2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

鉱石ラジオスケジューラー5月

カレンダー通りの休みの私は、GW前半戦は今日で終了。
明日はまた出勤です。もう5月なんですね~。
この連休中は天気も良くて良かった良かった。

さて、5月の観劇予定。
・ユタと不思議な仲間たち。
・夢から醒めた夢

あれ?意外と少ない?(もうその感覚がおかしい)
JCSのチケット発売日、私旅行中なんだよね…。しかもたぶん
電波の繋がらない場所にいる可能性大…白神山地ってきっと
電波繋がらないよね…。

私の名前はキム・サムスン

いくらイケメンでレストランの社長だとしても、携帯で元恋人の名前を
「微笑みの女王」で登録してるような男とは友達になれねえ!
たとえ本人が「氷の王子様」とか言われていても、許せることと許せない
ことがあるよ!
だいたいなんだ「氷の王子様」って!「テニスの王子様」の仲間かよ!
そもそも王位継承権あるのかよ!(ないよ)

はぁはぁ…、こんばんは。
母親から半ば強制的に「私の名前はキム・サムスン」を貸し出されて
見ています。でも道を歩けば車に跳ねられて記憶を失い、恋した人は
血の繋がった兄弟、みたな純愛物ではなくラブコメっぽいので、結構
見やすくて楽しんで見てます。
冬ソナなら雪のかけあいをしてましたが、このドラマでは小麦粉を投げ
合ったり、クレープが飛んでいって顔に直撃したりしてました
が、私は「氷の王子様」よりも、客が残すとキレる料理長の方が好きだ!

王子かー世の中王子って多いなー。ハンカチ王子とか広井王子とか
高見沢王子とかカレーの王子様とか。

アルプとか

昨日は実家に帰っておりまして。
母の日に手持ちのキャッツのチケットをプレゼントすることを約束したり、
その母に頼んでフルートで「愛の挨拶」を吹いて貰って「柚木!黒柚木!」
と大はしゃぎしたりしてました。今度はヴァイオリン弾ける知人に弾いて
もらって「月森!ツンデレ!」とアホみたいに騒ぐのが密かな夢です。
(一部ネオロマンサー以外わからないネタでお送りしております)。
どうでもいいんですが、愛の挨拶で検索するとかなりの勢いで
ヨン様がひっかかってくる…違う…貴方じゃない…。

で、家に帰ったらアルプが届いてました。
アイーダは阿久津ラダメスと樋口アイーダで開幕なんですかね?
濱田さんは先日のイベントにも出てウィキッド行きが濃厚そうだし、
井上さんはマンマもあるし。…マルシアさんって手もありますが。
阿久津さんもフィエロの候補に入ってたはずけど、うーん?
最近福井さんもお休みしてるから、どっちともまだ言えないのかなぁ。
っていうかフィエロ多すぎて全く読めません!
JCSはエルサレムバージョンも上演するんですね。
あの~私、エルサから先に見たかったなぁ(笑)。
それにユタシバ、じゃなかったエビータが全国公演とのこと。
どっちかで芝さんに会えますように。南無南無。
私、どうも芝さん好きなわりに芝さんが出てる演目をそれほど
リピートしてないのが実情なので、芝さんを見るたびにもっと
見たい!聞きたい!歌いたい!な気持ちになっちゃうんだよね。
芝リサイタルとかあったら絶対行くんだけどなぁ。

そして白神山地へ

GW突入ですね。
私は基本カレンダー通りなんですが、当初出勤の恐れも
一応あったので、旅行などの大きな予定は入れないように
してました。
が、先週の時点で「休日出勤無し」のお達しが出たので
そのことを友人に話したら、あっという間に5月のGWの
旅行の計画が組まれました(笑)。
やーこんな直前でもGWの予約って取れるんですねえ。
ちなみに行き先は白神山地です!
前から行こう行こうって言ってて、やっと実現しました。
た、たくさん歩くんだろーなー。

和菓子大好き






手づくりの草餅を頂きました!



蓬の味が濃厚〜!と思ったら、手摘みのよもぎだそうで。餡も甘すぎずで美味しい!しかも出勤に間に合うように、朝4時起きだなんてまあ!勿体ないやら申し訳ないやら。ありがとうございます。

今回草餅を作ってくれたのは、やはりバレンタインにはオペラのケーキを作って持ってきてくださった方なんですが(和洋中なんでもござれ)、話がお菓子づくりについてになり、簡単に作れるお手製お菓子レシピまで頂いちゃいました!





