« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

大河「龍馬伝」

大河ドラマ「龍馬伝」。ここ数年の大河の中では久しぶりに
結構ちゃんと見ました。う~ん、「新撰組!」以来かな?
(その前は「武蔵」とか「秀吉」くらいまで遡ります・笑)
もともと、「良妻賢母が夫の出世を支えるよ!」みたいな
ホームドラマ的大河より人の生き死にが描かれる戦国や
幕末の話の方が好みですし、龍馬も好きです。特に龍馬が
歴史の表舞台に出てからの、大政奉還への時代の流れ
とかはいろんな人の思惑が錯綜してとても面白いですよね。

「龍馬伝」はキャスティングが上手かったですよねえ。
大森南朋の武市半平太とか近藤正臣の山内容堂とか
伊勢谷友介の高杉晋作とか大泉洋の近藤長次郎とか。
最終回で龍馬を暗殺した中村達也の佐々木只三郎も
いい表情してましたよね。まぁまさかの字幕テロでした
けど(笑)。
テーマ曲好きでした。作曲者の佐藤直紀さんはゲーム
「428」も手掛けてますね。

個人的に龍馬は学生時代に読んだ「お~い竜馬」が…
以蔵の拷問も武市の三段切りの切腹も脳を切られた竜馬
暗殺っていうか惨殺も、いい意味でも悪い意味でもインパクト
がありました(笑)。小山先生、リアルっす!

次の「江」も楽しみ。浅井三姉妹の数奇な運命どう描かれる
のかな~。

月曜恒例キャストチェック~おふとんが幸せすぎたね

【ウィキッド】
エルファバ:岡村美南

新エルファバですね~。って他に何に出てた方なのか把握して
ないんですが…。
あと阿久津さんがタガー抜けたみたいですね。マンマのサムとか
来るのかな?来月と再来月に1度ずつマンマ行く予定なので
そろそろキャストが気になり始めたり。
濱田ドナかなぁ…?

11/27 シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」S

舞浜の常設劇場で上演中のシルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」を
見てきました~。シルク・ドゥ・ソレイユは「コルテオ」を今年の
初めに代々木で見たんですが、それよりもこっちのがわかり
やすくて楽しかった!常設劇場だけあって機械装置も結構
大がかりで迫力ありましたしね。
男性と女性一人ずつヴォーカル担当がいて、彼らの歌とバンド
ミュージシャンたちのライブでの演奏がショーを盛り上げます。
また、天と地を象徴するキャラクター達を包む衣装や照明も
幻想的な雰囲気により一層の深みを与えてました。

とはいえ、やはり一番の見どころはアクター達のアクロバット
でしょう!個人的に印象に残ったのは光るバトン3本を操り
舞台を駆けまわるバトン。このバトンの方、20回以上もバトン
トワリング世界チャンピオンになった日本のアクター。回転
するバトンの光の軌跡が綺麗なんですよねえ。
それからバンジーという、ステージ上空で行われる空中演技。
下半身についた光沢のある襞が照明とアクターの上下の動きで
妖精や天女の羽衣みたいに見えるんですよ!ひたすら見惚れて
しまいました!
それからインパクトがあったのがハンド・トゥ・ハンド。男女ペアが
互いの体を離すことなく、首の付け根だけを支点として倒立したり
腕の力だけで自分と相手の体重を支えたり…。組み体操のもっと
もっと高度なものって感じかな。
これの凄い所は全てがスローな動きなので、決して勢いだけで
こなしてる所作じゃないってとこ。もちろんプルプル震えたりなんて
しません。人間のバランス感覚って凄まじい~!

ノリのいい空中ブランコや布だけで体を支えて曲芸を披露するのも
素敵でした。
今回観に行った面子が20代前半から50代までと幅広かったの
ですが、みんな一様に「すごい!みんな見るべき!」と大絶賛。
いや、ほんと人体の奥の深さを感じましたよ~。

浅草仲見世ぶらり


浅草に行ってきました!
外装工事も終わったようで、すっかり綺麗に。晴れの休日って
ことで、外国人観光客含め人、多!(笑)

幹事役だったのであまり見て回れませんでしたが、揚げ饅頭と
佃煮購入~!あとみたらし団子!


