2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

月曜恒例キャストチェック~遠い国に旅立つ前に教えてちょうだい

【オペラ座の怪人】
オペラ座の怪人:佐野正幸 クリスティーヌ:沼尾みゆき
ラウル・シャニュイ子爵:北澤裕輔

カルロッタ・ジュディチェルリ:岩本潤子
メグ・ジリー:荒井香織 マダム・ジリー:秋山知子


あらー、とっても私好みのキャストなんですけども!
特に、わがままお姫様の岩本カーラが久しぶりに見たいよーっ!
壁抜けでの歌もすっごく良かったしね!
で、北澤さんに関してはもはや悟りを開いている私なので、ラウルで出て
てくれても嬉しいし、お休みならお休みで「デュティユルのお稽古!?」
ってワクワクできるからそれはそれで嬉しいです。
いや、その「いつ出るの?」ドキドキしてる時間もまた期待で楽しいというか。
まぁ、あっさり翌々週くらいにラウルで出てたりするのが常なんですが。
もちろん配達人になってくれても、突如シンバに戻って来てくれても嬉しい。
と言うわけで、毎週キャスト発表は嬉しいよ!
…実際にデュティユルやってくれたら…もっと…嬉しい…けど…。
日々良かった探しを続けている北澤裕輔ファン歴1年半のmarです。


【夢から醒めた夢】
マコ:苫田亜沙子

【キャッツ】
グリザベラ:重水由紀


【アイーダ】
アイーダ:濱田めぐみ


博多イベントで歌ったという、濱田ナラのシャドウランド…。一度でいいから
生で聞いてみたいものです。濱田ナラならさぁ、年輩シンバでもバランス
取れると思うんだよね。で、そのライオンキングは保守点検みたいですね。


明日から、ベトナム&カンボジアに行ってきまーす!
スーツケースの中に愛の言葉を掛けて入れて行こう~♪

旅の支度を!

明後日から旅行だってのに、さっぱり支度ができてませんー。
ビックリマンDVDとか見ながらつらつらやってる場合じゃないの(見てるのか)。
うーんアニメだと1話であっさり元に戻ってしまうゴーストアリババ戦よりも、
ヘッドロロココ消失→ヤマト爆神パワーアップへの方が泣けるなぁ。
ものっ凄い3頭身体型だけどロココ様は素敵だ、うん。
ヤマト役の鈴木富子さんは3年前に亡くなっていますが、やんちゃな少年
っぽい元気なお芝居は本領発揮なんでしょうね。
DBZのデンデとか北斗の拳のリンもやってた方ですが。
あ、偶然にも「がんばれ!キッカーズ」の翔くんも鈴木富子さんですね。
ですねって言っても…たぶん皆さんわからないと思いますが。
キッカーズ好きな私はヤマト王子の声聞いて「あー」と思いました。

で、旅行の準備を本来しなきゃいけないわけですが。
ベトナム&カンボジアは、どちらも気温が年間通して27,8度くらい
らしいので、用意するのは夏服なんですが、機内や日本では涼しい
だろうからカーディガンも欲しいし。それも長袖でいいのか7分袖でいいのか。
あと、冷蔵庫の中の食材で悪くなりそうな物は片づけておかないと!
燃えるゴミも出しておいて。デジカメ用の電池も買いたして。
ま、まぁお金とパスポートさえあれば何とかなるよね?

鉱石ラジオスケジューラー10月

なんでまだ9月も一週間以上あるのに来月の観劇予定をまとめてる
のかと言うと、来週の火曜から今月いっぱい旅行に行ってしまうから。

さくらんぼブービー・トークライブ

帰国早々コレ。
ここ最近、めっきりテレビで見かけなくなってしまったこの2人。いや、
元からそんなにはテレビにもでてはなかったけどね…。
彼らに関する話は、今のところ私と一人の友人との間でしか通じません。
メジャーではないとは思ってたけど、ほんっとみんな、ブービーの存在
すら知らないから!びっくり!
一応、「笑いの金メダル」とかも出てたんだよ!?
あまりに存在を確認しえないので、友人と二人で見た笑金は集団催眠
だったのかとすら思えてきたところでした。
あああ、それが遂に生で見られるとは!
ネタ的にはとにかくこっちの感性というか本能に訴えてる感じ。
とにかく勢いだけは凄い。その勢いに押されて笑ってしまう…。
そんな2人のトークなんて果たして成立しうるのか、今からドキドキ。

・「JAILBREAKERS~ジェイルブレイカーズ~」

お久しぶりのグローブ座行き。うーん一年ぶりくらいかな。
「厳寒の刑務所で大胆不敵に進む脱獄計画!クセ者揃いの豪華キャストが
贈る、 たっぷり笑って切なく泣けるロックなセーシュン系痛快コメディ」
ってことでストーリーも面白そうだし、主演:松岡昌宏。これもいいよ!
でも、音楽/松岡昌宏…ココガチョットキニナルネ!
(松岡昌宏氏作詞作曲の代表作「パープル・ルージュ」)。

・オペラ座の怪人
C席観劇です。北澤子爵様、まだいてくれるかな?そう言えば今見たら
カーラに岩本さんが追加されてますね。岩本カーラ大好きなんで、ぜひ
残っていてほしい!

・AKURO
レミゼとかも見たことないので、実は初・坂元さん。予習材料になる資料は、
めちゃイケの「岡村キング」のみですが。
チラシ見ると古代日本の衣装とかもかっこよさそうでいいですね!

劇団四季は一回ですが、意外とバラエティに富んだ一ヶ月になりそうです。

なんだか

季節の変わり目で、肌寒かったり暑かったり気温差が激しいせいか
何となーく疲れやすく、体がだるくなってます。
仕事休むほどじゃないのですが、歌の練習は休んじゃいました。
来週は旅行だし!万全の体勢で旅行には臨みたい!
じゃあパソコンなんかつけずに休んでろって話なんですが、どうしても
メールのチェックをしなくちゃいけない用事があったのでとりあえず
電源を入れて。
で、ついでのようにこの記事も書き、さらについででまた懐かしアニメとか
調べたりしてるわけですが。(なんだそのついでは!)
ビックリマンってまたアニメ化するんだね…。しかも休日の朝6:30から
放映って、ちびっ子もそこまで早起きしないと思う…。
一体どの層狙ってるんだろ…。ヤマト王子とかも出てくるのは、やっぱり
当時リアルタイムではまってた世代を狙ってるんだろうか…。

それにしてもダルさに効く食べ物ってないものか!こう元気が出るような!
汐留行って子爵様の歌を聞いても元気はもらえそうだけどね(笑)!