こりゃ〜作るしかないね!もう少し…仕事が落ち着いたら…。

キャッツ 4/21S

グリザベラ:奥田久美子 
ジェリーロラム=グリドルボーン:遠山さやか 
ジェニエニドッツ:高島田薫 ランペルティーザ:王クン
ディミータ:団こと葉 ボンバルリーナ:南 千繪

シラバブ:南めぐみ タントミール:高倉恵美
ジェミマ:熊本亜紀 ヴィクトリア:宮内麻衣
カッサンドラ:永木藍

オールドデュトロノミー:種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー・バストファジョーンズ
:村俊英
マンカストラップ:青山祐士 ラム・タム・タガー:キムスンラ
ミストフェリーズ:杜彦昊 マンゴジェリー:百々義則
スキンブルシャンクス:岸佳宏 コリコパット:王斌
ランパスキャット:張沂 カーバケッティ:劉志
ギルバート:谷本充弘 マキャヴィティ:赤瀬賢二
タンブルブルータス:塚下賢吾

約2ヶ月ぶりのキャッツです。ちなみにその2ヶ月前の前回は、
劇中劇で海賊船が出てこないという特別仕様でした。
ええ、ありがとうございます(笑顔)。
今日はデンデンデンデン言いながら海賊船が壁からちゃんと
出てきたので「あーそうそう、劇中劇ってこんなだった!」と
非常に懐かしく思った次第です。

今日は上手寄りの回転席でした。キャッツってサイド席でもあまり
「横から見てる感」がなくて楽しいです。
メインの猫が正面向いてる時なんかは、あ、横顔のラインきれーとか
マニアックな視点から楽しんでます。
いつか ジェリクルギャラリーにも いくぜ!
例によって通路際を取ったので、行き来する猫たちに目が釘付け。
気づくと王ランペと凄い近いところで見つめ合っていたり。
が、見つめ合って5秒くらいして相手に気づいた恐竜並みにニブイ私。
でも王ランペ、顔がまん丸で目がクリクリで可愛かった~。
あのいたずらっぽい笑顔がほんとランペっぽい!
この日はランペやタンブル、シラバブがよく遊びに来てくれました。
ネーミングは確かシラバブだったかな?
しばらくはジェリロのつもりで見てたけど(大馬鹿)。

今日は役者さんごとに感想を。

青山マンカスは男前マンカス。メイクのせいなのか元々の顔立ち
なのか、目がギンっ!と大きい。話す声も低くて素敵です。
ジェニナンバーで声が裏返っちゃったけど、それはご愛敬。
むしろすぐ声が裏返る人、好きですよ?
ちなみに私の中のキャストによるマンカス貫禄度は
芝マンカス>福井マンカス>青山マンカス>趙…、西門マンカス
って感じ。趙…じゃなかった西門マンカス(しつこい)は、どっちかって
言うと私が守ってあげてもいいくらい繊細なイメージ。
でもでも、そんな私も芝マンカスと福井マンカスには守られたい。
つまり、青山マンカスはそんなポジションかな?(わけわからねえ!)

スンラタガーの「黙ったまま耐えて強く!」で、声たかっ!と大喜び。
荒川タガー未見の私にとっては、こんな声の高いタガーは初めてです!
さすがガスで初見の時に「…女の人?」と勘違いさせるだけのことは
あります!(そんな勘違いは私だけです)。
更にありとあらゆる場面でばっちばっちウィンク飛ばしてました。
ハート狙いうち。超危険。しかも今回タガー握手席。
ちょっと皮肉っぽい笑顔を向けられて撃沈でした。
ちなみにスンラタガーは男性客に対しては一回手を差し出して相手が
手を出すと引っ込めるというのがデフォルトのようです。
タガーナンバー最後の「ごむぅ~~」のファルセットも凄いですね。
高音が綺麗で伸びやかで余裕あって。一幕終わりまでこのまま
「ごむごむ」言いながら持たせられるんじゃ…と思ったよ。
タガーナンバーとは別に、どこだっけなー。ミストナンバーかな?
舞台際で最前の女性のお客さんを手招きして、彼女の手の甲にキスを
してました。