仲見世はまた今度ゆっくり見たいなぁ。

南国製菓「塩けんぴ」

余所様で美味しいと評判になっているのを見て、つい注文
してしまいました、南国製菓の「塩けんぴ」。

ポイントは堅過ぎないところと甘過ぎないところ!普通の芋
けんぴが下手すると口の中切ってもおかしくないくらい堅い
のに対して、これはサクサクとした食感と細さで食べやすい
です。
海洋深層水入りの塩で、甘すぎなくてつい手が伸びちゃいます。

高知の代表的な銘菓だったんですね。知らなかったー。

「インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜」

怒涛のゲーム月間!なんせ10本近く積んでるからね!

そんなわけで「インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜」

主人公は戴冠式と結婚式を翌日に控えた若く人望ある王子様。
しかしその前日の夜、何者かの手によって解き放たれた死神の
手により無残にも殺されてしまう。王子が気が付くと、自分の
遺体を前に絶叫をあげるメイドを見下ろす、もう一人の自分がいた…。
物語はそこから。なぜか魂だけとなって現生に残った王子。
霊体となった彼にできることは、誰かに憑依して行動を見守る
ことと、人の夢に干渉することのみ。

王子の死後、次々に周囲の人々に起こる悲劇を回避するため
には、メインの登場人物たちに憑依し、悲劇前日までの彼らの
行動の中からそのヒントを探す。そして悲劇を救済できる人物の
夢にヒントを与え、行動に移らせること。
例えば、王子の婚約者の後追い自殺を防ぐには、王子の妹に
婚約者の夢を見させる。翌朝妹は「婚約者が泣いてる夢を見た
ので、気がかりだから彼女の部屋に行ってみよう」と思い立ち、
妹が婚約者の部屋を訪れると悲劇を食い止めることができという
流れなわけ。
悲劇回避に失敗すると、王子は殺された直後の日に再び戻って
しまいます。これがまぁ、インフィニットループの状態なわけです。
タイムスケジュールや憑依する人物を行ったり来たりするのは
「街」や「428」とシステムちょっと似てるかも。

悲劇は何重にも仕組まれてるので、誰にどんな夢を見させれば
いいのか、それを探るゲームですね。直接悲劇回避に関係して
なくても、繰り返しの中で同じ時間帯の別の人の行動を見ると
「あのときああ言ってのは、このやりとりが前にあったからなのか」
とわかる楽しみも。

しかしこの城、使用人少なすぎる気が(笑)。

いけませんアーデルハイド!

いけませんアーデルハイド!
池袋西口公園で期間限定の「ロッテンマイヤーカフェ」。おもてなしはロッテンマイヤーさんをイメージしたおばあちゃんメイド…。

金色のコルダ3

「昔は有名だったらしいけど…」と囁かれ今はパッとしない
ヴァイオリン奏者のヒロイン。
高校生になった彼女に差出人のない一通の手紙が届く。
「ここで終わっていいのか?」
彼女には幼なじみがいた。更なる高みを求めて故郷を飛び出し、
音楽の名門星奏学園へ転校していった年上の幼なじみが。
彼女は駈け出した!ステージ衣装のまま、ヒールの靴音を
高くならして!ホールを飛び出すとそこは見晴らしのいい
夕焼けの草原。(どんだけ田舎のホールだ…)
風がドレスをなびかせ、夕焼けが彼女を赤く照らし出す。
そうよ、私もこのままじゃ終われない。行こう、星奏学園へ!

星奏学園オケ部に足を踏み入れたヒロイン。中には暗闇に
眼鏡を光らせ顔の前で手を組む碇ゲンド…かつての幼なじみ
がいた!彼は言う。「目指すは全国制覇だ」
いきなりそれか。久しぶりの挨拶がそれか。っていうかゴリか!
それか手塚部長か!
「あなたをアンサンブルメンバーとは認めません!」突如乱入
したヒロインを受け入れないオケ部員たち。
よし、では大会へ進むアンサンブルメンバー選抜大会だ!
幼なじみの部長とその弟、ナンパなヴィオラの副部長に生真面目
な後輩チェロ奏者。
「認めなくてはならないようだ…あなたが全国制覇に必要な
人間だと」

地区大会、全国大会と勝ち進んでいくヒロイン達星奏オケ部。
敗れ敗退していった他校のメンバーがまた熱い!
部長の判断が正しかったと部長を蔑んだ奴らに見せたかった、
俺たちの夏は終わった、みんなと全国に行きたかった…、
ああ、でも悔いはない…。男泣きである。
そして炸裂するマエストロフィールド
説明しよう。マエストロフィールドとは奏者の作りだした音楽の
世界観を聞く者に視覚的に見せる力である!
落雷、風吹く緑の草原、流れる清らかな滝。これらがプレイヤー
の操作不可能な状態で流れる。そもそも「マエストロフィールドを
使わないと勝てません」と表示されているのでどんなに疑問を
抱こうと使わないわけにはいかないのである。
みんなも普通に「マエストロフィールドも使えぬお前に…」とか日常
会話で使ってくるから要注意だぞ!

