2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 迎春 | トップページ | 1/2 ウエストサイド物語 M ② »

1/2 ウエストサイド物語 M ①

リフ:松島勇気 トニー:阿久津陽一郎 アクション:西尾健治
A-ラブ:大塚道人 ベイビー・ジョーン:厂原時也
スノーボーイ:丹下博喜 ビッグ・ディール:萩原隆匡
ディーゼル:キムスホ ジーター:川口雄二
グラジェラ:恒川愛 ヴェルマ:上延綾 クラリス:井上あゆみ
ポーリン:蒼井蘭 ミニー:王雪韮 エニイ・ボディズ:木村仁美

マリア:高木美果アニタ:団こと葉 ロザリア:鈴木由佳乃  
コンスェーロ:村上絵里子 テレシタ:高橋亜衣
フランシスカ:大黒朋子 エステラ:撫佐仁美
マルガリータ:室井優
ベルナルド:望月龍平 チノ:玉城任 ペペ:水原俊
インディオ:佐藤雅昭 アンクシャス:徳永義満 ファノ:村山剛
ニブルス:斎藤洋一郎

ドック:緒方愛香 シュランク:牧野公昭 クラプキ:荒木勝
グラッド・ハンド:川口雄二

午前中に初売りの買い物をすませて劇場にいったら、いつの間に
やらトニーが涼太さんから阿久津さんに!トニー、トニー!
年の初めの初キャス変ー(自分的に)。

とりあえず、WWSは遥か昔にDVDを一度見たきりです。
プエルトリコ人についても、ACLのディアナさんから聞いたくらいの
知識しかありません。でも私が見た吉沢ディアナは別に色塗って
なかったから、写真の加藤ベルナルドは地黒なのかとずっと
思ってたんだ…。

望月ベルナルドも負けじと塗ってましたよ。

とりあえずジェット団は男性陣、シャーク団は女性陣が優勢という
ことはよくわかりました。
松島リフは色白なのねー結構。金髪が思ったより似合ってて。
ダンスがうまいのはもちろん、リフは結構一幕歌もあるので、
踊りながらも頑張ってましたよー。
しかしリフって、ライバルのベルナルドに比べると子供っぽい。
男の子っぽいっていうの?お揃いで「イニシャルJ」のジャンパー
作って、人に馬鹿にされながらもしっかり着てたり、なんかまだ
女よりも友情友情言って喜んでるし。
そして阿久津トニー。恰幅が良く身長があって見栄えもするので
しばらく第一線を離れていても本気だしたら十分強いんだろうなと
納得のトニー。
厂原ベイビー・ジョーンあたり、5秒で殺せると見た。
厂原ベイビー・ジョーン、赤毛似合ってて可愛いよー)
これが涼太さんトニーだと、リフが「俺とトニーでジェット団を作った」
と主張しても、トニーはマスコットボーイ役だったんじゃね?とか
思ってしまいそうだぁよ。
阿久津トニーって単に強そうなだけじゃなくて、リフを諌めたり
諭したりもできる頭の良さも持ってそうだったのに、マリアに恋して
からは本当にもう馬鹿ップル一直線なんだなあ。
恋は変えてしまう、すべてをー(AOL)。
でも、にこおおっって笑った無邪気な表情にときめいたけどね。
ああ、でもマリアにおねだりされて決闘止めにいくとか、無計画で
本当に行っちゃってあの展開とかもう…馬鹿すぎる・・・。
西尾アクションもはまってて良かった!喧嘩っぱやいけど、
リフ亡きあとは彼がリーダーとして、指パッチンでジェット団に
指示だしてるのも、素敵だった。あと、ずっと相手にされて
なかった木村エニイ・ボディズを最後に認めてあげた度量とかね。
「クラプキ巡査殿」で歌もばっちりでしたね!
西尾さん夢醒めの暴走族も良かったけど、アクションいいよ!
萩原ビック・ディールは、かっこいい。かっこいんだけど、だから
こそ余計に舞台に駆け上がって、インしてるシャツを引きずり出し
たい衝動に駆られた。あ、でもダンスパーティでのスーツは
さすがにスマートだったなぁ。でもやっぱり猫が好き(笑)。
ジェット団、みんな面白くて好きだなあ。

でも、アニタに対する仕打ちだけは許せねー!
お前ら、歯ぁ食いしばってそこに並べ!
はぁいいいいいい指導指導指導指導指導!!!
はぁ、はぁ…(こっちの拳も赤く染まってます)。
ここエニイ・ボディズは端で目を背けてイヤイヤしてるんだよね。

全く関係ないけど、決闘の場にあるフェンスを乗り越えていくのに、
ジェット団がいちいち華麗に回転ジャンプを決めながら入場して
くるのに笑った。
お前らー緊張感緊張感!

ちなみに私が「あ、ここで一幕終了かな?」と思った瞬間BEST3。
①「クインテット」後
②「トゥナイト」後(オペラ座の「オール・アイ~」みたいに)
③「ひとつの心」の後
あと、リフとベルナルドが死ぬところで、一緒に巻き込まれて
トニーも死ぬんだと思いこんでた。

ジェット団について書いてたら長くなってしまったので、続く!

« 迎春 | トップページ | 1/2 ウエストサイド物語 M ② »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

阿久津トニーは「昔はオレもやんちゃしてました」感
が漂ってるのですが、鈴木トニーはどうみても
虫一匹殺したことなさそうなトニーでした。
そして加藤ナルドだとやくざもんにみえるどころの
騒ぎではなく、モノホンのヤクザでした(笑)
悪ぶってる少年たちのなかにリアルにVシネヤクザが!
衝撃でした。かっこよかったけど。

>静馬さん
阿久津トニー、強そうですよね。涼太さんはラウルで見た時も弟系というかおっとり系に見えたので、あのジェット団に本当にいられたのか心配です。でも歌はやっぱり聞いてみたいですね。
加藤ナルドも見てみたかったですー。でも年齢的には浮きまくりそうですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/17557936

この記事へのトラックバック一覧です: 1/2 ウエストサイド物語 M ①:

« 迎春 | トップページ | 1/2 ウエストサイド物語 M ② »

最近のトラックバック