谷本ギル
身長はそんなに高いわけではないのですが、ダンスもきっちりしてて
仕事しっかりな感じのギル。あと隊長の時のセリフの声も好き。
っていうか、ギル隊長みんな好き。
でも、萩原ギルの印象がどうしても強いからか、他のギルを見ると
やや頭が大きく見えてしまう…。いや。萩原ギルだってどっちかって
言うと面長な感じだからその点々なんだけど、顔がシャープだったり
身長あったりするからかなぁ。

岸スキンブル
きらきら笑顔で、元気いっぱいのスキンブル。歌ももともと上手いけど
前回見たときよりも余裕ある歌い方になってて、鉄道ソングの時に
より楽しそうに見えました。

なんか雄猫のことばっかり書いてるな~(笑)。
雌猫と言えば、今回南ボンバルも握手しにきてくれました。
私、雌猫のデザインの中ではボンバルが一番好きなんですが、間近で
見ても格好良かった!あの色合いが好きなんだよね~。

月曜恒例キャストチェック~どうぞ10時にキャスト決まるように

【ユタと不思議な仲間たち】
ペドロ:田代隆秀 菊池正 ゴンゾ:伊藤潤一郎
モンゼ:青山弥生  大徳朋子  岸本美香
ヒノデロ:劉 昌明  道口瑞之 大作:中村匠

朝見た時は、芝さんの名前が二つくらいあったような気がするんですが。
だって伊藤ゴンゾいきなりシングル!っていうか菊池ペドロって!?
出たよこの、キャスト・スタッフ欄にも名前ないのに急遽登場パターン。
菊池さんはいじめっ子だったり優しいおじいさんだったり人でなかったり
大忙しですね。
そして芝さんはどこ、へ…?カムバーック!

【コンタクト】
貴族:萩原隆匡 マイケル・ワイリー:荒川務


いいなーいいなー京都。コンタクト未見の私ですが、萩原貴族が
見たかったよ!貴族っていうからには、夢醒めのマリオネット使い
みたいな白髪のヅラつけてフリルの服着てんのかと思うと…
それで話題のブランコとやらを見てみたい…!

3年目に突入しました!

自分でも毎年忘れがちなのですが、たぶん昨日をもってこの
ブログも3年目に突入いたしました。
これも全て、こんなダラダラゆるゆるブログを読んで下さる皆様、
コメントやTBを下さる皆様、メールを下さる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます!
最近仕事が忙しく、毎日更新する!という目標もなかなか実行
できずにいるのですが、マイペースで日常や観劇の話などを
書いていけたらな~と思っています。
今後ともよろしくお願いいたします!

最近古い記事によく謎の英文コメントがついたりするので、確認の
ために一応チェックするついでがてら、記事自体も読み直してみたり
するのですが、当時アンサンブルさんだったり、「○○さんって方」
程度の認識だった役者さんが、今どんどん第一線で活躍されてたり
大役で輝いていたり。
時の流れを感じると共に、自分も日々成長していなかくちゃいけない
と実感します。命は磨かなくては、石ころ同然。
これもミュージカルを通して教えられたことの一つです。

あと下の記事書いてから思い出したんだけど、あったね一つ。
クラシック曲に歌詞つけたの。
モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。
小学生の頃、誰もが歌ったよね。
あの「ばーか、あーほ、どじまぬけ~おーまけーにどてかぼちゃ」。
これクラシックに歌詞つけたっていうか替え歌?

voice of my soul

歌のお稽古で次に歌う歌を選んでるんだけど…迷う。凄く迷う!
というのは、ミュー曲に惹かれつつもクラシック音楽にもちょっと興味が
あって(しかも大概ミーハーな理由で)、でも敢えて歌曲じゃなくて
普通の演奏用の曲をチョイスしてみたい気持ち。なぜだ自分。
まぁ、この曲好きだけど楽器演奏できないから歌っちゃえみたいなノリ
ではあるんですが、平原綾香の「ジュピター」とか、あと合唱曲だけど
「モルダウ」みたいに、オケとか室内楽用の音楽に歌詞がついてるのが
あれば、ぜひ歌ってみたいんだよね。
「愛の挨拶」とかさあ。
ただ、先生に聞いてみてもあんまり存在しなさそうだし。