白長ランはためかせた男に「黙れ!貴様のような駄犬が俺の
シュトルム(がっき)に触れるなど・・・!」
とか「貴様も俺もステージで
しか生きられぬ人間」とか言われてなにこ本当に乙女ゲー?
少年ジャンプじゃねーの?と首をかしげつつ旧作キャラ・火原の
登場に和む…。火原のテーマ懐かしい。でも加地くんが公務員に
なったとか、妙にリアルリアル。そうだよね、あの頃みんな音楽に
あんなに夢中になったけど、プロでやっていける人とかごく一部
だもんね…。

今回今までと比べて残念だったのがアンサンブルの幅が狭まった
こと。星奏はヴァイオリン×3、ヴィオラ1、チェロ1という弦楽
アンサンブルなので、今までみたいにフルートやトランペットを
織り交ぜた演奏ができない…。寂しい。「アイ・ガット・リズム」」とか
ウチ(星奏)も演奏したいです!
音ゲー要素は簡単で良かったです。

キャラ的に好きだったのは天宮。終盤がドラマティックすぎる!
意外と榊もほどよい感じが良かったです。

「タルトタタン」のガトゥショコラグラン

東北在住のお友達と久しぶりに東京で会った時に、手土産と
して持ってきてくれたのが、タルトタタンのガトゥショコラ。

2010110821000000_2

もちろんこのまま食べても美味しいんですが。レンジで
30~40秒ほど温めると、フォンダンショコラ風になって
また違った美味しさに!

2010110821020000
中の大粒のトリュフショコラがアツアツトロトロにとろける
ようになって、フランスヴァローナのチョコレートの風味と
さっくり口の中で崩れる生地の食感がまた…!
ここのお店、アップルパイやバームクーヘンも美味しそう
なので、他のも通販して食べてみたいなぁ。

「アナタヲユルサナイ」

PSPの「本格サスペンス」ノベルゲームです。推理ゲーというより
ノベルゲーって感じで、選択肢とかはほとんどないです。ほぼ
ボタン押して読むだけかな。ときどき時々尾行とか隠し撮りの
ミニゲームが入るけど(主人公が探偵なので)。
何より、全体的に漂うお洒落感。
主人公が既婚者の女性探偵。お洒落。
夫婦なのに自分は旧姓で夫を苗字呼び。お洒落。
探偵なのに車は目立つ黄色、服装はピンクのノースリーブ。
これまたお洒落!
わたせせいぞう風イラストがまたお洒落感を際立たせる!

音楽はファイナルファンタジーシリーズの植松さん。BGM
なので主張し過ぎない感じではあるんですが、ゲームの
大人っぽい雰囲気に会ったジャズっぽい楽曲が素敵。

物語としては、浮気や素行調査といった身近な探偵の
仕事をしていたはずの主人公が、次第に大きな事件に
巻き込まれ…というパターン。
個人的には2章が良かったな。キャラでは主人公の相棒の
ユウジ。ゲイって設定じゃなければなんで主人公とくっつかない
んだ!ってくらい終始行動を共にしてましたな。押しかけ
調査員の坂本君も悪くない。草薙は終盤イケメンすぎました。
ラストがハッピーエンドって感じではないので、ちょっとほの
悲しいのですが、そこも含めて大人向けって感じかなぁ。

もちもち!モッチョボロをやってみた

あ、なんか久しぶりの日記になってますね。

先日美容室で「モチモチモッチョボロ」というのをやって
きました。わたし髪の毛がボンバーなので普段は縮毛
矯正をしてるんですが、この「モチモチモッチョボロ」は
縮毛矯正ほどまっすぐ伸ばす効果はないものの、比べて
髪にそれほど負担をかけない、時間もそれほどかから
ないというメリットがあるんだそうです。
初めて聞くものだし興味あったんで、やってみてもいいかな
と思ったんですが、美容師さんが言うのは、これ。
髪につける液が臭い。
人によってはこの臭いが一ヶ月くらい続く人もいるとのこと。
一か月ってどんだけしぶといの!一応事前に液の臭いを
かがせてもらったんだけど、うーん耐えられないほどでは
ないような気がするなー。縮毛矯正も2,3日はなんか
薬の臭い残ってる感じはするし。
ってことでとりあえずやってみることにしました。

