2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ルイーダの酒場に行ってきた | トップページ | ゲームセンターCX「ゼルダの伝説 時のオカリナ」後編 »

「TRICK×LOGIC」

敏腕検事・芳川になって冥界に送られてくる未解決事件の調書
「アカシャ」を読み真相を解き明かす…しかもその「アカシャ」を書き
下ろしたのは、綾辻行人、有栖川有栖、竹本健治、我孫子武丸
など、本格ミステリの作家ばかり!
これは元推理小説研究会の私、プレイしないわけにはいかない
でしょう!

ゲームとしては簡単に言うと、事件を記した小説を読んで、鍵となる
言葉を組み合わせることにより、謎、真相の一端であるヒラメキを
作成して、真相や真犯人を解き明かすというって感じかな?
よく文庫本サイズなどで数ページで解ける簡単な「ミステリクイズ」を
集めて1冊にまとめたのがあるけど、あれの拡大版かなぁ。
上に書いたような本格ミステリ作家さんのファンなら楽しめると思い
ますよ~。私は有栖川有栖が好きなんですが、あーっぽいアカシャ
だなーって思いました!彼がいくつかの自作でキャラクターを通じて
主張していたことがちゃんと反映されてましたもん。

プレイしてて感じたのは…ほんっとにTRICKでLOGIC!ひたすら
TRICKでLOGICなんですよ!
毎回事件のたびに言われる「動機の強弱は犯人特定の根拠には
ならない」はその通りで、犯人が犯人たる所以は犯人以外犯行が
不可能であるから。解決後に犯人の懺悔も動機の告白もなし。
友人はそれがおさまりが悪くて嫌だと言ってたけど、私はむしろ
犯人の心境がわからないまま殺人過程だけわかって怖いよ(笑)。
あとこれ、犯人やトリックはわかってもそれを示すキーワードの組み
合わせを見つけるのが結構大変。

個人的には「明かりの消えた部屋で」と「雪降る女子寮にて」あたりが
読んでて面白かったです。
でもほとんど解けなかったなー!容疑者のアリバイをエクセルにまとめ
たりもしたのに(笑)。

« ルイーダの酒場に行ってきた | トップページ | ゲームセンターCX「ゼルダの伝説 時のオカリナ」後編 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/50258518

この記事へのトラックバック一覧です: 「TRICK×LOGIC」:

« ルイーダの酒場に行ってきた | トップページ | ゲームセンターCX「ゼルダの伝説 時のオカリナ」後編 »

最近のトラックバック