2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« いけませんアーデルハイド! | トップページ | 南国製菓「塩けんぴ」 »

「インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜」

怒涛のゲーム月間!なんせ10本近く積んでるからね!

そんなわけで「インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜」

主人公は戴冠式と結婚式を翌日に控えた若く人望ある王子様。
しかしその前日の夜、何者かの手によって解き放たれた死神の
手により無残にも殺されてしまう。王子が気が付くと、自分の
遺体を前に絶叫をあげるメイドを見下ろす、もう一人の自分がいた…。
物語はそこから。なぜか魂だけとなって現生に残った王子。
霊体となった彼にできることは、誰かに憑依して行動を見守る
ことと、人の夢に干渉することのみ。

王子の死後、次々に周囲の人々に起こる悲劇を回避するため
には、メインの登場人物たちに憑依し、悲劇前日までの彼らの
行動の中からそのヒントを探す。そして悲劇を救済できる人物の
夢にヒントを与え、行動に移らせること。
例えば、王子の婚約者の後追い自殺を防ぐには、王子の妹に
婚約者の夢を見させる。翌朝妹は「婚約者が泣いてる夢を見た
ので、気がかりだから彼女の部屋に行ってみよう」と思い立ち、
妹が婚約者の部屋を訪れると悲劇を食い止めることができという
流れなわけ。
悲劇回避に失敗すると、王子は殺された直後の日に再び戻って
しまいます。これがまぁ、インフィニットループの状態なわけです。
タイムスケジュールや憑依する人物を行ったり来たりするのは
「街」や「428」とシステムちょっと似てるかも。

悲劇は何重にも仕組まれてるので、誰にどんな夢を見させれば
いいのか、それを探るゲームですね。直接悲劇回避に関係して
なくても、繰り返しの中で同じ時間帯の別の人の行動を見ると
「あのときああ言ってのは、このやりとりが前にあったからなのか」
とわかる楽しみも。

しかしこの城、使用人少なすぎる気が(笑)。

« いけませんアーデルハイド! | トップページ | 南国製菓「塩けんぴ」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/50027513

この記事へのトラックバック一覧です: 「インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜」:

« いけませんアーデルハイド! | トップページ | 南国製菓「塩けんぴ」 »

最近のトラックバック