結論としては、かかった時間は縮毛矯正とそんなに変わ
らない(笑)。若干短かったけどね。
丁寧にブローしてもらったおかげで伸びは普通に上々。
悲劇はその後に起こった…。当日は髪を洗ってはいけ
ないので翌日に髪を洗おうと、シャワーで流し始めた
瞬間。
ぶわっと浴室に巻き起こる臭い!うおっ、くさっ!!
そうだよね、臭いって温まると数倍勢いが増すよね!!
洗うたびに臭いは治まってるし、さすがに一カ月は
この状態残らないとは思うけど。
うおお、モチモチモッチョボロェ…くさいお…。
髪が乾いてるときはそうでもないので、人と会ってるときは
そんなに臭ってないと信じたい…。でももし気を使って
「臭いけど言えないよね」とか思われてたらどうしよう!

ゲームセンターCX「Jerry Boy」

スライムっていうか、ぷよぷよみたいな。そして意外と
街での聞き込みも可能なスライムくん(笑)。
スライムというゼリー状の体を活かした動きが面白い
ですね。あと可愛い!
でもけっこう難しいですねこれ。

おお、次回作「ゼルダの伝説時のオカリナ」かぁ。
プレイしたし楽しかったけど、クリアできなかったのねん。
っていうか、大みそかー!!

吉祥寺「CLOVER」のコルネとロールdeロール(いちご)

吉祥寺の東急地下にある小さなケーキショップ「CLOVER」
お手頃な値段の洋菓子が多くて、ついあれも、これもと手を
伸ばしてしまいます。今回はこれ!
コルネ(左)とロールdeロール(右)。



コルネの方は金土日の週末限定の販売のようです。サクサク
焼いたパイ生地に蜂蜜風味のレジェールクリーム(生クリームと
カスタードクリームをあわせたもの)
ロールdeロールの方はクリーム2種類。いちごの果肉が
入ってて甘酸っぱく美味しい~。

六本木チーズケーキも美味しそうだったなぁ。

アリス物はみんな可愛い~!

「DRINK ME」と書かれた札付きのボトルキャップに入れられた
アリス!可愛い~!アリスはディズニーのもテニエル原画のも
大好きです。これ色々シリーズあるんですよね。

「華ヤカ哉、我ガ一族」

舞台は大正。田舎から上京してきたヒロインが帝都で名家と
名高い宮の杜家の使用人となり、そこの6人の息子達と親しく
なっていくという。さらには、次期当主争奪戦も絡んできて…。


基本は選択肢で好感度を上げて行くADV。使用人としての定期
審査は普通に使用人のお仕事をしてれば楽にクリアできます。
おつかいの「依頼」は直接クリアや好感度には影響しないので、
あとは一筋プレイさえしてれば難しいゲームではないです。バッド
エンド集めや「依頼」で手にに入るアイテムの収集に凝ると大変
そうだけどね。

まぁこういうのは使用人という最下層から対象キャラの最愛の
女性にまで上り詰めていくのが醍醐味であるとは百も承知なの
ですが、出逢い頭に「虫」「人間以下」「自害しろ」だの扱いを
坊ちゃん方から受けた時には、人として鉄拳制裁を食らわせて
やろうかと思いました(笑)!
特に末っ子!偉そうなことは自分の稼ぎで飯を食えるように
なってから言えや!こちとら実家の家族養ってんやぞ!
でも今はこちらはしがない使用人。「こいつらいずれデレる、
こいつらいずれデレる。そしたらこの屋敷も私のもの・・・