月曜恒例キャストチェック~あ、火曜だった

【オペラ座の怪人】
オペラ座の怪人:佐野正幸 クリスティーヌ:西 珠美
ラウル・シャニュイ子爵:北澤裕輔


あ…あれ(笑)?思ったよりお早いお帰りでしたね子爵様!
てっきりモンマルトル行きかと…。休めたのかなー?
しかし涼太さんも一瞬だったなぁ。見られて良かった。
これであと見たことないラウルは、内海さんだけ。

【壁抜け男】
イザベル:坂本里咲 
A夫人(公務員)/共産主義者:久居史子


一週間で消えたね木村イザベル。可愛かったな。
キャッツの荒川タガーも一週間で消えてしまったし。
連投してる人とすぐいなくなってしまう人の差が激しい…。



今日気づいたちょっと嬉しいこと
・駅前にモスバーガーができる!モス美味しいから好きだ~。
前にあった最寄りのモスは潰れてしまったみたいなんだけど、
前よりももっと行きやすい場所に開店するみたい。嬉しい~。

今日気づいたちょっとショックだったこと
・ゲームブックの記事でちょっと「ビックリマン」のことを書いてから
何となく気になって色々調べたりしてみていたら、なんと、当時
ヘッドロココの声を演じていた声優さんが、鋼の錬金術師の
グラトニー役だった。役者さんってすげえ…。

こうやって懐かしいアニメとか漫画とかゲームとかネットで調べ
出すと、当時の記憶とか懐かしさが連鎖的に巻き起こって、
他の作品もなんか色々見たくなるなぁ。
今改めて見たいのは「ビックリマン」「がんばれキッカーズ」
「悪魔くん」だな。
見事に少年物ばかり。心はいつでも少年のmariです。
エロイムエッサイム!(悪魔くん)

オペラ座の怪人 9/16 ソワレ

「壁抜け男」を見た後は、海劇場行きな土曜日でした。
夢の「イケメンツアー」です。
今回の注目は何と言ってもお初の佐野ファントム
それから涼太さんラウル

日本テレビ朝の情報番組「Oha!4 NEWS LIVE」でちょうど今朝、
「オペラ座の怪人」の特集番組をやってましたね~。
ファントム役の佐野さんが舞台裏などを案内してくれてました。
クリスのマスカレードのドレスって、実際は重いのかぁ。
それに女子アナの人、湖のボートに乗れていいなぁ。
ボートの上からのアングルなんてなかなか見られないので貴重ですね。
そして、クリスのセリフに挑戦!ってことで、ラウルとの再会シーンの
再現をすこーしだけしてましたが、その立ち位置は、どー見ても
怪人じゃなくてラウルだ佐野さん。

では、舞台本編の感想へ。

オペラ座の怪人:佐野正幸 クリスティーヌ・ダーエ:西 珠美
ラウル・シャニュイ子爵:鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ:種子島美樹
メグ・ジリー:宮内麻衣 マダム・ジリー:戸田愛子
ムッシュー・アンドレ:林和男 ムッシュー・フィルマン:青木朗
ウバルド・ピアンジ:半場俊一郎 ムッシュー・レイエ:松下武史
ムッシュー・ルフェーブル:深見正博 ジョゼフ・ブケー:塚本伸彦

男性アンサンブル
関与志雄 増田守人 小倉祐樹 小泉正紀 佐藤圭一
佐藤李敦 町田兼一

女性アンサンブル
種市万里子 西山愛由美 室井優 小野さや香 鶴岡由佳子
野坂華代 尾崎知穂 山浦めぐみ 山崎都 小川美緒
世登愛子 中野聖子

続きを読む "オペラ座の怪人 9/16 ソワレ" »

壁抜け男 9/16 マチネ ②

さて、2幕です。
刑務所に収監されたガルー・ガルーこと、石丸デュティユル。
モンマルトルの街では英雄ガルー・ガルーを釈放せよ!と画家や
娼婦、新聞売り達が呼びかけをしています。みんないい人たちね!
丹娼婦は「こんなことならデュティユルと一発やっとけば良かった」
とか結構えげつないこと言ってます。「有名人になれたかも」みたいな
ことも言ってるので「私を踏み台にしていった男達」とか書きかねなない。

看守のお尻を牢屋の中から蹴飛ばしたりして、暇そうなデュティユル。
囚人と言えばってコレ!って感じのシマシマ服姿です。
デュティユルの囚人仲間を小林さんが演じてるんですが、これが何故か
KONISHIKIみたいに太ってて、石ちゃん並にいつもニコニコしてる役。
格好も、なんか力士コントの肉襦袢みたいになってるよ。
この牢屋、柵が柔軟な素材で出来てるっぽくて、結局デュティユルは
壁抜け(実際は柵の間を通り抜け)て脱獄するんだけど、力士囚人は
太ってるから、デュティユルの様に柵の間を通れない~って、その
演出のために、太ったキャラが必要だったんだとは思うけど。
でも、なぜこの役をとりわけスマートな小林さんにやらせるんだ。
何のために荒木さんがいると!
看守やってる場合じゃない。肉襦袢、いらなそ…(失礼にも程がある)

脱獄したデュティユルは木村イザベルに会いに行き、ベランダで
「実は僕は壁抜け男です」と名乗りでます。
というかイザベルにとっては、ほぼ初対面ですが。
「変装してきたんだ」とパッチワークみたいな不思議なジャケット着てる
デュティユルですが余計に悪目立ちしそうです。
ここはむしろ石丸さんでなく、シモ様の着こなしを拝みたいところです。
でもなんか、ベランダの上でのやり取りがロミオとジュリエットみたいな
二人。イザベルは自由の象徴のような、街で評判の壁抜け男に憧れて
いたので、二人はすぐに意気投合。
しかし、そんな二人の生まれかけたLOVEを邪魔する例の美声が。
「ワシの股引はどこだー!」たたた高井さーん!

