2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 心に冒険を | トップページ | 「韓国串焼きと鉄板台所 野菜ソムリエけなりぃ」でランチビュッフェ »

5/28S 「レ・ミゼラブル」

ジャン・バルジャン:別所哲也 ジャベール:鹿賀丈史
エポニーヌ:島田歌穂 ファンテーヌ:岩崎宏美
コゼット:神田沙也加 マリウス:石川禅
テナルディエ:斎藤晴彦 テナルディエの妻:鳳蘭
アンジョルラス:岡幸二郎

行ってきました、SPキャストのレミゼ!鹿賀ジャベも岩崎ファンテも
石川マリウスも岡アンジョも…そして島田エポもお初です。
石川マリウスと神田コゼットのカップルとか、そんな年齢差大丈夫か?
大丈夫だ、問題ない(席が後ろなのです)。

鹿賀ジャベは「ジャベールの自殺」がかなり好き。橋の上で立つことも
ままならないくらいレーゾンデートルが揺らいでる芝居いいですね。
それまでも鉄面皮のようなブレのない冷たさも天下一品だわ~。
立ってその場にいるだけで気温を下げるような冷たい熱を感じますね。
岩崎ファンテは意外と地に足付いたファンテだなって思ったんですよ。前回
見た和音ファンテが最初から女神モードだったから余計にそう感じたの
かもしれないけど。思ったより低めの声が工場の女性陣にも冷やかに
強かにきっちり対応してるように聞こえました。
石川マリウスはこれまた声が甘くて素敵。エポに対しては意外と「軽口
叩ける関係」だったのか、エポが本が読めると嘯いたりからかわれたりした
時は結構笑って対応してました。今まで私が見たマリウスって、固物とか
言われるだけあってエポの軽口も本気で受け取ってイライラしてたマリウス
ばっかだったので。ベテランの石川さんの余裕が為せる笑顔だったのかも。
しかし声は若々しくて甘いのに走るとちょっとドタドタしてたのが笑いました(笑)。
その島田エポは細いからあまり年齢を感じない。やっぱり「on my own」は
すばらしいの一言だった!歌声からこぼれ出る(にじみ出るというよりは
こぼれ出る)切ない気持ちが泣ける~!「恵みの雨」は石川マリウスとの
相性ばっちりでこれまた泣ける。
岡アンジョルラスは身長が高くて脚が長くてスタイルがよくて、やっぱり
学生の中にいても目を惹いてかっこいいな~。
ちなみに私が個人的にアンジョルラスに欲しいと思ってるものは、年の
同性の学生達の中でごく自然に中心に立てるリーダーシップと革命へ
の熱い情熱。欲を言えば理屈を越えた、人を惹き付けるカリスマ性と
華やかさもあればなおいいネ!
岡アンジョはどれもかなり持ってると思うんだけど、逆に完璧に見えすぎ
ちゃって…という(笑)。アンジョ若いんだからもうちょっと隙があっても
いい気がするんだけど。基本クールだけどリーダーとしては完ぺき…!
エポの死に落ち込むマリウスへの励まし方といい、「共に飲もう」で自嘲的な
グランテールへの対応といい(無言の強い視線を向けた後、腕を軽く叩く)、
もう普通にうちの上司とかに欲しいよ!

普段わりと歌寄りのバルジャンを選んじゃう傾向があるので、お芝居寄りの
バルジャンで新鮮な別所バルジャン。マリウスを担いだり嗚咽したりする時
息のかけ声がちょっと入って面白かったけど、ラストの衰弱っぷりが半端ない。
あとコゼットへの「私は父じゃない」とかほとんど嗚咽だった。
ファンテの死や「エピローグ」でのファンテへの態度見てると「畏敬の念」にも
似た感情持ってるのかなと。レミゼの結論は「誰かを愛することは神様の
おそばにいること」なので、コゼットへの愛情で生きたファンテはバルジャンに
とって神様に近い存在なのかなって思ったり。

SPキャストは半ばお祭りみたいなもんだと思うので、作品全体としてというより
個別のキャストについて書いてみました。もう1回見たいSPキャストも何人か
いるんだけど、上原アンジョも観てないからさー。見ておきたいんだよー!

« 心に冒険を | トップページ | 「韓国串焼きと鉄板台所 野菜ソムリエけなりぃ」でランチビュッフェ »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/51794931

この記事へのトラックバック一覧です: 5/28S 「レ・ミゼラブル」:

« 心に冒険を | トップページ | 「韓国串焼きと鉄板台所 野菜ソムリエけなりぃ」でランチビュッフェ »

最近のトラックバック