ショパンの「革命」に歌詞をつけて歌わせてたのを試聴したことがあるけど、
いやこれは歌い手が悪いんじゃなくて、曲がね、歌いにくいんだよ絶対!
と見たことも会ったこともない歌い手のフォローを必死でしたくなった。
やっぱり無理があるのか…。

ユタと不思議な仲間たち 4/14 初日②

2幕はクルミ先生の青空教室から。
というかセリフの一つも喋る前、登場しただけで会場の笑いをとった
丹さんのクルミ先生最強伝説
芝ゴンゾとのやりとりというか「4メートル!」も会場大笑いでした。
私は下手席だったんで目の前に青山モンゼがいたんですが、
桃子(だっけ)のキャンバスを土いじった手で触ったりして、桃子が
「なんでこんなところに汚れが?」って不思議そうに汚れ払ったりして
ました。色々芸が細かいですね。
小夜ちゃんの持ってた財布を巡って「とりあえず喧嘩させといた!」の
新太の体をみんなで開いたり閉じたりしてるの笑えます(笑)。
ユタ達よりも後ろが気になる後ろが。
でも「ね、小夜ちゃん…?」の田邊ユタの表情が優しくていいですな!

感想書いてなかった笠松小夜子ですが、可愛いし歌も上手いし、
小夜ちゃんにしてはややしっかり者かな?ってイメージはあるけど、
これから期待の方ですね。
笠松さんって初めて見る方だけど、今までどんな役やってたんだろ…?


実は結構好きな「予言は当たるかな」のシーン。重唱万歳。
ワラシ達の「信じろ、信じろ!」「負けやしないさ」とユタを応援する
歌詞がいいんだな~。

「生きてるってのはそれだけでたいした素晴らしいこと」
「せっかくもらった命は、自分で磨かなければ石ころ同然」
生きたくても生きられなかったペドロ達が言うからこそ、説得があって
ユタの心を動かすんですよね。
2つ目は特に自分の心にも刻みたい言葉です。

体力づくり→大作たちとのダンスバトルはほんと大変そうだな~。
終わったとき田邊さん凄い汗だもんね。
でもこの曲、途中から曲調が妙に明るくなるじゃないですか。
なんか、面白いよね…?
不良+ダンスってどうしても私は「ウエスト・サイド・ストーリー」を思い出し
ちゃいます。ユタは喧嘩に勝ったというか、踊り勝ったんだなほんと…。
自分を「オレ」と言い、南部弁を使うユタにときめいたのはここだけの秘密。

小夜ちゃんは「ユタさんは遠慮してたんだよね?勉強も運動も出来たら、
大作たちに悪いと思って」とフォローらしきものをしますが、それが本当なら
大作たちが思い切りピュアに見えるほど、ダークで嫌味なユタ。
「全然勉強してなこなかった」と言いつつ試験で100点取るタイプ。

自分を見守る何かの存在に気づいた小夜ちゃんを、嬉しそうな悲しそうな
表情で見て去っていくペドロと、それを見送りつつ、遂に堪えきれなくなった
ように小夜ちゃんの手を掴んで、ペドロ達の去った方向へ走り出していくユタ。
ここ、もうこみ上げてくるんだよー!
泣いちゃった…。

一度幕が下りて再び上がると、「ともだちはいいもんだ」の歌詞の書かれた
布が下りてきて、みんなで大合唱です。私も涙の乾かないまま歌いました。
歌の途中でゴンゾが下手、たぶん上手はヒノデロかな?が客席に下りて
きてくれて、凄いいい生声で歌いながらの握手タイム。
芝さんキタ…!泣きながら笑顔で握手の手を差し出す私は相当キモかったと
思いますが、芝さんはしっかり手を握ってくれました。
やばい…芝フラグ立った…よ。(どんなフラグだ)
ユタ、ペドロ、小夜ちゃんはずっと舞台の上にいた気がします。
最後歌が終わると、全員通路を走って後ろの扉から出ていってしまいました。
今思えばお見送りに向けてスタンバイのためだったんでしょうが、初日の
私たちはそんなことは露知らなかったので、ひたすらカテコのために拍手を
し続けてました(笑)。
そりゃいくら拍手で呼んでも戻ってこないわけだな、うん。
たぶん、芝さん達は「ちっげーよ、こっちだよ!」って思ってたんでしょうね。