妻に近づくデュティユルを快く思わない高井検事は、彼を裁判にかける
ことに。裁判にはデュティユルだけでなく、モンマルトルの仲間達や
公務員の同僚達も参加して、一緒に彼の無罪を訴えます。
共産党の岩本さん、とっても歌声が綺麗に響いてますよー。
なんか街の人たちがみんないい人たちで、愛おしくなってしまうのは
デッドロックの時と一緒だな~。
しかしそこは、罪のない人を有罪にしちゃうくらいお手の物の、
冷酷な高井検事。どんどんデュティユルを追いつめていきます。
そこでデュティユルが取り出したる必殺アイテム。コマンドは、
アイテム→使う→「けんじのあくじのノート」で。
(けんじのあくじのノート…高井けんじが、今までやってきた悪事や
ワイロ、悪人たちとのつながりがぜんぶ書かれたノートだぞ!
法廷でたたきつけてやれ!)
逮捕された貸金庫で、ちゃっかり検事の今までやってきた悪事が
書かれたノートを盗んでいたデュティユル。井上裁判長もそれを
見てびっくり。大慌ての高井検事は逮捕されてしまい。
喜びでキスする石丸デュティユルと木村イザベル。
中年おじさんと人妻のキスシーンのはずなのに、なんかとっても
初々しくて可愛いです。

ここで、恥ずかしがって家の中に戻ってしまったイザベル。
「追い掛けろ!」と街の仲間たちがデュティユルの背中を押します。
ここでみんなでデュティユルを励ます時に踊るステップが、なんか
とても暖かで幸せそうな感じでいいんですよね。
裁判長と弁護士もそれに加わり、途中何度も「でも…」と尻込み
してしまったデュティユルも勇気を出してイザベルに会いに。
で、部屋の電気が消える、みたいな。
一度外に出たデュティユルを木村イザベルが追ってきて、また誘うの
ですが、ピンクのネグリジェから生足を出して踊ったり、デュティユルの
足の上につま先乗せて挑発してみたりしてるところは、悩殺もんです。
男性観客の皆様はお気をつけ下さい。

なんだか妙に疲れてしまったデュティユルは、元気を取り戻そうと
寺田医師からもらった薬を一気飲み。
そして、いつものように壁を通り抜けてイザベルに会いに行くのですが。
デュティユルが飲んだのは「壁を抜けるのに疲れた時に飲め」と
渡された薬でした。
薬を飲んだ彼は、壁抜けの能力を失い、壁の中に閉じこめられてしまい
ます。そして事実を知ったイザベルもまた、彼と共に壁の中に…。

「全ての人を幸せにするミュージカル」とチラシでは謳っていますが、
CFYのような完全なハッピーエンド物とはまた違う気がします。
デュティユルとイザベル達自身は幸せなのかもしれないけど、ちょっと
切ないオワリ方です。

カテコでは、メドレーのようにキャラクター達が次々に自分のキャラの
歌を歌ってくれます。一人の役者が何役もやっているので、その
入れ替わり立ち替わりを見られるのも楽しいです。
最後に石丸さんが一歩前に出て「ここで先ほど歌った歌を、皆さん
よろしかったら一緒に歌って下さい」と、言うわけで、入り口でもらった
歌詞カードをごそごそと。
タイトルは忘れちゃいましたが、「僕の人生、人生は素敵」って歌詞の
お話の最後で歌われていた歌です。
でもこの歌、わりと静かめな曲だし、みんなで歌って盛り上がるような
感じではないんだよなぁ(笑)。あと、舞台で石丸さんがメロディ、
他のキャストさんがコーラスをしてくれてるので、そっちを聞きたい!
みたいな。なので歌ってる人もまぁ少な目で。
どうせ歌うなら個人的には「壁抜け賛歌」を希望!ノリノリで!

その後も何度も幕が上がり、スタオベもあり。
そして何度目かの幕が上がった時に石丸さんが一歩前に出たので
お、なんか挨拶か?と思ったら「ここで先ほど歌った歌を…」
またかい。
いや、いいんだけどもね。ちょっと笑いが起きてましたが、2度目の
せいか、さっきよりも大きな合唱になりました。

自由劇場にC席があったら、もっと何度か通いたいんだけどなぁ。
一度じゃもったいない。「壁抜け賛歌」もまた聞きたいです。
あと、北澤デュティユルが登場したら当然見に行きまーす!

壁抜け男 9/16 マチネ①

「壁抜け男」を見てきました!
ブラコメ以来の自由劇場です。確かその前はアスペ。
っていうか、自由劇場は石丸さんが出てる演目しか行ってない気が。
私、石丸さんのファンなのか。石丸さんの出る演目のファンなのか。
石丸さんのやる役をやりそうな人のファンなのか(…ソレダ!)。

物語が始まったら生演奏があったのでびっくりです。
ピアノとリードとパーカッションだけだったけど、やっぱり生演奏は
いいなぁ。ピアノの方がタイミング合わせの時に、時々指揮もして
いましたっけ。
最後のカテコで、この3人の奏者さんもステージに上がって、
出演者と一緒に手を繋いで挨拶してたんですけど、こういうのって
ちゃんと彼らも舞台を作っている一員なんだって感じられて、
良かったです。3人しかいないから出来たことかもしれないけどね。

しかしアレだね!アレックスの時もそうだったけど、どうしても
北澤さんがキャスティングされてると思うと、
「こ、この『ガルー・ガルーだっ!』って北やんがやるの…?」
「こ、こんなにぴょんぴょん飛び跳ねてララララ踊っちゃうの…」
「2幕の黄色いジャケットも着ちゃうのーっ?」

色々考えずにはいられない舞台になるのでした。
石丸さんが素晴らしいだけに(笑)。

デュティユル:石丸幹二      イザベル:木村花代
部長/刑務所長/検事:高井治 八百屋・娼婦:丹靖子
C氏(公務員)/囚人:小林克人 
デュブール医師/警官2/弁護士:寺田真実
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト:荒木勝
画家:渋谷智也          M嬢(公務員):佐和由梨
A夫人/共産主義者:岩本潤子 乞食/看守2/裁判長:井上隆司
新聞売り:有賀光一

続きを読む "壁抜け男 9/16 マチネ①" »

ゲームブック今昔

昔、ゲームブックが大好きでした。

     42
僕は迷路の中にいる。どうする?
・右の金の扉を開ける→62へ
・左の銀の扉を開ける→365へ

こんな感じで、選んだ選択によって指定されたページをめくると、
そこからまた違う物語が展開していくという、いわゆるストーリー
分岐型の小説です。
間違った選択をしたり、サイコロを使うなど独自のルールの
バトルなどで死んだりすると、バッドエンドで強制終了。
そのため、選択直前のページに戻ってやりなおす禁断の秘技・
「指挟み」
をする読者が続出したという。
今でこそテレビゲームが普及してますが、当時は小説1冊の
値段でアドベンチャーゲームが楽しめて、そして何より自分の
選択で物語が変わっていくのが新鮮でした。
ファミコンゲームのカセットは子供には高かったしね。
私が小学生くらいの頃はライトノベル売り場にゲームブックの
コーナーがあったりしたんですが、今やすっかり見なくなったなぁ。

