2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

鉱石ラジオスケジューラー3月

んあああ!もう2月終わっちゃう!
2月は過ぎるのが早いー、物理的にも精神的にも。そして
3月は今のところ、観劇予定はありまっせん!おあずけ!
チケット取ってて行けなくなったら悲しいじゃない・・・。
でも月の前半までにウィンキー国の王子様がいらっしゃったら、
何とか海劇場には行きたいと思ってるんですけどね。
あ、あとライブには2つほど行く予定。2つのライブ共に
アルバムとか全然聞いてないけど、予習しておきたいなぁ。

「ゲームセンターCXミュージアム」の詳細決定!
みんな行けばいいと思う…行ける人は!
あたし?あたしは無理・・・!

月曜恒例キャストチェック~何かに追われるように毎日生きてる

【キャッツ】
グリザベラ:早水小夜子 スキンブルシャンクス:石井雅登

この二人だけで個人的には劇場に駆けつけたい気持ちです。
福井さんも武藤さんもいるし。雌猫ではいつも大好きな高倉
タントと遠藤ボンバルも見たいし。
いま、「グリザベラ:早水」まで書いて、・・・小夜ちゃん、と
ふと思った。あいつはいいごだ!(ペドロ)
いま心が疲れてるので、早水小夜ちゃんのメモリーに癒され
たいよー!教えて、幸せの姿を!

【ウィキッド】
エルファバ:樋口麻美

北澤フィエロの登場は、個人的に3月の前半までor4月後半以降を
希望します。自分スケジュール的に!
このままじゃ土日すら休めない春先の超多忙期に入っちゃうー!
この冬は海劇場にいっぱい通う予定だったのに、おかしいな?
私の「喜びの緑の小道」はどこ!?(赤毛のアン的)

六本木「鶏あえず」

昨日今日と、すっごい風が強かったー!
私は幸い花粉症ではないのでその心配はいらないのですが
そういうレベルじゃなかった。
もう物理的に眼が痛かった!
コンタクトなので、風の強い日には50Mもいかないうちに
ゴミが目に入り「目が、目がー!」とムスカになるのがお約束。

そんな中、昨夜は六本木にある「鶏あえず」で飲み。
名前のとおり鳥料理、焼き鳥ダイニングのお店で、私以外の
メンバーが常連さんだったので、オーダーは彼女らにお任せしちゃ
いました。「宮崎地鶏もも焼き」「鶏あえずから揚げですが」
個人的にはお勧め。

あとこのお店のポイントは、店員さんがほぼ皆さんJAE(Japan
Action Enterprise)のアクション俳優さん
ってことでしょうか。
店内カウンターの一角には仮面ライダー電王のグッズがたくさん
飾ってあって、仮面ライダーに詳しい友人に「コレが憑依してね、」
とかいろいろ教えてもらいました。
そんなわけで特撮好きの方にもオススメですよん。料理も美味し
かったしね!

ぱたぱたマリ

今週はなかなか一週間ハードでした。そして明日は休日出勤。
だから週休日の今日に予定を詰め込みました。

今日すませたこと
・ボーカルレッスン(先生曜日変えてくれてありがとー!)
・洗濯
・食料品買い物
・来週のお弁当用にいくつか常備菜作る
・漫画を買う(「QED」29巻、「ブラッドハーレーの馬車」)

これからやること
・六本木で飲み会
・DGS聞く

一日しかないと意外と時間を無駄に使わないもんですね(笑)。

トレイントレイン走っていけ

今日一日で2人の人間に「どうしたの?すっごい疲れた顔
してるよ!」
とやや引かれたmariですこんらんわ。
なんというか、誰も周囲にいないと思って力と感情の抜け切った
一瞬の表情を見られたらしい。
とりあえずリポD飲んだ!今週末は休日出勤なんだぜイエー!

