2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« Defying Gravity | トップページ | 池袋「喫茶タカセ」でレディースセット »

「ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生」

ここ数日なんで日記書けなかったのかというと、仕事が忙しくて残業が
続いていたからなんですが(ツイッターでは呟いてましたが)、そんな合間を
縫ってこれやってましたハイスピード推理アクション「ダンガンロンパ」。

様々な分野で超高校級の高校生だけが入学できる希望が峰学園に抽選と
いう「超高校級の幸運」で入学が決まった主人公。しかし入学式の日に
集められた超高校級の15名は、監獄のようになった学園内に閉じ込め
られてしまう。
彼らの前に現れた学園長を名乗る「モノクマ」は2つの選択肢を出す。
「一生をこの学園で過ごすか、仲間を裏切り誰かを殺して卒業するか」

要は推理ゲーです。
日常編で起こった殺人事件を学級裁判で議論し、真犯人を確定させる。
その議論の最中に発言の矛盾などを手持ちの情報を弾丸にして指摘し、
論破するのが、ダンガンロンパ…弾丸論破。
学級裁判のあたりは逆転裁判を思い出してもらえれば近いかも。
でも、ハイスピード推理アクションだけあって、発言のウィークポイントに
照準を合わせたり、マシンガントークバトルでタイミングに合わせて
発言を撃破したりというアクション要素もあります。
というか、私は推理よりこのリズムに合わせて撃つのが苦手で何度か
ゲームオーバーになりました(笑)。あと、事件の流れを紙芝居?形式で
まとめるクライマックス推理が結構難しくて、1枚のイラストでドアを
開けて入ってきたのか閉めて出ていくところなのかが判断難しかった
ですわ。

推理ゲー好きなので、面白かったです!逆転裁判とか好きな人は楽しめる
と思います。でもあれよりもっとダークではあるかな。仲間を裏切って殺したり
その犯人を追及する話なので。しかも裁判後に立証された真犯人はモノクマに
よって「お仕置き」されるんだけど、これ結構グロいので…特に1番最初の…。
お話も、殺されたり真犯人としてお仕置きで死んだり仲間が減っていく
クローズドサークルのような閉そく感や、疑心暗鬼のバトルロワイヤルの
ような雰囲気、そもそもなぜこのようなことが行われているのかという
大きな謎もあって、先が気になってつい一気プレイでした。

モノクマの声優さんが大山のぶ代さんなんですよ!声はあのドラえもん
なんだけど、温かみのないドラえもんで、特に最初の方は結構怖かった
なぁ…。ドラえもんの声でびびることになるとは思わなかったです(笑)。

以下ネタバレ。

黒幕の正体についてはわりと最後までよくわかってませんでした。
ストーリー的に霧切や、最初に死んだと思ってた舞園が実は生きてて、
とかだと盛り上がるだろう的理由でこの二人の可能性もずっとあったし、
明るく能天気な朝比奈ってのも衝撃だろうなと。
十神はCV石田彰だから、逆にそれっぽすぎてないだろうと(笑)、
2時間ドラマの犯人を役者のランクで予想するようなことまで…ってこれ
推理じゃなくてほんと予想ですね。
舞園はほんと終盤まで生き残る、ヒロインキャラだと思ってたので驚きです。

最初のお仕置きはほんと怖かった~!2回目以降は最初のお仕置きを
見てるから、犯人も覚悟決めて臨んでる表情してるんですよね。でも
初回は裁判場から連行される怯えた表情から直前の絶望の様子、しかも
千本ノックですからねー…ほんとモノクマさん悪趣味っすわ。

最後のノンストップ議論で、「超高校級の希望」である主人公が、仲間たちの
絶望を弾丸で撃って希望に変えていく演出は、それまでのシステムと演出を
活かしてて上手いなぁと。
最後、扉の向こうへ出て行った彼らはどうなったのかなぁ。
2も製作が決まってるみたいですね。

« Defying Gravity | トップページ | 池袋「喫茶タカセ」でレディースセット »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/53905050

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生」:

« Defying Gravity | トップページ | 池袋「喫茶タカセ」でレディースセット »

最近のトラックバック