「DQⅠ~Ⅲ」「桃太郎電鉄」「MOTHER」「さんまの名探偵」
「チャイルズクエスト」
はファミコンゲームをやる前に、まず先に
ゲームブックで読みました。
「桃太郎電鉄」の「耳にアリクイの舌が差し込まれ、そこから
無数の蟻を注入されて生きる蟻地獄となる」
っていうバッドエンドは
未だに軽くトラウマになってますよ…。元のゲームにこのネタが
あったのかは知りませんけど。
あと「マルサの女」では、映画同様ゲームブックでも権堂の息子と
仲良くなっておくことがキーでした。主人公は新米国税査察官ですが、
板倉さん先輩はほとんど主人公を助けてくれません。
「ビックリマン」は世代的にドンピシャですが、私はシール集めや
アニメにははまらず、ゲームブックでストーリーを知りました。
アリババはね、泣いたよ…。あとロココ消失。
「ルパン3世」「シャーロック・ホームズ」のようなメジャーな
キャラクターが出てくる作品もありましたっけ。
ホームズの方は、当時のイギリスの新聞や地図(ニセモノだけど)も
巻末付録についてて、それ見ながらべーカー街を移動したりするんで
なかなか雰囲気出てました。
「ファミコン探偵倶楽部Ⅰ・Ⅱ」「探偵神宮寺三郎」は推理物好き
には本当にたまらないです。「後ろに立つ少女」は怖かったなぁ…。
「地層階級王国」「魔界横断ドラゴンラリー」「次元からくり漂流記」
のようなオリジナル物も好きでした。

最近またゲームブックを見直す動きがあるみたいで、復刊ドットコムでも
よく復刊されているのを見かけますが、久々に読みたくなったので
古本屋さんでも行ってみようかな。

友情のバースデーケーキ

もはやわからないと思いますが、元ネタは「友情のハムライス」で。
私の誕生日にお手製ロコモコを作ってくれた(詳細ココ)友人の一人が
先日めでたく誕生日を迎えました。
もちろん、全力を挙げてお祝いいたしました!
目には目を、歯には歯を。I LOVE ハンムラビ。
そう言えば、なんか甘い物が食べたい、と言っていたような気がする。
誕生日に食べる甘い物と言えば、バースデーケーキ!だよね!

と言っても、かつて私の誕生日祝いのロコモコが、社員食堂の
大盛りライスと冷食のハンバーグ、朝焼いた持ち込みの目玉焼き
作られたように、今回だって単純にそこらでケーキを買ってきたんじゃあ
つまりません。

私が最近ホットケーキミックスでお菓子を作ることにはまっていたので
とりあえず私がケーキの下地をホットケーキで、もう一人の友人が
トッピングを持参することにしました。

自分のために作る時は100均のホットケーキミックスを使ってますが、
一応プレゼント用なので微妙にリッチに「ホテルニューオータニ」の
ホットケーキミックス。(メープルシロップ付き)
焼き色がイマイチだったんですが、当日に社員食堂で友人が持参した
ホイップクリームとメロン(家にあったらしい)をトッピングしたら、

Deko

















なんかそれなりにバースデーケーキっぽく見えるじゃないですか!
小学生が初めて頑張ってケーキ作ったよ!みたいな出来!
この微妙さが前回のロコモコと同じ匂いがしていいです!
前日にトッピング担当の友人がポツリと
「親戚にもらった枝豆ととうもろこしが家に余ってるんだよね~」
とか
言ってたから、黄色やら緑が散りばめられたヘルシー志向のケーキに
なるかと不安でしたが。
その枝豆は塩ゆでされて、おまけとして、私の持ってきた、やはり
家にあったリーフパイなどと一緒にテーブルに並べられました。
誕生日の友人がもう大爆笑してました。

社員食堂のおばちゃん、持ち込みだらけでほんとごめん。
でもいつも利用してるし、この日も定食も食べた上でだから許してね。
隣のテーブルでラーメンすすってた某次長は目を丸くしてましたが。

キャッツ 9/9 マチネ②

2幕です。
遠山さんはメイクのせいか、目元がちょっとキツク見えてしまうことが
ある気がするので、優しいお姉さん猫のジェリロよりも小悪魔な
グリドルの方が雰囲気が似合ってる気がします。
ソノクイも綺麗でしたよ!でもちょっと伸ばしが短めかな?
村ガスの「見せようか、見せようか~」でドンドン声に凄みが増して
グロタイになる変化が凄く好きだったりします。あの響かせ方は
さすがファントムだなって思わされます。
ちなみに前回以来張ギル隊長がお気に入りなので、私はここは
張ギルをマークしてます。
もちろんゾーンディフェンスではなく、マンツーマンディフェンス。
ヌンチャクでの「ホワチャ!」や、剣での殺陣も堪能しました。りりしー!
戦闘前の劇中の長セリフもなかなかいいお声で!

スキンブルナンバーでのヤクザな田村マンカスは、李スキンブル
怒られて、ぺこっと折り目正しく、90度腰を曲げて謝ってました。
芝マンカスは頭掻いてた気がするんだけど。
こうしてみると田村ヤクザマンカスは、そんなにやさぐれてない感じ?
芝マンカスがヤクザ過ぎだっつーだけなのかもしれないですが。

そしてどの曲だったか忘れたけど、座ってる田村マンカスの両足の
間に、荒井バブがちょこんと収まって、歌に合わせて手を伸ばしたり
揺らしたり、時々マンカスを見上げて、「ねえねえ見て見て」って
笑顔で甘えてるのがやばいやばい!滅茶苦茶可愛かったです!
あーん荒井バブー!荒井メグも好きだけど!
私がこんな仔猫飼ってたら、絶対外に出せない。可愛すぎて攫われ
そうで。
あと笑顔で応える田村マンカスも素敵すぎです。

遠藤ボンバルは普段はかなりクール顔なんだけど、スキンブル曲の
時の意外なくらい楽しそうな顔と、ミストナンバーでご指名された時の
「え?あたし?」って表情がちょっと嬉しそうで、姐さん可愛い所も
ありますな!