ところで「御座敷」HPで最近色々動きがあるのが興味深いです。

・マスコミ就職活動2008年冬の陣!
がんばれ未来のCXADたち!でも採用はゲームのうまい下手は
問わないそうだぞ!そして「3年くらいで早くもADからDになる人も
いる」ってことらしいですが、笹野さんは間違いなく出世頭組。
・「ゲームセンターCX」ラッピング山手線。
天下の山手線・・・!大人気の仮面ライダー電王とかでさえ
東急東横線だというのに!
・晴海で「ゲームセンターCXミュージアム」開催。
行きたいー!ミュージアムってことは、課長の駄菓子コレクション
とか、阿部さんの漫画とか、岐部さんのセガ自慢とか、歴代ADの
コメントとか?あと岐部さんが計画中の「●●●の●●」も気になるし!
あああでも日程的に行けないんだろうなぁ。なんでこの時期やー!

月曜恒例キャストチェック~心配ないさ

【ライオンキング】
シンバ:飯村和也

私、飯村さんってメソでしか見たことないんですよ!
だからイメージとして、絶望したー!とばかりにプライドロック
から飛んじゃわないかちょっぴり心配だったりしつつ(どんな
シンバだよ)、メソって学ランで露出が全然無かったので、
シンバの重要なポイントである胸板とかどうなってんの
かなーとかそういうことも気になります(笑)。
なんか久しぶりにLK見たいなぁ。あれは単純に元気になれる
よね。

【オペラ座の怪人】
オペラ座の怪人:高井治 クリスティーヌ:木村花代
マダム・ジリー:戸田愛子

朝見たときは佐渡クリスだったような気がするんですよね…?

【ウィキッド】
オズの魔法使い:飯野おさみ

【キャッツ】
マンゴジェリー:武藤寛 ラム・タム・タガー:福井晶一

なんか福井さんがキャッツにいてくれると安心するのはなぜ…!
しかしこの二人の名前が並ぶと、「美丈夫」って感じだなぁ。

見たいし待っているけど、いま多忙で見に行けない状態なので
出てきてほしくない気もする、ちょっと複雑な感じです(笑)。

美女と野獣

「美女と野獣」開幕ですね。
実はかつて、ちょっとだけ広島遠征を脳内企画してたんだけど
(どちらかっていうと観劇はついでで、広島は行ったことないので
観光をたくさんしたかった)、悩んでるのうち別の予定も入り、
静岡公演も決まったので、有耶無耶になってしまったのでした。

あーでも、静岡もまだちゃんと行ったことないし?

注目はやっぱり飯田ビーストでしょうか!大抜擢ですね~!
ペテロ・カヤパでは綺麗な高音と若さに見合わぬ落ち着いた
低音を聞かせてくれましたよね!
でも密かにガストンの方を予想してたんだけど、そちらには
内田圭さんが。
ベルには小川さんも…びっくり!

カラー



本日はボーカルレッスン、職場の後輩ちゃんと残業用お菓子の
買出し&ランチ、父親の誕生日祝いのディナーとなかなか
多忙な一日でした。

写真はカラーの花束です。父親の誕生日プレゼントはいつも花。
今回はまだ開いていない赤いチューリップの鉢植えと、
シンプルで清潔感あるのに、形がお洒落なカラーの花束に
しました。
っていうか、私自身がカラーの花好きなんだよね。

ゲームセンターCX「悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん」

香取慎吾も神谷浩史も観てるというゲームセンターCXです。

高速エレベーターで80機以上やられ続ける課長に
思わず「なんで?」と聞いてしまう阿部さんと、
「課長の力が至らないからです」と真面目に答える
課長に笑った・・・。
でもあの強制スクロールの連続は、そりゃ死ぬわなーとも
思います。今回ADのお助けもなく自力でクリアでしたね。
「さかさがあった…!」とか自分で気づくのが、こういうゲーム
やってて楽しい瞬間だよね。

そしてゲームセンターCXで山手線のラッピング電車やると!
窓枠がファミコンって、どんななんだー見てみたい!
あと、晴海が気になる晴海が!