呼んでも出てきてくれないので諦めて客席を立つと、あら、ロビーに菊池大作。
扉の所に青山モンゼ。春秋兼用のロビーには田代ペドロ、増本ダンジャ、
芝ゴンゾ、田邊ユタ、笠松小夜ちゃん、吉谷寅吉じいさんが!
たぶん他にも役者さんが散らばってくれてたんでしょうが、とりあえず目に
ついたのはこれらの方々。
田邊ユタ・笠松小夜ちゃん、増本ダンジャのところには列ができるように
なってました。私はその隙に芝ゴンゾと本日2回目の握手をしにいこうかと
悩んでました(笑)。

役者と握手できる!っていうとどうしてもミーハー心が先立つ感じしますが、
一番嬉しいのは直接「感動した!いい舞台をありがとう!」って気持ちを
伝えられることですよね。
芝さんはさっき握手してもらったので、田邊さん、笠松さん、菊池さん、
吉谷さんと握手してもらいました。

握手というサービスもつくことですし、キャスト変わるとこれはまた
行きたくなっちゃうな~。作品としても好きだし。
とりあえず今週のWいっぱいのキャストも気になるところです(笑)。

月曜恒例キャストチェック~みんなは一つの役のために

【キャッツ】
ディミータ:団こと葉 ギルバート:谷本充弘

ディミータと言えば、青木さやかさんのディミータ挑戦!
やっと最終回を見たんですが、結構似合ってましたよねディミメイク。
踊りも頑張ってたな~と思います…が、さすがに群舞は他の猫達と
動きが違いすぎでした(笑)。
猫役者さんたちもたくさん映ってて楽しかったです。ランペ可愛い…!
最後「思い出にしたら、もう来られなくなるじゃん…」ってつぶやく姿は
本当にキャッツが好きなんだなーと感じられました。
次は「ウィキッド」ですか!?

【ユタと不思議な仲間たち】
ペドロ:田代隆秀 芝 清道 ゴンゾ:芝 清道 西門宇翔
モンゼ:青山弥生 大徳朋子 ヒノデロ:劉昌明 道口瑞之
ユタ:田邊真也 藤原大輔 新太:小川善太郎 
 厂原時也
たま子:礒津ひろみ 上原のり ハラ子:佐藤夏木  木村仁美
桃子:石栗絵理  市村涼子  増田朱紀


ダブル・トリプル多すぎやっちゅー話です。
少し考えをまとめてから発表するといいですよ四季は。
でも個人的には芝ペドロと藤原ユタと道口ヒノデロは見てみたいなぁ。
いつ行ったら見られるのか到底わかんないけど。
お見送りも初日だけでなくずっとあるということですし、チケットを
増やしたい気もする…。
ところで長期上演プロジェクトも気になるなぁ。

【ライオンキング】
スカー:野中万寿夫


野中さんお帰りなさい!

今週はキャッツに行く…予定…行けたら…。

ユタと不思議な仲間たち 4/14 初日①

ペドロ:田代隆秀 ダンジャ:増本藍 ゴンゾ:芝清道
モンゼ:青山弥生 ヒノデロ:劉 昌明
ユタ:田邊真也 小夜子:笠松はる 寅吉:吉谷昭雄
ユタの母:菅本烈子 クルミ先生:丹靖子 大作:菊池正 
一郎:遊佐真一 新太:小川善太郎 たま子:磯津ひろみ
ハラ子:佐藤夏木 桃子:石栗絵理

まずキャスティングでびっくり!顎が外れるかと思った。
芝ペドロに吉原ゴンゾかと思ってたら光夫さんはキャスト・スタッフ欄に
すらいないんだーとか、モンゼを青山さんがまたやってくれるとは
思わなかったとか、クルミ先がご生健在で嬉しいとか、いじめッ子達は
変わらないなーとか、劉 昌明・西門宇翔って誰よ?とか。
パンフで見たらマンカスでおなじみの趙宇さんとスキンブルで人気を
博した(?)ユ・チャンミンさんなんですね。
いきなりさらっと改名されてもわかりませんがな!
(旧姓)とか書いてくれんと!


オーヴァーチュア好きです。生オケで聞きたかった…。
村のクルクル回るセットは忍者屋敷みたいに色々仕掛けがあって
面白いですね。肩掛け鞄下げて、一人ぽつんと帰る田邊ユタ
田邊さんはユタは卒業かと思ってたので今回見られて良かったです。
今回下手前方席だったんですが、ここは結構ユタ堪能席でした。
体力作りでダンジャの真似して蹴りのように足を振り上げるところ、正直
ダンジャよりも足上がってて、才能の片鱗をしっかり見せつけていた。
お前実は余裕だな?

