2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

鉱石ラジオスケジューラー2月

今月の観劇予定~!今月は

・恋するブロードウェイ
・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS比嘉
・壺を割った男


「恋するブロードウェイ」は行けなくなったお友達のピンチヒッターで急遽
行くことになりました。ミュージカル曲のリサイタルみたいな感じみたいですね。
テニミュで見ていたシャイニングホースこと輝馬くんの、新しい活躍に期待です。
で、テニミュ!7代目を見るのはこれが2回目と3回目です(笑)。
・・・少ないほうだよ今までに比べれば!?
そして「壺を割った男」は平牧くんの主演舞台で、コメディみたいなのでこれまた
楽しみなのです。
今月はほぼ週1で観劇です!からだ、もってくれ!(笑)。

ジョジョ漫画買わせていただきましたァん!

ジョジョ原作漫画、ついに2部戦闘潮流のシーザーのところだけ買っちゃったよ・・・。
ほんと・・・買うなら3部かなって思ってたのに、伏兵だったよ2部・・・。まさに
アニメというメディアミックスの力に恐れおののいています怖い!それと、
去年やってたジョジョ展の記念雑誌みたいなの買っちゃいまして!えへ。
しかし今の荒木先生の絵柄で見る2部キャラ、リサリサ先生はもちろんなん
だけど女顔のシーザー合うなと。今の方が女性っぽい絵柄になってる感じ
しますもんね。っていうかたぶん連載終わってから書き下ろされたの初めて
なんじゃ・・・シーザー・・・たぶん割と歴代の中で冷遇されがちな2部の中
でも冷遇されがち。
ジョジョ展開催中に都内の駅等で見かけた富士山をバックにした承太郎&
イギーのイラストも素敵だったけど。ジョジョ展は当時普通にジョジョは好き
だった私も興味あったんだけど、既にチケットが完売だったんだよね。
行きたかったなああ!イラストとか生で間近で見たかった・・!

レミゼ映画2回目!

レミゼ映画、2回目見てきました!
やっぱ今回も司教様とラストで泣いた・・・!
あと今回学生たちの中でグランテール結構見てたんですが、ほんと映るたび
グランテールがアンジョルラス見ていて、これは「グランテールが最後あの
場所に駆けつけたのは、ただアンジョルラスと一緒に死にたかったから」説が
流れてるの、納得でしたん。

1/26S「Trump」

【作・演出】末満健一
【出演】
ソフィ・アンダーソン:西井幸人 ウル・デリコ:三津谷亮
ティーチャークラウス:陳内将 アレン・ストラウフ:山田裕貴
ティーチャーグスタフ:山口賢貴 ティーチャーミケランジェロ:近江陽一郎
ラファエロ・デリコ:阿久津愼太郎 アンジェリコ・フラ:志尊淳
ガ・バンリ:土屋シオン  ピエトロ・ロンド:池岡亮介

ジョルジュ:荒井敦史  モロー:根岸拓哉/白又敦/大久保祥太郎
ダリ・デリコ:上鶴徹/前山剛久

 

D2の16人が勢ぞろいしたこの舞台。制服の少年達、親子の確執、純血種と混血種、
ヴァンパイアハンター、吸血行為、永遠の命、兄と弟、イニシアティブなどなど・・・
もう、私たちの好きなものが盛りだくさんなお話でした(笑)。
というかヴァンパイアの少年たちのギムナジウムって設定からしてすでに
楽しめることが約束されてましたよねえ。期待を裏切らない出来でした!

この舞台、Truth/Reverseというダブルキャスト制をとっています。私が見たのは
Truth版なんだけど(上記のキャスティング)、Reverseの時には横に並列された
役柄の子とキャスティングが入れ替わる仕組み。
基本Truth/Reverseでひっくり返る2役は物語中で関係性の深い役なので、
ぜひReverseキャストでも見てみたいんだけど、もうチケットがないのであった。
しょぼん。