これっくらいのお弁当箱に

残業WEEKが始まって2週目。
忙しい時の方が結構無駄なく時間を過ごせているような(笑)。
普段はお昼だけお弁当を持っていってるのですが、今は同じ
メニュー(笑)を残業時の夜食用にもう1個持参してます。
一日2食お弁当だと食費も浮くし、そう思うとお弁当もがんばって
作ろうかなーと思えるんだよね。
1食だとほら、外食でもいっかーとか、つい…。
ちなみに今日は、野菜炒め、ひじきの煮物、にんじんのグラッセ、
チョココロネ(昼はイチゴジャムパン)という謎の組み合わせ。
まずひじきの煮物をパンと組み合わせるのが意味わからない。
菓子パンがね、安かったんだよう確か。
あと半額で買ったポケモンパンと、1個で2食分くらい回せる
どでかいパン「ジャイアントパンダ」もあるから、今週いっぱいはこの
パンとおかずで何とか乗り切ろっと。

ディズニー・シー


おみつライブの公演後、せっかく舞浜までできたってことで、
ディズニー・シーにも行ってきました。
ディズニー来たの久し振りなんですが、やっぱりいい年して
テンション上がるぜ(笑)!
3連休の中日ということで絶好の込み具合でしたけど、
スターライトパスポートで入園して、その後結構絶叫系を
いくつか回ったというか、絶叫系しか乗らなかったよ?

タワー・オブ・テラーでしょ、インディージョンズでしょ、
レイジングスピリッツでしょ、センター・オブ・ジ・アースでしょ…。

絶叫系には強いというか大好きなんですけど、タワー・オブ・テラー
は初めてだったのと、他のアトラクションも乗るのが久し振りすぎて
落ちるポイントなんかの記憶が薄れてしまって、ほぼ初めてに等しい
感覚で乗ったので、珍しく悲鳴もあげちゃいました(笑)。
おかげで喉痛いー。終わった途端喉傷めてむせる女…。
でもタワー・オブ・テラー楽しいな~!フリーフォール系大好きです。
あと、ホテルや人物の設定がいろいろ細かいのも好み。

タワーの外で売ってるポップコーンのブラックペッパー味がかなり
ばかうまです。タワーに並ぶ前にワゴンで買って、
「量結構あるね!順番来る前に食べ終わらなかったらどうしよう!」
「きっとポップコーンを手にしたまま乗車して、地上に降りたとき
には空っぽの箱だけ残ってるんだよ。で、後から時間差で
ポップコーンが降ってくるに違いない!」

なんて会話をしてたんですが、美味しいのと100分待ち(!)だった
のとで、ぶっちゃけタワーの建物内に入る前に完食した。

あーまたディズニー来たいなぁ。シーでもランドでも!

月曜恒例キャストチェック~誰が決めたの限界なんて

【オペラ座の怪人】
メグ・ジリー:荒井香織

今週は動きが少ないですよね。キャッツは保守点検期間が
ありますし。
昨日開幕の京都WWSに続き、17日には美女と野獣が、
22日には赤毛のアンが、さらにそのあとにはマンマ・ミーアの
開幕が控えているわけなので、いろいろキャスト発表待ちで
ソワソワしがちです。
というか、開幕前に御贔屓さんの姿が見えないとソワソワする
ねん!あり得ないとわかっていても落ち着かないねん!って感じ。

でも私の中で北澤サムは普通にありえるキャストですけどね!
智恵ドナなら合うと思うんだなぁ。

OMITSU LIVE SING!SING!SING!

