2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ソンガンダン!! | トップページ | 55Steps ソング&ダンス② »

55Steps ソング&ダンス①

ヴォーカルパート
芝 清道  高井 治  田中彰孝
井上智恵 早水小夜子 花田えりか

ダンスパート
脇坂真人 岩崎晋也 西尾健治 萩原隆匡 松島勇気
厂原時也 斎藤洋一郎 徳永義満 神谷 凌

坂田加奈子 柴田桃子 高倉恵美 杏奈 泉 春花
加藤久美子 須田綾乃 恒川 愛 駅田郁美 斉藤美絵子

【一幕】

・オーバーチュア

やはりビバルディの春!コレは外さないと思ったよー。

・ようこそ劇場へ(『アプローズ』より):全員
・「アプローズ」(『アプローズ』より):井上智恵

35Stepsでは知寿さんが歌ってた曲ですね。実はこの
アプローズって演目自体を全く知らないという。

・「愛の物語」(『アイーダ』より):早水小夜子
うんうん、こういう実際の舞台では見られない人の聞けない
曲を聴けるのが嬉しいところだよね!と思いつつ、あれ?
こういうこと考えちゃうの私だけ?言っちゃうよ?
踊ってるダンサーの足音うるさくない?
オケがガンガン入ってくるところまでは静かな流れだから
どすっ、どすっとダンサーの着地音がいちいち耳に…
せっかくの早水さんだから聞き入りたいんですよおう!

・「勝利ほほえむ」(『アイーダ』より):田中彰孝
阿久津さんといい福井さんといい、ラダメスは濃い系統の
役者さんばかりなので(渡辺さんはよくわからんですが)
爽やか~。ミントの香りのしそうなラダメスです。でもいつか
実現しそうな気がしてならない。

・「星のさだめ」(『アイーダ』より):芝 清道&井上智恵
本物キャストの智恵さんはともかく、芝ラダメスでいきなり
アダルトなムードに。最後、二人が寄り添ったまま箱の中に
消えていくのは、本編ラストとかぶせてるんですね。
スローモーな人影が近づいてくるのには、「芝ー、後ろ後ろ!」
と叫びそうになりましたが。

・「シャドーランド」(『ライオンキング』より):花田えりか
花田さん綺麗な声なので、ドス聞かせてほしいシャドランは
ちょっと物足りないかも。ちゃんとLKのシャドランに似た演出で
雌ライオンの群れ的女性ダンサーもいましたね。

・「早く王様になりたい」(『ライオンキング』より):厂原時也
面白い演出ですね。ムエタイだかボクシングのチャンピオンに
無謀にも挑む新人選手?という設定で、ちゃんと心配する
ザズの歌詞とも上手く合うような流れになってますが、後の
応援席に「ワン・バイ・ワン」風衣裳の芝さん達がノリノリで
はしゃいだり野次飛ばしたりしてるのでそちらにも目が…!
厂原くん、ちょっと高音が辛そうだけど(ヤングシンバの歌だし)
小柄で可愛かったです。

・「最新ニュースのジャヴァ」(『壁抜け男』より)
いやこれ覚えてないんですよ…私の目、節穴なんすかね…?
なんでしょうね…。

・「僕の願い」(『ノートルダムの鐘』より):田中彰孝
ノートルダムの曲、好きなんですよね。これってディズニーの
アニメ化はしてるけど、ミュージカル化はしてないのかなぁ。


・「トプシー・ターヴィー」(『ノートルダムの鐘』より):芝清道
ここは、萩原さん他の女装姿に注目ってことでよろしいか?
なんというか、正しい「男の女装」ですね
いやいや、ここはアニメと同じような気の狂ったお祭りみたいな
雰囲気も好きです!

・「ゴッド・ヘルプ」(『ノートルダムの鐘』より):井上智恵
「トプシー・ダーヴィー」で捕らえられた田中カジモドを救う芝居
から始まるんですが、ロープ取ってフードも脱がせて仮面も
外して見つめあう二人がなんかドキドキする感じです!

・「チム・チム・チェリー」(『メリー・ポピンズ』より):高井治
高井さん、歌の後に煙突掃除の小道具として持ってたロープを
振り回したり、縄跳びみたいにしてぴょこんと飛んだりしてました。
なんかその不器用な、ちょっと何したいのかわかんない感じ
可愛いなぁ!

・「夢があるから」(『マンマ・ミーア!』より):花田えりか
これまた、いつかあるような実現するような気がします。

・「手をすり抜けて」(『マンマ・ミーア!』より):早水小夜子
保坂ドナしか見たことないので、彼女以外のドナを初めて聞き
ます。早水さんはほんとこういう悲しみの表現が上手いなぁ。
はっ!花田ソフィのその走り去り方…マコ走りだね!
(夢醒めのマコがカテコとかで走って出てくる時にやるお嬢様走り)。


・「ドレミの歌」(『サウンド・オブ・ミュージック』より):井上智恵
まさかのお客さん市中引き回しの刑!カラフルなオーバーオール
着た「歌のお姉さん」みたいなダンサーに連れ去られ、一緒に
ステージでみんなで「ドレミの歌」を演奏!
これをきゃ~連れ去られちゃった☆と捉えるか、ひぃぃぃ、タガーの
連れ去りとかより全然長えええたすけてええ!と捉えるかは貴方次第。
個人的には智恵さんのマリアが可愛かったなー。


・「パート・オブ・ユア・ワールド」(『リトル・マーメイド』より)
:花田えりか

花田さんの歌ではこれが一番好きかな。

・「ビー アワ ゲスト(おもてなし)」(『美女と野獣』より)
最初と最後にソロで出てくるのが松島さんで良かった?そんな
ことすら自信が持てない四季ファン歴4年くらいの私です。

ところで、全体的にものすごく70・80年代の匂いがするんですが、
いえ私は昭和生まれの女ですからそのへん凄く合うんですが
オマージュってことで良いのかしら。

« ソンガンダン!! | トップページ | 55Steps ソング&ダンス② »

劇団四季観劇」カテゴリの記事

コメント

私も土曜日に観に行ってましたが、もしや一緒だったのかしら?私はソワレでした。初演以来のS&Dシリーズでしたが、盛りだくさんで楽しかったです。
女装には笑いましたが、萩原さんは普通にそういうお店にいそうな感じ(笑)LKのレフリーもおもしろかったですよね。
ダンスはけっこう目立つところも多くて素敵でした。

途中の壁抜けナンバーは場面のつなぎに使われていて、高井さん、芝さん、早水さんが替え歌で歌っていたと思います。


>ミケさん
私も土曜のソワレです!ご一緒だったようですね。
萩原さん、松島さん、坂田さんあたりは私が見分けられる数少ないダンサーさんです(笑)。萩原さん、けっこう出番多いし目立つところだしよかったですよね。最後のタップもそうですし。
女装はほんと「正しい男の女装」って感じ(笑)。
壁抜けはCD持ってない上に見た回数が少ないので、どうもまだ頭に入ってこないようです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/42756296

この記事へのトラックバック一覧です: 55Steps ソング&ダンス①:

« ソンガンダン!! | トップページ | 55Steps ソング&ダンス② »

最近のトラックバック