お話は、繭期という思春期を迎えたヴァンパイアの少年たちと、永遠の命を持つと
いう吸血鬼の始祖「トランプ」をめぐる物語。思ったよりもギャグ要素もあり、そして
悲しいお話でした。うるってきた・・・。
セットは吹き抜けのある学園のロビー?のようなもののみ。
ミュージカルではないので歌は無いんだけど、歌入り曲で全員で踊るOPとか、
BGMとしての歌はありました。こちらを歌ってるのは新良エツ子さん!ひぐらしの
同人CDとかでお歌聞いたことあったけど、高音綺麗ー!神秘的な雰囲気でぴったり
でした。

Reverse見てないけど、こっちがTruthってのはなんか納得のキャスティングでした。
誰より普通に生きたかったろうに、望まぬ永遠を手に入れた西井ソフィの、クラウスに
噛まれた時の混乱と驚愕。実は混血種で生に執着してあがく姿が狂気的な三津谷ウル。
三津谷ウルは、死が怖いというより生きたいという執着が強すぎる感じで、病的だった
なぁ。素敵。
あと物語のキーになるクラウスとアレン。山田アレンがとっても健やかなのですが
陣内クラウスは自ら望んで翻弄されちゃう感じが何とも病んでる。というか、まあ
陣内クラウスは「友達が欲しかった」と言いつつ、どんなに三津谷ウルが噛んでくれと
懇願しても「君からはいい匂いがしない」と、ひたすら西井ソフィに執着してるので、
友達とか言われても説得力ないです(笑)。
あと上鶴ダリの、フリーダムタイムがありましてん。海パンはいた男性陣を従え、謎の
鶴ちゃんタイム(笑)。そしてガ・バンリの登場の時もアドリブタイムがあるんだけど、
土屋くん頑張ってたな(笑)。
土屋くんがガ・バンリだって気付かなくて、マクロス舞台で見て以来気になってたので
もっとしっかり見とけばよかったなと思いました。結構アクションも多い役なので。
逆に池岡くんがやるガ・バンリはテニミュでダンス見てきたからそこは全然心配して
ないんだけどむしろアドリブシーンをどうこなしてるのかが気になる~!

Reverse見てないし伏線ミスリード多いから、もう1回見たいな~。
そういや一か所、波紋の修行して「メメタァ!」ってやってるシーンがあって笑いました
何というジョジョ。

ジョジョアニメ見てるう!

いま。ジョジョのアニメ見てます・・・。
原作漫画読んでたときは(5部まで読んだ)、3部が1番好きで、いまテレビで
やってる2部は正直そんなに印象に残ってなかったんですが・・アニメで見ると
凄く面白い・・・なにこれ・・・。

1部の大河ドラマのような壮大な物語から、2部主人公ジョセフの軽妙な立ち回り
がまたアニメ映えするし、カラーリングがまた可愛い!ジョナサンは濃紺っぽい
イメージカラーだったけど、ジョセフはもう少し赤みがかった紫青みたいな色だよね。
シーザーの薄青の衣装も可愛いし!
あと相棒ものが好きだから、戦えるのがジョナサンしかいなかった1部と比べて
親友と一緒に戦えるのがなんかいい・・・短い間だけだけど・・・。
今からたのシーンが楽しみだよ・・・!

ゲームセンターCX~「ファミコン探偵倶楽部~消えた後継者」

久しぶりにゲームセンターCX!
いくつかまとめ見していたのですが、「ファミコン探偵倶楽部~消えた後継者」を
プレイしていたようだったので思わず!
「かまいたちの夜」「オホーツクに消ゆ」に続く、3本目になりますかね、推理もの。
ファミ探はゲームオーバーのない、コマンド総当たりでいけば必ずクリアできる
ゲームなので、課長の随時の推理を聞きながら進めていく展開でしたね。
しかし昔のゲームの音とシンプルなグラフィック、結構怖いなぁ。死体シーン
とかあのドット絵が怖さを増幅してるよー・・・。

わりとビンビン主人公=消えた綾城家の後継者っていうヒントは出されるので
そこんとこは課長のピンと来てたみたいだけど、和人に該当するイラストカードが
イメージと全然合ってないってことですね(笑)。