いじめシーンは子供の自殺がマスコミを騒がせている昨今、辛いものも
ありますが、だからといって気を抜くと菊池大作「ゴチになります」
しか見えなくなるのでそこは別の意味で要注意です。
大体、菊池さんは大作と寅吉じいさんにキャスティングって一体!
遊佐いづろも古き良き時代のヤンキーです。
っていうかみんないつの時代の何歳の設定なんだよ!(魂の叫び)
「時は平成○○年」とは歌詞であったけど、これをあたしが生きてきた
平成と認めてしまったら負けな気がするの…!

座敷童子の登場シーンは、光の演出もあって不可思議な雰囲気が凄く
出てましたね。お面かぶった座敷童子たちが最初、ちょっと怖い感じが
するのも、後で言葉を交わした時とのギャップが出ていいんだよね。
ユタを導いた後、屋根の上からペドロが下りてくるシーンは、緑の海の
中を歩いてるみたいでほんと綺麗。
「鐘の音の輪にのって」のシーンもそうですが、緑の光の演出が上手い
と思いました。

さてさて、新キャスも入ってるワラシ達ですが。
まずは田代ペドロ
歌が時々キツそうだったけど、セリフ回しや存在感はバッチリのペドロ。
カリスマ性のある光枝ペドロよりも「親分」って言葉が似合う、やや荒っ
ぽい感じのペドロでした。だからこそ小夜ちゃんに対しては余計に幼く
見えてしまったりして。でも思っていた以上にはまってました。
芝ゴンゾは、歌がサイコー!声がサイコー!
ワラシ達の歌のシーンでは、芝さんの声がずば抜けて響いていました。
田代さんも劉さんもそんなに「歌の人」ではないので、男声の要として
ペドロかゴンゾで芝さんがメンバーにいてくれないと、歌に迫力が欠けて
しまうかもなぁ。
ペドロ役の方が歌は多いので、ぜひ次はペドロで見てみたいです。
お洗濯シーンで5人で「ペドロ一家」と書かれた手ぬぐいを干すところ
では、ゴンゾだけ手ぬぐいが綺麗にほせず「ド」の字(確か)が客席に
見えなかった…。
増本ダンジャ、かっこいいー!高音が裏声になっちゃうのがちょっと
もったいなかったけど、凛々しい表情と低い声での話し方が素敵でした。
青山モンゼ、幼いしゃべり方が可愛かったです!ロージーと同じ人には
見えないなー。小柄なのは舞台上でもよくわかったけど、お見送りで
間近に見た時はほんっっっと小さいと思った!凄かった!(何が!)
劉ヒノデロ、TV放送版のシモデロと見比べてみるとメイクが少し違う
よね?赤い隈取りみたいなメイクのおかげで、ちょっと表情が怖くなってる
かも。
結構男らしいヒノデロなので、妖艶さとか中性的な雰囲気がもっとあれば
いいかな~。
最初ヒノデロがユさんだとわかった時に思わず「こ、言葉は!?」と動揺
してしまったんですが、正直言うと…
訛りだか南部弁だかわかんなかった。
ネイティブで南部弁の人はまた別だと思いますが、私なんかはそんなに
気にならなかったです。

「ともだちはいいもんだ」の熱い熱唱で一幕は終了です。
感極まったような田邊ユタの表情にすでに泣けてくる…。

ユタ初日

あたし、芝さんに会うために生まれてきたのかもしんない…(極論)。

下手前方席とったら見事にゴンゾ握手席!
「ともだちはいいもんだ」を歌いながら手をしっかり握ってくれるんで、
上から凄いいい生声降ってくるんですけど!!生声サイコー!
キャッツの握手も歌いながらはやってくれないよね。
ぎゃーもう手、洗えない!じゃ、トイレ行けない!?
っていうかこの客席下りてくる演出って前からあったっけ?

と思ってたら…出口では主要キャストが握手つきでお見送りだよ!
ユタもゴンゾもペドロもタンジャもモンゼも寅吉じいさんも小夜ちゃんも
いづろもいるよー!
田邊さん間近で見ても顔小さ!
これって初日だけなのかなー?
もちろん本編も良くて泣いたぜ!ラストはね…泣ける。
私、「異世界の友人」「めったに会えない場所にいる友人」との友情物に
弱いんだよね…。ワタルと虎王とかさー(例えはもっと一般的に!)

