2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

5/30音楽舞踏会「黒執事~その執事、友好」

セバスチャン・ミカエリス:松下 優也 
シエル・ファントムハイヴ:阪本 奨悟
バルド:小山剛志 フィニ:南 翔太 メイリン:猪狩敦子 
グレル・サトクリフ:植原卓也 劉:龍 弥 葬儀屋:和泉宗兵
アバーライン:伊勢直弘 ユウキ:青柳塁斗 キリト:宮下雄也
カイ:押野大地

原作未読、アニメのみ視聴なこんにちわ、ボクです。ってなわけで
感想いきます。

黒執事を舞台化するにあたって、自分的外せなかったポイント。
「あくまで、執事ですから」「ファントムファイヴ家の執事たるもの、
この程度のことができなくてどうします?」「御意、御主人様(イエス、
マイロード)」
の3点盛り。
・セバスチャンによるシルバー投げ戦闘。
・シエルが眼帯外して、「契約により命ずる云々」でセバスチャン
本領発揮。

続きを読む "5/30音楽舞踏会「黒執事~その執事、友好」" »

舞台「黒執事」

おひょいさんの「タナカ」ボイスは最高の癒し…!
あの存在だけはおひょいさん以外で三次元化できないな!

宇宙船はどこへいった?

なんか…最近凄く眠くて、帰宅するとすぐ寝ちゃうの…(子供か)。
春→ぽかぽかしてうたたねしちゃうよね!
夏→だるくて疲れちゃうよね!
秋→涼しくて気持ちいいよね!
冬→お布団と結婚したいよね!
ってな具合で万年眠いっちゃー眠いんですけどね。

お土産に宇宙食もらったー。
2009052906350000

宇宙のお土産じゃないよ!
地球をバッグに宇宙船のように厳かに宙をかける羊羹…。
でも羊羹ってプルンプルンしてるし、宇宙食っぽい…かも…。

2009052906360000_2
全貌はこんなです。たかだか一切れのために、なんという
大仰な…。さすが宇宙。

ゲームセンターCX「バトルゴルファー唯」

ゴルファーと言えば猿が祈子しか知らない私です。今のヤングは
「プロゴルファー祈子」とか知ってんのかなー。
ザ・大映って感じでねえ。
神よ、父の祈りの中、九死に一生を得てこの世に生を受けた
祈子<れいこ>。“祈る子”と書いて祈子。 今、祈子は神に何を
祈るか…。

ってOPのナレーションが懐かしい…。

いきなり知らない博士にバトルゴルファーとやらに改造される
ところからか始まるこのゲーム。オクイトモコ…めっさ普通。
あ、スタッフのかけ声も「ナイスショッ!」なのね(笑)。
相変わらずたまゲーでは、課長、子供の相手が上手いなぁ。
あ、岐部さんも一緒だった。レアゲーも詳しそうだもんね、岐部さん。

しかしハガタミツルといい、ゲロゲロの飢多子といい。ゲーム中の
セリフを読み上げるだけの課長が失笑を買うという謎(笑)。

えええ!濃いキャラ陣の中で唯一普通っぽかったオクイトモコが、
まさかランだったなんて!っていうかこのエンディング、気持ち悪いー!

栗本薫さん死去

あの大作「グイン・サーガ」は未読ですが、推理小説好きなので
「ぼくらシリーズ」と「伊集院大介シリーズ」は読みました。
と言いつつ、「ぼくらシリーズ」は推理小説としてより青春小説と
しての雰囲気の方が楽しくて、作者と同名の小説家兼探偵役の
主人公と、その親友の関係がうらやましかったりしたものです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

レーシック日記

先日、レーシックと呼ばれる角膜屈折矯正手術を受けてきました。
最近はテレビなどでも結構話題になったり、芸能人が受けて宣伝
してたりもするので、だいぶ認知度も上がってきていますね。
詳細な素晴らしいレポはたくさんの方々が書いてくれてるので、
私は自分の場合はこうだったよーという例の一つとして参考に
なればという感じで書いてみます。

あとこれは別にレーシック手術を薦めるものでも、特定の病院を
推薦するものでもありません。
あくまで自分の実体験を記すことで、レーシックを受けようかと
迷っている方の判断材料になればいいなぁというスタンスで、
かなりザックリした日記風ですが、それでもよければご参考に!

