« 「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」 | トップページ | 綾辻ワールドへふたたび »

「ダンガンロンパゼロ」小高和剛

時系列的には、ゼロ→ダンガンロンパ→スーパーダンガンロンパ2になりますね。
1では名前のみ、2で若干触れられた「希望ヶ峰史上最大最悪の事件」について
触れられています。
特にダンガンロンパについてはネタバレ全開なので、読む・プレイする順序としては、
ダンガンロンパ→ゼロ→スーパーダンガンロンパ2がオススメ。
といっても、小説の開始時にはこの事件は既に終わっているんですが。
以下、ゼロ~スーパーダンガンロンパ2まで全部ネタバレてます。

オチである主人公・音無涼子=江ノ島盾子っていうのはなんとなく予想ついて
いたんだけど、その動機が意外でした。
いや、絶望したいからっていうのは想像の範囲内だけど、「超高校級の神経学者」
である松田夜助のこと好きだったんだってのが。そういう男女の恋愛とか
一般的な少女らしい感情も、持つには持ってたんかー。
そこで、大好きな相手を自分の手で追い込んで殺すっていう絶望を味わいたいって
発想にいっちゃうのが「超高校級の絶望」なんだなって思ったけど。
涼子の「超高校級の分析力」ってのは、江ノ島が「超高校級の絶望」として
様々なアクションを起こす時の下地、土台になっている能力ですね。

苗木誠や霧切響子というダンガンロンパのキャラクターも、ゲストのような扱いだけど
出演してます。霧切は「超高校級の探偵」として父である学園長に依頼を受けての登場。
苗木は「超高校級の幸運」として出ているものの、涼子こと江ノ島は「どんな強敵でも、
どんな苦境であろうと、諦めない意志の強さ」「眩い輝き」を一瞬苗木に感じて、不安な
気持ちになってるんだよね。うん、後の宿敵「超高校級の希望」だからね!
残姉さんこと戦刃むくろは、歪んではいるものの「スーパーダンガンロンパ2」の
IFストーリーでの苗木とのやりとりも含め、ファン増えそう。

記憶操作、むくろの盾子への変装、マスコット(モノクマ)の必要性など、ダンガンロンパ
におけるコロシアイ学園生活への実験であり、「人類史上最大最悪の絶望的事件」への
布石でもあったこのゼロの事件。
でもここでも、カムクライズルの詳細は出てこないんだよね。まぁ、カムクライズルが
「スーパーダンガンロンパ2」の主人公・日向だってことはわかってるんだけど、
彼が「希望ヶ峰史上最大最悪の事件」事件の中で絶望に落ちていく様子が見たかった
なぁ。それに生き残ったが発狂してしまった「超高校級の生徒会長」村雨早春も
気になる。
生徒会なんて希望ヶ峰の本科学生の中でもエリートばっかりだったのに、こんな大惨事に
なってしまったことを考えること、ほんと絶望恐ろしいよおもうお腹いっぱいだよう(笑)。

« 「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」 | トップページ | 綾辻ワールドへふたたび »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/55409408

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンガンロンパゼロ」小高和剛:

« 「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」 | トップページ | 綾辻ワールドへふたたび »

最近のトラックバック