実は私はファミ探シリーズ、2作目の「後ろに立つ少女」はプレイしたんですが、
「消えた後継者」の方はむかしゲームブックで読んだだけなんですよね(「後ろに
立つ少女」も読みました)。
遠い記憶でぼんやりしてるんですが、確かゲームブックでは天地は綾城家の
顧問弁護士ではあるけど=神田ではなく、神田=綾城和人だった気がするん
ですよね・・・。終盤、天地が綾城ユリの息子を見つけてきた、と偽物を連れて
くる展開だったような。
ラストで天地に襲われているところを和人に助けられるのは一緒で、主人公は
両親のことを知っただけでなく、天涯孤独だったところに和人という伯父を
もてたっていう。
ゲームブックの方が綺麗にまとめられてる気もしますが、ゲームの横溝正史の
ような雰囲気もほんといいですよねえ。

映画「レ・ミゼラブル」

原作は読んでないのでわからないのですが、基本舞台ベースの流れの中で
順番を入れ替えたり新しい曲があったこの映画版。
舞台版ではわからない背景や過程もあって、面白かったー!もう少し歌の余韻が
あるといいかなーと思ってしまうのは、舞台に慣れてるからかな?
でも冒頭の囚人労働のシーンの迫力やアンジョルラス達が駆け回ったフランスの
町並み、バルジャンが決意を新たにした修道院とか、映像で見てやっとこんな
ところだったんだーと頭の中に絵が入ってきました。

レミゼって群像劇だから、みんな感情移入するポイントが違って面白いですよね。
連れは「Who am I」で泣いたと言ってたし、隣の席に座った若い男性は「カフェ・
ソング」で泣いてました。やっぱ若い男性は、男友達との熱い友情に涙するもの
なのかなー。マリウスに感情移入しちゃうのかな。
私は司教様のシーンとラストのバルジャン、そしてやっぱりファンテーヌの「夢
やぶれて」に泣いたー!アン・ハサウェイの歌う「夢やぶれて」凄いですよ。
悲しみ、怒り、諦め、いろんな表情が1つの歌の中で表現されてて。そして
ペンダントを売り髪を売り歯を売り(これは舞台版にはなかったよね)娼婦に身を
やつしていく彼女の薄幸感はんぱない。これは助演女優賞候補になるの納得。

ガブローシュの出番多くて嬉しかったな。ガブが死んだ時に一番動揺して真っ先に
駆けつけてたのって、やっぱりグランテールなのかな。
舞台版でも満足に学生たちの見分けがつかないので、映画はほとんど見分け不明
でした(笑)。
グランテールと言えば、アンジョルラスの最後(砦で撃たれた舞台版と違って
逃げ込んだ民家で警官に囲まれて撃たれた)に駆けつけたのも、きっとグランテール
だよね。確かグランテールはアンジョルラスに心酔しているという原作設定だった
はずだから・・・。

最後にバルジャンを迎えに来るのがファンテーヌと司教様になってるんだね。舞台版
だとファンテーヌとエポニーヌで、それぞれバルジャンと共にコゼットとマリウスの幸せ
を祈った二人だなって思ったんだけど、これが司教様になると、ほんとポイントが
バルジャンに置かれてる感じがして。この設定も好きだな。
このラストからの「民衆の歌」も素晴らしかった。

実はまた来週見に行くかもしれないこの映画(笑)。今度は学生たちをもっと注目
できるようにしたいです!

もしやもしやと思っていたが

気づいてしまった。私、雪道を歩くの、下手だ!どーん!

普段は歩くの早い方なんで、道歩いててもホイホイ老若男女追い越して
いくんですが、これ雪道になると逆にサッサ抜かれることに気づいたよ!
みんなよくそんな早く行けるなー。転ぶの怖くないのかな。
私なんてこんだけ抜かれるロースピードでも、何回も滑りまくってるよ!
(転んではないけど)。

みなさんも雪道、どうぞお気を付けて~!