奥田グリザ、デビューしたてだけど綺麗な声ですね~!!
声の系統は早水さんに似てる気がするので、歌声に深みが増したら
個人的にはもっと好きになりそう!
「おね~がい~」の歌声は綺麗さよりも感情表現を優先してる感じで、
必死さ、切実さが少しだけ乱れた(乱した?)歌声と、ぎゅっと握りしめた
両手からも伝わってきました。
でも、奥田グリザはとても顔が丸い。まん丸い。
月明かりの中…っていうかむしろ、満月で。

…すっごくヘルシー感溢れるグリザだった!健康的!
あとメイクした顔がちょっとトホホ顔に見える気がするの…。

今回たぶんミスト握手席だったと思うんですが、時間の関係で
私らの席のあたりはさーっと通りすぎられてしまいそうだったので、
せめてタッチというか手パンだけでもしようとしたら、それすら
できなかった!
蔡ミスト、ステージに戻ることに必死だった!
さすがマジシャン猫!捕らえられねえ!この手をすり抜ける!
一体私はいつになったら握手というものができるようになるんだい。
キャッツにおいて握手ってのはそんなに難しいことじゃないはずなのに。
タガー締めは、拍手を煽ってから襟をパタパタさせてリズム取り(笑)。
一度消えてからレンジの上からひょっこり出てきて、格好良かったです。

なんかちょっとずつ猫たちがわかりはじめた気がします。
ナンバーのないコリコも見わけつくようになったし(消去法で)。
まぁ私のことだから、コリコ見てるつもりでマキャヴィティとか見てる
可能性もあるんですけども。
次は11月です!初回転の予定なんで、今からキャストも楽しみですー!

キャッツ 9/9 マチネ①

グリザベラ:奥田久美子 
ジェリーロラム=グリドルボーン:遠山さやか
ジェニエニドッツ:磯津さやか
ランペルティーザ:石野寛子
ディミータ:飛田万里
ボンバルリーナ:遠藤瑠美子
シラバブ:荒井香織
タントミール:河西伸子
ジェミマ:王クン
ヴィクトリア:レベッカヤニック
カッサンドラ:大口朋子

オールドデュトロノミー:石井健三
バストファージョーンズ=アスパラガス=

グロールタイガー:村 俊英
マンカストラップ:田村雄一
ラム・タム・タガー:福井晶一
ミストフェリーズ:蔡 暁強
マンゴジェリー:幸田亮一
スキンブルシャンクス:李 涛
コリコパット:牛 俊杰
ランパスキャット:三宅克典
カーバケッティ:劉 志
ギルバート:張 文瀟
マキャヴィティ:赤瀬賢二
タンブルブルータス:齊藤 翔

万年キャッツ初心者が、3ヶ月ぶりに猫屋敷に行ってきましたー。
始まる前に連れが「セットの向こうにいま指揮者が見えた」って!
うそん!!指揮者どこ!オペピどこ!?
真相は未だ闇の中です(笑)。

今回は5列目だったので、目の前を猫たちが通りまくり!
あ…目チカは暗くてさっぱりわからなかった…けど(意味なし)、初め
てネーミングというのを体験。近すぎてドキドキ。むしろ緊張で笑う。
まず蔡ミスト。全体的に小さい。あの独特の声が間近で!
それから凄い面長の猫が来た!と思ったら、幸田マンゴでした。
目がキラキラしてました。貴方の黒い瞳に映るのは私?(「出逢い」)。

ジェリクルソングでは、奥田グリザの「その孤独を」で既にラストの
メモリーへの期待が高まりつつ!
飛田さんと言えばなんかジェミマって印象があったので、飛田ディミ
見て「ジェミマが2人!?」と混乱しました。たぶん一幕の途中まで
ジェミマのつもりでディミ見てた(節穴)。
2幕の「マキャヴィティ」では、顔立ちも鋭くシャープな遠藤ボンバル
対して、ちょっと童顔風の可愛さの残るディミでした。

さらに告白しますが、2幕途中まで三宅ランパス見てるつもりで
劉カーバを見てました。
・・・見間違える方が難しいよ!!
というくらい、毛並みの色から何から違うランパスとカーバですが、
どうも「三宅さんならあのクリクリの目で見分けられる!」という過信が
敗因だったようです。
クリクリ目でランパスを見分けようとしたら、カーバに行った、という
ことは、私の中で三宅さんと劉さんのお目目が似てるという結論で
Q.E.D(証明終了)。
あとピートの時の可愛さが消えて、凄く落ち着いて見えたから…。
うん…あの年にして三宅ピートの可愛さがおかしかったんだよね。
あ、あと変身前のマキャ!これがまた初心者の混乱を呼ぶんだよー!


タガーナンバー
の連れ去りでは、連れ去られる時に女の子が持ってた
バッグから荷物が落ちてしまったんだけど、福井タガーが席へ送って
あげる時にちゃんと荷物を拾ってあげてました。拾った荷物持って
やっぱり自分が先に椅子に座ってたけど!
福井タガーは、女好きだけど実は硬派って感じがします。
ちょっかいは出すだけ出すけど、ある一線以上は決して越えない感じ。
いやイメージですけどね。
そしてさすがのいい声。田村マンカスとのデュト様ソングデュエットは
よく響く美声マンカスが2匹いるみたいで聞き応えがあります。

マンゴ&ランペでは、オペラ座の猿で何度も観た石野ランペが
可愛かった~。石野ランペはニコッって凄くいい笑顔で、段々ランペに
馴染んでいってるんだろうなって思いましたよ。
幸田マンゴは割と口が開き気味。ただでさえ面長なのに。
でもそこがいい。ちょっと抜けたマンゴっぽくて。

バストファジョーンズさんの「いらっしゃーい!」にはいつも和みます。
あのヒョコヒョコした歩き方が可愛い…。
あとジェリクルソングでやカテコで申し訳なさそうに踊ったり、ちょこんと
ジャンプしてる村さんもなんか愛おしいです。
歌うと村さんで、さすが。バストファ、ガス、グロタイとある意味3役の
歌い分けが聞けるのはいいよねえ。

齊藤タンブル大口カッサのいちゃいちゃっぷりは、嫌みにならない
大人っぽさがありますねー!
どの曲だったか、2匹で寄り添いながらタンブルはうーんと伸び、
カッサは毛繕いしてる時があって、なんか既に熟年カップルみたいな
落ち着きというか、こたつで向かい合ってみかんむいてそうな!
そこまで行くと熟年夫婦を通り越して「年を取って互いの顔が似て
くるのを見るのが楽しいんだよ」
とか言い出しそうな感じですが。
齊藤タンブルは仏頂面というかすまし顔が多いんだけど、それがまた
尚更ね!気だるい感じなんだけどでもカッサLOVEなタンブルでした。
それにしても良かったね、齊藤さん!
オペラ座イベントの時もキャッツのTシャツ着てましたもんね!
「キャッツに行きたいとかそういうわけじゃ…!」って慌ててた姿を
しかと覚えてますよ私は。

月曜恒例キャストチェック~北やん is not there

【オペラ座の怪人】
オペラ座の怪人:佐野正幸 クリスティーヌ:西 珠美
ラウル・シャニュイ子爵:鈴木涼太


今週オペラ座行きまーす!
お疲れでしょうが、佐野怪人が残っててくれて嬉しいです。
あと初の涼太ラウルが肩の背リフトをやってくれるかも楽しみ。
佐野ラウルで一度見た気がするんですが、ハマル前だったから
あんまり覚えてないんだなぁ。

【壁抜け男】
イザベル:木村花代

これまた今週見にいきまーす!
坂本イザベルはもう抜けですかっ!早っ!
北やんデュティユルにお稽古つけてくれてるならいいなぁー。

【キャッツ】
シラバブ:八幡三枝 オールドデュトロノミー:種井静夫

ラム・タム・タガー:荒川務

荒川タガー!見てみたいなぁ。
でもここに荒川さんが来て下村さんがペロンのままってことは
今週開幕の「夢から醒めた夢」の配達人は味方さんか北澤さん。
…ま、味方さんだよね。だよ…ね?

