2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« カラ鉄テニミュコラボルーム | トップページ | 劇場版「Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」 »

断罪のマリア la Campanella

悪魔憑きのエクソシストの少女のお話。
最初にやった日和ルートが、まぁ一応BADENDではないんだけど、日和も
主人公も残り少ない残された日々を一緒に過ごそうみたいな感じでなんと
いうか、これってハッピーエンドなのー!?
日和も薬で進行を送らせているだけで天使病でやがて繭になっちゃうし(この
天使病設定が既に欝)、マリアも呪いからは介抱されてないんだよね?
あと結構グロいというか痛い表現や演出があるので、苦手な人もいるかもね。
日和は天使の加護を受けて敵を攻撃するとき、同じだけの痛みを自身に
与えないといけないっていう、自傷行為やでそれ・・。
そんな感じで日和ルートから始めた私は何とも複雑な感じだったんですが、
色々謎が残った部分が気になるし、既読スキップだけでなく次の選択肢まで
飛ばせる機能がとても便利だったので、結局いくつかのルートを攻略して
しまいました。心中ルートとかあったね、うん。

関係ないけど、エクソシストとその天使の声優って一緒なんだね。日和の
オリフィエルの声、加工してあるから女性と思い込んでたんで、てっきり
日和役の人とは別の方が演じてるのかと思ってました。
で、クラウスのボルトギーザーがドイツ語喋る設定なの見て、えークラウス
の柿原さんドイツ語しゃべれるんだから、柿原さんがボルトギーザーやれば
いんじゃないのー?と勘違い(笑)。っていうか、やってたという(笑)。

悪魔とかエクソシストとか設定なかなか楽しいので、思ったより楽しめた
ゲームでしたん!

« カラ鉄テニミュコラボルーム | トップページ | 劇場版「Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/56991856

この記事へのトラックバック一覧です: 断罪のマリア la Campanella :

« カラ鉄テニミュコラボルーム | トップページ | 劇場版「Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」 »

最近のトラックバック