よっしゃ!

我、勝てり!我、勝てりぃぃ!

なんとか土日の休みをゲット!ってくらいで、この喜びよう。
だって土日両方休めるなんて、一ヶ月ぶりくらいなんだもん。
まして明日は「ユタと不思議な仲間たち」初日。
チケット無駄にならなくて、そして空席を作らずにすんで
よかったー!

J・K・ローリング「ハリーポッターと謎のプリンス」

北やんの誕生日に合わせてバースデーケーキのテンプレにしてみた!
って遅いんだよココログは!
なんであと二日早くテンプレ更新できないのもう、この子は!(無茶)
しかもケーキの下に「Meg」とあって、なんかメグ・ジリーからのケーキ
みたいなことに。蝋燭はとりあえず10の位の分だけ立ててる感じで!

・「ハリーポッターと謎のプリンス」

なぁ、なんでみんな、死んでしまうん…?(節子)
前回「ヴェールの向こうに行った」シリウスに続き、今回またですか!
(シリウスについては、ああもう3巻でさっさとハリーと暮らしちゃえば
よかったんだよ!としみじみ思う)
しかも今回は微妙に犬死にっぽくない…?気のせい?気のせい?
みんな幸せハッピーエンドを期待した私がサクマドロップ並に
甘かったよ。どうかウィーズリー家の双子だけは死にませんように。
あとハリー達3人の恋愛模様も確定してきましたね。
ふーん、そうきますか。
プリンスの正体はちと笑いました。ぷぷぷぷりんすぅ!?と(笑)。

月曜恒例キャストチェック~Happy Birthday dear

北澤裕輔さん、
お誕生日おめでとうございます~!

今日は何をおいても、まずこれを最初に言わなきゃね!
というわけで、北やんはぴば!これからもますますのご活躍を
期待しております!というか、そろそろ舞台出て!
今はお稽古真っ最中なのかな~。上演が予定されてる演目で
北澤さんで見たい役がたくさんあるんだけどな~。

【キャッツ】
ジェリーロラム=グリドルボーン:遠山さやか
ミストフェリーズ:杜 彦昊


あ、あれー?花代さんはどこ?
ジェリロは先週中に既に谷内さんが追加になってたみたいですが、
花代さん調子悪いのかなぁ?見たかったぞー!
でも遠山ジェリロって結構久々ですよね?

【ライオンキング】
ナラ:江畑晶慧


今週は上演2つだけですか!さすがに寂しいですね。

「WICKED」チケ発売

「WICKED」のチケット取りに参戦された方、お疲れ様でしたー。
私もほんと疲れた。未だかつてない入れ無さっぷり。
だって前日の夜から既に入れないって!もうわけわからないよ!
朝の時点では四季のトップページすら表示されなくなりました。
でもいざ入ると結構席余ってるんだよなぁ…。
みんな初日とか狙ってたのかなぁ。

でもお友達が最前列をゲットしてくれたので(ありがと~!)、
もう楽しみ!

どこまでゆけば終わるのか


今日も花見をしながらのランチです☆

職場のすぐそばに、花見には絶好の公園があるんですよ〜。同僚たちもフリスビー持参で大はしゃぎ!





って、今日も私は職場来てんのかよ!!また休日出勤かよ!

花見ランチ






今日のランチは花見がてら職場近くの公園で。



前はこの時期、毎年千鳥ケ淵方面に花見に行ってたんだけどなー。実は花見は昼よりも夜桜見るのが大好きです。

「ドリームガールズ」

「ドリームガールズ」を見てきました。やっと!
チケット売り場でレディースデーの水曜日じゃないのに「1000円です」って
言われたんで、いいの?1000円で見ちゃうよ?と思ったんですが、毎月
1日って映画の日とか言うんでしたっけ確か?
定価のつもりだったんでなんか得した気分です。