Vocal:光枝明彦、新藤清子、関口三千香、八幡三枝
Piano:早坂佳子
Vocal&MC:山崎義也
Bass:玉木勝
Sax:日比野則彦
Drums:藤井信昭
Guest:友石竜也

夏に続いて2回目のおみつライブ、行ってきました!
いや~今回も光枝さんの歌に癒されました~。
場所は舞浜にある「CLUB IKSPIARI」。
前回会場だった六本木の「Vanilla Mood」は、こじんまりと
していて、光枝さん達が身近に感じられる距離感だったの
ですが、イクスピアリは客席も多くちゃんとステージもあり、
食事やアルコールをゆっくり楽しみながら音楽を楽しめる
空間です。
ラッキーなことに席が前の方で、かつ時々客席近くで歌う
演出の時の立ち位置の近くだったので、間近で皆さんの
歌が聞けて感激でした。
舞台の上は元劇団四季だらけでしたが、客席もまた
元四季だらけ(笑)。
お元気そうな姿を見られて安心したりもしましたー。

以下がセットリスト。演奏順ではなく、曲の英語名アルファ
ベット順です。メニューにこの順で書いてあったので。

・ Be Our Guest 「美女と野獣」より(全員)
「食器はイクスピアリ仕立て」だそうで(笑)。店の回し者じゃない
と言いつつ、お勧めメニューを紹介して去っていく山崎さん。
冒頭に歌われたのですが、歌詞的にも、いよいよ始まるぞ~!
って感じしますね!

・ Defying Gravity「Wicked」より(関口三千香)
このライブ、実は光枝さんの次に関口さんの歌が聞けるのが
楽しみでした。関口さんのラフィキ、一番好きだったんだよ~!
地声で歌いあげてとってもソウルフルなDGは、声量も迫力も
満点!鳥肌、喝采ものでした!
ああもう、ほんと惜しい人を四季は手放したよ・・・。
山崎さんが「この後に歌いにくい…」と苦笑してました(笑)。

・ Ever more without you「ウーマン・イン・ホワイト」より
(光枝明彦)
・ 勝利ほほえむ「アイーダ」より
(アムネリス:関口三千香 ラダメス:友石竜也)
ここで、山崎さん曰く「アフリカとかエジプト方面に強い助っ人」
ということで友石さん登場。オレンジのシャツに白ジーンズ姿。
うわ~そういえば友石さん、ラダメスにキャスティングされて
ましたよね。シンバで聞いた「心配ないさ~」のハイトーンは
健在で、「危険おかして~」の部分も余裕でした。
でも個人的にはシンバの方が聞きたかったかも~(笑)。

・ 海賊猫の最期「キャッツ」より
(グロールタイガー:光枝明彦、グリドルボーン:進藤清子)
前回のライブでは「劇場猫」を歌ってくれたのですが、今回は
その続きですね。光枝グロタイ、ちゃんと片目に眼帯をしての
登場です。
最後「二人だけのもの~」でグロタイがグリドルを抱こうとして
グリドルがちゃっかりかわしてにんまりしてるところも再現して
くれました!

・ Heart「くたばれ!ヤンキース」より(全員)
手拍子有るし元気が出る曲だしで盛り上がる1曲です。
歌ってる皆さんが笑顔なのが何より楽しいです!

・ How about you(光枝明彦)
・ It Hurts Me「All You Shock」より(山崎義也)
・ I Got Rythm「Crazy For You」より
歌ではなく、バンドメンバーの演奏です。メロディのサックスが
かっこいいんだ!

・ It's Imposible(光枝明彦)
・ I've Got You Under My Skin(光枝明彦)
・ メモリー「キャッツ」より(グリザ:関口三千香、バブ:八幡三枝)
関口さん大好きな私は、関口グリザを舞台で観たかったーと。
「お願い…!」での感情の盛り上がり方が半端なかったです。
八幡さんバブやってましたよね。これまた本物だ!と。

・ おみつミュージカルメドレー
~ここは霊界空港~ソウルギダユウ~検事の歌~丸の内署長~
曲名忘れた1曲~ここは霊界空港

ここは霊界空港!光枝デビルですよお!あの光枝節ともいえる
「オーッスオスオス!」を久しぶりに聞けて泣きそうでした…!
この芝居、間、やっぱり光枝さんいいなぁ~。
あ、山崎さんのエンジェルも可愛かったですよ。
あー夢醒め見たいなー…。

