« 渋谷はちょっと苦手〜 | トップページ | 買わなきゃハドソン! »

カノン Summer Live 2007

カノン Summer Live 2007

今月に入って3回目のライブでございます。最近音楽づいてますぜ私。
会場は渋谷のduo musicecange。

カノン(vocal)
   石坂慶彦(keybord)、真部裕(violin)、中島優紀(violin)
   松本有理(viola)、多井智紀(cello)

たぶんカノンさんってまだそんなにメジャーな方ではないと思いますが、
「ヒーリングを越えた聖なる歌声」と評される透き通った高音を持つ
女性シンガーさんです。主にクラシック音楽とポップスを融合させた
クラシカル・クロスオーバーというジャンル?で活動を展開されていて、
ちょうど「クラシックの曲に歌詞つけて歌いたいなぁ~」とか考えていた
私の嗜好にドンピシャだったのをきっかけに、アルバムなども集め始め、
ついにはライブにまで行くことになったわけです。
いいよ~いい!クラシカル・クロスオーバー最高!

以下、セットリスト

My Name is… (based on パッヘルベルのカノン)
こころ((based on ベートーベンのピアノソナタ第8番)
ダイヤモンド
Serenade(based on 弦楽セレナーデ)
すべて
My Destiny(based on ヴォカリーズ)
Good Old Days
竹田の子守歌
ユー・レイズ・ミー・アップ
The Power
As One
Blue(based on ラプソディ・イン・ブルー)

Gloria

アンコール
Brand New Breeze(basedo on 愛の挨拶)


もっとあったと思うんだけど、これで思い出せる精一杯。

basedo on…と書いてある曲は、以降に書いてあるクラシック曲をモチーフに
したものです。そのままメロディに歌詞をつけている曲もあれば、オリジナル曲
の間奏に取り入れてスパイスのような使い方をしている曲もあります。

もともと「Brand New Breeze」と「Gloria」が好きでカノンさんに興味を持った
ので、最後の最後に2曲続けて大好きな曲が聞けて良かったです。

それと、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽カルテットの皆さんの美しい
ハーモニーが凄く間近で聞けたのが凄く嬉しかった~!
「Brand New Breeze」でエルガー「愛の挨拶」部分が流れたときなんか、
あたし今度生まれてくる時には絶対幼少のみぎりから弦楽器やってやる!
と決心するほど感動したよ~!せめて今生では室内楽のコンサートに
いつかいってやる!
そしてこのカルテットのメンバー、セカンドヴァイオリンの中島さん(なんと
現役の東京芸大生。かーなーり可愛い)だけは知ってるなー、TVアニメの
「金色のコルダ」で、劇中のヒロインのヴァイオリンの音を当ててた人だよなー、
カノンさんがアニメの主題歌歌ってたから、それ繋がりかなーとはわかって
たんですが、何ということでしょう。
なんとも楽しそうな笑顔でチェロを弾いていた多井さんも同アニメでヒロインの
後輩君のチェロの音を、笑顔がなんだか北澤さんに似ていて個人的に大注目
だった松本さんは、音大に進んだヒロインの先輩のヴィオラの音を当てていた
方々だったのでした。
間違った方向からクラシックの扉を開けてる私、大喜び!
しかし、ヴァイオリンとチェロはそれぞれメロディラインの高音とベースの低音
だから聞いてすぐわかるけど、ヴィオラの音色って他の楽器と重なると初心者の
私には聞き取るの難しい…。今度ヴィオラの音をじっくり聞いてみたいなぁ。

« 渋谷はちょっと苦手〜 | トップページ | 買わなきゃハドソン! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/15901773

この記事へのトラックバック一覧です: カノン Summer Live 2007 :

« 渋谷はちょっと苦手〜 | トップページ | 買わなきゃハドソン! »

最近のトラックバック