2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 青春体感ミュージカル=テニミュ! | トップページ | しまった早すぎた! »

6/18M「風を結んで」

片山平吾:中川晃教 田島郡兵衛:藤岡正明 加納弥助:小西遼生
橘 静江 :菊地美香 捨吉:山崎銀之丞 橘 右近:大澄賢也
大林由紀子:大和悠河

佐々木誠一郎:照井裕隆 新畑伝四郎:小原和彦 栗山大輔:俵 和也
齋藤小弥太:加藤貴彦

物語は明治の初め。廃刀令や四民平等のおかげで世の中に溢れるのは、
言わばリストラされた元武士たち。洋行帰りの由紀子に助けられた平吾は、
武士のパフォーマンス一座の立ち上げに誘われる…。

一幕を観終わった時点では、パフォーマンス公演に向けて仲間も集まり、頑な
だった右近も参加することになって公演へ向けてひた走る「舞台モノ」になる
のかと思ってました。
「見世物」になることと「武士の意地」の葛藤も丁寧に描かれてたし、それでも
仲間と共に生きて生き抜くことを決断した仲間たちが「変わる」ことが新しい
パフォーマンスという場所で生きることが結論なのかなって。ギャグも多いしね。
しかし二幕になると一気に流れが加速し、話もシリアスに。不平士族の反乱に
より1人また1人と一座から抜けていく仲間。右近の死。そして西南戦争へ。
信じていた価値観がひっくり返ったとき、人は新たな道を選ぶのか、そこに踏み
とどまるのか。
平吾自身が「これは自分の戦」とした戦いの結末は描かれなかったけど、
正直勝算は低いのかなって思ってしまいました。平吾にとっての戦いと同じ
ように、袂を分かった仲間たちもまた「自分の戦」と信じて西へ向かったわけ
だしね。それはきっと「時代が激変した時に人はどうするのか」っていうこの
作品のテーマに対する「自分なりの戦いを貫く(生き方を変えるにしろ変えないに
しろ戦い)」って答えなんじゃないかなー。

中川さん演じる平吾はとてもまっすぐで自分の直感に素直な青年。中川さんの
突き抜けるような透明感ある歌声もあって、人を惹きつける魅力ある人柄に
仕上がってます。平吾は色んな人を説得する役回りが多いんだけど、こりゃ
説得させられますわ、こんな歌声で歌われちゃ(笑)!なんか今回気付いたんだ
けど、中川さんが歌うと全てがドラマチックに壮大に聞こえる(笑)。
藤岡さん演じる田島さんは平吾、田島、弥助の中では兄貴分のようなんだけど、
お調子者キャラ(笑)。王子様的マリウス(レミゼ)しか見たことなかったんで、
こういう愛されるべきお調子者にびっくり!
小西さんの弥助は一番温厚で真面目な弟分って感じ。歌声はわりとクール
だと思うんだけど、二人に振り回されて一生懸命なのがとっても可愛いです。
3人組の中で一番好きかな~(笑)。

平吾と対照的に描かれているのが大澄さん演じる右近。生まれた時から
「如何にして死ぬか」を考え続けた彼の人生と決断。彼の存在が舞台に
重みを与えていると思います。それにしても剣舞のような殺陣がほんと綺麗!
それに平吾とも右近とも違う生き方を選んだ山崎さん演じる捨吉。彼の
存在は舞台に時間という深みを与えてくれますね。彼の語る過去がまた切ない。
女性陣は洋行帰りで開明的な大和さん演じる由紀子と、つつましくしとやかな
菊池さん演じる右近の妹静江。静江はさらっと二幕で平吾と結婚してて
びっくりだ(笑)。菊池さんめっちゃ声が可愛くて声優もやってたの思い出しました。
舞台ではコゼットしか見てないので、喋ってる芝居は始めてだったんですけど、
ほんと可愛い(二度言いました)。
女性二人が歌う「愛でられてこそ花」「愛でられずとも花」はどちらも真実ですね。

あとこの作品、歌がとっても多いね~!もともと中川さんの歌が聞きたくて行った
のだけど、特に1幕は「武士たるものがそんな!」→「生き抜くためにがんばろう!」
って流れが多いので、そんな印象。
一幕の「風を結んで」の曲がトリオがとても気持ち良さそうに歌ってて印象的でした。

« 青春体感ミュージカル=テニミュ! | トップページ | しまった早すぎた! »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/51978261

この記事へのトラックバック一覧です: 6/18M「風を結んで」:

« 青春体感ミュージカル=テニミュ! | トップページ | しまった早すぎた! »

最近のトラックバック