続きを読む "レーシック日記" »

月曜恒例キャストチェック~昨日より遠くへ一昨日よりオクターブ高く

【ウィキッド】
エルファバ:樋口麻美 グリンダ:苫田亜沙子
フィエロ:北澤裕輔


来週のチケットがあるのですが、初見の方が一緒なので
エルファバは濱田さんか樋口さんがいいなぁと思ってました。
来週はどうなってるかなぁ。

【アンデルセン】
ハンス・クリスチャン・アンデルセン:佐野正幸

ウィキッドの大阪公演、発表されましたね!
大阪公演のPV見ると樋口エルファバ、沼尾グリンダがメインで
出てるんですが(フィエロは歌シーンは北澤フィエロだけど他では
李さんもいますな)、大阪公演は魔女たちはこの2人中心で
行くのかな。
濱田さんは東京でアイーダもあるし、そっちがメインになるの
かな。地声で歌える女優さんは数が少なくて引っ張りだこで
大変そうだわ…!

今週は音楽舞踏会「黒執事」を見てきます。イケメンがたくさん
出てくると思います。でもあくまで、執事ですから!

Mr.BRAIN

昨日は一日PCだめ、メールだめ、テレビだめ、読書だめ…と
自分の好きな行動を制限されてまして。
夕方に帰宅してからやれることと言ったら衣替えと家事くらいで
した(笑)。音楽聞きながらね。
それでもちょこっとだけテレビ見ちゃった。しかもキムタク主演の
『Mr.BRAIN』。見る予定はなかったんだけど、もう何も他にする
ことがなくなっちゃって!!助けてきむたくー!

天才肌の変わり者の脳科学者が科捜研に着任初日、とある
事件に巻き込まれ、容疑者扱いになるものの「犯人わかっちゃい
ました」的流れで真犯人を特定、「着任早々遅刻、しかも逮捕され
てるなんて云々」と上司に嫌味を言われつつ、科捜研の枠に
捉われず(足で探すタイプの刑事には文句言われ)、事件を解決
していく。しかし、彼自身実もまた事故で脳の一部を失っており…。

ベター!設定ベッタベター!
いや、でも故に手堅い。キャストも豪華。水嶋ヒロとか普通にもう
主演クラスなのに、助言を仰ぐ若手刑事役とかだしね。
あと、私まったく最近の科学捜査について無知なので余計にそう
感じるんかもしれないですし、実際の科捜研はすでにこういう環境
なのかもしれないけど、すごくエセ最新科学感漂うというか、まぁ
特命リサーチ200Xというか。
でもまぁ時間があったら来週も見てみようかなっ。

ふわあー

ただいま絶賛改造手術中です。
PCとか当日はダメって言われてるのに、つい触っちゃう…。
私は我慢弱い!

MOSDO!してきた!

もす!…じゃなくて…。

モスバーガーとミスタードーナッツのコラボ企画、「MOSDO」の
「ドーナツバーガー」を食べました~。
うちの地区はモスとミスドが非常に隣接してるので、モスの
「ドーナツバーガー」にするかミスドの「ドーナツバーガー&
ポテド」にするか、うろうろ迷っていたのですが、なんとミスドの方は
「好評につき原材料不足で提供できません」…だと!?
どんだけ人気なんだよ!!どんだけレアな食材なんだよ!

というわけでモスの「ドーナツバーガーテリ」に(強制的に)決定!

続きを読む "MOSDO!してきた!" »

アイーダ!アイーダ!いまー!(東京で)

ドラッグストアに行くと、カクカクした形(立体的とでもいうか)の
マスクが大量に売られていました。
関東にも遠からず押し寄せますよね、新型インフルエンザ…。
実は通常のインフルエンザにすらかかったことないので、わりと
自身の体調を過信してまして。でも劇場とか祭典とか人が集まり
やすいところに行きがちなんだから、気をつけないとですよね。
せめて手洗いうがいとか。自炊するから手洗いはするけど、
うがいまでは手が回らないのが実情かなぁ。

あ、アイーダの東京公演決まりましたね!ウィキッドが終っても
濱田さんの歌がまた東京で聞けそうで嬉しいです。結局1回しか
見たことなかったんだよね、アイーダ!

