2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 友情のろこもこライス | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あなたは勝ち、そして去った »

音楽座ミュージカル「泣かないで」観劇①

音楽座ミュージカル「泣かないで」

森田ミツ  :今津朋子  三浦マリ子:中村桃花
スール・山形:秋本みな子 たえ子  :浜崎真美
ヨシ子   :清田和美  田口の妻・院長:西岡由布子
由美    :富永友紀  スール・稲村:堀川亜矢
菊江    :久積絵夢  春美      :荒川ゆかり
小山    :磯貝麗奈  珠子      :野口綾乃

吉岡努   :吉田朋弘  長島   :安中淳也
大野    :渡辺修也  金さん   :佐藤伸行
田口    :沓沢修一郎 部長   :新木啓介
社員    :中塚皓平 楢原潤也 藤田将範
       萩原弘雄 山合大輔 都築孝暢     他
 
初・音楽座ミュージカルです。
原作は遠藤周作の「私が・棄てた・女」。
ミュージカルとしてのタイトルが「泣かないで」なので、こりゃ
きっと泣かされるに違いないと、ハンドタオル握りしめていき
ました。案の定、最後泣きましたー。
話はかなり重かったけどね…。

舞台は戦後すぐの東京。
大学生の吉岡は、やるせない気持ちのはけ口に、文通で
知り合ったミツと一夜を共にします。
待ち合わせ場所に、友人同伴で現れるおさげ髪にロンスカのミツ。
野暮ったさ120%です。
初めてのデートにおどおどして、でも舞い上がってる感じが可愛いです。
が、吉岡がこれをウザイと感じる気持ちも、わからないではない(笑)。
今津さんは飛び抜けて歌が上手いって感じでもないんだけど、
歌声にとても情感が込められていて、小柄で華奢な体にミツと
してのパワーが溢れていました。
存在感や後半の苦しみの演技もとても良かったです。

吉岡の吉田さんは、プロフ見ると今春短大を卒業したばかりみたい
なので、二十歳そこそこ?若いしなかなかのイケメン。
彫りの深い顔立ちなので、当時の衣装や髪型がよく似合ってました。
が、結構酷い男です。
ミツに関しては、とりあえずやることさえすませれば後はどーでも
いいや、って感じのスタンスで。
それも、「仕方ない、こいつでもいいか」となかば渋々。
いやいや、なんでお前が渋々なのだ。
さすがに会った初日にホテルに行くのに抵抗するミツに対して、
自分は足が昔から悪くて、だから誰も自分を愛さないのだー、
寂しいー
みたいなこと言って、ミツの気を惹くあたりがヒドイ。
ファントムみたいなこと言いやがってー!
お友達も「お前、変わったな…」って言ってました。
でも何が理由で、吉岡がどう変わったのかは、舞台だけでは
あまりわからないです。
時代が悪いのか?

吉岡はその後姿を消しますが、ミツは疑いもせず彼を待ち続ける日々。
連絡が一切なくても「きっと忙しいのね」とポジティブシンキング。
可愛いカーディガンを着たら彼が喜んでくれるかな、と夜勤して
お金を貯めたりもするんだけど、同じ工場で働く博打打ちの男の家族が
生活に困ってると知ると、その給金をまるごと差し出しちゃったり。
もう、ミツはあまりにいい人すぎです。
一方吉岡は小さな会社に就職して、そこで社長の姪のマリ子
いい感じに。
そんなある日、ミツは不治の病であると診断され、世間から疎まれ
死を待つだけ者だけが行く復活病院に収容されることに。

雨に打たれ、絶望するミツ。
「みんな不幸になってしまえばいいのに!」
一幕終了。どよーん。
お、重い…。

ちなみにかつて劇団四季でムファサやガストンをやってた新木さんは
(私はムファサしか見てないけど)、アンサンブルのような感じで
ちょこちょこ出てきます。
吉岡の務める会社の部長とか、バーの客とか。
初登場時はハタキ持って踊ってました。
お懐かしいムファサさまー!(思わずザズ化)。

« 友情のろこもこライス | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あなたは勝ち、そして去った »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/11749123

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽座ミュージカル「泣かないで」観劇①:

« 友情のろこもこライス | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あなたは勝ち、そして去った »

最近のトラックバック