2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 舞台「Black&White」 | トップページ | FFコンサート »

映画「のぼうの城」

公開からしばらく経っていますが、気になっていた「のぼうの城」を見て
きました!原作本の話も前々から評判聞いてたんだよねえ。

史実に基づいた話とのことですが、やっぱり寡兵をもって大軍を制する話って
見てて爽快だよね。日本人みんな好きなんじゃないかな。奇策や心理戦を駆使
するあたり、のぼう様は銀映伝のヤン・ウェンリーぽいなーって思ったり。周囲に
「自分がこの人を支えなくては!」って思わせちゃう、一種の才能とかもね。
その、野村萬斎演じるのぼう様。萬斎さん自体とても怜悧な顔立ちだから、
のらりくらりとした態度の中でも、使者の正家に見せた目つきとか冷たく、
悪巧みめいていて、でくのぼうを装った策略家っぽく見えますねえ。もちろん
農民と一緒になって畑仕事を手伝ったり家臣からものぼう呼ばわりされても
へらへら笑ってる姿も彼の一面だとは思うんですが。
なんたって自分の農民人気も利用しちゃうからね(笑)。
船上での田楽踊りのときなどの足さばき、萬斎さんさすがだなーと思いました。

のぼう様の配下、幼馴染で成田家一の家老である正木丹波守、一騎当千の
活躍をした柴崎和泉守、軍略に長けた?酒巻靭負もよかったです。敵側の
石田軍では、自分は数と金で戦争してるくせに戦や武士というものに対して
夢見がちな石田三成を見守る友人の大谷吉継が、終盤投げやりモードに
なってるのがちょっと面白かった(笑)。

水攻めのシーンは、やはりちょっと津波を思い出しましたが、ほんと怖いんだなと
思っちゃいました。
最後、甲斐姫を秀吉に差し出すことだけは避けられなかったわけだけど、そこは
のぼう様の戦略的撤退だったんだと思う。正家が思いつきで要求した農民の兵糧と、
秀吉の強い意思による姫の差し出しではやはり問題の質が違って、のぼう様が
押すべきところ引くべきところを見極めたんだろうなと思いました。
そのへんわかりすぎるくらいわかってしまう、のぼう様なんだろうなぁ。

« 舞台「Black&White」 | トップページ | FFコンサート »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/56281321

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「のぼうの城」:

« 舞台「Black&White」 | トップページ | FFコンサート »

最近のトラックバック