月曜恒例キャストチェック~日々ライブだし待ったなし

【ウィキッド】
エルファバ:樋口麻美 グリンダ:沼尾みゆき

江畑エルフィーはとりあえずお休みなんですね。
樋口さんの名前を見ると、なんか安心感が(笑)!
樋口さんしばらくはこっちに滞在してくれるのかなぁ。
来月チケットがあるので、そろそろキャストが気になります。

【アンデルセン】
マダム・ドーロ:斉藤美絵子

【ソング&ダンス55ステップス】
芝清道 阿久津陽一郎 村俊英 李 涛


村さんって高井さん枠なんですよね?小太鼓叩いたり
してるんですよね?見たいなぁ。ドレミの精より愛らしい
ドレミおじさん(ってキャラ名なのか?)も可愛いよね・・・!

劇場版「天元突破グレンラガン 螺巌篇」

つい先日テレビシリーズを見終わったところですが
行ってきました劇場版!
劇場版は前編である「紅蓮篇」と後編である「螺巌篇」に
わかれているのですがいきなり「螺巌編」から。
でも大丈夫、テレビシリーズ全部見てるから!

今回の映画の感想を一言で言うと、

なんも言えねえ…!

とくにラスト周辺。
↑すでに感想文としての存在意義を否定しています(笑)。

続きを読む "劇場版「天元突破グレンラガン 螺巌篇」" »

異次元美食空間 ザ・ロックアップ 

土曜の夜の池袋。予約も何もせず居酒屋を数件回っても
どこも数人待ち。当然です。
探すのも疲れた頃、たまたま目についた店に入ると、そこは
その名の通り異次元空間でした(笑)。
そんなわけで異次元監獄風居酒屋「ロックアップ」へ。
ここも少し待ったんですが、もう歩きまわるのに疲れて…!
待ち時間、入口のお兄さんが時々相手してくれたんですが
ちょっと面白かったです。メニュー先に渡されて「これはどう
いう料理ですか?」と聞いても、「…。僕のオススメはですねー」
と答えてくれなかったり!!(笑)。

「異次元」とつくだけあって、ただの監獄設定だけではなく、
ふぁんたじー。
2,3時間に一度モンスターが各独房(個室)を襲来します(笑)。
しばらくするとミニスカポリスや特殊部隊が登場して撃退して
くれますよ。
ただこのアトラクションが始まるとしばらくオーダーなどが
しづらくなるので、入店早々この時間帯に遭遇した私たちは
腹をすかせて襲撃に怯えるどころではなかったですが!
メニューも監獄やホラーにちなんだものになってるので
興味がある人は行ってみるのもよいかも。

ゲームセンターCX「星のカービィ」

カービィ…可愛いよね。っていうかこれ面白そう。
ゲームのカセットもピンクで可愛い・・・!
課長のゲーム現役時代=今。

たまゲーはやっぱり駄菓子やのおばちゃんがいい味だして
ますよね。そしてまさかのEXAILEのサイン!まさかの
おばちゃん「日本語の上手い人たちだった」発言!
AP中山くんと食べてたもんじゃ、美味しそう!
もんじゃって実はあんまり食べたことがないんですよね。

課長の天才的な閃き!…と平均以下のテクニック。

そしてまた本職の住職の無駄遣い!
楽かもね。…かもね。
ゲームのアドバイスを無理やり「人生にも同じことが言えます」
と説法に繋げていく住職のスキルに泣きました…!
あと、バーン!…を処理すること。

あ、新ADさん2人なんだ。

ロシヤレストラン「スンガリー」でディナー

新宿のスバルビル地下1階にあるロシヤレストラン
「スンガリー」へ行ってきました。
ロシヤ料理ってちゃんとしたレストランで食べたの初めて!
あと「ロシア」じゃなくて「ロシヤ」なのな!

2009050418270000

続きを読む "ロシヤレストラン「スンガリー」でディナー" »

三木たかしさんご逝去

作曲家の三木たかしさんが亡くなられたそうです。
「津軽海峡・冬景色」「時の流れに身をまかせ」「めだかの兄妹」
といった小さい頃から耳に馴染んできた曲。
「アンパンマンのマーチ」「勇気りんりん」など大人でも子供でも
楽しめる曲。
「明日への祈り」「友達はいいもんだ」「いつも夢見て」
「二人の世界」といった四季のミュージカルを見るようになって
知り口ずさんだ曲。

特に劇団四季のミュージカルでは日本の情緒溢れる素晴らしい
メロディが物語と共に私たちに感動を与えてくれました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

