2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 月曜恒例キャストチェック~エレカナーメンナーメン | トップページ | 若かったあの頃 何も怖くなかった »

ひぐらしのなく頃に

「ひぐらしのく頃に」が携帯アプリでできるので、ボチボチ
やってます。賽殺し編までクリア。アニメ版も一応追ってます。

昭和58年、6月。雛見沢村。
綿流しのお祭りの夜に毎年起こる一人の殺人、一人の失踪。
雛見沢連続怪死事件
、狂気の感染、撲殺、オヤシロ様の祟り

疑心暗鬼、正解率1%、そして「惨劇に、挑め」

殺人事件の推理、というより世界観が面白いです。
絵が好み分かれそうですが、音楽もいいですね!
今のところ、一番最初の「鬼隠し編」が目茶目茶怖かった…。
血より鉈より金属バットより、もう人間が恐ろしいヨ。怖いヨ。
「豚骨ショウガ味」って言葉がこんなに恐ろしいとは!
次点「綿流し編」。ラストが凶悪。「目明し編」の頃には
慣れた(笑)。
やっぱり一番好きなのは「祭囃し編」かな。なんか超人的に
なりすぎてる人が何人かいましたが、全てに決着がついて
よかったよかった。後はあの人が戻ってくれば完璧だけど、
それも遠からずだろうって感じだし。
でも世間は残虐シーンだけ取り上げて「犯罪を誘発する」とか
言うんだろうなぁ。逆に、そうした短絡的な行動がおこす悲劇
とかそれを回避するためにはどうしたらいいかってことを、もう
読んでてくどいくらい登場人物達に言わせてるんだけどなぁ。
偉い人にはわからんのですよってことなのかなー。
とオタ…もとい、少年の心を持った私などは思うんですが。
キャラクターでは赤坂と梨花、詩音と悟史には幸せになって
ほしいと切に思いつつ、同志Kとイリーには親近感を覚えて
おります。

« 月曜恒例キャストチェック~エレカナーメンナーメン | トップページ | 若かったあの頃 何も怖くなかった »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/16640226

この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらしのなく頃に:

« 月曜恒例キャストチェック~エレカナーメンナーメン | トップページ | 若かったあの頃 何も怖くなかった »

最近のトラックバック