2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« プゴク | トップページ | 10/11 ミュージカル『テニスの王子様』コンサート SEIGAKU Farewell Party »

10/7S「マクロスザミュージカルチャー」

【演出】 茅野イサム 【脚本】 三井秀樹 【演出補】 井関佳子
【出演】 広瀬友祐/土屋シオン/吉井香奈恵
上杉梨紗/陽向あゆみ/長谷川愛/富田麻帆

主要キャストが二人も交代し(しかも一人は初日の二日前)、脚本家にも
変更があり、始まる前は正直不安材料ばかりだったこの舞台、いざ開幕
してみたら評判も良く、実際見てみても大好きな楽曲とマクロススピリッツに
溢れていて、とても熱の感じられる舞台でした。
会場はいつもテニミュで通っていたTDC。しかし祝日を控えた日曜日のソワレ
だったのに、アリーナと第1バルコニーのセンターブロックまでしかお客さんが
入っていなくて、ちょっと寂しかったなぁ。もったいない。でもTDCに男性客が
たくさんいるの初めて見て面白かったです。女性トイレが超スムーズ(笑)。

物語は完全オリジナル。地球を出発して29番目となる新マクロス級移民船団
マクロス29で、選挙を目前にして争う現市長と武力主義を抱えるネオゼントランの
リーダー・ヒューゴ。それぞれの思惑を抱えて「ミス・マクロスコンテスト」の開催が
宣言される。そこには、ヒューゴの幼馴染のさくらもいた。そしてそのそばには
夢をなくした親友のアッシュの姿も・・・。
ゼントラーディと地球のあたりの歴史がわかってないと、このへんって理解しにくい
のかも。私自身も初代の劇場版と7を少々、フロンティアのみしか見ていないので
詳細がわからない部分も実はあるのですが。

<セットリスト>(順不同)
「マクロス」
「愛・おぼえていますか」
「私の彼はパイロット」
「SEVENTH MOON」
「HOLLY LONELY LIGHT」
「Get it on~光速クライmax」
「トライアングラー」
「ダイアモンド クレバス」
「星間飛行」
「ユニバーサル・バニー」
「射手座☆午後九時Don’t be late」
「オベリスク」
「Voices」
「Welcome To My FanClub's Night!」
「dシュディスタb」
「スターライト納豆」
「開拓重機」
「ニンジーン Loves you yeah!」
「ダイナム超合金 」

見ての通り、圧倒的にフロンティアの曲、シェリルの曲が多いです。今回歌姫が
5人もいるので、歌姫が二人いるフロンティアの曲、そしてライブ映えするという
ことでシェリルの曲が多いのかもしれないですね。ランカの「放課後オーバーフロウ」
なんかは劇場版で戦闘曲にも使われてるので、ミュにも入れやすいんじゃないかと
思ってたんですが。
ランカのCM曲がたくさん入ってるのは、暗転の時にランカみたいな緑髪の女の子が
ランカみたいな格好してランカみたいな声で歌っていたからなんですね。このCM、
いるのかなぁ(笑)。
あとはコンテストで歌姫達が歌ってた歌が多いかな?
みんな歌うまくて凄かったなー。シェリルの歌なんて難しいの多いのに、よくあんな
歌えるなって。さくらちゃんの吉井さんは素直でまっすぐな歌い方で、シェリルの歌も
ミンメイの歌もとても綺麗に響かせてましたね。あとさくらちゃんの衣装、襟があって
胸元までがシースルーになってるの可愛かった!衣装と言えば、エルの服は最初
からコンテスト衣装にしてあげたかった(笑)。
アッシュの土屋シオン君も、さすがマクロスファン、7のバサラファンだけあって、
歌い込み方が素晴らしかった。ちょっとバラード風に切なくアレンジされてたんだけど、
ちょっとハスキーな歌声でね、傷ついたアッシュの感情がよくのってました。ヒューゴも
ソロ?は序盤の一曲だけなんで、もっと男性曲も聞きたかったな。
印象的だったのは、「愛・おぼえていますか」がアレンジで2曲くらいあったんだけど、
ヒューゴとさくらの男女デュエットも、最後の全員での合唱もどっちも良かった。
愛おぼはフロンティアでもあったけど、こういう使い方もあるんだなって感じ。
さすがに今回飛行機での戦闘はなかったけど終盤白兵戦があって、そこで歌姫
5人の歌をバックにヒューゴとアッシュが戦うシーンはたぎりましたね!ええ!
それがまたフロンティアの娘々メドレーなんで、もうね!

マクロスの構成要素の一つ、三角関係についてはヒューゴとさくらとアッシュが
そうなんだけど、本当に恋の三角関係なのか劇中では明確にしてなかった気が
します。アッシュがさくらを好きっていうのはエルの発言であったけど、さくらが
アッシュのために娘々に通ってたのは恋なのか友情なのか。でもアッシュのために
コンテストに出るっていう話だし、やっぱ恋なのかな。ヒューゴはその二人から
同じ距離にいた気がするので、強いて言えばアッシュとさくらを兄的立ち位置から
見守ってる感じの三角関係でした。アッシュとさくら、くっついちゃえよー(笑)。

ミュージカルとはいえ、キャラクターの心情を歌で歌っているというわけではないので、
厳密に言えば音楽劇の方が近いかもしれないけど、とにかくマクロスの歌だけで
これだけできるんだってのがさすがでした!続編、あるのかな?

« プゴク | トップページ | 10/11 ミュージカル『テニスの王子様』コンサート SEIGAKU Farewell Party »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/55838793

この記事へのトラックバック一覧です: 10/7S「マクロスザミュージカルチャー」:

« プゴク | トップページ | 10/11 ミュージカル『テニスの王子様』コンサート SEIGAKU Farewell Party »

最近のトラックバック