月曜恒例キャストチェック~夢を続けて

【ウィキッド】
エルファバ:江畑晶慧 フィエロ:北澤裕輔


ついに新エルファバがシングルで!どんなんなんでしょうねー!
江畑さんは他にもナラとかソフィとかやってたんですよね。
しかしエルファバといえばやっぱり歌!あたしよー!です。
歌唱がやっぱり気になるぅ!
そしてひそかに北澤ボチを願い続けて○年の私には今週の
北澤フィエロシングルがちょっぴり残念だったり。

【アンデルセン】
マダム・ドーロ:酒井はな ペーター:有賀光一


酒井ドーロ!酒井さん自体舞台で拝見したことはないの
ですが、やっぱりバレエシーンは素敵なんだろうなぁ!
そして元祖しっかり者少年役と言えば有賀っち先輩。
(私内なぜか「先輩」とつけたくなる四季役者NO.1)

コネタマ~思わずフタをしたくなったお弁当とは?

コネタマ参加中: 思わずフタをしたくなったお弁当は?

小中は給食だったので、お弁当は遠足や高校生の時くらいですね。
フタをしたくなったお弁当ってのは特にないけど、お弁当箱一面が
焼きそばの海だったのはびっくりした。あとおでんだけとか。
とりあえずおかずがオンリーイベント状態なのは多少怯む…(笑)。
今なら全然かまわないけど、栄養面でちょっと避けるかなー。
あとフルーツや生野菜を他のおかずと一緒に入れられると味が
移ったり妙に生暖かくなって苦手だったかも。
せいぜいそんくらいです。あ、それと海苔弁は頑なに避けてもらって
ました!たぶん歯に海苔がつくのが嫌とかそんな程度の理由で。
どんだけ乙女だ…自分が(笑)。

まぁ今は自分で毎日お弁当を作ってるので、そんなんで母親の
作ってくれた弁当に文句言ってたなんて贅沢ですね(笑)。
母の日なんで改めてそんなことにも感謝です。

天元突破グレンラガン

以前「ひぐらしのなく頃に 誓」を映画館に見に行った際、
同じ館で上映されていた「天元突破グレンラガン」が立ち見
まで出る程の大人気っぷり(ひぐらしは全然空いてた…笑)。
前々から「面白いよ!」と友人から聞いていたのと、これ、
シリーズ構成・脚本を中島かずき、声優として池田成志
上川隆也が出演という劇団新感線好きにはたまらない布陣
なので、思いきってTV版をまとめ見しちゃった…!
演出は別に中島さんじゃないけど、歌舞伎のようにきる見得や
ここ大一番の口上とか、やっぱり新感線を彷彿させるところは
あるかな。っていうかこれ舞台化しても凄く映えると思う。
声優では成志さんがかなり出番が多く、しかもいい味出してる
んだなぁ。わりと舞台でのイメージだと胡散臭い小物な悪役が
多い気がするけど、今回の役は声の出演だけとあってか(笑)、
普段見られないような芝居がとても素敵でした!しかも役名も
「螺旋王ロージェノム」・・・かっくいい!上川さんも良かったなぁ!

<あらすじ>
遥か未来。地面の下に村を作り、日々穴を掘って暮らす人びと。
穴掘りの少年シモンはある日、掘った穴の先で小さなドリルと
巨大な顔の形をしたロボットを見つける。兄貴と慕うカミナ、女
スイーパーのヨーコらと共にそのロボットで地下から飛び出した
シモンは、憧れの地上へ辿りつくが、そこは人間と獣人が互いに
争う世界だった…。
お話としてはとにかく熱い!とにかく気合!とにかく兄貴!
「無理を通して道理を蹴っ飛ばす!」そんな感じ!

これは2クールものなんですが、最近オリジナルもののTVアニメ
って、ちゃんと最初から最後まで構成考えてから序盤作ってんの
かー!って感じできちんと纏め上げてる作品が少ないので(登場
人物出し過ぎで収集つかなくなったりどうでもいい話で話数使って
最後で尺足りなくなったり、続きは劇場版とか・・・勘弁な!)こう
やってオリジナルとしての世界観をきちんと構築しつつ最終話で
全てに決着をつけて纏めてるとそれだけでもう凄いと感じてしまう(笑)。
あ、ちなみにグレンラガンの劇場版は総集編らしいのでTVシリーズ
で話は完結しているようですよ。

五反田「フランクリンアベニュー」でアボガドバーガー

五反田キャッツに通われたリピーターの皆さんにはもう
お馴染みのお店なんだと思います。でも私にとっては
まだ2回目なので書きますよ(笑)!自己満足のために!
五反田キャッツが終ってしまう今、3回目があるのかは
謎です…。
↓この生き物可愛いよね!

