2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 「オペラ座の怪人」10/21M | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あの街の劇場が彼の住処 »

10/22「ジョン万次郎の夢」NHK公開録画 午前の部

万次郎:石井雅登 伝蔵親方・親藩藩主:遊佐真一
重助・老中:内海雅智 寅右衛門・幕臣:高橋辰也
五右衛門・福澤諭吉:岸佳宏 
ホイットフィールド船長・島津斉彬:柳瀬大輔
アリー:手島梓 ポリーー:宇垣あかね
キン:関根麻帆 ギン:木村仁美

男性アンサンブル
丹下博喜 伊藤潤一郎 上出匡高 羽根博司 岸本功喜
白倉一成 成田蔵人 横内大介 高橋卓爾

女性アンサンブル
藤田晶子 新子夏代 山本志織 倉斗絢子 竹原久美子
西内いず美 三廻部結衣 上條奈々 松岡夏未

幕臣を「爆心」って変換ミスしてしばらく気づいてませんでした…。
「爆心:高橋辰也」ってなんかイカス!

ご厚意で見に行けることになった、NHKの公開録画。
週初めに一般公開分のキャストは発表されてたものの、この
公開録画分のキャストは会場に行かないとわからないので、
ドキドキしながらNHKホールへ。
船長は柳瀬さんだろうなーとは思ってたけど、石井万次郎が
戻ってきてくれて嬉しかったです!
岸さんが五右衛門・諭吉になってたり、内海さんが重助だったり
パンツ枠がペッパーな丹下さんだったり。
枠内移動はあっても、結構見たい人達が揃っていて良かったです。
ご一緒したaさんは肩を落としていましたが(笑)。

冒頭のよさこいソング。
男性陣の声が重厚だな~と思ってたんだけど、考えてみれば、
内海さん石井さん岸さん…現役ラウルやオペラ座アンサンブル陣で
歌ってるんですよね、ココ。そりゃ声が響くわけですわ。
特に石井万次郎は前回見たのが一般公開の初日だったんですが、
その時よりも回数を重ねて格段に声が出てました。
もちろん、初日の時のキラキラはしっかり健在!可愛い~!
怯えまくりの岸五右衛門もヘタレっぷりと、船長達に会った時の
「なんか食べさせて!」って必死さが会場の笑いを誘ってました。
船の上では石井万次郎によく励まされてたっけ。
岸万次郎も見てみたいぞ~!
前回パンツシーン以外見分けられなかった内海さんも今回は
わかりやすいポジションだったので、高橋克典似のお顔をちゃんと
発見。声もガンガン響いてましたよ。
ジョン万は全体的にレベルがファミミュとは思えない程高くて
素晴らしいです。藤田母さんの歌声も味があって大好きだな。

柳瀬船長は今日も包容力のあるステキ船長。惚れ惚れ。
柳瀬船長の英語にイチイチ万次郎達は仲間内で会議してるわけ
ですが、その一方で船長達も「通じてるのかな?」って船員達と
話してるんですよね。ここもマイク入ればいいのにー。
柳瀬船長と石井万次郎の身長差がリアルに親子っぽくて
(いや年齢的にとか言ってませんから)大好きです。

「日本に大砲をぶちかませ♪」的に率先して日本を敵視してた
アメリカ人役の方のマイクが途中で不調になったのか、声がえらく
コモってしまってました。もわわーんと響いてる感じ。
OAはここどうなるんだろう。
一幕の終わりが、夢を抱き日本へ帰る万次郎と、それを応援する
アメリカの人々の歌で、まるでクライマックスであるかのように
盛り上がります。ここで終わるのもアリってくらい。
幕が下りる瞬間のラストが、竹原夫人にガバッと抱きしめられる
万次郎なんだよね。竹原さんが柳瀬船長といいバランス取れてる
身長の高い方なんで、やはりここも身長差が親子っぽくていいな。

このミュージカルは、やはり未就学児には難しいと思います。
最低限、日本の開国前後の歴史の知識くらいがないと…。
特に2幕。華やかなダンスもノリノリな歌もない最初は、ちびっ子
にはツライかと…。
大人達は、「びっくり仰天眉唾だ!」で十分楽しめるんですけどね。
あと、石井さんって凄く優しい声と話し方のできる人なんですね。
関根キン木村ギンに「もう諦めれば」って言われた時の、
「何度でも、説明するよ」って時の声とか。
穏やかで真摯な人柄が感じられるような優しい声で好き。
キンとギンはここで万次郎にオチてるんだと思うよ!たぶん!

