2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 12/18 ミュージカル「テニスの王子様」青学VS六角 | トップページ | 渋谷クレープリー「オ・タン・ジャディス」でガレット&クレープ »

僕は走っているだろう君と、間にどんな距離があっても

はー結局最終話まで全部見ましたよ「南極大陸」!視聴率がどうとかキムタクが
どうとか言われてますが、見てる分には普通に泣いたし!っていうか泣いたし!

もうね、タロとジロしか生き残らないことは日本人ならみんな知ってるじゃない
ですか。次々と犬達が命を落としていって、でも最終話の時点で先導犬リキも
生き残ってて、死ぬの?死ぬよね…。
でもフィクションってことで生き残ってもいいんじゃ…くらいの気持ちで視聴。
ほらだって、リキこないだファイト一発してたじゃん?生きててもいんじゃないかな…

最後に第3次観測隊で倉持が先行して昭和基地に戻ってくるんだけど、そこで
かつて犬を繋いでた鎖を雪の中から掘り出して引っ張ると、抜け出した犬の
千切れた鎖の軽さと、繋がれたまま雪の中で眠る犬の亡き骸の重み。
白骨死体になっちゃうのかな…きついなって思ってたんだけど、そうか氷の中に
埋まってるから綺麗なままなんだね…。
もう、その生死を一匹一匹、鎖を引っ張って確認していく作業が辛いー!
ここで既にわたし泣いてます。

そして、少し離れたところに見つけてしまう、リキの遺体。一度鎖を切ってタロジロと
雪原を走り回ってたのに、死期を悟った時に仲間たちが眠る基地が見えるところに
戻って、基地の方向を見つめたままの姿で雪の中で永眠。
でも何が泣いたって、倉持がリキ掘り起こして手袋外してリキに触れたときの
「お前、まだ温かいじゃねーかよ…!」ってやつ。わあ、もうちょっと先生が早く
セスナ飛ばす許可くれたら、死に際に間に合ったんじゃないの…!
柴田恭兵には今こそ「いくぜ!」って言ってほしかったよ(懐かしいネタ)。
タロジロがすぐ倉持を認識しなかったのはリアルっちゃリアルかなー。

でもタロジロ生存が日本で報道されたとき、越冬隊のかつての仲間たちがその
生存を、もしくは助からなかった犬達の死を思った時、1人衆人の中で氷室に
「倉持ーーー!」と絶叫させた脚本はどういう意味です?どんだけ倉持好き
なんです。

タロジロ生存は周知の事実のせいか、物語的には先導犬リキにわりとスポットが
当てられてた気がします。
こちらは横山山口ドッグスクールさんのブログ。リキ役を演じたピムが最終話を
一緒に観ている写真が載っています。フィクションだってわかってるんだけどなぜか
ホッとしちゃいますね!ピムは女の子なんだそうですよ~。
このドラマほんと犬達が最優秀男優女優賞だったと思います!

« 12/18 ミュージカル「テニスの王子様」青学VS六角 | トップページ | 渋谷クレープリー「オ・タン・ジャディス」でガレット&クレープ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/53524369

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は走っているだろう君と、間にどんな距離があっても:

« 12/18 ミュージカル「テニスの王子様」青学VS六角 | トップページ | 渋谷クレープリー「オ・タン・ジャディス」でガレット&クレープ »

最近のトラックバック