2009043012230000

続きを読む "五反田「フランクリンアベニュー」でアボガドバーガー" »

アンデルセン 5/5M

ハンス・クリスチャン・アンデルセン:味方隆司  マダム・ドーロ:斉藤美絵子
ニールス:松島勇気 ペーター:髙橋 徹 
校長/ホルム編集長:維田修二 町長/船長:岡崎克哉
警官/リク:香川大輔 オットー:石波義人 外国の王女:大橋里砂
セリーヌ:菅本烈子 アンナ:鈴木友望 ラース:大徳朋子


男性アンサンブル
井上隆司  丹下博喜 齊藤翔 高城将一 廣野圭亮 松永隆志 
渡井真一  前田員範


女性アンサンブル
石野寛子 荒木舞 石川縁 是澤麻伊子 吉田郁恵 梅崎友里絵
服部ゆう 山下由衣子 大槻純子 江部麻由子

ハンス・クリスチャン・アンデルセンっ、僕だー♪
ワンダフル・ワンダフル・コペンハーゲンッ♪

初めて見ました「アンデルセン」。
可愛らしいセットと子どもたちが幕を押し上げる形で始まる第1幕に
どこかファミミュに似た雰囲気が。あと街の人たちが老若男女、街角
や港で歌い踊ってる=ファミミュって固定観念が(笑)。
確かに子どもも十分楽しめると思うんだけど(バレエシーンは興味
ない子だとちょっと退屈しちゃうかな?)、本質は派手さより暖かさ、
優しさ切なさ。手にできなかった恋の代わりに大切な人たちとの絆を
手に入れ物語を紡ぐ才能を開花させてゆく一人の男性のお話ですね。
悪人も誰一人出てこないし、バレエは美しいし、登場人物たちは皆
暖かい。ほんとうに「美しい童話そのもの」。

味方ハンスは穏やかで子ども好きのする優しい雰囲気がぴったり!
燃えるような情熱の愛というより、心に秘めた穏やかで強い想いを
大切に育んでいく男性ですね(青年と書くべきか迷った・笑)。
ちょっと天然っぽいところがあるので、しっかり者のペーターがついて
いてくれて良かったなぁ。
そして何といっても、松島ニールス斉藤ドーロ
松島さんのバレエ、本当に軽やかで優雅で、でも力強い!私は全く
バレエ詳しくないので技の名前で説明ができないのですが、とりあえず
ミストフェリーズ的な動き、いくつかあったよね!ね!
キャッツ五反田楽までに松島ミストをもう1回見たかったなーと思いつつ
叶わなかったので、疑似ミスト鑑賞…ありがとうございます…悔いはない。
でもなぜか劇中のバレエよりドーロと一緒に出てきたカテコのバレエの
方が私には好みでした。
斉藤さん、綺麗でしたね!特に2幕の「人魚姫」は深海を表した蒼の
セットと相まって幻想的で優美。(海の生き物も可愛かった…特に、
アンコウ!)
気位が高くて誇り高い女性だけど、決して嫌味ではないドーロは、演じる
のは難しい役だけど、斉藤さんは歌やセリフより美しいバレエでドーロを
表現していたんじゃないかなあ。
最後に、ハンスに勲章を授けて頬にキスをするシーン素敵でした。
ニールスを愛するドーロはハンスの気持ちに応えることはできないけど、
持てる最大級の友情と敬愛を貴方に。恋愛とは違うところで確かに2人の
心が通い合っているのがわかる、そんな感じですね。それを受け取る
味方ハンスの表情もいいんだなぁ!
松島さんと二人で愛の歌を歌うシーンは「き、生粋のダンサー枠コンビの
デュエットきた…!」と手に汗握りました(笑)。まぁこの2人の役は歌は
そんなに多くないし、やっぱりバレエダンサーさんだし!
髙橋ペーターは物凄く有賀さんな香り!新聞配ってそうな匂い!と
思ったらやっぱり有賀先輩のアドバイスを受けていたんですね(公式
HPの対談より)。先輩の指導を受けながら役に自分の色をつけていく
のって難しいと思いますが、貴重な少年役。頑張ってほしいですね!

