2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 月曜恒例キャストチェック~おもてなし | トップページ | 日本の女性は美しい、らしい »

映画「DEATH NOTE」を観た

映画「DEATH NOTE」を観てきました。

死神が退屈しのぎに人間界に落とした、DEATH NOTE
名前を書かれた者が死ぬこのノートを拾ったのは、一人の
天才・夜神 月(藤原竜也)。
彼はデスノートを使って、法で裁けない悪人に次々と死の
裁きをくだし、犯罪者のない世界を作ろうと画策する。
犯罪者を裁く謎の存在は、いつしかキラと呼ばれ、一部で
救世主としてカリスマ的存在に。
一方、そのキラによる犯罪者殺人事件を追って、インター
ポールが送った切り札、もう一人の天才・L(松山ケンイチ)
Lはキラの捜査網を狭めていき、キラ=月もノートを
使って捜査陣を翻弄していく…!

一応物語としては、月がデスノートを拾ってから、L達の
捜査陣に加わるところまでが、今回上演の前編です。
コミックスで言うと3巻あたり?
バスジャック、夜神家カメラ盗撮など、ほぼ原作に忠実に
展開していくんで、原作ファンは結構満足いく内容なんじゃ
ないでしょうか。私も結構楽しめました。
まぁ、欲を言えば、原作の心理戦?みたいな部分がもっと
欲しいかなぁとは思いましたが。
Lや月の内心の考えが映画だとあまり出てこないので、
(つーかあんな膨大な文章量の思考部分、セリフにも
独白にもしきれないよ!)
どういう手順で月やLがその結論、推理、行動に出たのかを
含めて月やLの頭の良さも含めてわかりにくい気も。
あ、あれ?結構これって致命的(笑)?

では感想。まずデスノート思ったよりでかい。
それともまさか月の手が凄く小さいの?(相対効果)
そして、今まさにオーロラビジョンで放送されてる犯罪者への
裁きを衆人の中でノートを広げて行う月はやはり神だと思いました。

あと、漫画だと「月くん」って書かれてるから忘れがちだけど、
「ライトくん」って音で聞くと、かなり変だから!
父さんの馬鹿!妹は普通の名前なのに、なんで僕だけこんな
ヤンキーの子みたいな名前なんだよ!
月は終始、藤原達也味が抜けないんですが、原作よりも
人間味がある月です。法で裁けない悪人に本気で憤ってたり、
恋人を計画の一環として殺して(この時点で既に人間味が
どうこういうレベルではないけどね!)、潤んだ目になってたり。
絶対原作の月ならここ、絶対凶悪な顔して笑ってたと思うよ!
その恋人・詩織(香椎由宇)は映画オリジナルキャラなんで、
生かすも殺すも制作者次第。…で、殺されたと(笑)。
美人で聡明で、月にちゃんとキラ社会を否定する発言もできる
キャラだだったので、もっと話全体に関わるキーパーソンになるかと
思ったんだけどな。

で、一番気になってたL。LはLOVEのL。LはLipのL.
そしてLは貴方を見つめてます(かぼちゃワイン)。監視カメラで
マツケンいーよー!一番原作の雰囲気に近いキャラかも。
(ただし当然ワタリの藤村俊二を除くものとする)
アイメイクと、原作のLまんまの衣装の効果、偉大なり!
原作の雰囲気をしっかり持ちつつ、Lというキャラを作り
あげてる気がします。
若干棒読みっぽい気がしなくもないが、Lならそれもアリかと。

ラストは、警察本部での月とLの初めての対峙。
「貴方を歓迎します」って言いながら、Lがポテチをバリバリ
食べてるのが凄い挑戦的で素敵。
このポテチ、夜神家盗撮の時に鍵になったアレです。
Lは甘い物好きって設定なので、絶対嫌がらせのためだけに
あのポテチ食べてたと思われるよ。ザ・負けず嫌い。
二人でそんな火花バチバチ、ポテチバリバリして終わり。
月とLの直接対決は後編に持ち越しってことで。

以下、気になる点。

・序盤で賭けテニスに興じる月。そこはテニスだろう!
 原作にならってLと「テニスの王子様」ばりのテニス対決だろうよ!
・死神から「詩織は心からお前を愛していた。お前は違ったのか」
 と言われる月って一体。っていうか愛を語る死神って一体。
美空ナオミ(瀬戸朝香)はなにかと暴走しすぎです。
 その代わりレイ・イワマツ(細川茂樹)は普通に大人し目。
鹿賀丈史演じる夜神パパは、必要以上にダンディで格好良い。
 モニター見ながら寝ちゃったLに、そっと毛布かけてあげる
 シーンは原作にないけど、パパらしくてイイ!
・松田の空気読めてない感は原作どおり!よし!顔は国分太一似。
ミサミサ戸田恵里香は黒髪に違和感だけど、可愛い。
 でも思ったより声が低い。そしてあの料理番組はキツイ。
・バスジャックされたバスは、ミサミサの広告のラッピングバス。
 緊張感ゼロ!
・そしてそのバスの運転手が田中要次。怪しく見えるかも
 しれませんが、普通の人ですので。
リュークの声は中村獅童。「あらしの夜に」と言うよりは、
 ロンブー敦みたいな感じ。でも 声だけじゃなくてそのまんま
 本人が出てもいいんじゃないですか。

« 月曜恒例キャストチェック~おもてなし | トップページ | 日本の女性は美しい、らしい »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

おもしろいレポでした。観たくなりました。
でも、映画は休憩なしがつらくて、DVDになるのを待ちます。だから、コーラスラインのチケットはすごく悩んでます。

私は前後編が揃ったら見ようかな、と。
そっか、あのキャラは殺されましたか(笑)
デスノートを実写にするなんて勇気ありますよね?
他のキャラはわかりませんが、私の中では藤原くんはドンピシャですが。

>eminemさん
後編は11月ですよね。前後編まとめて観るのもいいかも!
私も最初デスノは「アニメ化をすっ飛ばして実写化かい!」って思ったんですが、やっぱりアニメだとリアリティなくなっちゃうのかもしれないって思い直しました。…連ドラでもいけそう。

海砂はやっぱりもっとキャピキャピして欲しいですよね~。
最初から退屈でナオミと詩織のからみまでずっと退屈でした。
この部分はオリジナルだけど結構楽しめました。
自分としては無料観劇でよかったな~くらいの出来です。
一番よかったのは…Lの指。美しかったですw

>さよさん
結構厳しい評価ですね(笑)。私は結構見たものは何でも楽しんじゃうお得体質なんで、そこそこ楽しめました♪
Lの指には気づきませんでした!Lとの対決といいミサミサの活躍といい、後編の課題にしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/10921244

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「DEATH NOTE」を観た:

« 月曜恒例キャストチェック~おもてなし | トップページ | 日本の女性は美しい、らしい »

最近のトラックバック