今年も深大寺に

今年も深大寺に
今年も深大寺に
鬼太郎グッズ、お土産に買っちゃった〜。一反もめん一筆せんとか色々(笑)。

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」

ゲキ×シネで、劇団☆新感線の「髑髏城の七人」を見てきました。
舞台でも一度生で見てるんだけど、やっぱよかったな~。ほんと新感線は
エンタメを極めてて、イチイチかっこよくて気持ちいいんだな。
見得きってバックにタイトル流れて、静止している小栗くんに風が流れて
髪や着物の裾がはためいてるのとか、ほんとたまんないすよ。

今回改めて映像で見て見方が少し変わったのが、早乙女太一くんが
演じてた無界屋蘭兵衛が、映像で表情のアップがあるせいか前よりも
感情が伝わりやすかった気がします。ま、見るのが2回目ってのも
あるかもしれませんけど。
逆に森山未來くんは顔のアップのおかげで、顔芸の迫力が増して
いました!(笑)。
太一くんといえば、殺陣の華麗さが素晴らしくて、これはほんと見とれて
しまうレベル。でも私が一番好きなのはやはり、兵庫と捨之介の刀研ぎ
バトル。2対集団だし、途中2度くらい研いだ剣と刃こぼれした剣を投げ
あって交換する部分もあるので、稽古もかなりやったんじゃないかと思う
けど、かっこよくてここだけでも何度でも見たい殺陣でした。
あと、相変わらず聖子さんの贋鉄斎が可愛くて!戦えないのに、天魔王と
対峙して「お前が贋鉄斎を名乗るか」「あんたが天満王を名乗るならね!」
ってやりとりは好き。
そして、観劇の時は平気だったのにゲキシネで見て泣いてしまった部分が、
仲間を失った兵庫を、同じく仲間を失った極楽太夫が生かそうと励ます
シーン。その前の兵庫を慕う荒武者達が兵庫の信念と想い人を守ろうと
するところからもう、涙ダーでしたね・・。

ううん、やっぱ全体的に2度目ってこともあって感情移入しやすかったのかも。
やっぱ新感線はいいなーって改めて思ったのでした!

見てきた!

見てきた!

つるとんたんのお取り寄せ「カレーうどん」

うどんのお店「つるとんたん」さんからの、お取り寄せ純生うどん!別に
都内にお店もあるのでわざわざ取り寄せました!でもなんか今度行く
機会ができそうな予感・・・あるええ?

こんな感じで!ちなみに敢えてカレーうどんのつゆをオーダーしましたので
この下にカレーうどんのレトルトパウチが入っております。

Foodpic3061611

で、作ってみた!しまったカレーうどんって何をほかにトッピングしたら
いいかわからなかったから、本当にうどんとカレーつゆだけ(笑)!
とても地味な絵柄だ!!
今思えばみつば、とかのせるのかな。普段お店でカレーうどん頼まない
からなぁ(なぜ注文した)。
Foodpic3061610

カレーつゆはマイルドで美味しかったです!肝心のうどんは今回太麺
なんだけど、説明の通り作ってもなかなか茹で時間が難しくて、
なんか納得のいく歯ごたえにならなかった・・・。
おうちで食べられるのいいけど、やっぱお店行きたいなぁなんて。

レミゼキャスト変更

レ・ミゼラブルで山口祐一郎さんが出演見合わせ。
そうかー。山口さん、確かにずっと舞台突っ走ってるイメージですもんね。
ここでゆっくり一度お休みされるのも必要なのかもしれないですね。

その代わりに、バルジャンキャストに新たに光夫さんと福井晶一さん!
光夫さんは前からバルジャンで出演されてましたけど、福井さん!
マンカストラップでお馴染み(わたし的に)福井さん!太もも!
福井さんバルジャンで光夫さんジャベの日とか、あるかなー。

鉱石ラジオスケジューラー1月

新年開けて、1月の観劇予定~!

・ミュージカル忍たま乱太郎
・Trump

今年は忍ミュから始まります。忍ミュは前回に見るのは2回目ですが、前回
見て何となく、乱太郎達3人以外の先輩達のキャラがわかってきましたので、
次はもっと人間関係を見てみるつもりです。
そしてTrumpはD2っ子達勢ぞろいの舞台。なんでも1つの役を公演によって
入れ替えて演じるTruthとReverse、2バージョンあるんだとか。見比べたら
面白いと思うんだけど、残念ながら私は今回1回しか見に行けないので、
その1回を楽しんできたいと思います。6代目不二、桃城、海堂をやった子達が
出るので、しっかり見てきたいです。
設定もヴァンパイア達の学園とか、それ絶対美味しいっすわ(笑)。

今年も楽しく観劇ができますように!

2013

謹賀新年

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

最近のトラックバック