GWの過ごし方

今日でGWも最終日です。ふわー明日からまた仕事!GW中は
ゴロゴロしたり本屋いったり飲んだり舞台見たりゴロゴロしたり。
だいたいそんな感じ。
そしてまっただ中に表参道に行くという自殺行為に及んだ私です。
普段から混んでるのに!Forever21とかH&Mに行く人だって多い
はずなのに!ふはははは!見ろ、まるで私がゴミのようだ!
お昼の時間帯飲食店は須らく行列のできる人気店になってました。
表参道ヒルズは横は何度か通ったけど中に入ったのは初めて。
北欧雑貨の店が可愛かったな~。可愛くてあったかいデザイン
なんだよねえ。

そのあとは新宿に移動して「ルミネTheよしもと」へ。お笑いの
生ライブです。やっぱり「生」の効果なのか、テレビで見てるとき
より笑いが出ちゃうかも…!あ、入口でオロCもらえます(笑)。
最近滅法お笑い番組とかも見なくなっちゃったので、並んでる
名前も知らない出演者ばかりでした。井上マーハイキング
ウォーキング
くらいかなぁ知ってた名前は。でもここで今後売れて
くる注目株を青田買いするのもいいかな!かな!
生でハイキングウォーキングでは「そうなっちゃう?」と「かしこ
かしこ」が聞けてちょっと楽しかったです。
個人的に一番笑ったのはダイノジ!これからテレビで出てたら
ちょっと注目しよっと!

アンデルセン

美しいものを見た…そんな感じ!

「東京純豆腐」で地鶏スンドゥブ

なんかお米系が食べたくて。「東京純豆腐」にスンドゥブを
食べに行ってきました。
「緑野菜スンドゥブ(オクラ・モロヘイヤ)」と迷ったんだけど
プリプリの鶏肉が食べたくて「地鶏スンドゥブ」…君に決めた!

2009042915550000

続きを読む "「東京純豆腐」で地鶏スンドゥブ" »

ゲームセンターCX「レイラ」

新シーズン開始、ですね!早いわ…もう11シーズンとか!
私が知ったのは第5とか第6あたりだもんね。
「レイラ」・・・聞いたことないなぁ。ちょっと「ダーティペア」的
雰囲気だよね。あと「メトロイド」とか?
イラストとドット絵が違うのはFCの仕様です!

しかし、家族づれが多そうな山頂のゲームコーナーで
景品がエロビデオだから18禁の景品ゲームって!
…さすがタニー癒しのスポット。

そして新コーナー。「人生で大切なことはみんなゲーム
攻略本で教わった」。
あのね、「MOTHER」は攻略本よりも大百科がデザインも
可愛くて中身もアメリカの観光地案内書みたいになってて
凝りまくりでほんとオススメなんだよー!
あ、やっぱり本物の住職さんを持ってくるという無駄に
本格的な感じがよいかと。セリフが棒読みなのがちゃんと
本物っぽい!

あ、焼き団子美味しそう~!桜団子が美味しそう!色も
綺麗だし!
「ゲームセンターCXのカービィ」…食いしん坊の名がすたる
でしょ!ってことですかね(笑)?

鉱石ラジオスケジューラー5月

さーてやっと5月。もう5月。今月の観劇予定は…。

・アンデルセン
・黒執事

以上DEATH!!(私はいまとても勇気ある発言をしました)
はははー。どっちも初見です。
特に「黒執事」…!どんなんなってるんだー!色々な意味で
ドキドキが止まりません。
アンデルセンはバレエシーンが楽しみ。松島さんも!
「春のめざめ」は今のところ予定に入れてないんだけど、どう
なんでしょ。新作ってことでやっぱりみんなとりあえずは見に
いくのかなぁ。私は皆さんの感想待ちってところかな。

キャッツ 4/30

正真正銘、私にとっての五反田キャッツ千秋楽です。
もうこの五反田駅に降り立つことも、チェゴヤとフランクリンと
トゥーザハーブスで迷うこともないのかと思うとやっぱり寂しい…。
たとえすぐに横浜公演があるとしても!

