« ゲームセンターCX「クインティ」 | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あーらしをおーこして »

映画「陰日向に咲く」

ギャンブルで借金を負った青年、すべてを捨てたホームレス、
崖っぷちアイドル、アイドルオタク、売れない芸人、母の思い出を
辿りにきた女弁護士・・・。
日向でなく、陰日向にひっそりと咲く花の物語。原作はあの
劇団ひとりです。

原作はそれぞれの人物を主人公にした短編を連作にすることで
全体として群像劇のようになってるんですが、映画はほぼ全ての
エピソードが同時進行。時に過去の回想を交えつつ進んでいきます。
これだと原作の叙述トリック的な人間関係の真相を表現するのって
難しかったんじゃないかなー。
映画は原作よりも感動重視、綺麗に終わらせている感じでした。
原作でのアイドルとアイドルオタクの話は好きなエピソードのひとつ
だったんだけど、借金青年、ホームレスのモーゼ、鳴子の娘に
焦点を絞ったこの映画版では、どこともリンクしない浮いた
エピソードになってましたな(笑)。

宮崎あおいちゃん、可愛いなー。現在の姿より2役で演じていた
母親時代のが好きかな。鳥取弁?もレトロな衣装も可愛いんだ
これが!

« ゲームセンターCX「クインティ」 | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あーらしをおーこして »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/40332353

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「陰日向に咲く」:

« ゲームセンターCX「クインティ」 | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~あーらしをおーこして »

最近のトラックバック