2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 渇いてます | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~お前が兄貴で俺が弟で »

ジーザス・クライスト=スーパースター 7/28初日

ジーザス・クライスト:柳瀬大輔 イスカリオテのユダ:金森勝
マグダラのマリア:高木美果 カヤパ:飯田洋輔 アンナス:阿川建一郎
司祭:佐藤圭一 田辺容 川原信弘 シモン:神崎翔馬
ペテロ:田中彰孝 ピラト:田島亨祐 ヘロデ王:半場俊一郎

男性アンサンブル
石 路 岩城雄太 上出匡高 佐藤 晃仁 染矢 裕 武智正光
松元 朋 中村 伝 大空卓鵬 二見隆介 松尾 篤 鈴木 聡
森田 利夫 赤間清人 柿沢勇人 大竹康平

女性アンサンブル
西村麗子 新子夏代 金 寿恵 倖田未稀 金平真弥 中井菜々子
志村円 楠見朋子 松尾千歳 稲垣麻衣子 上條奈々 小島由夏


なんの因果か休日出勤で、午前だけお仕事して、それから浜松町へ。
熱い…。暑いというかもう熱い。

さて、実は初日だったわけですがメンバーがジャポネスクに参加していた方
ばっかりだったので、初日特有の緊張感とかも特になく。舞台も既にまとまりが
感じられるものでした。
役が変わってる人は結構いますけどね。なんというか信者から大司祭へとか
大出世(地位的に)だよ!

柳瀬ジーザス
表情がわかりやすいのは、やっぱりジャポの隈取りメイクじゃないからなの
かな。あのメイクは視覚的には目を惹くけど、表情が読みとりにくいのかも。
ユダに裏切られたとき、ゲッセマネで連行される前にユダと見つめあったとき、
ペテロに「知らない」と言われた時の柳瀬ジーザスの顔が忘れられないよ…。
全てわかっているような悲しいような慈愛に満ちてるような諦観のような。
結局ジャポから独走なのでお疲れかと思ったんですが、そんなこともなく、
やっぱりゲッセマネとかもう切なくて胸に迫るものがありました。
ジーザスの最期の時には、マリアと信者が側にいるんですね。ジャポでは
「夢がーおーおー♪」のピコばりに暗闇の中に一人きりのラストだったよね。

金森ユダ
凄い良かった!今回JCS自体が2回目だったせいもあるかもしれないけど、
演技がわかりやすくて感情がよく伝わってきました。裏切りに至るまでも
芝ユダよりも繊細でもっともっと苦悩してそうな感じ。
歌に関しては高音でのシャウト声がか細かったりかすれてしまってたりで、
好みとしてはやっぱり芝さんの迫力に私は惹かれるかなぁ。
で、誰かに似てるなーと思ってたんですが、なんかユダの髭とか髪型だと、
なすびっぽく見えたんだよね…。一瞬「そう言えばなすびって最近見ない
けど、何してんだろ」って疑問が脳裏に浮かんだ(舞台に集中しなさい)。
あ、ユダの最期もジャポと違うよね…?
蟻地獄エンディングじゃなかいよねジャポって…。

高木マリア
ジャポでは花代マリアだったので、クリスティーヌ以来の高木さんでした。
訛りないねー!クリスティーヌでは楽屋のとことかセリフ危うかったんだ
けど、この演目は歌ばっかだし。
花代さんよりも人間っぽい、「女」っぽいマリアでした。でもジーザスを愛してる
というより恋してるって感じかな?個人的にはもっとジーザス・ユダと昼ドラ並の
ドロドロ三角関係になってくれてもいいかも。

飯田カヤパ&阿川アンナス
飯田さん、ジャポではペテロだったのにいきなり大司祭に出世です。カヤパは
前回青木カヤパが低音かなり苦しそうだったんだけど、飯田カヤパは全然問題
なしでした。ペテロの綺麗な声も上手だったし、音域広いんだなぁ。
でも飯田さんはペテロでマリアとのハーモニーを聞きたい!
外見もペテロの時は好青年風だったけど(かつて北澤さんが演じていたので贔屓
補正有り)、カヤパでも相応に見えて逆に困惑しました。わ、若いよね実際は…。
アンナスはカヤパとは逆に高音が大変そうなんだけど、阿川さんも辛そうな
部分がありましたっけ…。明戸さんのような超音波風ではなかったけどネ。
それにしても何なの二人がかぶってる「やあ!僕ミッキー!」みたいなヘルメットは!
キャッツシアターで売ってる猫耳みたいに、「司祭ズハット」として売り出せばいい…。

半場ヘロデは、映画版で見たイメージ通りのヘロデでした。ジャポのシモ様と
比べるとだいぶ大人しくて普通ですが、あれはあの衣装とシモ様あっての存在感
だったのかちら…。
田中ペテロ、若々しくて「知るもんか、あんな奴!」も可愛かったです。

カテコはやっぱりジャポとかなり違いますね。ノリノリで楽しかったんですが、
最初やっぱりジーザス磔の余韻に浸っていたので、楽しんでいいものか微妙な
顔で手拍子していたわけですが。
ユダを先頭にみんなで三角形に陣を組んで踊るところなんか、私は無性に
「王子とこじき」のカテコ思い出しました。本気でユダと愉快な仲間たち状態…。

« 渇いてます | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~お前が兄貴で俺が弟で »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

ますますエルサが楽しみになってきました。このエルサも初見です。高木マリアはジャポネスクのときに拝見して、すごく女を感じるマリアだと思いました。私が観る日まではまだ間があるので、キャストがどうなるかなぁと思っています。LK好きの私としては、田中君に会いたいです。

>茶トラさん
高木マリア、訛ってなくて凄いなぁーと。エルサのラストには
マリアも傍に佇んでるから、余計にジーザスとのドラマを感じて
しまうのかもしれません。でも個人的にはもっと濃くてもいい
ような気もしちゃったり(笑)。
シンバマスクをかぶっていない田中さんを見るのは、李香蘭以来
かもしれません。さわやか好青年でしたよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/15928213

この記事へのトラックバック一覧です: ジーザス・クライスト=スーパースター 7/28初日:

« 渇いてます | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~お前が兄貴で俺が弟で »

最近のトラックバック