呪文のように呟きながら、いつか当主夫人となって自分の物と
なる(予定)屋敷の拭き掃除をしました…うふふ。

多少展開が強引なところありますが、名家ならではの泥沼なお家
事情とか、大正浪漫な世界観とか、ヒロインが命にかかわる怪我
したりとかと、シリアスな展開もありますが、笑えるところも多くて
久しぶりにストーリーで面白いな、と思えましたはい。
ヒロイン自身は結構ドジだったり、一応仕える相手への態度とか
社会人としての姿に疑問が生じるところはあるものの(笑)、まぁ
そういう「使用人らしくないところ」にご兄弟たちが惹かれていく
話なので、そういうもんなのかな。
結構会話のやりとりが笑えます。
あと使用人仲間のツンデレたえちゃんと、使用人頭の千富さんが
いいキャラです。私は最初三男ルートからやったため(というか
キャラの好感度の上がり方からして八方美人プレイをしてると
三男ルートになりやすい)、最後三男を叱咤するたえちゃんや
「使用人頭の意地を見せる」と他のご兄弟にヒロインと三男の
窮状を訴えた千富さんがイカス。
逆に当主はほんと最悪だったね(笑)!特に三男ルートは三男と
ヒロインに対する精神攻撃が半端ない!しかも一見いい人そうな
執事の加賀野さんが、結局当主至上主義で当主の命であれば
年端のいかない小娘であるヒロインすらも消すことを辞さない
とは…。
ご兄弟では三男と六男がわりと好きでした。六男とはしれっと
先述の末っ子である(笑)。

吉祥寺

吉祥寺
ハート可愛いね!な吉祥寺駅前。
吉祥寺にはよく行かせてもらってる日本酒の美味しい店が
あって、そこに行く以外あまり縁が無いのですが…。
今日は珍しく友人と吉祥寺待ち合わせにしたら、友人まさかの
寝坊で遅刻(笑)。空いてしまった一時間でぶらり買い物でも、
と思ったら、靴三足に靴下一足お買い上げ〜。
下半身強化しすぎた(笑)!でも吉祥寺でお買い物、なかなか
いいな〜。安い店多いですし!今度は飲みの前に時間作って
ちゃんと行きたいな。そんときはどんだけ買うんだかわかりませんが(笑)。

伊勢旅行あれこれ食べ物

先日、伊勢方面に旅行に行ってきました。 熊野、伊勢、
鳥羽を巡るという、どう考えても移動ばっかりいなるプラン
だったのですが、台風にもそれほど影響を受けず楽しんで
きました。
熊野本宮大社や速玉大社、少しだけですが熊野古道、
伊勢内宮などなど…結構パワースポット巡ったんじゃない
ですか、これ!
でももちろん食べることも忘れていません(笑)。

続きを読む "伊勢旅行あれこれ食べ物" »

ゲームセンターCX「パリ・ダカールラリー・スペシャル」

ついに番組8年目!
「仮免ディレクター」制度とかあるんですね(笑)!
あれですか、暴走すると浦川教官あたりがブレーキ踏んで
くれるんですね!とか思ってたら、パスワードが合わないよ
事件でスタッフ一同が映ったときにちゃんと浦川さん同席
してましたね

14シーズン一発目はレースゲームってことで。あ、くそゲー
認定なんですね(笑)。
あ…れ?ラリーゲームなのに某名探偵…ってかとっても
「さんまの名探偵」風ADVパートが!とっても課長の多い
「さんまの名探偵」が!ひたすらイケダ課長を人と人の
ラリーを経て、スポンサー集めたり車買ったりと色々準備を
終えると、反射神経テストで仲間をゲット。

しかしパリダカってさすが過酷ですねー。もうレースってか
シューティングてかアクションってか、絶対パリダカこんなん
ちゃう!ドライバーが車から降りて動くバーにのってスイッチ
押して道路を作って進むゲームってどんなんだよ!途中
鳥のフンやタコの攻撃かわしながら海中進むゲームって
どんなんだよ!…レースをさせてあげて…!

「伊勢名物 赤福」

週末に熊野・伊勢地方を旅行してきたのですが、この近辺を
歩いているとひたすら目につくのが「伊勢名物 赤福」
ピンクの包装紙に包まれた箱。あちこちで山積みにされて
います。お土産に持って歩いてる人も多いですし、伊勢神宮
帰りにおはらい町通りの本店を通った時は、列ができてました。
やっぱり知名度の高さは近隣のお土産でピカイチですもんね。
イートインもできたはず。できたてのお餅は美味しいんだろうなぁ。
私も数年ぶりに食べたくなってつい購入!

赤福

餡は五十鈴川の清流にちなんで、2つの波形で水の流れを
表現してるんだとか。あの正岡子規が『到来の赤福餅や
伊勢の春』と詠んだことでも有名ですね。
お餅の上にのった上品な甘過ぎないこし餡が美味しい。
お土産では定番だけに外れのないチョイスですよね。

鉱石ラジオスケジューラー11月

暑い夏が終わったと思えば秋スルーして速攻冬。そして
11月へ…。あっという間にもう年末だ、うわああ…。
服買わないと着るものがマジないよ…。

11月はいまのところ観劇予定は…なかった…はず…!
その代り12月が結構入ってるんですよね。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック