2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 舞台「黒執事」 | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~巡りくるどの地平にも詩を灯すでしょう »

5/30音楽舞踏会「黒執事~その執事、友好」

セバスチャン・ミカエリス:松下 優也 
シエル・ファントムハイヴ:阪本 奨悟
バルド:小山剛志 フィニ:南 翔太 メイリン:猪狩敦子 
グレル・サトクリフ:植原卓也 劉:龍 弥 葬儀屋:和泉宗兵
アバーライン:伊勢直弘 ユウキ:青柳塁斗 キリト:宮下雄也
カイ:押野大地

原作未読、アニメのみ視聴なこんにちわ、ボクです。ってなわけで
感想いきます。

黒執事を舞台化するにあたって、自分的外せなかったポイント。
「あくまで、執事ですから」「ファントムファイヴ家の執事たるもの、
この程度のことができなくてどうします?」「御意、御主人様(イエス、
マイロード)」
の3点盛り。
・セバスチャンによるシルバー投げ戦闘。
・シエルが眼帯外して、「契約により命ずる云々」でセバスチャン
本領発揮。

結果:全部、あったよ!

まず、開演前の諸注意アナウンスがアニメで家令のタナカ役を
演じたおひょいさんで、「上演中携帯など音の出る機器は…」って
3回くらい言っちゃうのが可愛くて癒された…!ああもう言われる
がままに何回でも携帯再チェックしちゃうよ!
タナカは舞台に直接出てこないですが、このあとも声だけ時々出て
きてくれます。シエルやセバスは3次元化できても、タナカ@おひょい
さんは無理という。

基本的には演劇というよりショー、エンターテイメントの要素が強くて、
こっちを楽しませよう!って感じが伝わってきたのが好感触。
グレルやソーマ&アグニコンビはお話の本筋に直接関係しないんだ
けど、出番少いながら登場して決め台詞を言わせたり(「これでも
執事DEATH☆」「御意のままに(ジョー・アーギャー)」
などなど)。
最初登場シーンでいきなりセバスチャンが歌いだした時はドキドキ
したけど、だんだん慣れてきて、最後のシエルとのデュエットの頃には
聞きいってたぜ!松下セバスはやや高めの声なんだけど柔らかい
声質だから聞きやすくて良かったです。セリフは…ちょっと噛んでた
けどね…。セバスはセリフ量半端ないから大変だ!
衣裳に関して言えば、シエルの貴族坊ちゃん服が安っぽく見えなくて
よく出来てたなぁ。衣裳替え自体も結構あったし。せっかく原作の
シエル服可愛いの多いんだから活かさない手はないやね。そして
数少ない女性要員のメイリンのメイド服もしっかり作られてた。良。
エリザベスが今回いたら、女の子のドレスも可愛いの見られたのに!
グレル、アンダーテイカーあたりはトータルでも再現度が高かったと
思います。漫画の実写って、この再現度が重要だと思うしね。
逆にセットはもうちょっと工夫しても良かったんじゃないかと思うかな。
ファントムハイヴ家の客間とかもっとちゃんと見たかったもん。バルドの
調理場が屋台の出店みたいに大広間の階段下にちょこんとあるの
なんか切ないもん!
ちなみにアニメ版登場キャラは総じてセリフ回しがアニメと同じです。
特にグレルとアンダーテイカーとか。やっぱりアニメ見てた人が違う
キャラ作りに困惑しないように、敢えてそうしてるんだろうなぁ。
そういや、使用人ズが実はみんな戦闘力が高いってのはアニメの
オリジナルなのか原作もそうなのか。アグニとソーマが加勢に来た後
メイリンが去り際に眼鏡外して、その後のシーンで銃声が響いてた
のは、実は眼鏡外すと凄腕スナイパーって設定を汲んでるってこと
だよね?

役者さんで印象に残ってるのはアバーライン役の伊勢さん。アニメの
アバーラインとは違う原作準拠の年長警部なんだけど、若手メンバーの
中で舞台慣れしてる感じがあって安心感が(笑)。
オリジナルキャラの中では、キリトはぶっきらぼうに見せつつ、実は
いい奴的匂いをプンプンさせてると思ったら案の定。
ラストが凄く「黒執事」っぽかったと思います。

« 舞台「黒執事」 | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~巡りくるどの地平にも詩を灯すでしょう »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/45181516

この記事へのトラックバック一覧です: 5/30音楽舞踏会「黒執事~その執事、友好」:

« 舞台「黒執事」 | トップページ | 月曜恒例キャストチェック~巡りくるどの地平にも詩を灯すでしょう »

最近のトラックバック