グリザベラ:早水小夜子 ジェリーロラム=グリドルボーン:秋夢子
ジェニエニドッツ:小松陽子 ランペルティーザ:チェ ウンヘ
ディミータ:有永美奈子 ボンバルリーナ:西村麗子
シラバブ:南めぐみ タントミール:八鳥仁美
ジェミマ:王クン ヴィクトリア:千堂百慧 
カッサンドラ:井藤湊香
オールドデュトロノミー:チェ ソンジェ
アスパラガス=グロールタイガー・バストファジョーンズ:村俊英 
マンカストラップ:芝清道 ラム・タム・タガー:荒川務
ミストフェリーズ:金子信弛  マンゴジェリー:百々義則 
スキンブルシャンクス:劉昌明 コリコパット:花沢翼 
ランパスキャット:ユ ホンチョル カーバケッティ:齊藤太一
ギルバート:入江航平 マキャヴィティ:青山祐士
タンブルブルータス:川野翔

なんだか物凄く今更なんだけど、初めてキャッツを見るかのように
楽しんじゃいました…。
耳は自然と早水さんの歌声を追い、目は自然とマンカスメイクを
モノともしない芝さんに釘付け。
まず、私的にこの日のキャスト最大の肝であった早水グリザ
もう、やっぱり早水グリザ大好きだー!歌声も最高なんだけど
私は結構芝居も好きで。今回上手寄りの席だったので1幕で他の
猫達に蔑まれて1人去っていく時の表情がよく見えたんだけど、
今にも割れそうな「気丈な」仮面をつけて歩いてるんだよね。
ウィキッドで言うところの、気にしてないんじゃなくて、気にしてない
振りをしてるだけって感じ。
最後のメモリーは、久々にウルっと来たなぁ。早水さん低音も強い
から「思い出は去るぅぅ」で響かせた後に「おねーがいー!」への
盛りあがり方が半端ない。南バブとのコンビ良いですね!
あと、ジェリクルボールで一端静まった時に「え?何何?」って
感じで階段から降りかけて、ドン!って音と共に猫たちがバッと
顔をあげると「ちょ!」って慌てて上へ戻っていくのが可愛い(笑)。
芝マンカスは正直言うとだいぶマンカスの標準から外れては
いるものの、いい声といい歌声ですべてが許される…そんな存在。
兄貴とかリーダーとか飛び越えて親父。もしくは組長。
ダンスがちょっと緩かったり、ジェニナンバーでスローブを滑る時に
ミストはスローブ下まで滑ってるのに、芝マンカスは中途でお腹で
止まってしまっていても…ご愛敬。
いや、だって片ひざ立てて後ろ手に体重かけて座ってデュト様の
歌聞いてるのなんて、枝豆とビール片手にナイター中継見てる
親父
にしか見えんのだもの!むしろスキンブルナンバーの
ヤクザなやつが本領発揮。でもタガーナンバーで雌猫たちと一緒に
「ごむぅ~♪」でジタバタするのは…イイね…!
マンゴですが、私、ダンスは武藤マンゴの方が好みなんだけど
マンゴというキャラとか猫らしさに関しては百々マンゴが好きー!
いかにもランペの尻にしかれてそうなマンゴだよね。
あと八鳥タントが片足を手で持って高く上げて停止してるのブレ
なくて凄いなぁとか。
ジェリクルボールで中国人キャストコンビのセリフは「有息音ッ!」
って感じするなーとか。
チェデュト様は声がひっくり返りそうでドキドキするなぁとか。
南バブを丁寧におろしてあげてくださいちゃんと支えてあげてください!
とか。

とにかく色々な想いを胸に私の五反田キャッツ、終了なのでした。
横浜も…行きたいな。

【以下特別カテコ的なもの】
海賊船が再び下りてきて、そこには「5月3日東京公演千秋楽」の
文字が。荒川タガーが代表してお礼を言って、一度はけます。
その後タガー〆風にタガー再登場。サッとオーブンを指さすと、
チン♪という音と共に扉がオープン。自らその中に入って行きました。
しばらくして中で燃えてるらしい赤い光とアチチアチチでジタバタ
してるタガーのシルエットが(笑)。
芝マンカスともう一匹が出てきてオーブンを開けると、中からタガー
生還。しかしボフッと口から白い粉を吐き出してました。…ドリフ?
それからは刷毛でギターして遊んだり魔女の箒のように跨って
遊んだり、なぜか芝マンカスもノリノリでギターの真似したり。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

最近のトラックバック