2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« AKURO | トップページ | 心を綺麗に洗われたい »

「AKURO」観劇 10/25

安倍高麿:坂元健児 謎の若者:吉野圭吾 イサシコ:駒田 一
坂上田村麻呂:今 拓哉 オタケ:平澤 智 ヒトカ:藤本隆宏
小者の源太:西村直人 ヤイラ:川本昭彦 キクリ:福永吉洋
アラカオ:平野 亙 クスコ:武智健二 鹿の精霊:藤森真貴
アケシ:彩輝なお


開演前の諸注意の声をやってるのは、2幕で出てくる子役ちゃん?
最初こどりラジオ」のこどりちゃんかと思った…。可愛いね~!
それにしてもサンシャイン劇場の2階席って、席が狭…。
膝が前の座席にぶつかってまう…。
別に長かないのにね(悲)。

以下ネタバレあり

あらすじとしては…
坂上田村麻呂が制圧した蝦夷の監督として都から派遣された
阿部高麿は、謎の若者の導きにより、強力な武器を生み出す
手法を持つ蝦夷の隠れ里「鉄の谷」で、都に伝わっている話とは
全く違う「大和朝廷と蝦夷の闘いの真実」、征服された者達の
苦しみや悲しみを知る。
高麿は大和の民と蝦夷の民が共に生きる道を探そうとするが…。

こんな感じかな?

坂元高麿
着物+ポニーテールみたいな髪型なので、ちと桃太郎っぽい(笑)。
心なしかセリフの言い回しや間が早いかな?と感じることはあり
ましたが、素直で真っ直ぐな高麿らしさがよく出てました!
歌声もスコーンと突き抜けるようなクリアで聞きやすい声で、
特に高音に声量・透明感があってステキだ~。
坂元さんと言えばCDで聞いたシンバのイメージが強いんだけど、
(あと、メチャいけでのオモシロキャラ)、もっと色々な役で歌を
聞いてみたいと思いました!

吉野謎の若者
↑なんか変な書き方だ…。
吉野さん、今回初めてちゃんと意識して顔を見られた気がする…よ。
身長もあるし、かっこいい方だったんですね。あ…今さら(笑)?
彼の正体については勘のいい人はすぐ気が付くかと思いますが、
私は基本的に舞台は何も考えずにぽかーんと見てる事が多いので、
今回も「……………ああ!!(膝をポンと)」って感じでした(笑)。
なるほどね~。
どうりで他の蝦夷達と一緒にいても、絡みが全然ないわけだ。
蝦夷達が倒れていくシーンでは、かなり感情を爆発させていて
迫力が素晴らしかったです。彼の正体がわかった上で、もう一度
通して見られたら面白いと思います。
あと本来の姿での活躍も、もっと見てみたかったな~。
高麿と二人でいる時の軽いやりとりも兄弟やコンビみたいで
楽しそうで好きですが、自分の正体を明かして高麿の行く道を
照らすかのようなシーンも大好きです。

今田村麻呂

御伽草子の中の白い戦いの正装っぽいのも着こなしてますね~!
鈴鹿御前を従えてのシーンなんかも、二人揃って華麗でした。
個人的には、一幕では器の広い支配者らしさのあった田村麻呂が、
2幕では犠牲を省みない強攻策に出るにあたって、都で彼が追い
つめられていく描写とかがもっとあれば良かったかな~と思います。
わりと性格が急変しちゃった印象があるので…。

彩輝アケシ
ハスキーなお声で、とっても綺麗~!悪女っぽい鈴鹿御前より
絶望で光を失ったアケシの時の方が合ってる気がしました。
ポスターでの衣装が江戸時代の賭博場の姐さんみたいなんで
アネゴ肌の女性なのかと思ったら、そんなこともなく。
歌は凄く上手い!って感じではないんだけど、高麿とのデュエットが
私は全曲中で一番好きです。

駒田イサシコ
渋くても存在感のある芝居で、しっかり舞台を引き締めてくれました。
あの、夏に見たクコールさんですよね(笑)?凄いなぁ。
信じなければ、というアテルイの思想を誰よりもしっかり継いでるのは
イサシコなんですよね。裏切られてそれでももう一度信じようと思える
のは凄いと思います。

それにしてもあのロープの先に刃物ついてる武器って、実際どうなの?
武器として使いやすいの?



古代日本が舞台なので衣装も和物なんだけど(和風の衣装好き)、
蝦夷達の衣装には民族テイストも取り入れられていてして、そちらも
格好良かったです。
アンサンブルさんの人数も多くて、アクションも多く、また生で太鼓を
叩いてたりするシーンもあり、迫力がありました。
あと…凄い男ばっかだよこの舞台(笑)。全キャスト中、女性2人!
ほか、たぶん30人以上全部男!熱いよ~!!
蝦夷一族を完全に殲滅する強攻策に出た田村麻呂から蝦夷達を
守るため、反逆者の身になった高麿は、京の都の人々にこのことを
訴えに行こうとするんだけど、当然大和軍が蝦夷の里を囲んでる
わけです。そこで蝦夷達は、希望と自分たちの未来を高麿に託し、
命懸けで高麿を都へ送り届けようとします。
「俺たちのことはいい!お前は行けー!(ばさっ!)ぐあー!」
みたいな。
うう…。ここが一番泣けます。
今回のテーマは「男たちの大和」ならぬ「男たちの蝦夷」

カテコで、子役の女の子が田村麻呂パパとアケシママに手を繋いで
出てきたのが可愛かった!

« AKURO | トップページ | 心を綺麗に洗われたい »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

うわー、なんだか私の持った感想と
かなりシンクロしていて嬉しいデス。
謎の若者の正体とか、イサシコの武器とか・・・。
そして、私も2階席でした。
サンシャインの2階って、なんであんなに狭いんでしょうね? 
膝が前の席の背もたれにくっついて、冷えて辛かった~。
(↑女性に冷えは禁物です!)

>みっしーさん
私も2階席、普通に正面向いてると膝が背もたれにジャストフィットなんですよ…。上演時間も長いのでそこはちょっと辛かったです(笑)。
でも、もう一度見てみたいな~なんて気もします。通路を役者さんが走ったりもしてたし、1階席で見るとまた違ったりするのかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/12439582

この記事へのトラックバック一覧です: 「AKURO」観劇 10/25:

» AKURO 06.10.26マチネ [missiys]
あぁ〜、せっかく書き上げたのに・・・、全部消えてしまいました(号泣)。気を取り直して、ダイジェスト版で。 この演目は人によって好みが分かれるでしょうが、私は好き。とっても面白かった〜! TSミュージカルらしく衣... [続きを読む]

« AKURO | トップページ | 心を綺麗に洗われたい »

最近のトラックバック