2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« Can you hear me?Can you hear my radio? | トップページ | LUSH「肌の愛情」「蝶々夫人」 »

月曜恒例キャストチェック~会えるときがくる

【キャッツ】
ジェリーロラム=グリドルボーン:秋夢子
タントミール:高倉恵美 ジェミマ:王クン 
ボンバルリーナ:松下沙樹
アスパラガス=グロールタイガー/バストファジョーンズ
:金森勝


おお、高倉タント~!
ガスもやっと交代ですね。田島さんお疲れ様でした!

【ウエストサイド物語】
リフ:荒川務

ところで今週キャッツのチケットを持っていたはずなのに、
いつの間にか新感線の「IZO」に化けてました。
主演はGO森田!ですよ。
おっかしいなー、猫が人斬り以蔵になったよー。

私が岡田以蔵という人を知ったのは、当時ドラマを作れば
当たった三谷幸喜脚本の中でも風雲児にして異端児、
「竜馬におまかせ!」でした。主演浜田雅功。
歴史ドラマというより竜馬と千葉道場の面々を中心にした
青春コメディだったんですが、別所哲也の千葉重太郎、
内藤剛志の勝海舟、西川雅彦の清河八郎、伊東四朗の
千葉重吉、阿南健治の近藤勇、梶原善の沖田総司、
寺脇康文の高杉晋作、池田成志の武市半平太と、なかなか
豪華で、後で三谷幸喜が大河で「新撰組!」を書くことを
考えると興味深いキャスティングでした。
そこで反町隆史が岡田以蔵を演じていて、初めてその存在を
知り(私内部で反町隆史の瞬間最高好感度をキープした)
「お~い竜馬!」も読んで泣きました…。
それ以来、以蔵は自分的に2枚目枠です。

ドラマは後半はコントみたいでグダグダもしましたが、それでも
登場人物の多くが迎える悲惨な最期を比較的きちんと描いて
いて、彼等がドラマ内でのキャラクターをたがえることなく死んで
いくのが、それまでとのギャップで妙に物悲しかったです。
あ、竜馬だけはあの暗殺の時、発明マニア貞吉お手製の
カラクリ鎧で密かに生き延びてアメリカに渡ってるというオチ。
激動を生き延びた勝海舟が海を見つめ、「竜さん、あんたが
言ったとおり開かれた国になったよ。でも本当にこれが
望んでいた国だったのかな…?」と呟くラストといい、歴史好き
の三谷らしさが出ていたなぁーと。
グダグダだったけど面白かったなーあのドラマ。
あれ、何の話だったっけ…?

« Can you hear me?Can you hear my radio? | トップページ | LUSH「肌の愛情」「蝶々夫人」 »

月曜恒例キャストチェック」カテゴリの記事

コメント

「竜馬におまかせ!」今考えるとスゴイ面子でしたよね。当時の私はその有りがたみを知らず、善さんの沖田総司に怒りかけていたような…(無垢なヲトメでしたので…(笑))
反町以蔵大好きでした!みんなでバンド(あの時代に…)作る時に、確かウッドベース担当で、スゴイ大事にしてて名前までつけてて。
竜馬(だったかな?)が「なんてつけたんだ?」って聞くと反町以蔵が「…武蔵丸vv」なんて照れ笑いしてたのがイケメンなのにモーレツ可愛かった記憶があります…(笑)

>クレールさん
梶原沖田は、作中でもモテモテな役でしたよね。で、浜田竜馬に「なんでやー!」って突っ込まれたような気が(笑)。
三谷物常連の小林さんとかもいて、いまもう一度見たい豪華キャストでしたよね。これがあってこそ大河「新撰組」ですよ(たぶん)。
反町以蔵、かっこよくて好きでしたよ。
ありましたねー武蔵丸(笑)!なんかデカイの引きずって歩いてましたよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/17705530

この記事へのトラックバック一覧です: 月曜恒例キャストチェック~会えるときがくる:

« Can you hear me?Can you hear my radio? | トップページ | LUSH「肌の愛情」「蝶々夫人」 »

最近のトラックバック