2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 出かけてきます | トップページ | 台湾旅行記② »

台湾旅行記①

3泊4日で台湾へ旅行に行ってきました~。
ここ台湾というか今回行った台北は亜熱帯地域なので、日本の
ような明確な四季はなく、基本長い夏と短い冬だけ。
私が行った9月はずっと30℃超えでとても蒸し暑い数日でした。
少し雨もあったけどね。また湿度が高くなってぐわー!
食べモノも美味しく、全体的に日本人好みの味が多かった気が
します。物価が安いので、ちょっと贅沢ができるのも嬉しかったり。
とはいえ、最終日には両替したお金がギリギリになって、計算機
片手に合計額出しながらのディナー(笑)。貧乏なのか奮発して
るんだかわからない
のが私達の旅のポイントです。

2009091319430000

以下画像も多いです!


台湾現地到着は午後。日本との時差は1時間。
現地ガイドさんが私たち一行のためだけに一人ついてくれて、
観光もしっかり。説明もしっかり。
大勢での引きまわし観光だと集団から外れてぶらぶらしがち
なんだけど、これならしっかり案内が聞けて良かった(笑)。

【行天宮】
20090913taiwan003_convert_2009091_220090913taiwan002_convert_200909162 


三国志の英雄・関羽を祀った廟。日本でも横浜中華街に
関帝廟ありましたよね。商売繁盛の神様でもあるようですが、
普通に子どもの夜泣きがなかなかやまない、イライラするので
なんとかしたいなんて時に、青い法衣を着た宮の方に厄払いの
ようなものをしてもらったりとか、神様に判断をお願いしたい
ときに台湾の人はここを訪れるようです。


ちなみに神様に判断をお願いしたいときにする占いのような
もののやり方はこう。
①三日月型の赤い一対の牌を手に取って、住所や名前や
生年月日、問いかけたいこと…例えば「Aという会社に転職
するべきか」などを語りかける。
②牌2つを地面に投げる。
③落ちた牌の表裏を見て、表裏ならYES、表表ならNO、
裏裏は神様に聞くべきことではない(本人が軽い気持ちで
聞いちゃったりしたときとか)なんだとか。

このそばにおみくじもあるんだけど、このおみくじをひくにも
一度この木片の占いで「おみくじをひいて良いか YES/NO」で
確認してからでないとひけないらしいです。NOと出たらまた
後日再チャレンジ。

占いといえば、この行天宮のすぐ前の地下街が「占い横丁」と
呼ばれる道。狭い地下街に露店のような占い師がたくさん
店を構えていて、日本の有名人が訪れた写真なんかもはって
あります。米占いや姓名判断など種類も様々なよう。
私たちは今回占いは特にやらなかったんだけど、凄い勧誘を
受けました(笑)。産毛剃りとかも近くにあった。でも産毛って
剃ると濃くなるよね・・・。

【九份】
一度免税店に寄ってから(スーパーショッピングタイムです)、
郊外の九份という街へ。台北市内から車で3,40分くらいかな?
ここは元は鉱山の街で、台湾で大ヒットした映画「悲情都市」の
舞台としても有名らしいんですが、日本人にとっては「千と千尋
の神隠し」の油屋のある街並みのモデルとなった街として
最近は知られてるかもしれないですね。

2009091319290001

2009091319340000
暗くなって提灯が灯っていく街並みを千尋が駆けぬけて
いきそうな感じ、しないですか?!
やっぱりここは夜に行くべきかと思います!

写真からもわかるとおり、ひたすら坂と階段の街です。
足腰が痛いです(笑)。現地の人、丈夫いなぁ!
狭い道にたくさんの店がひしめきあっていて、なんというか
肉や乾物や布の匂いが入り混じってるんですが・・・。
入口でいきなり台湾名物「臭豆腐」の匂いにやられたー!
これは相当キツイです(笑)。なんかタレの腐ったような匂い
でして、これがしばらく鼻に匂いが染みついていた!しかし
匂いに負けて私らは食べられませんでしたが、臭いものは
食べると美味しいとも言うし、納豆は大好きだし、味は意外と
イケたりしたのかな・・・だがその好奇心以上に臭かったのだよ!
うーん残念。他は「猪肉」と書かれた豚肉ソーセージや草餅、
魚団子のスープなどいわゆる屋台料理が充実してました。L20090913taiwan010_convert_200909_620090913taiwan018_convert_2009091_5   
左:「頼阿婆芋圓」の台湾風ぜんざい
光っちゃってよく見えないですが、タロイモと小麦粉を
練って団子にした優しい味です。
右:「阿蘭草仔粿」の草餅
さすがつきたてだけあって、すっごい柔らかいの~!
びよーんとチーズのようにのびた(笑)。中身は高菜、
緑豆、切干大根、ここには映ってない普通の小豆。

草餅のお店、大人気!でも手際がいいし、こちらが
中身が書かれた値札の字が読めないでいると日本語で
説明してくれたり。みんな親切です!

この日の晩御飯は眺めのいい高台のレストランにて。
M20090913taiwan013_convert_20090917
L20090913taiwan014_convert_200909_2

左のはドライフルーツの上にエビマヨ的なものが乗ってます。
前菜って感じ。右のは白身魚のスイートチリソースがけかな。
でも実は私たちに好評だったのが上のシンプルな椎茸の
炒め物。味付けが日本風というか、ご飯に合うんだこれが!
他にも空芯菜の炒め物とか揚げだし豆腐的なものとか色々
あって、最後のデザートはスイカでした。

買い食いしたくせに、食べすぎた~! 

« 出かけてきます | トップページ | 台湾旅行記② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/46230645

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行記①:

« 出かけてきます | トップページ | 台湾旅行記② »

最近のトラックバック