2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 北澤裕輔さんの一年を振り返るよ | トップページ | 数えちゃだめだ、数えちゃだめだ…観劇総まとめ »

「火怨」 高橋克彦

TSミュージカル「AKURO」を見て以来ずっと読みたかった
「火怨」を読み終えました。
面白かったです~!分厚い上下巻なので、読み終わった
後の満足感も非常にありました。
本当の意味で最後に勝ったのは誰なのか。
アテルイ達の生き方は、蝦夷と朝廷側に何をもたらしたのか。
ラストのアテルイとモレ、ヒラテは泣けてきます…!
それにしても、アテルイはやっぱり吉野さんのイメージで
見てしまうなぁ。原作のイメージよりだいぶすらっとした
細身のアテルイになりそうだけど、吉野アテルイと
坂元田村麻呂で舞台で見てみたい!

もともと、戦記物というか軍記物が好きです。カリスマを
持ったリーダーがいて、その人のために策を張り巡らす、
志ある軍師がいて、一騎当千の強者達がいて。
「寡兵を以って大軍を制す」戦いなんて、読んでいて本当に
爽快!
だから、この「火怨」で久しぶりにそんな軍記物の楽しさを
味わうことができました。モレの天才軍師っぷりが素敵。
同類としていいのか微妙ですが「三国志」「銀河英雄伝説」
「幻想水滸伝」も同じような理由で大好きだったりします。
蜀、同盟軍びいきです(笑)。
戦術的に不利な状況にしないのが戦略だって、確かヤン
提督が言ってた気がする。納得。

« 北澤裕輔さんの一年を振り返るよ | トップページ | 数えちゃだめだ、数えちゃだめだ…観劇総まとめ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もラストで大泣きしました。
電車の中じゃなくて良かったーと、
心から思いましたもの。
そして、「AKURO」と「火怨」で増えた知識が一つ。
「蝦夷」って当時の北海道に暮らす人のことを
指すのだと信じていた私・・・、
勉強になりました^^;

>みっしーさん
泣けますよね…あのラスト。男達の生き様が本当に見事でした。
私も実は「蝦夷」の居住地がちょっと曖昧です…(笑)。あの時代のことは歴史の授業で坂上田村麻呂の名前を学んだ程度ですが、「AKURO」と合わせていい勉強になりました。小説としても面白かったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/13187522

この記事へのトラックバック一覧です: 「火怨」 高橋克彦:

« 北澤裕輔さんの一年を振り返るよ | トップページ | 数えちゃだめだ、数えちゃだめだ…観劇総まとめ »

最近のトラックバック