« 所沢「ネゴンボ33」で鷄レバーのカレー | トップページ | 9/8S「コーパス・クリスティ 聖骸」 »

映画「るろうに剣心」

前に映画館で予告編を見て、思ったより面白そうかも?って気になってたので
見に行ってきました。
るろ剣は昔コミックスも持っていたのですよ。8巻くらいまでかなぁ。京都編の
直前あたりまでだったと思うんだけど。結末もちゃんと見届けましたよ!

今回の映画、原作ものとして良かったと思うのが、原作の話を丸なぞりせずに
映画のシナリオに落としつつ、そのキャラや世界観が誠実に反映されてるとこ。
原作コミックスの冒頭の剣心と薫の出会い、弥彦や左之助の参加でキャラクターを
広げて、恵・武田観柳斎のエピソードで、蒼紫はいないものの剣心無双を見せて、
VS刃衛で囚われたヒロインとそれを助ける主人公っていう王道で締める。
刃衛戦は盛り上がるよね~。薫を人質にされた剣心が怒りのあまりかつての
抜刀斎に戻りそうになるんだけど、薫の必死の呼びかけで我に帰るっての。
原作の剣心は抜刀斎モード以外の日常シーンでは結構ギャグ顔や明るく笑ってる
表情も多いんだけど、佐藤健くんの剣心はなんというか、穏やかで静かな感じかな。
で、それが抜刀斎モードになると言葉遣いがはすっぱになるんで、原作同様ここは
ときめきますね(笑)!

佐藤健くんの殺陣っていうか戦闘シーンもすごかったなー!最初の戊辰戦争での
戦闘シーンなんて、背景が暗いもんだからタダでさえ高速で追えない剣心の動きが
ますます追えない(笑)。剣心が身のこなしや剣戟の速さで勝負するスタイルだから、
もうほんとそれがよく表現されてたです。個人戦もいいけど、VS集団の無双も良かった。
観柳斎の館の庭で噴水の周りをぐるっと高速で走るシーンは撮影風景を朝の
ニュースか何かで見たことあるんだけど、ワイヤーで引っ張ってるんだよねここ。
あと、武井咲ちゃんって、わりと目鼻立ちくっきりだから可愛い感じより大人っぽい
雰囲気のが馴染むなって(マキアージュのCMとか)思ってたんだけど、この薫は
凛々しくてでも声とか可愛くて良かったな~。
香川さんの武田観柳斎の悪役っぷりも、吉川さんの刃衛のいっちゃってる感じも
素敵でした。
そういや井戸に毒が仕込まれたとき、なんでみんな神谷道場にかけつけたんだろ(笑)。

« 所沢「ネゴンボ33」で鷄レバーのカレー | トップページ | 9/8S「コーパス・クリスティ 聖骸」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/55601822

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「るろうに剣心」:

« 所沢「ネゴンボ33」で鷄レバーのカレー | トップページ | 9/8S「コーパス・クリスティ 聖骸」 »

最近のトラックバック