2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 「タルトタタン」のガトゥショコラグラン | トップページ | いけませんアーデルハイド! »

金色のコルダ3

「昔は有名だったらしいけど…」と囁かれ今はパッとしない
ヴァイオリン奏者のヒロイン。
高校生になった彼女に差出人のない一通の手紙が届く。
「ここで終わっていいのか?」
彼女には幼なじみがいた。更なる高みを求めて故郷を飛び出し、
音楽の名門星奏学園へ転校していった年上の幼なじみが。
彼女は駈け出した!ステージ衣装のまま、ヒールの靴音を
高くならして!ホールを飛び出すとそこは見晴らしのいい
夕焼けの草原。(どんだけ田舎のホールだ…)
風がドレスをなびかせ、夕焼けが彼女を赤く照らし出す。
そうよ、私もこのままじゃ終われない。行こう、星奏学園へ!

星奏学園オケ部に足を踏み入れたヒロイン。中には暗闇に
眼鏡を光らせ顔の前で手を組む碇ゲンド…かつての幼なじみ
がいた!彼は言う。「目指すは全国制覇だ」
いきなりそれか。久しぶりの挨拶がそれか。っていうかゴリか!
それか手塚部長か!
「あなたをアンサンブルメンバーとは認めません!」突如乱入
したヒロインを受け入れないオケ部員たち。
よし、では大会へ進むアンサンブルメンバー選抜大会だ!
幼なじみの部長とその弟、ナンパなヴィオラの副部長に生真面目
な後輩チェロ奏者。
「認めなくてはならないようだ…あなたが全国制覇に必要な
人間だと」

地区大会、全国大会と勝ち進んでいくヒロイン達星奏オケ部。
敗れ敗退していった他校のメンバーがまた熱い!
部長の判断が正しかったと部長を蔑んだ奴らに見せたかった、
俺たちの夏は終わった、みんなと全国に行きたかった…、
ああ、でも悔いはない…。男泣きである。
そして炸裂するマエストロフィールド
説明しよう。マエストロフィールドとは奏者の作りだした音楽の
世界観を聞く者に視覚的に見せる力である!
落雷、風吹く緑の草原、流れる清らかな滝。これらがプレイヤー
の操作不可能な状態で流れる。そもそも「マエストロフィールドを
使わないと勝てません」と表示されているのでどんなに疑問を
抱こうと使わないわけにはいかないのである。
みんなも普通に「マエストロフィールドも使えぬお前に…」とか日常
会話で使ってくるから要注意だぞ!

白長ランはためかせた男に「黙れ!貴様のような駄犬が俺の
シュトルム(がっき)に触れるなど・・・!」
とか「貴様も俺もステージで
しか生きられぬ人間」とか言われてなにこ本当に乙女ゲー?
少年ジャンプじゃねーの?と首をかしげつつ旧作キャラ・火原の
登場に和む…。火原のテーマ懐かしい。でも加地くんが公務員に
なったとか、妙にリアルリアル。そうだよね、あの頃みんな音楽に
あんなに夢中になったけど、プロでやっていける人とかごく一部
だもんね…。

今回今までと比べて残念だったのがアンサンブルの幅が狭まった
こと。星奏はヴァイオリン×3、ヴィオラ1、チェロ1という弦楽
アンサンブルなので、今までみたいにフルートやトランペットを
織り交ぜた演奏ができない…。寂しい。「アイ・ガット・リズム」」とか
ウチ(星奏)も演奏したいです!
音ゲー要素は簡単で良かったです。

キャラ的に好きだったのは天宮。終盤がドラマティックすぎる!
意外と榊もほどよい感じが良かったです。

« 「タルトタタン」のガトゥショコラグラン | トップページ | いけませんアーデルハイド! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/50028859

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のコルダ3:

« 「タルトタタン」のガトゥショコラグラン | トップページ | いけませんアーデルハイド! »

最近のトラックバック