・ On The Street Where You Live(光枝明彦)
・ Part Of The Mermaid「リトルマーメイド」より(八幡三枝)
八幡さんらしい、綺麗で透明感のある高音。前に四季の舞台で
観たときよりも歌に表現力が出てうまくなっていたように思います。

・ Stiil「タイタニック」より(光枝明彦、新藤清子)
・ Tea For two(光枝明彦、関口三千香)
光枝さんが歌った歌の中でジャズは詳しくないので全くわからない
のですが、この曲は光枝さんと関口さんの声質のハーモニーが
ぴったりだと思いました。
新藤さんも八幡さんも両方声楽歌いなので、ここに地声で歌える
関口さんが入ると、歌の幅が広がるんですよね。

・ オペラ座の怪人「オペラ座の怪人」より
(オペラ座の怪人:光枝明彦、クリスティーヌ:新藤清子)
前回は光枝ラウルに新藤クリスで「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」
を歌ってくれましたっけ。
光枝さん、ファントムのオーデを当時受けたらしいのですが、
「市村正親」って人に最後にもってかれたそうです(笑)。でもでも
光枝ファントムも素敵でしたよ!

・ The Firstman You Remember「アスペクツ・オブ・ラブ」
(ジョージ:光枝明彦、ジェニー:八幡三枝)
光枝ジョージに八幡ジェニーって、普通にその舞台にその役で
出てた組み合わせ…なんか凄い!
「おま~たせ、しました」で八幡ジェニーが登場して、二人の
ダンスまで。お二人のダンス可愛かったです。
っていうかこの日、もし保坂さんが会場にいたら、アスぺクツ
メンバー揃ってたよ…。

・ You raise Me Up(新藤清子)
・ We Cando It「プロデューサーズ」より(光枝明彦 山崎義也)
見ようか迷って断念した「プロデューサーズ」ですが、なかなか
掛け合いがコミカルで楽しい曲ですね。ちょっと見たくなっちゃった
かも(笑)。

アンコール
・友達はいいもんだ~生きているって素晴らしい

光枝さんのライブの最大の魅力はやっぱり、ブログなどでも垣間
見えるご本人の暖かな人柄だなって思います。
休憩含めて2時間半くらいはあったと思うのですが、全然飽きさせず
終始和やかなムードで楽しめました。
また次があったら行きたいなと思わせてくれるライブでした!

ファントム 2/9 S

ファントム:大沢たかお クリスティーン・ダーエ:徳永えり
フィリップ・シャンドン伯爵:ルカス・ペルマン
アラン・ショレー:HISATO ルドゥ警部:中村まこと
文化大臣:コング桑田 カルロッタ:大西ユカリ
ゲラール・キャリエール:伊藤ヨタロウ



「ミュージカル ファントム」
を観てきました。
劇団四季、映画でお馴染みのALW版とは違う、通称コピット版と
言われるストーリーで、一人の人間としてのファントムをより深く
掘り下げたものです。
宝塚でやってたのはこっちかな?
ALW版とは色々な設定も結構違ってまして、例を挙げると。
・クリスティーヌは最初、街の楽譜売り。
・ALW版でいうラウル的存在のシャンドン伯爵が、通りで
歌うクリスを見て、オペラ座へ紹介状を書く。
・カルロッタはプリマドンナ兼新支配人の妻
・キャリエールは実は…(ネタバレにつき自重)。
・ふしぎなロープアクション

などなど

舞台セットはファントムの地下室とオペラ座の広間のような
部屋が表裏になっていて、舞台上で回転することでシーン
転換します。

ALW版ではファントム、クリス、ラウルの三角関係が物語の
中心でしたけど、このコピット版ではラウル的存在である
シャンドン伯爵はおろかクリスすらも終盤で存在感が薄くなり、
どちらかというとファントムっていうかエリック(ファントム)らの
親子愛みたいなものが中心になってる気がします。
ファントム自身も容姿に恵まれない非業の天才というより、
もっと人間くさい存在として描かれていますね。

大沢たかおファントムは、まず何といってもびっけーい(笑)。
長髪のカツラと、マントや黒地に金の刺繍入りの豪奢な衣裳が
似合っていて、やっぱりカッコ良かったです。
ALW版は髪型オールバックですけど、ロン毛の方が好みかも。
カテコですっぴん&長髪カツラで出てくる大沢さんの王子のような
芸能人オーラが一見の価値ありです。
お芝居部分はさすがですが、予想通り…というか、ミュージカル
初挑戦というのを念頭においても歌が厳しかったかなーというのは
あります。声そのものは色があって良かったし表現力もあったので
惜しいなとは思うのですが、綺麗に歌うべきところも声が割れちゃ
ってたり、高音がかすれたり。
性格としては、何とも少年のようなファントムでした。ALW版の
「ポイント・オブ・ノー・リターン」のような、男と女としてクリスと向かい
あうエロティックな部分がなく、まぁせいぜい中学生でもしなそうな
森へのピクニックデート止まりですよ。
「燕だよ!ほらそこにもいる!」はしゃぐファントムって!
それにしてもラストシーンの表情、綺麗でした。

徳永えりクリスティーンは、純粋で無垢な雰囲気と、透明感・
清潔感のある声はとても綺麗なんですが、クリスをやるには
歌声が不安定かなぁ。とくに高音。
大沢ファントムが歌より演技で勝負だったので、クリスが歌に
秀でてるとバランス良いと思うのですが。
ファントムに素顔を見せてほしいと頼み、「あなたのお母さんが
あなたの素顔を見ても微笑んだように、愛があれば平気」とまで
言っておきながら、散々嫌がったファントムがいざ仮面を外すと、
後ずさりして逃亡というまさかの裏切り。
ファントム以上に私が泣いた…。

正直、ミュージカルでメイン2人が歌弱いと辛いですね。
シャンドン伯爵のルカス・ペルマンは、甘い歌声と安定したテノール
なんですが、いかんせん四季の外国人キャストと比べ物にならない
くらいに日本語がカタコトなんですよーとほほ。
一番歌で安心して聴けたのは、演技は初挑戦という大西ユカリ
カルロッタ
と(芝居もコミカルで良かったです)、アンサンブル陣。
アンサンブルには田村雄一さんもいましたよ。

音楽はALWのような圧倒的な存在感はなかったですが、いい曲が
多かったと思います。ただこれ、オケをスピーカーを通して流して
るようなので、もったいないなかったかな。

だめ!堪えられない嫌い

最近、携帯がとみにダメダメなのですよー…。
前からよく画面がフリーズしたり、時々文字が虫食のように抜け落ちたりはしてたのですが(もうこの時点で大至急やばい)、ここにきて更に一日に20通以上迷惑メールが来るようになってね…。
これはソフトバンクのガードの許さもあるから機種変しても変わらないけど、私の携帯古いから、パソコンからのメールを拒否する機能もないんだ…。
もう無防備に迷惑メールを絶賛受付中!

残業期間終わったら携帯変えようと思ってたんだけど、それを待たずに変えよ…。

いえないことってなんスか…

残業DAYSが始まり、人としての心を失いつつあります
こんばんわ。

ゲームセンターCXを手掛けている「ビーワイルド」のHP
「御座敷」が大量更新。管Pの更新命令でも出たのか。
浦川さんなんてトイレットペーパーの芯を流しちゃって以来
じゃないですか。あれ、無事入手できたのかな。

そして私は「FF」派です岐部さん。
「ファイ・ファン」派はごく少数だったなー。

表参道「Grand Blue」でロコモコ



表参道にあるハワイアンダイニング「Grand Blue
行ってきました!
このお店のイチオシと言えばロコモコってことで、写真は
「ロコモコハンバーグ てりやきバターソース」。
写真でもわかりますかね?濃厚なバターソースと
てりやきソースのハーモニーが最高なんですよ!
半熟の卵が2つのってて、それをつついて崩して食べるのが
またいいんですよね~。

月曜恒例キャストチェック~怪人と光枝さんとネズミ

【オペラ座の怪人】
カルロッタ・ジュディチェルリ:種子島美樹

【キャッツ】
ディミータ:遠藤瑠美子 ミストフェリーズ:岩崎晋也

【ライオンキング】
東京
スカー:深水彰彦

今週はファントムと光枝さんのライブに行ってきますー。
ついでにディズニーリゾートにも行く予定ですよん!

男子校カフェ「エーデルシュタイン高等中学校」へ

行ってきましたよ!
男子校カフェこと「エーデルシュタイン高等中学校」。

男子校カフェとは『日本のどこかにあるミッション系の寄宿学校
(男子校)を舞台に、学校に訪れた学校関係者の方々をおもて
なしするための応接室(サロンという位置づけ)』
という設定の
コンセプトカフェです。
このサロンでは、『生徒が社交性を養うための授業の一環として、
給仕をし、またそれを教育するための教員』
もいます。


いやー、今までメイド喫茶と執事喫茶では「お嬢様」、妹喫茶で
「お姉ちゃん」と呼ばれてきた私ですが、ここにきてついに
「マダム」の称号を得ました。なんだろうこの到達感。

店内は23席。予約と当日席があり、私達は21時半ー23時の
時間帯で行ってきました。この時間でも結構人いたなぁ。
まず入り口で眼鏡の素敵な先生「入校許可証」をもらいます。
具体的には名前入りのメンバーズカードを作って、カード入れ
に入れて首からぶらさげる感じ。
そしてここでマダムって言われたヨ・・・!ジーンズのマダムで
ごめん!
ちなみに、初めて来店した人はみんな「学校関係者」という
設定になります。来店回数が増えると、篤志家、同校通学生、
姉妹校女生徒
などの設定に変えることもできるとか。
おれ、この年で学校関係者と篤志家以外を名乗る勇気ない…。

そんなに広くはないけど、店内は小奇麗でテーブルやイスは
木製。ピアノやギターがあったり、絵が飾ってあったりでちゃんと
サロンっぽい雰囲気。
棚にはチェスや詩集、楽譜、などがあって、好きに見ていいことに
なってます。
私が行った時は入口で応対してくれた先生の他に生徒が二人。
ブラウンのブレザーにグリーンチェックのズボンの制服姿の
黒髪眼鏡の子と、ズボンは同じでブレザーの代わりにベージュの
セーターを着てロザリオ付けた茶髪ややロン毛の子
この二人が給仕をしてくれます。あ、二人それぞれタイの色が
違ったっぽいから、たぶん学年が違うのかな。
共通して言えるのは、どっちもえらく華奢ってこと!
やっぱり少女漫画に出てくるような「丘の上の名門校」をイメージ
してるから、「もう食べられないよう」みたいなオーバーオールの
似合いそうな男子高生はダメなんでしょうなー。
それから、手が奇麗だった。み、水仕事とかしたことあんの…?

黒髪眼鏡の子に出窓のそばの席に案内されると、出窓に座って
「月の本」とゲーテの詩集を読んでた茶髪の子に「ごきげんよう」
と微笑まれました。
いろんな意味で挙動不審になりました私達。
まともに返すこともできず、あわあわ言いながら着席。
夜の時間帯はアルコールもあるのですが、私は紅茶、連れは
コーヒーとザッハトルテを注文。