【ジョン万次郎の夢】

ホイットフィールド船長/島津斉彬

吉原光夫

ついにきたね!光夫船長!!そして殿!若々しい殿なんだろうなぁ。
柳瀬船長も素敵だったけど、光夫船長も見たいー!

今日の「名探偵コナン」、「こんぴら座の怪人」でしたね!
ヒロインの幼なじみでスポンサーでもある羅臼(ラウス)さん、
名女優で途中でヒロインに取って代わられる軽部(カルベ)ロミとか、
劇中劇が「オペラ座の怪人」を下敷きにしてるだけでなく、役者達の
関係もオペラ座っぽいし、舞台用語の解説とかもあったんで
なかなか面白かったです。
でも、コナンってよく本人が本人役で出るじゃないですか。
上戸彩が上戸彩役で出たり、TWO-MIXの高山みなみが高山みなみ役で
出たり。…いや高山みなみはコナンでもあるけどさ。
ここはやっぱりせっかく日テレなんだから、四季役者を声優で出しても
いいんじゃないですかね!
怪人も歌姫も子爵も、いますぜ~!

コナン、実写化するらしい。陣内孝則の毛利小五郎は合いそうだなぁ。

おはよーございます、ししゃくー!(ザズの「陛下ー!」のノリで)

本日は「オペラ座の怪人」4000回公演記念日
そして「オペラ座の怪人」東京公演最後のチケット発売日
そして、チケットオンラインシステムが朝にかけて
メンテナンスで使用不可日、と!

色々一度にすませてくれてありがとう劇団四季!

まあ、私は4000回のチケットは元々持ってなかったのですが。
行く人は大変ですよね。遠征の人もいるでしょうし。
でも行かれる方々は記念日公演を楽しんで来てくださいねー!

それにしても今回のチケ取り、さすがにちょっと繋がりにくかった
気がします。もう最後だもんね。
私は千秋楽や平日の前楽はもちろん、2月3月は平日フル残業+
休日出勤さえあるので、その前に見だめだーっ!とばかりに
安い席を買い込んでしまいました。
価格重視であまり席種にはこだわらなかったのですが、友人と行く分が
あまりいい席取れなかったのが心残りです。でも、前予だってまだ
きっとできるしね!

参戦された皆さん、お疲れさまでいたー!

北澤デュティユルーーーーっ!

まーじーでー!?
デュティユル:石丸幹二 北澤裕輔
帽子とお髭つけちゃうの?やったぞ凄い成功だぞってことなの?
いやだって!覚えてるわあの裏切り。待って待って出なかった日々を。
でも今この心乱れる貴方の名前を見ると…(以下略)。
あ、アレックスという名の切ない記憶が思い出されます。
うーんまた代表の「面白いのを考えたんだよ」が発動しちゃったのかしら。
だって、先週までラウルで公演委員長でイベントいっぱいで、そんな中
いったいいつの間にお稽古してたのやら。
ま、配達人になった時も直前までシンバってたような気もするけどね。

とりあえず来週壁抜けには行くんですが、本当に北やん、いつか
出るのかなあ?ねえ出るんですか?
でも高井さん小林さん寺田さん岩本さん喜納さん…オペラ座カンパニーの
皆さんがたくさんいてくれて、聞き応えのある歌が楽しめそう!

ザギンでシースー

ザギンでシースーを食べてきた!
またウニ食べちゃったよ。ああウニ大好き。
昔は食べれなかったなんで嘘のよう。
あとクジラも美味しかったよおう。
でも、お値段もまた嘘のよう。さ、さすがザギン価格だー!
S席2枚分くらいになったよ…!
後で入った喫茶店でもコーヒー800円とかするし。
普通180円とかでしょう!(ドトール価格)
おら、こんな物価の高い街じゃとても暮らせねえだよ。

明日はキャッツ!夢見るキャッツ!
キャッツは他の演目と比べて週途中の追加でダブルになることが
多い気がするよー。ガスはどちらかな?
さーて、猫たちを覚えるために予習予習!

うぉ、うぉ、うぉ、ウォーター!

朝夕が少しずつ涼しくなり、秋の匂いも感じつつある今日この頃。
それでも南国色真っ盛りなハイビスカスのテンプレをずっと変えずに
使っていたのは、北やんの遅れてきた夏休みに合わせるためです。
そうだったら、そうなんです。めんどくさかったわけじゃなく!
でも北やん、今頃は行きたいって言ってたらしい沖縄行ったり、
やれてないって言ってたボディーボードや、見られなかったという
花火大会を(手持ち花火で)開催したり、電車でG○やってる所を
また関さんに目撃されたりして、夏を満喫してるんでしょうか。
関さん、報告をお待ちしております。

でもさすがにテンプレは変えましたー。ちょびっと秋っぽく。
ココログはイラスト系のテンプレはたくさんあるんだけど、写真系が
ないんだよね。

ところで最近ウチの職場で大ブームなのが、ミネラルウォーターの
コントレックス
凄いよ、女性陣の半数近くがデスクにこれ置いてガンガン飲んでる。
私はあまり職場でミネラルウォーターを飲まないんですが(紅茶とか
コーヒーとかお茶)、みんなネットとかで箱買いしてるらしい。
500ml中牛乳瓶約1本分のカルシウムとアーモンド約10粒分の
マグネシウムが含有されてて、しかもカロリーはゼロなんです!
と力説されました(笑)。確かに牛乳は栄養価的にはいいけど
カロリー取っちゃうもんねえ。
ちょっと飲ませてもらったけど、味は普通かなー???
かと思えば、男性後輩君は同じミネラルウォーターでも「横浜の水」
なんてのを飲んでて、「横浜は水が美味しいの?」と聞くと
「いえ…安いんですこれ」と(笑)。
男性陣と女性陣の意識の差を感じました。

夏はついついペットボトルの冷たいドリンクを買いがちでしたが、
涼しくなってきたらまたホットなお茶やコーヒーなどが楽しめそうです。

「フィギュアスケートの高橋大輔さんが『オペラ座の怪人』に感激!

