2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« だめ!堪えられない嫌い | トップページ | OMITSU LIVE SING!SING!SING! »

ファントム 2/9 S

ファントム:大沢たかお クリスティーン・ダーエ:徳永えり
フィリップ・シャンドン伯爵:ルカス・ペルマン
アラン・ショレー:HISATO ルドゥ警部:中村まこと
文化大臣:コング桑田 カルロッタ:大西ユカリ
ゲラール・キャリエール:伊藤ヨタロウ



「ミュージカル ファントム」
を観てきました。
劇団四季、映画でお馴染みのALW版とは違う、通称コピット版と
言われるストーリーで、一人の人間としてのファントムをより深く
掘り下げたものです。
宝塚でやってたのはこっちかな?
ALW版とは色々な設定も結構違ってまして、例を挙げると。
・クリスティーヌは最初、街の楽譜売り。
・ALW版でいうラウル的存在のシャンドン伯爵が、通りで
歌うクリスを見て、オペラ座へ紹介状を書く。
・カルロッタはプリマドンナ兼新支配人の妻
・キャリエールは実は…(ネタバレにつき自重)。
・ふしぎなロープアクション

などなど

舞台セットはファントムの地下室とオペラ座の広間のような
部屋が表裏になっていて、舞台上で回転することでシーン
転換します。

ALW版ではファントム、クリス、ラウルの三角関係が物語の
中心でしたけど、このコピット版ではラウル的存在である
シャンドン伯爵はおろかクリスすらも終盤で存在感が薄くなり、
どちらかというとファントムっていうかエリック(ファントム)らの
親子愛みたいなものが中心になってる気がします。
ファントム自身も容姿に恵まれない非業の天才というより、
もっと人間くさい存在として描かれていますね。

大沢たかおファントムは、まず何といってもびっけーい(笑)。
長髪のカツラと、マントや黒地に金の刺繍入りの豪奢な衣裳が
似合っていて、やっぱりカッコ良かったです。
ALW版は髪型オールバックですけど、ロン毛の方が好みかも。
カテコですっぴん&長髪カツラで出てくる大沢さんの王子のような
芸能人オーラが一見の価値ありです。
お芝居部分はさすがですが、予想通り…というか、ミュージカル
初挑戦というのを念頭においても歌が厳しかったかなーというのは
あります。声そのものは色があって良かったし表現力もあったので
惜しいなとは思うのですが、綺麗に歌うべきところも声が割れちゃ
ってたり、高音がかすれたり。
性格としては、何とも少年のようなファントムでした。ALW版の
「ポイント・オブ・ノー・リターン」のような、男と女としてクリスと向かい
あうエロティックな部分がなく、まぁせいぜい中学生でもしなそうな
森へのピクニックデート止まりですよ。
「燕だよ!ほらそこにもいる!」はしゃぐファントムって!
それにしてもラストシーンの表情、綺麗でした。

徳永えりクリスティーンは、純粋で無垢な雰囲気と、透明感・
清潔感のある声はとても綺麗なんですが、クリスをやるには
歌声が不安定かなぁ。とくに高音。
大沢ファントムが歌より演技で勝負だったので、クリスが歌に
秀でてるとバランス良いと思うのですが。
ファントムに素顔を見せてほしいと頼み、「あなたのお母さんが
あなたの素顔を見ても微笑んだように、愛があれば平気」とまで
言っておきながら、散々嫌がったファントムがいざ仮面を外すと、
後ずさりして逃亡というまさかの裏切り。
ファントム以上に私が泣いた…。

正直、ミュージカルでメイン2人が歌弱いと辛いですね。
シャンドン伯爵のルカス・ペルマンは、甘い歌声と安定したテノール
なんですが、いかんせん四季の外国人キャストと比べ物にならない
くらいに日本語がカタコトなんですよーとほほ。
一番歌で安心して聴けたのは、演技は初挑戦という大西ユカリ
カルロッタ
と(芝居もコミカルで良かったです)、アンサンブル陣。
アンサンブルには田村雄一さんもいましたよ。

音楽はALWのような圧倒的な存在感はなかったですが、いい曲が
多かったと思います。ただこれ、オケをスピーカーを通して流して
るようなので、もったいないなかったかな。

« だめ!堪えられない嫌い | トップページ | OMITSU LIVE SING!SING!SING! »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

私と同じキャストでしたね。ルカスさんは、本当に短期間で努力されたと思うのですが、私もずっこけそうでした。これがトンハさんだったなら問題なかったんでしょうが。オケは、ステージ奥に隠れる感じで?有りましたが東京でも同じでしたか?たまにこういうオケも有るのでなんか新鮮に感じます。普段なら違いますから。

宝塚版でみたファントムのあまりの人間くささに
びっくりしたんですが、これはこれで繊細で
泣かせてくれますよね。
…せっかく田村さんがいるんだから口パクで
歌だけ田村さん歌えばいいのに。
もしくは歌うとこだけ仮面で顔覆って田村さん
歌えばいいのに。

>ayupansさん
トンハさんは結構日本の他のミュージカルにも出演していますよね。確かにルカスさんよりは日本語上手かったのかも…。
オケですが、カテコで舞台奥からメンバーが出てきました。オケピが舞台の下に見えなかったから一瞬録音かと思ったのですが、あるシーンで役者用の指揮者を映したカメラが舞台端に出てきたので、あーやっぱりオケあったのかと。

>静馬さん
ALW版の怪人をイメージしていくと、だいぶ印象違いますよね。クリスとの愛より親子の情をメインに持ってきてるあたり新鮮でした。
田村さんのファントムですかーいいかも!体格いいからマント翻す姿も似合いそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/40062029

この記事へのトラックバック一覧です: ファントム 2/9 S:

« だめ!堪えられない嫌い | トップページ | OMITSU LIVE SING!SING!SING! »

最近のトラックバック