが、いい感じにコンパクト。
サイズ的に四季で言うところの自由劇場を彷彿とさせるし、
内装もちょっと洋館風なんだよね。
うん、これは三越自由劇場ってことで。
後方席でも見やすくて、オペラグラスはいらなかったです。

一、車引~菅原伝授手習鑑

梅王丸:市川猿弥 桜丸:市川春桜 時平公:板東薪車
松王丸:市川段治郎

懐かしい…。
大学受験の時、これと「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」の3つの
名前を覚えさせられたっけ。

菅原道真公の庇護の元で育った梅王丸、松王丸、桜丸
道真を太宰府へ追いやった時平公の牛車に立ちはだかる梅王丸、
桜丸の前に、時平公の舎人として松王丸が現れて…
という兄弟の争いの物語。
猿弥さんの荒々しい梅王丸、珍しく男装(違う)してる春猿さんの
桜丸、12月歌舞伎をお休みされたため久しぶりに見た段治郎さんの
とても凛々しい松王丸、ものっすごい悪役メイクの薪車さんの時平公、
どれも素敵でした…が、これは由緒正しい時代物だけあって、
セリフやストーリー展開がちょっと素人には掴みづらい!
あたしなんか頭に「ド」がつく素人だからね!
プ、プリーズ、イヤホンガイド!
実は幕が下りてもまだ話が続くものと思ってました。
どんだけストーリー理解してないんだ私よ…。

二、女殺油地獄

河内屋与兵右衛:中村獅童 豊嶋屋女房お吉:市川笑三郎
芸者小菊:市川春猿 豊嶋屋七左衛門:市川段治郎
小栗八弥:板東薪車 兄 太兵衛:市川猿弥
父 徳兵衛:市川寿猿 母 おさわ:板東竹三郎

エロティックなタイトルに無駄にドキドキしながら幕が上がります。
一幕は、「お江戸でござる」風の街道沿いの茶屋が舞台。
今にも丁稚姿のえなりかずきが出てきそうな雰囲気の中、
さてさて、待ってましたよ自分的今回の目玉、中村獅童さん!
獅童さん演じる与兵衛が、芸者小菊に振り回されてたり、
小菊を巡るライバルと白粉ぶっかけて大喧嘩してたりと、
そんなドタバタコメディが展開していきます。
一幕の獅童さんは、やっぱり華があるなぁという感じはあるの
ですが、それ以上に眉毛八の字になっちゃう情けないキャラで
大笑い。
「新選組!」の捨助みたいな感じ?ある意味子供みたい。

二幕になると、一気にホームドラマ化します。
借金で首が回らなくなった与兵衛が両親に金をせびるんですが、
つっぱねて息子を勘当してしまう父母。
そんな父母、病気の妹に殴る蹴るの暴行を加えるDV与兵衛
なんてこと!作られたのは昔だってのに、今の世相を表してる
かのようじゃよ。
でも父母は、与兵衛が次ぎに頼るであろう豊嶋屋女房お吉に、
あの子にやってくれとそっと金を渡しておくんですよ。
母はちまきも渡すのさ…泣かせるね。
お吉も二人の親心に感じ入ってそれを引き受けます。
そしてそのやり取りを、家の前で立ち聞きしてしまう与兵衛。
ええ話や…!
あたし、ここで与兵衛が改心してハッピーエンドで終わるのかと
思ってました。そういう親子物なのかと。
しかしそこは、日本のシェイクスピア・近松門左衛門!
そうは問屋が下ろさなかったね!
後で連れにその話をしたら「それじゃ女殺しも油地獄もない」
言われました。…た、確かに!
ちなみに、獅童さんが勢いよく開けた障子が外れてしまって、
たぶんアドリブで「ちゃんとつけとかなぁ…」とか言いながら
ガタゴト直してました。

三幕はもう修羅場です。そして最大の見せ場。
改めて親心を知った与兵衛は、何としてもこの日中に借金の片を
付けようと、親からの金で足りない返済分を、お吉から借り受け
ようとするんだけど。
前に夫に与兵衛との不義疑われてるお吉。
「夫の留守中にそんな大金は貸せない」と断ります。
そりゃそうじゃ(ポケモンOP・懐)。
すると与兵衛はお吉に油を貸してくれと油断させておいて、
いきなり斬りかかります。
女に背中から斬りかかろうとするなんざ、いい根性してんな!
お吉の家は油屋なんで、乱闘の最中に樽からこぼれた油まみれ、
斬られた血まみれでギトギトになりながら、灯りの消えた暗闇の中、
必死で逃げるお吉と追う与兵衛で、手探りでの大立ち回り。
髪ひっつかんだり、帯つかんだり、油で何度も滑って転んだり。
もう酷いことになってます。
この油、本当に植物性の液体を使ってるらしくて、事前に最前列の
お客さんにはビニルシートのような物が配られてました。
客席に飛び散らないようにという配慮なんでしょうね。
舞台の前の方で、獅童さん滑りまくってたからなぁ。
なんとかお吉にとどめをさし、金を奪い取った与兵衛。
明らかに人間がやってる犬の遠吠えが響く夜明け前、足を震わせ
ながらお吉の家を出ていくのでした…。
な、なんか後味悪い終わり方だよ…。
文字通り「女殺し」で「油」で「地獄」だけどね。

与兵衛の役作りで物語の印象がだいぶ変わってくる作品だと
思います。
与兵衛って、へたれで情けなかったり、キレやすかったり、
ふてぶてしかったり自信なさげだったり、涙もろかったり。
ほんわかホームドラマコメディで行くのかという予想があっさり
覆されましたが、中盤からの劇的な展開、良かったです。

« 月曜恒例キャストチェック~濱田アイーダ、濱田アイーダ、いーーまぁーー | トップページ | おなかの弱い子 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

観劇お疲れ様でした。

えぇと、車引ですが、これだけ見てると「え、それで?」って感じの話ですよね。
正直私も微妙にわからなかったもの。
プログラムにもありましたが、筋というよりも雰囲気を楽しむお芝居なんでしょうね。
ちなみに、春猿さん演じる桜丸は、この後切腹をしてしまうらしいですよ!
菅丞相の娘と斉世親王の恋を取り持ったことが菅丞相の左遷の原因になったからといって…。
わーん、春猿さ~ん!!(別に春猿さんが切腹するわけじゃないですが^^;)
あと、段治郎松王丸が内心では菅丞相への恩を忘れていなかったことが後にわかるとか。


女殺油地獄は、これもプログラムによれば、当時実際にこういう事件があって、それを近松が作品化したのではなかろうかという話です。
今のワイドショーなんかにもありそうな話だけど、やっぱり後味悪いですよね…。
3匹目の犬の方は、わりとそれらしく演じてらしたように思いました。

>みわこさん
観劇おつかれ~♪
「車引き」にはそんな続きがあったのね~!続きもぜひやって欲しかった…。本当にあの一幕だけだと前後の話がちょっとわからないね(笑)。
「油地獄」の方は結構展開も劇的でエンターテイメント性が高いなぁと思いました。
犬、3匹目の人が一番鳴き真似上手かったね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/10396251

この記事へのトラックバック一覧です: 三越歌舞伎観劇:

» レポの途中ですが(リプライズ) [みわこ徒然袋]
三越歌舞伎に行って来ました(汗)。 [続きを読む]

« 月曜恒例キャストチェック~濱田アイーダ、濱田アイーダ、いーーまぁーー | トップページ | おなかの弱い子 »

最近のトラックバック