「オペラ座の怪人」公式ページ!
「フィギュアスケートの高橋大輔さんが『オペラ座の怪人』に感激!
ってことで、高橋さんを囲んでオペラ座メンバーが写ってます。
大ちゃん(呼ばわり)爽やかイケメン!
ブラウスの北澤ラウルも相当素敵!
でもやっぱり佐野ファントムが格好よすぎですわーっ!
ぜひもっとデカイ写真を、次回アルプの特集でよろしく。
しかしもっと広い場所で写真撮ればいいんでないか?

あ、村さんがガスに追加になってるー!
猫屋敷に来て下さいー!

音楽座ミュージカル「泣かないで」観劇②

休憩中にパンフをじっくり読みました。
音楽座は入場の時に、無料でパンフを配ってくれるようです。
遠藤夫人のコメントや、メイン役者さんのオフ写真、時代背景の
写真つき説明、劇中歌の歌詞も載ってて、私のようにパンフを
普段買わない人間には嬉しいサービスです。
なんか学校案内みたいな作りだった…けど。

で、2幕。

マリ子との仲が思うようにいかない吉岡は、社内の同僚たちにも
「恋じゃないでSHYO!愛じゃないでSHYO!」とよりによって
ラップ調で歌われ(…屈辱)、その苛立ちと、たまたまミツ
友達からミツが入院するらしいと聞いたこともあって、ふと
思い出したようにミツに会いに行きます。
ほんと、たまたま思いついた感じぜよ。(なぜ土佐)
再会すると最初抱き寄せたりするんですが、ミツが不治の病と
知るやいなや、手を服で拭きながら「戻ったらまた会おう」的
ことを言って逃げ出す吉岡さん。
ミツが超人的に一途でいいひとすぎるので、吉岡のある意味の
人間臭さが余計に際だつなぁ。
でも吉岡はマリ子と居るときも時々ふとミツを思い出すような表情を
見せるので、どこかミツが心にひっかかってる様子ではあるみたい
だけど。
ミツは吉岡への想いを断ち切るように、復活病院へ。

富士山の麓にある復活病院。
舞台上からたくさん透明な筒みたいな物が垂れ下がってるのが何か
不思議だったんですが、緑にライトアップされてるのを見ると、
樹海?の樹木を表現してたのかな。
復活病院で働くスール・山形として登場するのが、秋本みな子さん。
しっとりと落ち着きがあって、凛とした優しい女性でした。
透明感のある歌声も綺麗。
帰って思わずCDで秋本メグ聞いちゃったよ。声変わってないなぁ。

病院では顔や手足に包帯を巻いた人々が沈痛な表情で暮らして
います。劇中では明言されていないけど、パンフによるとハンセン病。
同室のたえ子に「死ぬより辛いのは、一生誰にも愛されないこと」と
言われ、その恐怖に身震いするミツ。
小さな華奢な体でベッドに突っ伏して泣く姿に涙が。

この後、患者たちが次々に包帯を外し、華麗に踊る一夜の幻の
ようなダンスシーンがあるんですが、演出としてはそこが一番グッと
来ました。セリフも歌もないんだけどね。

が、実はミツの病気は誤診だったと判明。えー。
その誤診だけで、ミツの寿命は確実に5年は縮んだと思われるよ!
でもミツは病院に残り、そこで患者達の世話をしながら生きていく
ことを決めるのです。
患者達と仲良く、生き生きと暮らすミツは、自分が必要とし必要と
される場所を見付けたようで、さっきとは違う意味で目頭が熱く
なります。

ある日、マリ子と結婚した吉岡の元へスール山形から手紙が届きます。
吉岡が(余った葉書で、これまたたまたま)ミツに年賀状送ったから。
そこには、ミツが実は病気ではなかったこと、その後も病院に残って
働き、ミツの存在が患者達の支えになったこと、そしてミツが交通事故で
亡くなったことが記されていました。
ミツは昏睡状態の中、一度だけ吉岡の名前を呟いたと。

「仕方ないだろう、男なら一度くらいそういうことだってあるのが
当たり前だ」

マリ子と結婚して幸せなはずの吉岡。
「でもこの寂しさはどこから来るのだろう」

ミツが事故にあったのは、雪の日。
手紙を手に立ちつくす吉岡に、白い雪とスール山形、患者達、そして
ミツの歌声が降り注ぐー…そんなエンディングでした。
ミツが死ぬところは、やっぱり涙がボロボロでました。
いや「泣かないで」って言われてもな!泣くわそりゃ!
事故はミツが患者達が作った卵や刺繍を売りに行く途中起こるんだ
けど、直前に患者達に笑顔で見送られて笑顔で応えたりしてるシーンが
あるから、余計に涙腺にクルんだよー。
せっかく、自分の居場所を見つけたのに。

カテコでは何度か幕が上がった後、最後に吉田さんが隣の今津さん達
と手を繋いで上げるやつ、やっちゃう?やっちゃう?って顔見合わせ
ながら前に出てきてるのが可愛かったです。

この舞台、泣けるんだけどちょっと感情移入がしにくいやね…。
全体的に暗い話ってのもあるんだけど。
ミツは超人的に「いいひと」すぎだし、凛としたスール山形や、難病と戦う
患者達も凄いし、ほんと強いて言えば一番心情が理解できるのは吉岡
くらいなんだよね(笑)。

恒例なのか今回だけなのかはわかりませんが、終演後にロビーで、
役者さん達との面会?というかちょっとお話できるようになっていて、
(普通に「役者と話される方、こちらですー!」と案内してた・笑)、
私は秋本みな子さんと少しお話できました。
客席から見てた時より、小柄で頭も小さくてびっくりー!
「いい舞台といい役に恵まれて」とニッコリしてたのが素敵でした。
これからも頑張ってくださいー秋本さん!新木さんも!

月曜恒例キャストチェック~あなたは勝ち、そして去った

【オペラ座の怪人】
オペラ座の怪人:佐野正幸 クリスティーヌ:沼尾みゆき
ラウル・シャニュイ子爵:鈴木涼太

北澤子爵様、おつかれっしたーっ!
新ファントムのデビューや、マメに代わるクリス、てんこ盛りの
イベントの準備などもあって、本当に大変だったかと思います。
来週のチケットを持ってたので少し半べそですが、北やんを
見られない事以上に、北やんが体調崩すことの方が嫌なので、
こうなったらゆっくり遅い夏休みを満喫して、その後に夢を
配ってくれると嬉しいです。(結局働かせたいらしい)、
それもしてもここで交代とは、ほんっっとに、イベント要員だったの?
あと関さんにイジられ要員とか、林メグ相手のクリス要員とか。

【キャッツ】
タンブルブルータス:齊藤 翔 ランペルティーザ:石野寛子

今週見に行きますー。
個人的には涼太さんはこっちに居てくれた方が嬉しかったんですが、
李スキンブルがモーニングティを用意してくれてるらしいので(COSより)、
とりあえず濃いめで!(うるさい)
あとオペラ座のアンサンブルで何度も観たお二人の猫姿も楽しみー!

