2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« クラシカルクロスオーバーとは | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~貴方ならきっと、会えるわ »

ジーザス・クライスト・スーパースター~ジャポネスク 6/10

ジーザス・クライスト:柳瀬大輔 イスカリオテのユダ:芝清道
マグダラのマリア:木村花代 カヤパ:青木朗 アンナス:明戸信吾
司祭:阿川建一郎 田辺容 川原信弘 シモン:神崎翔馬
ペテロ:飯田洋輔 ピラト:村俊英 ヘロデ王:下村尊則

男性アンサンブル
石 路 岩城雄太 上出匡高 佐藤 晃仁 染矢 裕 武智正光
松元 朋 中村 伝 大空卓鵬 二見隆介 松尾 篤 鈴木 聡
森田 利夫 赤間清人

女性アンサンブル
西村麗子 金 寿恵 倖田未稀 金平真弥 中井菜々子 志村円
楠見朋子 新井裕美 松尾千歳 稲垣麻衣子 上條奈々 小島由夏

予備知識と言えば、一般的な聖書のお話と遙か前に一回だけ見た映画版
JCSの記憶だけ、という状態で行ってきましたJCSジャポ!
本家エルサバージョンを見たことないのに、いきなりジャポ!いきなり変化球!
わ~無謀無謀(笑)!
この日は後方席にも関わらず、オペラグラスを忘れたのが痛かった~!
いや本当はもっと重要な物も忘れてきてたんだけどネ…(笑)。
とにかく、白塗り隈取りメイクで主要キャストさん以外の顔がほとんど見分けられ
なかったのが残念。オペラグラスがあれば、下村ヘロデ王のお供の花魁が
男か女かなんて迷わずにすんだのにぃ!(後でメールで教えていただいた
ところによると、案の定男性だったらしいですが…。情報ありがとうございます!)

イエス・キリストの最後の7日間のお話なのに、歌舞伎風の白塗り隈取りメイク、
衣装でとっても不思議な世界観でした。衣装も和装を取り入れた独特のデザイン
なんですが、貧しい民衆達の褪せてくすんだ色合いの中で赤やオレンジが
効果的に使われていて目を惹きます。
音楽そのものは一応映画版を見てるので聞き覚えはあるのですが、和の楽器で
アレンジされてるのが新鮮ですね。

お話は本当にキリストの最期そのもの。ラストまで休憩無しのノンストップです。
オペラ座やエビータのように歌で物語が綴られていくんだけど、一曲歌ったら即次の
曲が始まるので、拍手する暇っていうか隙がないのよ!したいのにできない!
話も展開早いし。これは、映画版で多少予習してたのは正解だったなぁ。
まともに拍手できたのは、木村マリアの「私はイエスがわからない」後と、あと
「ゲッセマネの園」後もあったかな。それに何と言っても「ヘロデ王の歌」
…これが一番拍手大きかったってどういうことだオイ!

正直、下村ヘロデの登場だけで、客席がざわめいた。みんな目を疑った。
今まで苦悩するジーザス、ユダ、狂信的な民衆達…と、重く辛い物語展開の中で、
笑うことを忘れてしまった私達。無反応の柳瀬ジーザス相手に「お洒落は私の
切り札」並にショーを一人繰り広げる下村ヘロデに皆、ごめんなさい。こんな時
どんな顔
したらいいのか、よくわからないと戸惑いを隠せない。(懐。綾波)
しかも今までくすんだ色合いばっかり見てたから、青アフロ花柄フンドシ白タイツ
胸元に咲いた二つの薔薇がマブシイィィィ!…いや、咲いてるのは薔薇っていうか。
むしろ下村さんが咲き乱れてると言う方が正しい。
そして私の心もかき乱される…。

私と同様に初見だった連れが終演後「あの演出と衣装は下村さんだけ、ああなの?」
と聞いてきたが、そんなわけあるかい。
全力でツッコミたかったけど、気持ちはわかったので笑顔で「まさか~」と答えておいた。
が、何せ私も今回のシモヘロデしか観たことないし。ももももしそうだったらどうしよう!
とにかくヘロデのシーンだけは別世界だったよ…。
ジャポとも、たぶんエルサとも違う世界だった。そして間違いなくヘロデはそこの王。

さて、他のキャストさんについて。
柳瀬ジーザスは本当に神々しかった。歌声にも所作にも、神の子として皆を惹きつける
高貴さ、カリスマ性みたいなものが感じられて、納得のジーザス。
民衆に迫られてるところなんか、痛々しい…。
体も前に見たとき(騎士マイルス)よりかなり痩せていて、最期の磔のシーンも程々に
ナイスな体になってました。「ゲッセマネの園」はかなり切ない。グッとくる!
芝ユダも見られてよかったよう!愛ゆえに!っていうのがよく伝わってきて、歌も
すっごく聞きやすくて。
この2人はシャウトも多くて大変だと思いますが、声はセーブ気味だったような気も
します。特に芝さん。チェとかもっと全開だったような気がするんだなぁ。
木村マリアは綺麗で優しい歌声でマリアにぴったりだと思いました。「私はイエス~」
ラストの高音もよく響いてましたし。白塗りも可愛かったよー。
でもあんまりジーザスへの想いは感じられなかった…かも。
青木カヤパ明戸アンナスはそれぞれ低音と高音が大変そうで、ほんとALW物は
歌いづらそうだと思いましたとも。
あと個人的に「かつて北澤さんがやっていたというペテロを見よう!」という心構えが
あったのに、オペラグラス忘れてたんで誰がだーれーか(涙)。
ジーザスに「ペテロは私を知らないという」(だっけ?)と言われて、ええっ!?と驚く
飯田さんを見てやっと、貴方をお探ししておりました!と。
木村マリアと2人で歌う「やりなおすことはできないのですか」は綺麗なハーモニー
で、飯田さんの歌声、結構好みみたいです私。
でも北澤ペテロの歌も聞いてみたかった~。「知るもんか、あんなやつ!」とか!

やっぱり初回は細かいところまで見られないなぁ。後はエルサの発売が間もなくと
言うことで。違いを楽しんでみたいですね。

« クラシカルクロスオーバーとは | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~貴方ならきっと、会えるわ »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
下村ヘロデ王ほんとにすごかったですー。たしかにあそこだけ下村ワールドでした。笑。北澤さんがこの演目に出ていたときもあったのですね~。

>花散る里さん
ヘロデ凄かったですよね(笑)。エルサでもぜひ下村ヘロデ見てみたいです。それだけで行く価値ありそう!北澤ペテロ見てみたかったです。群衆の中でも見つけられるかがまず問題ですが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/15384827

この記事へのトラックバック一覧です: ジーザス・クライスト・スーパースター~ジャポネスク 6/10:

« クラシカルクロスオーバーとは | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~貴方ならきっと、会えるわ »

最近のトラックバック