柳瀬殿様による殿様ソングは、すっごい響いてるんだけど今日は
公開録画だけあって「ひっくり返りは許されない」と思ったのか、
ロングトーンは若干短め。でも迫力はさすが!
ここは基本、静かな会話だけで進むシーンですが、石井さんと
柳瀬さんの気迫が伝わってきます。
前回も思ったけど、本当にこの2人さえいれば日本の夜明けは
迎えられる!って思えるんだよね。
殿様、もっと出番があればいいのにぃ。

遊佐藩主はいかにも「山吹色のお菓子が云々…」とか言ってそうな
わかりやすいイイ悪人顔をしてらっさるわ…。(褒めてますよ)

そして、岸諭吉白倉勝登場。
岸さんは五右衛門の時のヘタレが嘘のような、好青年。
キン・ギンがABCの歌を歌いながらはけていくのを、楽しそうに
追い掛けて行ってます。
白倉さんは、歌うま!
李香蘭の溥儀でしか見たことなかったんだけど、こんなに歌える
人だとは!白倉さんって船長・殿様にもキャスティングされてるけど、
勝の歌って殿様ソングと同じなんだよね。それもあって、歌いこんでる
のかもしれないけど。歌い上げるところ朗々と声が伸びていて、
これは予想外だ…!な上手さでした。
石井万次郎とのデュエットのハーモニー、素晴らしかった!

さて、ジョン万最大の緊迫シーン、パンツ事件へ。ここテスト出ます。
今日のパンツ枠は丹下さん。ペッパーだね。
パンツ洗ってることあなたの母さん知ってるの?
それにしても柳瀬船長の日本語英語はわかっても、ここでの
万次郎の英語はあまり聞き取れません。
石岡さん(だっけ?刀抜いてる黄色い着物来てる日本人)が
「…なんて言ってるんだ、中浜さん!」って聞いてくれるので、
思わず劇場内は彼にシンクロ。
ここの和解シーンは未だにちょっと展開がわかりにくいんだけど。
なんか石井万次郎の土佐弁啖呵の格好良さに押されて、
「漢(オトコ)たちはわかりあったんだろうな」と思わされます。
2幕ずっと標準語で話してて、最後に土佐弁で啖呵切るなんて
反則よ!
土佐弁なんて「日本の夜明けぜよ」と「なめたらあかんぜよ」と
「ほたえな!」ぐらいしか知らないけどね…。

この公開録画だと、通常のカーテンコールが終わった後はもう幕が
上がらないんだね。何度も何度も上がり下がりするのに慣れてる
から、「もう終わり!?」って思っちゃった。
前回見た時は、一歩前に出てお辞儀した石井万次郎の後頭部に
幕が激突したんだよなぁ。
あそこで慌ててる彼らが可愛かったんで、もう一度見たかっ…。

« 「オペラ座の怪人」10/21M | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あの街の劇場が彼の住処 »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

レポ、待ってました!ありがとうございます。

夏も今回も見れなかったのですが、年末に見れると思うと今からワクワクします。
雅登くんの万次郎がすごい評判なので楽しみです。岸さんや内海さんも気になります。

来年の夏に自由劇場でやってくれますように!

公開録画だったんですね!昨日のメールで、
ジョン万って、今、西方面回ってるず・・・、まさか遠征!?
って思ってました。謎解決。
気にはなってたんですが、やっぱり楽しそうですね~、ジョン万。
放映が楽しみです♪

こんばんは~♪
私も行きました~NHK!(笑)
初めてファミミュを観たのですが、レベルが高くて驚きました。
そして同じくカテコがないのか!?と(^^;
放送が楽しみですね!

>ミケさん
マジョリンなんかの法則を見てると、夏に自由劇場でやりそうですね。石井万次郎は、歌も上手いし可愛いし、ハマリ役ですよ~。今回このジョン万に出た若手の方々は、彼を筆頭に皆大注目だと思います。


>えみーごさん
さすがに遠征は無理です…(笑)。でもファミミュにしてはかなりレベルが高いので、私も今から年末の放送が楽しみです。
えみーごさんからのメールを見て、また一気にキャッツ熱が(笑)!

>ゆんさん
ゆんさんもいらしたんですね~!すっごくレベルが高くて私も驚きました。若手さんみんな上手かったですよね。
カテコが無くてあっさりみんな帰って行くんで、「え?え~?」とちょっと動揺してしまいました。四季に慣れすぎですかね(笑)?

>びっくり仰天眉唾だ!
↑こう言っていたんですね!
なんと言っているかわからなかったので謎がとけましたv

>パンツ洗ってることあなたの母さん知ってるの?
部屋で爆笑してしまいました~
丹下さんがあの枠なんですかw

>さよさん
たぶんそう歌ってると思ったんですが…空耳アワーだったらスミマセン。あのシーンは後ろの民衆の反応も含めて、つい笑ってしまいますね~。
パンツ枠は、ジョン万におけるキーマンですから(笑)!丹下さんも前回見た内海さんも良かったですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/12382420

この記事へのトラックバック一覧です: 10/22「ジョン万次郎の夢」NHK公開録画 午前の部:

« 「オペラ座の怪人」10/21M | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あの街の劇場が彼の住処 »

最近のトラックバック