【アイーダ】
アイーダ:樋口麻美 アムネリス:五東由衣

樋口アイーダって、福岡では初だよね。京都もそんなには出て
なかったような?
とにかく久しぶりなことだけは確かですね。

【ライオンキング】
ナラ:宮崎しょうこ
【マンマ・ミーア】
ドナ・シェリダン:
保坂知寿

今週は結構変わりましたねー!

音楽座ミュージカル「泣かないで」観劇①

音楽座ミュージカル「泣かないで」

森田ミツ  :今津朋子  三浦マリ子:中村桃花
スール・山形:秋本みな子 たえ子  :浜崎真美
ヨシ子   :清田和美  田口の妻・院長:西岡由布子
由美    :富永友紀  スール・稲村:堀川亜矢
菊江    :久積絵夢  春美      :荒川ゆかり
小山    :磯貝麗奈  珠子      :野口綾乃

吉岡努   :吉田朋弘  長島   :安中淳也
大野    :渡辺修也  金さん   :佐藤伸行
田口    :沓沢修一郎 部長   :新木啓介
社員    :中塚皓平 楢原潤也 藤田将範
       萩原弘雄 山合大輔 都築孝暢     他
 
初・音楽座ミュージカルです。
原作は遠藤周作の「私が・棄てた・女」。
ミュージカルとしてのタイトルが「泣かないで」なので、こりゃ
きっと泣かされるに違いないと、ハンドタオル握りしめていき
ました。案の定、最後泣きましたー。
話はかなり重かったけどね…。

舞台は戦後すぐの東京。
大学生の吉岡は、やるせない気持ちのはけ口に、文通で
知り合ったミツと一夜を共にします。
待ち合わせ場所に、友人同伴で現れるおさげ髪にロンスカのミツ。
野暮ったさ120%です。
初めてのデートにおどおどして、でも舞い上がってる感じが可愛いです。
が、吉岡がこれをウザイと感じる気持ちも、わからないではない(笑)。
今津さんは飛び抜けて歌が上手いって感じでもないんだけど、
歌声にとても情感が込められていて、小柄で華奢な体にミツと
してのパワーが溢れていました。
存在感や後半の苦しみの演技もとても良かったです。

吉岡の吉田さんは、プロフ見ると今春短大を卒業したばかりみたい
なので、二十歳そこそこ?若いしなかなかのイケメン。
彫りの深い顔立ちなので、当時の衣装や髪型がよく似合ってました。
が、結構酷い男です。
ミツに関しては、とりあえずやることさえすませれば後はどーでも
いいや、って感じのスタンスで。
それも、「仕方ない、こいつでもいいか」となかば渋々。
いやいや、なんでお前が渋々なのだ。
さすがに会った初日にホテルに行くのに抵抗するミツに対して、
自分は足が昔から悪くて、だから誰も自分を愛さないのだー、
寂しいー
みたいなこと言って、ミツの気を惹くあたりがヒドイ。
ファントムみたいなこと言いやがってー!
お友達も「お前、変わったな…」って言ってました。
でも何が理由で、吉岡がどう変わったのかは、舞台だけでは
あまりわからないです。
時代が悪いのか?

吉岡はその後姿を消しますが、ミツは疑いもせず彼を待ち続ける日々。
連絡が一切なくても「きっと忙しいのね」とポジティブシンキング。
可愛いカーディガンを着たら彼が喜んでくれるかな、と夜勤して
お金を貯めたりもするんだけど、同じ工場で働く博打打ちの男の家族が
生活に困ってると知ると、その給金をまるごと差し出しちゃったり。
もう、ミツはあまりにいい人すぎです。
一方吉岡は小さな会社に就職して、そこで社長の姪のマリ子
いい感じに。
そんなある日、ミツは不治の病であると診断され、世間から疎まれ
死を待つだけ者だけが行く復活病院に収容されることに。

雨に打たれ、絶望するミツ。
「みんな不幸になってしまえばいいのに!」
一幕終了。どよーん。
お、重い…。

ちなみにかつて劇団四季でムファサやガストンをやってた新木さんは
(私はムファサしか見てないけど)、アンサンブルのような感じで
ちょこちょこ出てきます。
吉岡の務める会社の部長とか、バーの客とか。
初登場時はハタキ持って踊ってました。
お懐かしいムファサさまー!(思わずザズ化)。

友情のろこもこライス

ロコモコが好きです。
ご飯の上にハンバーグと目玉焼きがのってるハワイ風丼ってやつ。
半熟気味の卵を崩してとろけた黄身がハンバーグのソースに
混ざると、これがまた美味しくて、ご飯が進むんだよね~!
先日友人達と「ロコモコが食べたい~」って話を、お昼休みに
弁当を広げながらしていたんです。
すると数日後。ちょうど私の誕生日の日の昼。
友人が、おもむろに空の弁当箱を取り出し、自分の昼食の
A定食(500円也)の大盛りライスの半分を、移した。
もう一人の友人がやはりどこからか取り出した、冷凍商品の
ミニハンバーグをドカドカと3つほどその上に乗せた。
さらに、友人はラップに包まれた目玉焼きをも取り出して、
ハンバーグにのっけた。
「はい、ロコモコだよ!!」
ロコモコか!?

目玉焼きはわざわざ朝に作り、冷食のハンバーグもこのため
だけに買いに行ってくれたのだそうです。
誕生日プレゼント代わりに、私が食べたがっていたロコモコを
食べさせてあげたい、と。
っていうか、絶対ネタとして楽しんでるよな?
うん…ご飯、ハンバーグ、目玉焼き…。
間違ってはない。間違ってはないんだけどね。
冷食のハンバーグを自然解凍にしたせいか、中がかすかに
ひんやりしてたけど、味はなかなか美味しいロコモコ(もどき)でした。
なんだか「友情のハムライス」を思い出しました(古)。
味の決め手はもちろん友情よ!

ちなみに私が個人的に好きなのはグラン・ブルー青山のロコモコ。
バターソースと照り焼きソースが絶妙のバランスで大好きです。
また食べたいなぁ。
いやぁ、友情のろこもこライスも美味しかったけどね(笑)。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

最近のトラックバック