2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 月曜恒例キャストチェック~星が湧く逆さまの空にも | トップページ | 嵐の中で迷いますが »

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」

年末年始にかけて読んだ1冊。


貸してくれた人曰く「芥川の河童みたい」。
言いたいことわかる気もします。あの「河童」ほどじゃないですが
主人公が価値観の異なるある種の異世界に行き、そこで過ごす
うちに今まで自分が持っていた価値観こそおかしいのではないか
と揺らぐという。でもこのお話はそこがメインじゃないってところが
ちょっと違いますね。
主人公伊藤が連れてこられた「萩島」も日本の歴史からひっそり
隠れるように外界との交流を閉ざして存在する不思議な島。
そこには殺人を許された男、未来を知る喋るカカシ、嘘しか言わない
画家などおかしな住人だらけ。
島のルールの象徴である殺人を許された桜が気になります!
だってルールも何も、気に食わないヤツを殺してるだけって気も
するんですが(笑)。だって伊藤と同じように種の埋まってる庭を
踏んでも城山はあっさり殺すし(笑)。

「ラッシュライフ」などで感じた今までの伏線がすべて集約していく
構成力としては若干弱い気もします。
「すべて」を優午は知っていたのかなぁ。

« 月曜恒例キャストチェック~星が湧く逆さまの空にも | トップページ | 嵐の中で迷いますが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、めさこです。
伊坂大好きっ子なのでたまらずコメントします!
しかもこの「オーデュボン~」が一番好きなんです。
島の景色が色鮮やかで、私の中ではティム・バートンの映画みたいなイメージなんです。
あと彼の作品はどれも遠回しな勧善懲悪なところが好きです。
もしまだ読んでなかったらぜひ次は「アヒルと鴨のコインロッカー」をお薦めします!

>めさこさん
ああ、確かに!伊坂作品は映画化されてるのもありますが、「オーデュポン」はぜひ島の光景を映像で見てみたいかも!ティム・バートンいいですね!そしてカカシ役はやっぱりカカシがやるのかなー(笑)。
「アヒルと鴨~」の方は本は読んだのですが、映画版も見てみたいと思ってます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/47208242

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」:

« 月曜恒例キャストチェック~星が湧く逆さまの空にも | トップページ | 嵐の中で迷いますが »

最近のトラックバック