2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 僕とオカンと、ときどきラウル | トップページ | 「王子とこじき」 1/3 サンパール荒川 »

「朧の森に棲む鬼」1/2

今年の観劇初めは劇団新感線…いや、新感“染なのか?の
「朧の森に棲む鬼」です。
行くまで知らなかったんだけど…、初日、だったんだね。
どーりでロビーや客席には、どこかで見たことある人…一家が
ちらほら(笑)。

まだまだ公演が続くので、あまりネタバレしない程度に簡単な
感想などを。
真っ白な状態で舞台を見たいんだよ!サノバビッチ!という方は
ご注意下さいませ。

ライ:市川染五郎 キンタ:阿部サダヲ ツナ:秋山奈津子
シュテン:真木よう子 シキブ:高田聖子 ウラベ:粟根まこと
サダミツ/サダミツ似の兵士:小須田康人

ショウゲン:河野まさと ダザイ:磯野慎吾 インギン:武田浩二
オクマ:中谷さとみ アラドウジ:川原正嗣 ヤスヒサ:横山一敏

フエ:山本カナコ ハ:前田悟

バラキ:村木仁 トラド:逆木圭一郎 ホシド:吉田メタル
カネド:保坂エマ

イチノオオキミ:田山涼成 マダレ:古田新太

アンサンブルの方々は申し訳ないですが省略させていただきました。

まず感想としては、とっても新感線らしい舞台だなーと。
やや、そんなに語れるほど新感線見てるわけじゃないのですが、
適材適所のわかりやすい安心できるキャスティングといい、
アニメばりの効果音や殺陣シーンや、下ネタ系ギャグといい。
舞台装置も派手で、見ていて楽しい!ラストはなんかもう、舞台に
滝が出来ていたよ…!そこで戦うわ血しぶき飛ぶわで、最前列の
方々は要ビニルシートなのかも。
お話はリチャード3世とマクベス、酒呑童子の伝説を若干織り交ぜた
ような感じでしょうか。後半は結構話がシリアスなんですが、前半は
笑えるシーンが多くて、すっかり新年の笑い初めになりました。
とくにサダヲが笑わせて(そして泣かせて)くれたよ…。

・染様ライ
LKのアンサンブルかってくらい衣装替えが多いのですが、後半の
豪奢な衣装にも負けない華やかさはさすがです。やっぱり舞台の
染様はカッコイイ。殺陣も多いけど、それ以上に今回の役は舌を
動かさなきゃいけないようなので(舌=剣。文字通りの意味で)、
それも大変そうでした。
でも色のある悪役っぷりが素晴らしかったです!悪巧みができる
だけじゃなくて、女をおとせる艶もなくちゃね。
怒濤のラストへの流れは渾身の演技でした。

・阿部キンタ
馬鹿で一途で健気でカワエエのう。前半は笑わせてもらえるし、
後半はなんか凄く格好良くなっちゃうしで、色々な意味で美味しい役
だと思います。
連れはサダヲが凄い!と連呼しておりました。
染様がわりと正統派殺陣?をするのに対し、キンタの殺陣は我流と
いうか、剣をぶんぶん振り回す滅茶苦茶剣法なんだけどでも強い
ってのがキンタらしくて凄く合ってて、良かったです。

・高田シキブ、秋山ツナ
このお二人はさすが!上手いなぁ~。シキブのお馬鹿っぽい
悪女も、ツナの堅物な女軍人(でもライに絆されてるあたりが
女っぽくてイイ)も良かった!
高田さんは前から好きだったけど、秋山さんは「SHIRO」で見てから
初めて生で見られたわけですが、好きな役者さんの一人になり
ましたよー。

・真木シュテン
凛々しくて格好良かった!最初佐藤仁美ちゃんかと思ってました。
名前を認識した後もなんか高田さん、秋山さんと同世代くらいの
役者さんかと勝手に思い違いしてて、若く見えるなー!と感心
してました。…世話ないやね。
劇中でも別嬪、別嬪と言われてましたが、本当に綺麗で可愛い、
でもクールなシュテンちゃんでした。

ヨダレ…もとい、古田マダレは渋くて格好良かったです。こういう
重量感のある芝居のできる人って貴重。ち、違うよ見た目じゃなくて!
どこか一カ所、染様とセリフが被ってました。ドンマイ。
川原アラドウジの胡散臭さと、河野検非違使のソングが可愛かった。
・でも胡散臭さと言えば粟根ウラベですが、彼の胡散臭さと目つきの
悪さは外面だけです。ツナに「ライに気を付けろよ」とか言っておきながら、
あっさり自分が罠にはまってました。
オクマが中谷さんだと終わってから気づきました。スサノオのウズメ
もだけど、こういうマイロードマイペース突っ走り女路線を行ってるん
ですね。この調子で頑張ってほしいです!

カテコでは、初日ということで染様がご挨拶。
「大阪は交通も便利な所ですし、そちらでもぜひ何度も通って
下さい。みんなで盛り上げてください」と、初日からやや客頼みな
ご挨拶(笑)。
そうそう、田山涼成さんが階段を下りてくるとき、みんな足早に
普通に駆け下りてくるのに一人だけえいやあ!とジャンプして
たので着物が捲れて面白かったです。
というか、あそこ水びたしになってそうだから、危ないんじゃ…?
2時に開演して30分の休憩込みで終わったのが5時半近くですが、
2幕は特に展開が早いのであっと言う間です。
新年からいいお芝居を見させていただきました!

« 僕とオカンと、ときどきラウル | トップページ | 「王子とこじき」 1/3 サンパール荒川 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!
ワタシも初日観てきましたー!サダヲさんは好きな役者さんでしたが、よもやキンタでメロメロになるとは思ってもみませんでしたー!(笑) ホントバカだけど健気で格好良くて…泣けた…。
あ、ワタシも涼成さんのカテコジャンプはらはらしましたヨ(笑)
それにしても、裾長いの着てる人とか衣装傷まないんですかねー!…と余計な心配したくなる「朧」です。

あけましておめでとうございます。
朧はワタクシ大阪待ちです。待ち長いーーっ
でもやっぱりおもしろそうですね。秋山さんは
去年みた芝居でもベスト女優にあげたいくらい
よかったので早くみたいです

>青雷のクレールさん(笑)
おめでとーございます!今年もよろしくお願いします!
カテコは皆が普通に足早に降りてくるのさえ、滑りゃしないかとドキドキするのに、イチノオオキミ様ったら、一人ハリキリチャレンジャー。裾とか長くて大変そうだけど、新感線の衣装って凝ってて好きなんです私。裾は捌いてナンボなんですかね、あそこは。

>静馬さん
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
またどこかの劇場でお会いできたら嬉しいです~。
新感線の舞台って公演が続くとドンドン変わっていくから、大阪の頃には私が観たものとは違うものに仕上がっていってるかもしれませんね。レポ、今から楽しみにしてますよー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/13309922

この記事へのトラックバック一覧です: 「朧の森に棲む鬼」1/2:

« 僕とオカンと、ときどきラウル | トップページ | 「王子とこじき」 1/3 サンパール荒川 »

最近のトラックバック