2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 「世界キワモノ演芸2006!サマーチャレンジ!」 | トップページ | ぼ、僕はおにぎりが食べたいんだな! »

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」 7/22

土曜にやっと、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を観てきました。
「ジョン万次郎の夢」の直後に観る演目かと聞かれれば、
自分でも疑問ですが、マチソワだったんで間に合って良かったよ~。

クロロック伯爵:山口祐一郎 アブロンシウス教授:市村正親
サラ:剱持たまき 助手・アルフレート:泉見洋平
宿屋の亭主シャガール:佐藤正宏
シャガールの女房レベッカ:阿知波悟美
女中マグダ:宮本裕子 ヘルベルト:吉野圭吾
せむし男クコール:駒田一

ヴァンパイアの研究のため、トランシルヴァニアへやってきた
アブロンシウス教授と助手のアレフレート。
遭難寸前のところをシャガールとレベッカの切り盛りする宿屋で
救われる。そこで宿屋の娘サラにアレフレートは一目惚れ。
一方、自由に憧れるサラを、ヴァンパイアのクロロック伯爵は
自分の城へ誘う。導かれるままに家を出るサラ。
研究に執念を燃やす教授とサラを助けたいアルフレートは、後を
追って、クロロックの城へ乗り込む。
そしてヴァンパイア達の舞踏会が始まる…。

なんだか不思議な舞台でした。
コメディ、ダンス、シリアスな歌のシーンの切替が結構激しくて、
市村教授と泉見アルフのやりとりなんて完全にコメディなのに、
山口クロロックはどシリアスに愛する者を失い続ける悲しみを
重厚に歌い、そしてヴァンパイアダンサー達がもう踊りまくる!

個々で見ると1つ1つのシーンは凄いし楽しいんだけど、全体と
して見ると、作品としての統一感がない感じが、若干あるのかな。
ストーリー的にも、実は最初「オペラ座の怪人」みたいな話だと
思ってたんですよ。
誰かを愛しては失い、絶望に生きた哀れな伯爵(それ怪人)と、
サラの為なら命は惜しくない!のアルフレート(それラウル)と、
自分を愛する光と影の二人の男性の間で迷うサラ(ブライトマン
じゃない方)みたいな。
サラ、別に迷ってなかったね!
自由を自由をって言ってたけど、むしろ一番自由人だったよ。
次点:ヘルベルト。
あと前回見た「ミー・アンド・マイ・ガール」に続いてキャストが
一階席に降りてきてくれるので、2階席の私は寂しい…(笑)。

山口クロロック伯爵
初めて見るのに、不思議とデジャヴを感じる山口伯爵。
なんでだろ、衣装?
羽付きゴンドラに乗っての登場は面白かったです。(面白がる所じゃ
ありません)
しかも人ん家の風呂場に来るからなあ。
マントの長さとか翻した動きの綺麗さとか、あとは言うまでも
なく、歌声素敵でしたー!
2幕のソロなんて、伯爵様の歌に客席全体が捕らわれる感じ。
市村教授と泉アレフも拍手するわけですよ、もう。

市村アブロンシウス教授
なんかアニメのキャラみたいで白髪ヅラもほっぺも可愛いー!
どこまでもマイペースなじいさんなのに、早口で歌うところは
言葉がハッキリ聞き取れて、そのへんはやっぱり昔取った杵柄
なんですかね?
市村さんって渋いキャラしか見たことなかったんで、今回
とっても可愛い教授で気に入りました!

剱持たまきサラ
可愛いし、お風呂のシーンとかセクシーだし!
でも実はこの人が一番掴めなかった…(笑)。
伯爵に惹かれてっていうより自由に憧れてって感じ
だったのかなあ?城に行ってからのサラの気持ちがちょっと
わかりにくかったです(笑)。

泉見アルフレート
甘い歌声がとても私好み。歌もたくさんあるんだけどとても
お上手で、サラとのデュエットも素敵。
いつも一生懸命で、いっぱい汗かいてそうなアルフでした。
ただ…ヅラが気になるヅラが。写真で見た浦井アルフと違うよね?
「ワーカメ好き好き♪」って歌えそうなヅラでした。(鉄男)

吉野ヘルベルト
「はぁ~♪」って歌声が明らかに太い(笑)。
いや~おいしいとこ持ってくなぁ吉野さん!
Tバックに、太ももの上に薔薇のタトゥーですよ!
それ反則!ってくらい化粧もバッチリ映えます。
テンション高い役だからやってて大変そうだけど、それ以上に
アレフに迫るところなんか楽しそう(笑)。
外見はともかく、どうしてクロロックと親子なんだろう(笑)。

ラストはホラーものによくあるオチですが、カテコではダンサー達が
客席に降りてきてダンス!
泉見アレフなんて、なんか鬱憤をはらすかのようにノリノリでした。
そして最後に山口クロロックの顔がどーんと描かれた垂れ幕が
落ちてオワリ。

垂れ幕が…なぜ…?

初見だったので細かい所までとても見られませんでしたが、山口伯爵の
歌とか、もう一回聞きたいなぁ。
その時は1階だな、うん!

« 「世界キワモノ演芸2006!サマーチャレンジ!」 | トップページ | ぼ、僕はおにぎりが食べたいんだな! »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

これ、元ネタがコメディなんだけど、チラシとかのビジュアルがホラーお耽美系だからどうなってんだ?と思ったら案の定なんだかかみ合わない。でも部分部分はいいからまたみたいという作品です。
次もし見るときはお勧めしたいのは1階A席の通路後ろです。役者さんも通るしかまってくれるし安いしでお買い得です。
私も中日くらいでまた見たかったなぁぁぁ。

あ・あの~・・・泉見アルフレートは自毛だったりします(^^;
もちろん、パンフも・・・・ヘルベルトも反則ですが、アレも反則だと思います(笑)
静馬さんもおっしゃっていますが、1階A席はかなりお勧めですよ。
回数観ると、はまっちゃいますけどね(汗)

ついに今日ヴァンパイア様たちに会いに行きます。ワーイ、今日はお勧めの1階A席です。通路側じゃないみたいだけど、楽しみです。

>静馬さん
山口伯爵とか、かなりビジュアル系でしたよね。見たことないトートとか、こんな感じなのかなって勝手に想像してました。
1階A席ですか!やっぱり役者さんが客席に降りてきてくれるような演目は、一階席で見るのが楽しそうですよね。LKしかり。

>ゆんさん
ひぃぃー、泉見アレフは地毛なんですか!ヴァンパイアの呪いって恐ろしいですね!石立○男になってしまうとは!(違う)
ゆんさん、はまって通ってらっしゃるようですね♪私も吉野ヘルベルトにまたお会いしたいですよー!


>茶トラさん
ヴァンパイア達の舞踏会、楽しまれましたか?話題の一階A席で、客席に降りてきてくれる役者さんをも含めて、楽しんできて下さいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/11111454

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」 7/22:

« 「世界キワモノ演芸2006!サマーチャレンジ!」 | トップページ | ぼ、僕はおにぎりが食べたいんだな! »

最近のトラックバック