2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 大阪公演プロモに! | トップページ | 気持ちいい〜 »

DVD「あらしのよるに」

女何人かで集まり、DVDでも見よか~ってことで、TSUTAYAで
なぜかセレクトされたのがこれ「あらしのよるに」。
きむらゆういち原作の児童文学のアニメ化です。

嵐の夜に真っ暗な山小屋に逃げ込んで出逢った、メイとガブ。
二匹は暗闇の中、互いに相手を「仲間」だと疑わずに意気投合、
「あらしのよるに」を合い言葉に、再会を約束する。
翌日、待ち合わせ場所で出逢ったのは、山羊のメイと
その山羊を食糧とする狼のガブだった…。
~ともだちなのに、おいしそう~ちょっと変わった友情の物語
(TVCMより)

えっと…「友情」でいいんだ…よね?
すごいラブい気がするんですけど…。

互いの群れの仲間に「あいつとはつき合うな」とか言われたり、
二匹で川に飛び込んで駆け落ちしたり、なんか熟年夫婦の喧嘩
みたいなのしてたり、雪山で遭難したり、記憶喪失になったり、
「ずっと一緒にこの月が見たかった」みたいなことになってたり、
もはや韓流ドラマも真っ青なドラマティックな展開です。

ちょっと水墨画っぽい濃淡で表現されたキャラは、絵本らしい可愛いさが
ちゃんと表現されてます。メイがお尻フリフリで歩いてるのとか可愛いな。
ただメイはもうちょっと自覚しないと、正直いつガブに食べられても文句は
言えない気がするよ…。無防備すぎるのも罪だからね。
実は、駆け落ちして雪山を登る前で終わっても良かったんじゃないかと
思ったんですが、個人的に一番いいと思ったシーンは、その後の
雪山でガブが咆吼して一匹で狼の群に立ち向かっていくシーンでした。
あそこのガブは格好良かった。

声のキャストに関しては、竹内力、山寺宏一、市原悦子、林家正蔵などは
わりと聞いてすぐピンときて、演じてる人の顔が浮かんできました。
が、KABA.ちゃんには気づけなかった…。。
凄みのある竹内力と、山ちゃんの芝居の上手さ、演技はさすがでした。
メイは最初、女性が演じた方がいいんじゃないかと思ったので成宮くんの
声に慣れなかったんですが、ここで女性声優持ってくると本当に恋愛物に
なりかねんのでやっぱり男の人で正解だったのかも。

最後は二匹は共に暮らしていける場所を見つけていくわけだけど、
どうしてもガブは肉食だし、ガブがメイに気を使って大好物の山羊の肉は
食べずに野鼠を食べてもメイに嫌な顔されるしで、根本的なところは
解決されてないような気もするけど、どうなんだろ。
弱ったメイが雪山でガブに「自分を食べて生きて」って言うシーンでは、
一瞬「こ、これはまさかサークル・オブ・ライフな展開!?」
と思ったの
ですが、さすがに児童文学でそれはなかったね。
ガブは「ひーかーれーるぅー!」とか言ったりしなかったね。うん。

« 大阪公演プロモに! | トップページ | 気持ちいい〜 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/13052186

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「あらしのよるに」:

« 大阪公演プロモに! | トップページ | 気持ちいい〜 »

最近のトラックバック