080203_0811
080203_0810

紅茶飲みながら、茶髪の子が出窓に置いて行った「月の本」を
眺めたり。これ、月の色々な写真だけでなく、月に纏わる神話や
物語と絡めた解説やエピソードも載っていたりするんです。
中には源氏物語と月の関係性の説明として、作中の夜の営みの
1シーンを漫画化(なぜか英訳で)したものが例に挙がってまして。
そこは、まぁ、元国文専攻の我らですよ。これがどこの巻で相手の
女性が誰かの推測、そして「Oh,come on!」という情緒もへった
くれもない英訳はいかがなものか
、と話していたところへ、
「月、お好きですか?僕大好きなんです」
とさっきの茶髪の子が側にきて話しかけてきたので、死ぬほど
ビビりました。
絶対今、私たちDearでもGirlでもないく名門男子校にふさわしくない
話題になってた…やべえやべえ。

この茶髪の子がわりと穏やかそうな感じなのに対し、黒髪眼鏡の
子はクール系というかツンデレ系なのかな?
まぁデレの部分を味わってないから何とも言えないけど。
飾ってあるギターを見てたら「ギター弾かれますか?」と聞か
れたので、逆に「(あなたは)弾けるんですか?」と聞き返したら、
「ちょっと」とだって。
ははーん?「ちょっと」ってのは、棚の楽譜入れのところに
ルーズリーフに鉛筆で手書きされた「ぶんぶんぶん」の楽譜
(コードがアルファベットじゃなくて押える指の番号で書かれ
てる)
があったけど、それのことかと思い、「弾いて下さいって
言ったら弾いてもらえるんですか?」と一応聞いてみた。
答えは「今日は気分が乗らない」だった。
ほっほおおー!?

まぁこんな風に、執事喫茶とかと違うのは生徒諸君とわりと
コミュニケーションが取れるってことですかね。
うちらは初めてなのでせっかく話しかけてくれてもあまり上手い
対応ができませんでしたが、隣の席のお客さんらは常連なのか
慣れた感じで彼らと会話を楽しんでました。
ちょっと聞こえてきた会話だと、黒髪眼鏡くん、実家はなんと
南アルプスの北部で、駅から車で何時間もいった先で土地も
広いから具体的に地名が言えないらしいです。権利関係は
全部弁護士に任せてますし…と。
色々細かく設定があるんですね。このへんもきっと常連さんに
なっていくとわかってきて、会話も面白くなってくるんだと思い
ます。

興味のある方はぜひ!

保坂さん…!

カテゴリ的にはもう「劇団四季」ではないわけだけども!
ミュージカル「デュエット」に保坂知寿さんご出演。
あああ、また保坂さんの歌が聞けるんだなぁ。

ゲームセンターCX「東海道五十三次」

今回はある意味鶴岡さんデー。まさかの課長とのデュオ誕生。
じゅう~里、は~ち里♪の首絞められたような苦しい高音が
やけに頭をぐるぐる回って離れない…呪いです
しかし鶴岡さんのサポートは、いつも予想もしない角度から
差し出されるというか!
ゲームそのもののサポートやアドバイスというより、課長の
テンションキープやプレイ環境の向上(BGMや差し入れの
お菓子など)なんですよね(笑)。
今までにいないタイプのADさんです。
そしてCXのADさんのお仕事と言えば、事前のロケハン、
2日目に突入した時には前にプレイしていたところまで
よい状況で進めておく、さらには課長がクリアできなかった
際には残業でエンディングを見せることなわけですが、
このすべてをやってましたね、今回の鶴岡さん!
なんか鶴岡さんが登場してから初めて、かつてのAD陣
っぽい姿を見た気がします。
うわあー、11時間かぁ・・・!

この「東海道五十三次」というゲーム初めて知りました。
なんつーかサンソフトだけあって「いっき」テイストが!
あのひっついてくるブスの子とか・・・。

たまゲーの課長、東島さん、岐部さん楽しそう~。
まぁ東島さんは「帰れ!」って言われてましたけど。
でも、セガっ子の岐部さんにぷよぷよ挑むなんて無謀よ…!
しかし岐部さんも連鎖とか容赦ねー!「…よし!」って小さく
言ってたよこの構成作家!

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

最近のトラックバック