ミュージカル作品の映画化というだけでなく、スターを夢みるコーラスガール
達の成功と挫折の物語なので、全編通してひたすら歌!歌!です。
そしてライブパフォーマンス!
最初「そりゃー売れんだろ…」って感じの垢抜けない彼女たちが(主に
ヅラ方面で)、逆境の中で次第に成功を掴み、キラキラの衣装と豪華な
ステージで喝采を浴びるようになるまでの姿は、素直に見ていて応援
したくなります。
でも単純にスターになって終わるんじゃなくて、成功の代償に失ったもの
もあり、時代に取り残されて消えていった仲間もあり。
特にカーティスの変貌はなぁ…。カーディーラーがどうしたら音楽の
プロデューサーになれるのかもよくわからない(そこかよ)。

ビヨンセ綺麗~!旦那がクレオパトラにしたくなる気持ちもわかる!
もちろん本職の歌手だから歌は上手いんだけど、でも歌に関しては
やっぱりエフィ役のジェ二ファー・ハドソン!パワフルでソウルフルで、
しかもエフィはキレたり愛を切々と訴えたりする、感情を爆発させる
歌が多いのでなおのこと素晴らしかったです。
アカデミー賞最優秀助演女優賞も納得です。
正直物語もディーナ(ビヨンセ)よりもエフィ寄りに作られてる気がする。
感情移入しやすいし。
エディー・マーフィ予想以上に歌が上手くてびっくり!前半のコミカルな
芝居のさすがの上手さが、後半の彼の辛いシリアスな状況を余計に
際だたせてたと思います。

舞台でも見たいな~コレ。

月曜恒例キャストチェック~生き抜けるかキャス変を

【キャッツ】
ジェリーロラム=グリドルボーン:木村花代
ジェニエニドッツ:高島田薫
ラム・タム・タガー:キム スンラ
スキンブルシャンクス:岸 佳宏


今月キャッツのチケットを持ってる私に朗報!
やったー花代グリドルに高島田ジェニ!それに、スンラタガー!
スンラさんおかりなさいー。
私、スンラタガーって見たことないんですよー。
ガスならあるけど、タガー姿がイメージわきません!
どうかあと2回ほどキャス変を乗り切ってください(笑)。松島さんも。
これにあと萩原ギルと福井マンカスがきてくれたらかなり嬉しいんだ
けどなー。

【ライオンキング】
シンバ:未定


…。ち、違うよ!だから別に期待してなんか…!

今週はこれとあとCFYだけ。すくな!少ない~!
そして未だにアルプが届かない私は東京都在住です。

鉱石ラジオスケジューラー4月

なんとか日曜の休みだけは死守しました、こんばんはmariです。
その代わり来週の日曜が身代わりになってくれたような気がする…。
8日(日)「俺はいい!俺はいいから1日は先にいけー!ぐはあっ!」
1日(日)「8日先輩が俺の代わりに犠牲に!8日せんぱーい!!」

そんなストーリーが脳内で展開。やべー8日先輩死亡フラグ立ってるよ!
個人的にはチケ取りのある8日先輩に生き残って欲しかったんだけど!
というか、なぜ8日は先輩なんだろ…?(脳内劇場終わり)
今日は「予定のない休日とはかくあるべき」という感じのお休みの日を
過ごしました。ゆっくり寝て掃除して洗濯して、あと映画見に行って。
まー予定ないっていうか、翌日出勤かどうかは前日の残業時間の
ラスト10分前くらいに決定するので、大抵予定立てようーにもないんで
すけどね。

「夢から醒めた夢」福岡公演、「コンタクト」が昨日千秋楽でしたね。
キャストの皆様お疲れさまでした。公式HPの「千秋楽の様子」の
写真に配達人が映ってないのが毎度寂しいところですが、その
寂しさはフィエロ役候補のページで各自セルフカバーしましょう。
へー夢醒めは8回もカーテンコールあったんですね。さすが!
「オペラ座の怪人」を見に行った同僚が開口一声口にした感想は
「すっごい何回も幕上がるねー!」だったことを思い出しました。
そうです。それが四季です。「そーだろー!はっはっは!」となぜか
私が自慢げでした。

さて、もう4月ですねー。
今月の観劇予定としては、「ユタと不思議な仲間たち」「キャッツ」。
2,3月と多忙で観劇は月1くらいになってましたが、来るべき6月に
向けてリハビリ開始!なスケジュールです。
ほんと6月はヤバイ。なんかもう抑えていたものが爆発する予感。
と言っても、今月の観劇は仕事で潰れる可能性大なんだけどねー!

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

最近のトラックバック